2018年10月30日

我々は約束を破る国宣言

181030.jpg

あぁ〜また韓国がやってくれましたね。

最近、慰安婦問題で騒ぐことが少なくなっていたけど、今度はこれですか。
慰安婦問題をぶり返したいけど、日本側が反応してくれないから、今度は徴用工訴訟で賠償金を貰おうという考えですね。
新日鉄住金を相手取り韓国人の元徴用工らが損害賠償を求めた訴訟で、韓国最高裁が原告勝訴の確定判決を出した。
そもそもこの問題は、1965年の日韓請求権協定で、すべて解決した問題。
慰安婦問題も、徴用工訴訟も、日韓請求権協定で両国が合意した。

お互いに合意した内容を、韓国内の司法の判断で、覆してしまったという事。
これは、韓国という国と、協定を結んでも、韓国国内で不満が起きて、司法が判断すれば、協定を破棄することが出来ると言うことになる。
つまり、韓国とは国同士の約束は出来ないと言う事を、韓国自らが示した事になるのです。

私たちは約束をいつでも破ります。
でも、今はこの方が都合が良いから、協定を結びましょう。
その後、都合が悪くなると、あの約束は国内で違法と判断されたので、無かったことにします。
そんな事を平気でやってのけている。

韓国最高裁が原告勝訴の確定判決を出したことにより、日本企業の在韓財産が差し押さえられる可能性も出てきました。
もう無茶苦茶ですね。
日本政府は抗議をしましたが、ハッキリ言って抗議だけではダメです。
もう舐められきっています。

本当に韓国って、感情で動く国なんですね。
日本の旭日旗が嫌いだと言って、自衛隊が韓国入りする時に、旭日旗を揚げるなと言ってくる。
結局、自衛隊は韓国で行われる式典には不参加となりました。

慰安婦問題も、旭日旗問題も、今回の徴用工訴訟問題も、韓国内の反日感情が全てです。
その反日感情をそのまま司法や行政が受けてしまう。
もはや国際国家とは言えません。

世界に向かって、「私たちの国は常識が通用しない国です」と、高らかに宣言している。
いつまでそんな事を続けるのでしょうか?
世界から信用されなくなっていくことが、そんなに嬉しいのでしょうか?

日本を嫌って、日本を懲らしめているつもりなのかも知れません。
でも、結果的に自分たちの首を絞めていることが、わからないのでしょうね。
これでまた、確実に「韓国嫌いだ!!」って日本人が増えますよ。

まぁ、自分たち自ら嫌われたいのなら、仕方ないかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:52 | Comment(0) | 私の思うこと