2018年09月25日

貴乃花親方が突然の引退

180925.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

なぜこうなった?

貴乃花親方が突然の引退宣言で、本当にビックリでした。
最初は何で引退するのか、全く意味がわからなかった。
しかし、会見の話を聞いて、ようやく理解できた。

理解できたけど、納得はできない。
結局は相撲協会から締め出されたって事ですよね。
なんかやり方がえげつないなぁ〜と思いました。

貴乃花親方の言い分が100%正しいとは思いません。
そもそも、貴乃花親方のやり方にも問題はあった。
もう少しうまく立ち回れば、こんな状態にならなかったと思う。

あまりにも一途で、あまりにも真っ直ぐすぎる。
時に折れる時は折れ、引くべき時は引く。
それが出来ない人だったんですよね。

事の発端は、あの日馬富士暴力問題。
自分の部屋の弟子が被害者であったことから、頑なに相撲協会の聞き取りを拒否してきた。
「事件を曖昧にされる」そんな危機感があったのでしょう。

しかし、あの対応はやはりマズかった気がします。
最初から対決姿勢でしたからね。
それが結果的に理事選で敗れる敗因だった気がします。

そして内閣府に出した告発状。
完全に相撲協会に喧嘩を売った形になった。
しかし、それも自身の部屋の力士の暴力問題で、取り下げることとなる。
さらに責任を取って自身も降格。

貴乃花親方は、相撲協会から、告発状の内容を事実無根と認めるように、圧力があったと話している。
そして年寄りとして残るには、どこかの一門に入らなければならない。
この条件は、貴乃花親方が理事から抜けた後に、理事会で決定している。
告発状の内容を事実無根と認めなければ、一門には入れないと言われた。

貴乃花親方の言うことが本当だとすれば、これは完全に貴乃花親方を追い出すための仕打ちです。
これを相撲協会がやったとするならば、世論の批判は必至でしょうね。
どこまでが真相かわかりませんが。

組織改革って、本当に難しいと思う。
特に相撲協会のように、歴史があればなおのこと難しい。
古い体質から、なかなか抜けれないし、いつまでも自分たちが正しいと思い込んでいる。

何かを変えようと思えば、それに伴って不利益を受ける者がいる。
そうなると必死で抵抗する。それが多ければ多いほど、改革は難しい。
日本中のあらゆる組織で、繰り返されている事だと思います。

きっと、貴乃花親方の年寄り引退を受けて、同情をしている人も多いでしょう。
でも、貴乃花親方にも問題があった。
やはりやり方が良くなかったと思う。

自分が正義だと思って、正面からぶつかれば、相手も必ず真っ向勝負で向かってくる。
まずは自分の協力者を増やすことが先決。
そして徐々に改革をジワジワとやる。
相撲のように1対1では無いのです。

今後、貴乃花親方は、どのような道を歩むのでしょうか?
「土俵に関わっていきたい」と言っているので、相撲から離れることはないと思う。
これからの貴乃花親方と相撲協会の今後に目が離せません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 私の思うこと