2018年08月31日

奄美大島帰省から戻ってきました

180831.jpg
【帰りの飛行機バニラエア】

奄美大島から戻ってきました。
5泊6日の帰省は、あっという間に終わってしまいました。
楽しい時は時間が短いってのは、本当ですね。

帰りの便は夕方だったので、午前中は大浜海岸へ海水浴に行きました。
昨日の海水浴場とは、また別の場所で、こちらも奄美を代表する海水浴場です。
先日、夕方にちょっと寄りましたが、やはり海水浴は外せない。

昨日に続いて、水中眼鏡で海の中を覗く。
しばらく泳いでいると、銀色のアジの仲間の魚が近寄ってきました。
昨日の魚同様に、こちらも餌付けされていると思う。

現に、数年前にも大浜で泳いだ時に、同じ魚が寄ってきて、餌をあげた。
今日は餌を持ってきていたので、早速餌やり開始。
すると、あっという間に私の周りに魚が群がる。
そして私が餌を持っている手から、直接餌を食べる魚もいました。

娘たちにも餌を渡して、みんな魚の餌やりを楽しみました。
他の魚にも餌をあげてみようと、岩場の影などを探して見た。
すると、シマシマ模様の小さな熱帯魚の姿を発見。
そこで、餌を細かく砕きながら放出すると、小さな魚も餌に食らいつきました。

同じ場所でよく見ていると、クマノミの仲間も発見しました。
こちらも餌をあげると、ちゃんと食べていました。
なんとか手渡しで食べさせようとしましたが、流石に警戒心が強くてダメでした(^^;)

大浜で海水浴を楽しんだら、家に帰り、お昼ご飯。
母が私たちが釣ってきた魚を料理したり、島の料理を用意してくれていました。
カツオの刺身も買って帰り、最後のお昼ご飯は豪勢に。
しっかりお昼ご飯を食べて、帰る準備をして、家を出ました。

家の前まで出てきて見送る母。
一気に家族5人が押し寄せて、賑やかになった6日間。
また一気に去って行き、きっと寂しくなる。
家族全員で帰省するのは、なかなか簡単ではない。
次来れるとしたら、再来年か。

帰りの飛行機もバニラエア。
出発予定より30分ほど遅れて離陸。
関空に着いたのは、20:30ごろ。

荷物を受け取り、預けていた車を持ってきてもらい、関空を出たのは21時過ぎ。
コンビニに寄って、軽い夕食などを買い、家についたのは22時半ごろでした。

楽しかった奄美大島帰省も終わりました。
明日からまた現実です。
仕事もそれぞれの役も、再び気を引き締めて頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2018年08月30日

奄美大島帰省5日目

180830.jpg
【最高のお天気で海水浴できました】

奄美5日目は、再び海水浴へ。
ばしゃ山と呼ばれる用安海岸へ行きました。
最初は雲が広がっていたのですが、いつの間にか晴天に。

晴れてくると、海の中が綺麗に見えます。
ちょうど干潮時だったので、浅い所でも珊瑚がたくさんある。
その珊瑚にはたくさんの魚が泳いでいます。

娘たちも水中眼鏡をつけて、必死で魚を見ていました。
青くて小さな魚や、チョウチョウウオ、クマノミの仲間など、いろんな魚がいました。
少し沖の方に行くと、他にも魚がいて、大きめの魚もいます。
沖といっても、なんとか足が届く範囲で、しかも珊瑚があれば、そこに立つこともできます。

泳いでいると、突然目の前をチヌっぽい魚が横切りました。
ビックリしていると、他にも数匹泳いでいます。
そして何故か私の周りを付いてくる。
完全に私の後をついて来ています。

おそらく、泳いでいる人が餌をあげているのではないかと思います。
人が泳いでいると、餌をもらえると思って、寄ってくるのでしょう。
試しに手を伸ばして、餌をやる仕草をすると、手元に寄って来ます。

何も餌がなかったので、珊瑚にくっついている海藻っぽい物を取って、水中で揺らせてみました。
魚からすれば、餌があると思えるポーズ。
早速大きな魚がやって来て、その海藻を食べようと試みます。

しかし、食べ物ではないとわかった瞬間、突然私の指をガブリとかぶりつきました。
突然の出来事と、あまりの痛さにビックリして、しばらく呆然としてしまいました(笑)
魚に指を噛まれるなんて、初めての体験でした。

その後も、水中を楽しみ、今度は海上を楽しむことにしました。
このばしゃ山は観光地で、海水浴客が大勢来ます。
そのため、いろんな楽しみがある。

シーカヤックやバナナボードなどもあり、水上バイクで海上を引っ張ってバナナボードを楽しみます。
これまでいつも見ているだけで、やったことがなかったので、今回チャレンジすることにしました。
しかし、長女は怖がって乗りたがらない。

