2018年08月30日

奄美大島帰省5日目

180830.jpg
【最高のお天気で海水浴できました】

奄美5日目は、再び海水浴へ。
ばしゃ山と呼ばれる用安海岸へ行きました。
最初は雲が広がっていたのですが、いつの間にか晴天に。

晴れてくると、海の中が綺麗に見えます。
ちょうど干潮時だったので、浅い所でも珊瑚がたくさんある。
その珊瑚にはたくさんの魚が泳いでいます。

娘たちも水中眼鏡をつけて、必死で魚を見ていました。
青くて小さな魚や、チョウチョウウオ、クマノミの仲間など、いろんな魚がいました。
少し沖の方に行くと、他にも魚がいて、大きめの魚もいます。
沖といっても、なんとか足が届く範囲で、しかも珊瑚があれば、そこに立つこともできます。

泳いでいると、突然目の前をチヌっぽい魚が横切りました。
ビックリしていると、他にも数匹泳いでいます。
そして何故か私の周りを付いてくる。
完全に私の後をついて来ています。

おそらく、泳いでいる人が餌をあげているのではないかと思います。
人が泳いでいると、餌をもらえると思って、寄ってくるのでしょう。
試しに手を伸ばして、餌をやる仕草をすると、手元に寄って来ます。

何も餌がなかったので、珊瑚にくっついている海藻っぽい物を取って、水中で揺らせてみました。
魚からすれば、餌があると思えるポーズ。
早速大きな魚がやって来て、その海藻を食べようと試みます。

しかし、食べ物ではないとわかった瞬間、突然私の指をガブリとかぶりつきました。
突然の出来事と、あまりの痛さにビックリして、しばらく呆然としてしまいました(笑)
魚に指を噛まれるなんて、初めての体験でした。

その後も、水中を楽しみ、今度は海上を楽しむことにしました。
このばしゃ山は観光地で、海水浴客が大勢来ます。
そのため、いろんな楽しみがある。

シーカヤックやバナナボードなどもあり、水上バイクで海上を引っ張ってバナナボードを楽しみます。
これまでいつも見ているだけで、やったことがなかったので、今回チャレンジすることにしました。
しかし、長女は怖がって乗りたがらない。

そこで、私と息子と次女の3人で乗ることにしました。
バナナボードではなく、大きなソファーのような乗り物に、3人で乗ります。
そして水上バイクで引っ張る。

見ている以上に迫力があり、スピードがあり絶叫でした。
水上バイクの波で、揺れるし、思いっきり引っ張られてカーブするときに、ものすごいGがかかります。
大人でも凄い迫力でしたから、次女は大泣きするかと思いましたが、面白いようでケラケラ笑っています。

時間にして、15分ほどでしょうか。
珊瑚礁の海の上を、スピーディーに風切って走りました。
とても楽しかったです。
天気も良く、最高の海水浴を楽しむことができました。

そして夜は、星空を見るために、山へ向かいました。
娘たちは寝かせて、私と嫁さんと息子の3人で、山へ。
山と言っても、ちょっと車で登ったところに、展望台のあるパーキングがある。
そこから街を見渡せるのですが、きっと星も綺麗に見えると思い行きました。

ところが展望台のところに、街灯があって、結構明るい。
それでも駐車場スペースは少し暗いので、駐車場で星を見ました。
うっすらと天の川が見えて、星が綺麗に見えます。

私は持って来た三脚を立てて、撮影にチャレンジ。
なかなかうまく撮れませんが、何度かチャレンジして、数枚は撮ることができました。
ただ、街灯の明かりと、東側から出て来たお月様の灯がカメラに入って来ます。
それでも、なんとか撮影することができました。

明日はいよいよ最終日。
奈良に帰る日です。
夕方発の飛行機なので、日中は少し遊んで帰ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記