2018年08月29日

奄美大島帰省4日目

180829.jpg
【加計呂麻島から徳之島まで見えた】

奄美4日目は再び古仁屋へ。
昨日、加計呂麻からフェリーで戻って来たばかりですが、再びフェリー乗り場へ。
しかし今日はフェリーではなく、別の船に乗るため。

半潜水艇に乗って、海中散歩を楽しむためです。
昨日フェリーで帰って来たときに、ついでに半潜水艇に乗ろうかと思いましたが、風が強くてちょっと波が高かった。
今日はお天気も良く、風も穏やか。

娘たちはとても楽しみにしていて、半潜水艇に乗るなり、次女はすぐに下へ降りようとします。
しかし見どころの場所まで。5分ほど移動が必要なので、下で海を見ても動いている船では何も見えない。
はやる気持ちの次女をなだめて、しばらくは海の上から景色を楽しみました。

そしていよいよ船が停止。
下へ降りて窓を覗き込むと、そこには珊瑚の海が広がっています。
娘たちは興奮気味に、「魚がいた〜!!」と大喜び。
約20分ほど、珊瑚の海を散歩して楽しみました。

その後は、来た道とは反対側の島の西側を通ってドライブがてらに帰ることに。
しかし、西側は湾が入り組んでいて、とても複雑な地形。
道も海沿いに走るので、結構な距離を走ります。

実は私も初めて走る道で、景色を楽しみながら走りました。
昨日行った加計呂麻が綺麗に見えて、その後ろにも大きな島がうっすら見える。
なんと徳之島が見えていました。
初めて見る景色に、私も嫁さんも息子も写真を撮りまくりました。

その後、中国の豪華クルーザー問題で揺れる西古見集落に寄りました。
本当に静かで人が少ない集落です。
なんでこんな所に、巨大なクルーザーを就航させなければいけないのか?
さっぱり意味がわかりません。

西古見から先は、道が通っていないようで、ナビでは道の色が途中で消えています。
しかしGoogleMapで見ると、山道がある。
そこで山道を通って帰ろうと、林道を走った。
ところが山の上まで来た所で、突然目の前にがけ崩れの道が。

おそらく先日の台風19号で崩れたのでしょう。
林道なので、通る人がほとんどいなくて、誰も気づいていないのだと思います。
仕方なく、来た道を引き返して、ドライブしながら帰って来ました。

夜は高校の時の同級生と飲む約束だったので、私は直接店へ。
運転を息子に変わってもらって、帰ってもらいました。
同級生とは5〜6年ぶりの再会。

久しぶりの再会で、昔の話やお互いの近況などを話しました。
そして偶然、その店に他の同級生も来ていて、30年ぶりくらいに再会しました。
お互い「変わってないなぁ〜」と話しました。

明日も天気は良さそうなので、海水浴に行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記