そこで、私と息子と次女の3人で乗ることにしました。
バナナボードではなく、大きなソファーのような乗り物に、3人で乗ります。
そして水上バイクで引っ張る。

見ている以上に迫力があり、スピードがあり絶叫でした。
水上バイクの波で、揺れるし、思いっきり引っ張られてカーブするときに、ものすごいGがかかります。
大人でも凄い迫力でしたから、次女は大泣きするかと思いましたが、面白いようでケラケラ笑っています。

時間にして、15分ほどでしょうか。
珊瑚礁の海の上を、スピーディーに風切って走りました。
とても楽しかったです。
天気も良く、最高の海水浴を楽しむことができました。

そして夜は、星空を見るために、山へ向かいました。
娘たちは寝かせて、私と嫁さんと息子の3人で、山へ。
山と言っても、ちょっと車で登ったところに、展望台のあるパーキングがある。
そこから街を見渡せるのですが、きっと星も綺麗に見えると思い行きました。

ところが展望台のところに、街灯があって、結構明るい。
それでも駐車場スペースは少し暗いので、駐車場で星を見ました。
うっすらと天の川が見えて、星が綺麗に見えます。

私は持って来た三脚を立てて、撮影にチャレンジ。
なかなかうまく撮れませんが、何度かチャレンジして、数枚は撮ることができました。
ただ、街灯の明かりと、東側から出て来たお月様の灯がカメラに入って来ます。
それでも、なんとか撮影することができました。

明日はいよいよ最終日。
奈良に帰る日です。
夕方発の飛行機なので、日中は少し遊んで帰ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記

2018年08月29日

奄美大島帰省4日目

180829.jpg
【加計呂麻島から徳之島まで見えた】

奄美4日目は再び古仁屋へ。
昨日、加計呂麻からフェリーで戻って来たばかりですが、再びフェリー乗り場へ。
しかし今日はフェリーではなく、別の船に乗るため。

半潜水艇に乗って、海中散歩を楽しむためです。
昨日フェリーで帰って来たときに、ついでに半潜水艇に乗ろうかと思いましたが、風が強くてちょっと波が高かった。
今日はお天気も良く、風も穏やか。

娘たちはとても楽しみにしていて、半潜水艇に乗るなり、次女はすぐに下へ降りようとします。
しかし見どころの場所まで。5分ほど移動が必要なので、下で海を見ても動いている船では何も見えない。
はやる気持ちの次女をなだめて、しばらくは海の上から景色を楽しみました。

そしていよいよ船が停止。
下へ降りて窓を覗き込むと、そこには珊瑚の海が広がっています。
娘たちは興奮気味に、「魚がいた〜!!」と大喜び。
約20分ほど、珊瑚の海を散歩して楽しみました。

その後は、来た道とは反対側の島の西側を通ってドライブがてらに帰ることに。
しかし、西側は湾が入り組んでいて、とても複雑な地形。
道も海沿いに走るので、結構な距離を走ります。

実は私も初めて走る道で、景色を楽しみながら走りました。
昨日行った加計呂麻が綺麗に見えて、その後ろにも大きな島がうっすら見える。
なんと徳之島が見えていました。
初めて見る景色に、私も嫁さんも息子も写真を撮りまくりました。

その後、中国の豪華クルーザー問題で揺れる西古見集落に寄りました。
本当に静かで人が少ない集落です。
なんでこんな所に、巨大なクルーザーを就航させなければいけないのか?
さっぱり意味がわかりません。

西古見から先は、道が通っていないようで、ナビでは道の色が途中で消えています。
しかしGoogleMapで見ると、山道がある。
そこで山道を通って帰ろうと、林道を走った。
ところが山の上まで来た所で、突然目の前にがけ崩れの道が。

おそらく先日の台風19号で崩れたのでしょう。
林道なので、通る人がほとんどいなくて、誰も気づいていないのだと思います。
仕方なく、来た道を引き返して、ドライブしながら帰って来ました。

夜は高校の時の同級生と飲む約束だったので、私は直接店へ。
運転を息子に変わってもらって、帰ってもらいました。
同級生とは5〜6年ぶりの再会。

久しぶりの再会で、昔の話やお互いの近況などを話しました。
そして偶然、その店に他の同級生も来ていて、30年ぶりくらいに再会しました。
お互い「変わってないなぁ〜」と話しました。

