2018年09月02日

帰省中の訃報

180902.jpg

朝晩は随分と涼しくなりましたね。
夏真っ盛りの時期に比べると、本当に過ごしやすくなりました。
それでも日中は汗ばんで、まだまだ暑さは続いています。

奄美に帰っている間に、訃報が続きました。
最初は、嫁さんの友人の旦那さんのお母さん。
一人暮らしだったようで、連絡がつかなくなって、家に行ったときには亡くなっていたようです。

その連絡が来たのが、ちょうど加計呂麻で宿泊している時。
バーベキューを終えて、部屋でくつろいでいる時でした。
嫁さんの携帯が鳴って、急に声色が変わったので、何かあったことは察知した。

しかし帰省中で、しかもさらに実家を離れ、加計呂麻に宿泊中。
結局何も出来ずに、ただただ訃報を悼むだけでした。

翌日、加計呂麻から戻り、中学生の同窓生と飲む約束をしていた晩。
そろそろ家を出ようと思った時に、家に電話がかかって来た。
母が電話で話しているが、どうも訃報の内容。

教会の前会長さんの奥さんが、亡くなられた。
体調が良くないとは聞いていたが、まさかそんなに悪いとは知りませんでした。
私の同級生のお母さんでもあるので、同窓会の集まりで、皆でお金を出し合って、献花を送りました。
翌々日がお通夜だったので、普段着でしたが家族で参列して、ご冥福をお祈りして来ました。

そしてもう一つ驚いた訃報が、さくらももこさんの訃報。
53歳という若さでお亡くなりになりました。
私と一つしか歳が違わない。
とても信じられません。

ちびまる子ちゃんの作者で、本日も夕方6時からちびまる子ちゃんが放映されていました。
次女が毎週楽しみに観ているので、私も一緒に観ていました。
番組の最後に、作者のさくらももこさんを追悼する内容が流れました。
ちびまる子ちゃんはそのまま続くようですね。

人生の別れというのは、いつどのようにやってくるのか?
誰も知らないし、想像も出来ません。
ただ、いつかは誰しも死していく。
その時に、良き人生であったと、悔いなくこの世を去りたい。

改めてご冥福をお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記