明日も天気は良さそうなので、海水浴に行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記

2018年08月28日

奄美大島帰省3日目

180828.jpg
【さらば加計呂麻】

奄美3日目は、加計呂麻で迎えました。
ココナッツハウスにて宿泊して、朝は5時に起きて息子と2人で朝釣りに行きました。
船着場があったので、その先で釣りを開始。

ところがなんどもスコールがやって来た。
おそらく4〜5回は降ったかも。
でも、屋根付きの船着場だったので、濡れずに済みました。

一度物凄い当たりがあって、ヒットしました。
竿が思いっきりしなり、かなりの大物だと感じた。
しかし、船着場の下の方に潜ったと思ったら、あっという間に針を持っていかれました。

その後は、小さな当たりしかなく、結局は何も釣れませんでした。
透明度がめっちゃ高くて、まだ陽も出ていないのに、海の底まで見えていました。
晴れたらきっと、綺麗に見えると思います。

朝ごはんを食べたら、お店の方に見送られて、ココナッツハウスを出発。
車を20分ほど走らせて諸鈍(しょどん)というところに到着。
ここはデイゴ並木が有名な所で、海岸沿いにデイゴの並木が続きます。

その後はお昼ご飯を食べるために、実久(さねく)という所に。
ここは加計呂麻の一番西の端なので、1時間ほどかかりました。
綺麗な海岸が広がり、しばらく海岸や集落を散策しました。

そして予約していた「はまのお店」というとこで、昼食を食べました。
二日前にランチを予約していたのですが、1人で対応しているため、どうしても間に合わなかった。とお店のお婆ちゃん。
結局全員カレーを食べたのですが、そのカレーもホームページよりも値段が高くて、ちょいと残念なお昼ご飯でした。
まぁ、話のネタということで、みんなで車の中で、笑い飛ばしながら帰りのフェリー乗り場へ。

家族にとっては、初めての加計呂麻でしたが、本日のお昼を除いては大満足でした。
ココナッツハウスには、また行きたいと話していました。

夜は中学生の同級生と飲みました。
7人ほど集まってくれて、近くの居酒屋で飲みました。
楽しい時間はあっという間に過ぎて、もう閉店の時間。
飲み足りないとのことで、次のところへ飲みに行くことに。

その場所が、すぐ近くの港。
お酒とつまみを買って来てくれて、港で座って4人で二次会(笑)
夜風に吹かれながら、昔話に花が咲きました。

ちょっと飲み過ぎましたが、楽しい時間を過ごして、大満足です。
明日は天気を見ながら、どこに行くか決めたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 日記

2018年08月27日

奄美大島帰省2日目

180827.jpg
【綺麗な海で海水浴できました】

奄美2日目。
今日は朝釣りからスタート。
5時に起床して、息子と2人でいつも行く防波堤へ。

4月に帰省した時に、1人で釣りに来ましたが、残念ながら成果なしでした。
今朝も当たりはあるものの、小魚ばかりで餌を取られるばかり。
しかし1時間ほどして、私の竿にヒット。
20cmくらいの魚が釣れました。

今日は家族で一泊する予定。
母は外泊が難しいので、私たちだけですが、みんなで加計呂麻に来ています。
朝9:30に出発して古仁屋港に10:30に到着。
お昼ご飯や夜食などを買って、フェリー乗り場に。

車をフェリー載せて20分で加計呂麻に到着。
宿泊先に行くには、まだまだ時間があるので、まずは海水浴へ。
スリ浜海水浴場に行き、そこで買ったお弁当を食べ、その後は海水浴。

海に入って水中メガネで海の中を見る・・・つもりが、海が濁っていて50cmくらい先しか見えない。
泳いでいると、突然目の前に岩が見えたりして、危険で泳げない。
波も高いし、しばらく波打ち際で途方に暮れていました。

波が高いので、海が濁ってしまっているようで、子供達としばらく波打ち際で遊んでいました。
しかし、時間とともに波も収まり始めました。
そしてそれと同時に海も澄み始めて来た。

海が澄んで来ると海の中が見え始めて来た。
そしてサンゴの中に、大きなイソギンチャクが揺らいでいて、その中にクマノミが。
これまで何度も奄美の海で泳いでいるけど、クマノミを見たのは初めて。

長女は怖がって見に来れませんでしたが、次女は頑張って水中メガネを着けて、一緒に浮き輪で泳いで見れました。
「ニモがいた〜!!」と喜んでいた次女。
私も足が届かない深い海で、クマノミを見ることができて感動していました。

海水浴を終えたら宿泊先へ。
来々夏(ココナッツ)ハウスという宿泊先で、着いて早々、ご主人が出て来て荷物を持ってくれたり、ゴミを受け取ってくれたり。
そして私たちが海水浴から直行来ているのを察知して、すぐにお風呂の案内をしてくれました。

晩御飯は予約していたバーベキュー。
お肉だけでなく、ハマチの刺身やもずくも付いて来て、美味しくお肉を食べました。
さらにそこに伊勢海老のお味噌汁が。

これにはみんな大興奮。
そしてめちゃくちゃ美味い。
もう大満足の晩御飯でした。

その後、ちょっと夕涼みに海辺へ。
なんせすぐ目の前がビーチになっている。
すると1組の家族が。

私より先に降りていた娘たちと何やら話しています。
どうも娘たちがヤドカリを、小さな子供に見せていたようで、和やかに話していた。
話を聞いて見ると、横浜から来ているご家族で、ここに2泊、他のところにも宿泊して、奄美で5泊ほどするようです。
昨年も奄美に来ていたようで、結構な奄美好きなご家族のようでした。

素敵な出会いもあり、とっても素敵な宿泊となりました。
明日は加計呂麻をドライブして、古仁屋に戻ったら実家に戻ります。
少しの時間ですが、加計呂麻を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:53 | Comment(0) | 日記

2018年08月26日

奄美大島帰省1日目

180826.jpg
【近くの防波堤で家族で魚釣り】

夏最後の想い出づくり。

家族で帰省しました。
帰省先は奄美大島です。

今朝、早くに車で関空へ。
予約していた駐車場に車を預けて、バニラエアで無事奄美空港に着きました。

台風19号、20号と発生していて、天気が心配でしたが、影響なく飛行機も揺れずに到着。
お昼過ぎには実家に着きました。
今日はお土産を持って親戚の家に行ったり、お土産を買ったりして、あっという間に半日が終わりました。

夕方頃に子供達が「釣りをしたい」と言う事で、家族で近くの防波堤に。
1時間半ほど、釣り糸を垂らしましたが、残念ながら成果はなし。
それでも、長女や次女は初めての釣りに大喜びでした。

奄美の気温は35℃まで上がったようですが、奈良の35℃とは違う。
風が吹き抜けるので、やはり涼しく感じる。
釣りをしていても、とても心地よかったです。

お昼ご飯は、近くのカツオ漁港に行って、カツオの刺身を購入。
美味しい刺身をたっぷり堪能しました。
晩御飯も刺身があるので、今度はビールと一緒に堪能します。

昨日までは、奄美の週間天気予報は、曇りか雨マークが並んでいた。
天気は良くないが、台風に当たらなかっただけでも十分と思っていました。
ところが、今日天気プリを見てみると、天気が晴れマークに変わっている。
明日も明後日も、天気は良くなりそうです。

奄美の自然を家族と共に、たっぷり味わって帰りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:06 | Comment(0) | 日記

2018年08月25日

長女の自由研究

180825.jpg
【自由研究は飛行機のとぶ仕組み】

台風が過ぎ去って、涼しくなるのかと思ったら、逆に暑さがぶり返して来ました。
風が吹いているので、以前の酷暑よりはマシですが、湿気が強くて暑いですね。
暦の上ではとっくに秋ですが、まだまだ夏の気配です。
しかし夜になると、虫が鳴き始めているので、密かに秋が始まっているのでしょうね。

気がつけば、娘たちの夏休みも、あと1週間程度。
今年は9月の頭が土日になるので、9/3から学校になります。
それぞれに宿題を終わらせているようですが、長女の自由研究がなかなか進まずにいました。

4日ほど前に、図書館に行って、ようやく自由研究の内容を決めた。
それは「飛行機の飛ぶ仕組み」。2冊ほど飛行機の本を借りて読んでいた。
そしてそのまとめを、パソコンでやりたいと言い出した。
これまでも学校の授業で、PowerPointを使って、自分たちの発表を行っていて、今回もパソコンでやりたかったようだ。

そこで、私のMacBookProを貸してKeynoteを使って作らせた。
PowerPointよりもKeynoteは簡単なので、説明しなくても自分なりに作っていた。
出来上がってきたものを見て、私の方で色々とアドバイスをする。
そして再び自分で作り直す。

これを繰り返して、ようやく形になった。
本日、プリントアウトした物を、1枚の大きな紙にした。
A4で8枚の用紙になるので、A1のサイズになる。

「できた〜」と持ってきたが、テープの貼り方が雑。
デコボコしているし、テープも表から貼っているので、見栄えが悪い。
私が苦笑いして、「やり直す?」と聞いたが、半分拗ねて「これで良い」と言ってきた。

まぁ、まだ時間はあるので、また機嫌を取り直してもらって、もう一度やり直そう。
せっかく頑張ってKeynote使って作ったのに、最後の仕上げでボロボロではやはり困る。
きっと本人も、わかっているのだと思うが、素直になれないのだろう。

これで一応、宿題は終わったハズです。
次女の工作も終わったし・・・・(ほぼほぼ私が作ったけど 笑)
長かった夏休みもそろそろ終わりですね。
最後に夏の想い出作りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:46 | Comment(0) | 日記

2018年08月24日

QuarkXpressは生きていた

180824.jpg

昨日の社会見学会のバスの中で、一緒に行った副会長と話をしていた。
その中で出てきた話。それはパソコンの話でした。
副会長も以前は、私と似た仕事をしていたらしく、Macを使っていた様です。

随分前の話の様で、まだMacがOS9の時代。
まさしくDTPの初期の頃。
今では仕事でWindowsも使っている様で、「Macは簡単だけどWindowsはややこしい」と話していました。
Macユーザーであれば、皆同じ感想を持っているんですよね(^^;)

そんな話をしていて、ふと懐かしい言葉が出てきました。
それはアプリの名称。
その名も「QuarkXpress」クォークエクスプレスと呼びます。
この名前を知っている人は、昔からのDTP経験者でしょう。

今のグラフィックデザイナーやDTP関係者は、InDesignしか知らないのではないだろうか。
名前は知っていても、おそらく使ったことはないと思う。
QuarkXpressはInDesignと同じ、DTPのページレイアウトソフトです。
DTP初期から全盛期にかけては、ページレイアウトと言えばQuark Xpressでした。

しかし、AdobeからInDesignが登場してから、徐々にシェアをInDesignに奪われて行きました。
やはりillustratorとPhotoshopがAdobeである以上、InDesignの方が連携していて使いやすい。
私もInDesignを使う様になってからは、Quark Xpressには触れていませんでした。
今となっては、Quark Xpressが動く環境でもなく、もう存在していないのだと思っていた。

ところが、調べてみると、まだ頑張っていました。
QuarkXpress2018として、新しいバージョンも出していた。
頑張って続けているという事は、それなりのユーザーがいるという事ですよね。

私自身そうですが、多くのデザイナーやクリエイターは、Adobe製品を使っている。
IllustratorやPhotoshop、そしてInDesign。
WebではDreamWeaver、映像ではPremiereやAfter Effects。
Adobe Creative Cloudを使っていれば、ほとんどの仕事はカバーできる。

しかしそれゆえの懸念材料がある。
Adobe独占状態に近いので、企業努力が見えなくなってくる。
やはり強力なライバルがいてこそ、切磋琢磨してユーザーの声に応えようとする。
今のAdobeは、ユーザーの声に耳を傾けているのだろうか?

私自身、Adobeのソフトが使えなくなれば、仕事が全くできなくなる。
代わりのソフトがあって、いつでも乗り換えができる状態ではないのです。
そうなると、こちらの声は届けにくくなる。

やはりQuarkXpressの様に、頑張ってライバルとなる会社が必要ですね。
IllustratorやPhotoshopは、残念ながら今のところライバルが見受けられない。
頑張ってライバルが出てきてほしいところです。

私自身は今後もAdobe Creative Cloudを使っていくと思う。
そうでなければ、仕事ができないのだから。
ただ、もっと安価で使えるライバルが出現した時。
それは考える価値があるものだと思う。

これから10年、20年経って「Adobe Creative Cloudって使ってたなぁ〜」なんて時代がくるのでしょうか?
ますます変化が早くなっていますからね。
これから先、どんな風になっていくのか?想像もできません。
いつまでこの仕事続けられるかもわかりませんしね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:37 | Comment(0) | Macintosh

2018年08月23日

台風直前の社会見学会

180823.jpg
【トヨタ産業技術記念館】

今日は台風が近づいてくる中、市PTAの社会見学会でした。
私は、昨年が行けなかったので、今年が初めての社会見学会でした。
バス2台を貸し切って、各学校から集まったPTAや先生方と出発。

時折小雨が降る中、バスは東へと走ります。
本日の行き先は、「トヨタ産業技術記念館」と「ジャズドリーム長島」。

最初に行った「トヨタ産業技術記念館」は、その名の通り、トヨタ自動車の記念館。
入ってビックリしたのが、トヨタが最初は繊維機械の会社から始まったこと。
最初から車だったわけでななかったんですね。

広い記念館には、最初は繊維機械の展示が。
大きな機会がズラリと並んでいました。
車とは無関係と思っていましたが、この繊維機械の技術が、車のシートなどにも応用されています。

そして自動車館の方へ。
こちらはさらに広い展示室で、自動車の展示だけでなく、自動車のプレスの機械など、大きな機械もありました。
そして自動車を組み立てるロボットの展示も。

自動車ひとつ完成するのに、物凄い数の部品と、それを組み立てる工程があるのですね。
改めて、日本の技術の素晴らしさと、精密さに驚かされました。

「トヨタ産業技術記念館」を後にしたら、次はお昼ご飯。
魚鉄というお店で、美味しいお昼ご飯をいただきました。
お昼ご飯を食べたら、一気に眠くなりましたが、そこは堪えて次の目的地へ。

次は長島スパーランドにある三井アウトレットパークの「ジャズドリーム長島」。
たくさんのお店が入っていて、そこで買い物を楽しんでくださいとのこと。
しか〜し、お店の9割がファッション系のお店。
知らないブランド店などが、ズラリと並び、特段買い物するような店もない(^^;)

結局私と、一緒に行った副会長と、2人で店を見て回っただけに終わった(笑)
きっとファッション好きな人にはたまらない場所でしょうね。

この頃になると、台風の影響が強くなってきて、時折強い風が吹き荒れる。
今日は18:00頃に戻る予定だったのですが、時間を早めて17:30には戻るようにスケジュールを前倒ししていました。
ジャズドリーム長島を出て、西へ西へと走らせると、どんどん風は強くなっていく。

それでもなんとか、無事に帰って来ました。
今、ますます風は強くなっています。
これから、暴風域が近づいて来る。

本当に大きな台風なので、十分注意したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:50 | Comment(0) | 日記

2018年08月22日

音楽を観る楽しみ

180822.jpg

私は仕事中、だいたいBGMを流しています。
それはMacのiTunesを立ち上げて、APPLE MUSICで音楽を流している。
気に入った曲をプレイリストにして、聴いている場合もあれば、「For You」から適当に聴いてることもある。

「For You」は、私が聴いている音楽を参考にして、私好みと思われる曲をオススメしてくれる。
確かに聴いていて「良いな」って曲もあれば、「なんじゃこりゃ」って曲もある(^^;)
でも、いろんな曲に出会えるし、時々とてもお気に入りになる曲も発見できる。

BGMとして聴いているのですが、先日、ふと気になって「見つける」機能をのぞいてみた。
これまでもなんどものぞいているが、今回はその中の「ミュージックビデオプレイリスト」。
ミュージックビデオプレイリストがあるのは知っていたが、最近の音楽のミュージックビデオだけだと思っていた。

ところが、色々見ていくと、様々なミュージックビデオがある。
音楽のプレイリストのように、ミュージックビデオにもプレイリストがたくさんある。
その中に、クラシックロックというミュージックビデオライブラリがあったので、開いてみると懐かしいハードロック系のミュージックビデオがずらり。

ヴァンヘイレンやボンジョヴィ。
ガンズアンドローゼスやヨーロッパ、ちょっとポップめのZZトップやREOスピードワゴンなど。
懐かしいミュージックビデオがたくさん観れた。

私がまだシャープで働いていた20代前半。
毎週金曜日の深夜に楽しみに観ていたMTV。
そこで流れてきたミュージックビデオなどがあり、懐かしくてしばらく眺めていた。

不思議なもので、音楽だけよりも、映像と一緒に観た方が記憶に残っているんですよね。
懐かしいミュージックビデオを観て、思わず20代前半の頃にタイムスリップしました。
時には音楽を観る楽しみも良いですね。
ただ、BGMのように聞き流すことはできないので、時間に余裕のある時しかできません。

懐かしいミュージックビデオだけでなく、最近の音楽もミュージックビデオで聴くと、また違った印象になります。
特に日本のアーティストは、歌詞と映像がマッチして、より印象深く感じることができますね。
最近観たので気に入ったのが、Mrs. GREEN APPLEの青と夏。
音楽だけで聴くよりも、ミュージックビデオの映像と聴く方が、印象に残る。

きっと他にも印象に残るミュージックビデオいっぱいあるのだと思う。
しかし、音楽と違って聞き流せない。
やはり時間に余裕がないと無理だ(^^;)

昔のように、金曜日の深夜は音楽を観る時間にするか。
でも、きっとすぐに寝てしまうだろう(笑)
若かりし頃は、本当に時間がたっぷりあったなぁ〜。
もうあの頃には戻れないけど、時々懐かしいミュージックビデオ見て、気持ちだけでも若返ろう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 音楽/映画

2018年08月21日

W台風がやってくる

180821.jpg

今年は本当に台風が多い。
この時期で20号なんて。そして8月だけで8個の台風が発生している。
そして今、W台風が北上中です。

台風19号は、現在奄美大島のすぐ横。
先ほど母に電話をしたら、「久々に物凄い台風で怖い」と言っていました。
台風には慣れている島の人間でも、怖いと感じるほど、風が強いようです。

私が電話した時点で停電になっているようで、明日まで復旧の見通しはなさそうです。
今日は早々と寝るように促して、電話を切りました。

台風19号は、近畿地方には直接は影響なさそうですが、続く20号が直撃の可能性も出てきた。
23日(木)の夕方から24日(金)の朝方にかけて再接近する予報。
東寄りのコースを取れば、完全に直撃。
西寄りのコースを取ったとしても、台風の右側に当たるので、かなり強風が予想される。

現時点で970hpだが、最大風速は35m/sで最大瞬間風葬は50m/sにもなる。
そして北上しながら、勢力を強めるものと思われる。
海水温度が高いので、台風が勢いづく。
そして勢力を保ったまま、いきなり上陸してくるから、かなり強い台風になると思います。

この20号のコース。
平成10年の9月22日に上陸した台風7号と似ている。
私たちの結婚式の前日に上陸した台風。
あの時も、物凄い被害が出ました。

奈良は比較的、台風の被害は少ないのですが、あの時は結構な被害だった。
似たようなコースだし、あの時も7号・8号のW台風でした。
早めに対策をしておかないといけませんね。
明日は、飛びそうな物などは、室内に移動しておこう。

明後日の夕方から夜に近づいて来るのですが、その日は市のPTAの社会見学会です。
朝から出かける予定なのですが、微妙ですね。
朝の段階で警報が出ていたら中止との連絡は来た。
しかし、朝警報が出ていなくても、出かけている間に、台風来ちゃう気がする。

どうなるのだろう?
明日くらいには、また連絡くるかな?

立て続けにやってくる台風。
しっかりと台風対策しておきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:55 | Comment(0) | 日記

2018年08月20日

INFOBAR再び登場

180820.jpg
【写真はITmedia Newsから http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/12/news067.html

携帯電話をiPhoneにしてから何年経っただろう?
確かiPhone5が発売された時に購入した。
ブログを調べてみたら2012年の10月4日にiPhone5を手にしている。

こんな時は、やはりブログを続けていると便利ですね。
すぐに過去の記事を検索して、調べることができる。

もうかれこれ6年近く経つんですね。
今ではiPhoneが当たり前になっています。
周りを見ても、ほとんどの人がiPhoneやAndroidのスマホ。
時々、携帯の人を見かけますが、8〜9割型スマホと言っても過言ではない。

しかし、そんな中、auからスマホではない携帯がでる。
それも何と、あのINFOBARなのです。
私もiPhoneの前は、INFOBARを使っていた。

初代INFOBARから、INFOBAR2まで、携帯の時期はこのINFOBARにお世話になっていた。
そのINFOBARが再び発売されるらしい。
その名も「INFOBAR xv」
最初は「スマホとして?」と思ったが、非スマホのようです。
つまりは普通に携帯。

まるで世間の流れに逆行するようなINFOBAR発表。
しかし、確実に携帯にこだわる人もいて、INFOBARファンもいる。
意外に需要はあるのかも知れません。

肝心のデザインですが、やっぱりオシャレですね。
INFOBAR2はちょっと期待外れだったけど、今回のINFOBAR xvはちょっとカッコイイと思った。
非スマホだけど、LINEや+メッセージにも対応し、テザリングも使えるらしい。
携帯だけど、ネットを強く意識した感じですね。

でも色合いは微妙だなぁ〜。
NISHIKIGOI(錦鯉)は鉄板で変わりないけど、後の2色が微妙。
NASUKON(茄子紺)とCHERRY BERRY(チェリーベリー)だそうです。

NASUKONの色はまだ良いけど、CHERRY BERRYは微妙だな。
どうせなら、日本の色にこだわって、ウグイス色とかにしたら良いのに。
まぁでも、私は使わないので(^^;)

iPhoneもそろそろ機種変したいなぁ〜。
次の新しいiPhone出たら考えようかな〜。
iPhone7plusにしたのが2017年の1月。
新しいのが出て、落ち着いた頃に丸2年になる。

次はiPhoneXにするかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:09 | Comment(0) | 日記

2018年08月19日

それぞれに頑張った試合

180819.jpg
【最後まで頑張った次女の試合】

今日は超ハードな1日でした。
起床は3時15分。
娘たちの剣道の試合があるので、4時15分にはコンビニの駐車場に集合。
そこから川上村目指して、山を登ります。

約1時間で到着。
なるべく会場に近いところに、ブルーシートを敷いてテントを立てました。
朝方の川上村は、18℃しかなく、肌寒いほどでした。

陽が当たる頃には開会式が始まり、試合が開始されました。
今回の大会は、主に個人戦。
小学1〜2年生、3〜4年生、5〜6年生の男女別で行われます。
中学生も1年生、2〜3年生と男女別。

それぞれの学年に1名ずつエントリーしています。
真っ先に試合が行われたのは、次女でした。
小学1〜2年生の女子の部。

参加人数を見ると、他の学年より少ない。
4回勝てば優勝という少なさ(笑)
次女に気合を入れて、試合場に送り出します。

1回戦の相手は、おそらく初めて試合に出た子。
試合場への入り方も、形もできていません。
そして試合が始まると、途端に次女の面が決まりました。

明らかにビックリしている様子の相手の子。
その様子に次女も戸惑っています。
しかし、そこは勝負の世界。
同様に面を決めて試合が終わりました。

ところが面が決まった瞬間、相手の子がその場で固まり泣いてしまった。
それを見た次女も、どうして良いかわからず固まっている(笑)
大会のスタッフが、相手の子のとこに行って、なんとかなだめながらその試合は終わった。
まるで1年前の次女を見ているような試合でした(^^;)

2回戦はそう簡単にはいかない相手でした。
先ほどの試合が響いたのか、積極的に打っていかない次女。
相手もなかなか決め手がない状態で、延長戦へ。
最後はなんとか、次女の面が決まり、2回戦を突破。

次勝てば、いよいよ決勝という3回戦。
しかし、ここまで来ると、やはり強者が出てきます。
開始早々に面を決められてしまった。
それでも、食い下がる次女。

最後にあい面となり、良い面が決まった。
だが、一瞬相手の面が先に決まり、2本負け。
戻ってきた次女は、やはり大泣きでした(笑)
それでも結果は3位入賞。

その後も、他の選手の応援などしましたが、皆1〜2回戦負けとなりました。
他の学年は参加人数も多く、奈良県内だけでなく、大阪や和歌山、さらには関東からもきていたようです。
大人の部には、なんとスコットランドからも参加者があり、青い目の戦士が沢山いました。

長女は1回戦はシードだったので、2回戦から。
初戦はなんとか1本勝ちで勝利することができました。
しかし、3回戦の相手が強かった。
技もスピードも、長女を上回っていました。

その相手は、決勝へと勝ち進みました。
どうりで強いはずです。
決勝の相手は、柳生道場。
長女も良く知っている相手でした。

結果は柳生道場の優勝。
長女はその試合を、嫁さんのiPhoneで撮影していました。
そこから学びたいとのこと。
ようやく剣道に対して、前向きな姿勢が見えてきた(笑)

次女が入賞したため、閉会式まで残ることとなり。
皆、閉会式まで残ってくれました。
全ての予定が終わったのは16時ごろ。
そこから帰ってきたら18時前でした。

一眠りしようと布団に入りましたが、寝付けず。
19時から、町内の秋祭りのため、PTAの話し合い。
話し合いが終わったのは、21時過ぎ。

あぁ〜疲れた。
でも、娘たちが頑張ったので、心地よい疲れです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2018年08月18日

尾畠さんの生き方に学ぶ

180818.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

8月12日から行方不明になって、3日ぶりに無事に保護された藤本理稀ちゃん2歳。
この時に大活躍したのが、捜索ボランティアの尾畠春夫さんでした。
この方、東日本大震災や、熊本地震。最近では西日本豪雨でのボランティアにも参加している方でした。

お恥ずかしながら、私は全く存じ上げていませんでした。
各地でボランティに汗を流して来た方です。
今回も、これまでの経験で、理稀ちゃんが山の方に入ったと推測。
わずか20分で理稀ちゃんを見つけ出しました。

テレビのインタビューにも応じていましたが、余計なことは話さず、とにかく小さな命が助かったことを喜んでいました。
そして、親族がお礼にお風呂に・・・と進める中、ボランティアは全て自己完結が条件と、その日のうちに大分の方に帰って行ったそうです。

ネットでは、「国民栄養賞ものだ」とか、「これぞボランティアの鏡」など、絶賛する声が上がっていました。
尾畠さん自身が、「自分は何の学歴もなく、それでも65歳まで魚屋を営むことができた。社会にお世話になったご恩返しがしたい。」と、ボランティアを始めたと語っていました。
なかなか出来ることではありません。
本当に謙虚な方で、それでいてパワフルな方です。

先に話題になっていた、日本ボクシング協会の山根会長と同じ年齢だったことから、ネット上では比べる人が続出。
こんな歳の取り方したいですよね。
尾畠さんのような生き方は、とても真似できないかも知れませんが、謙虚さだけでも学びたいと思います。

今回、理稀ちゃんのおかげで、私たちは尾畠さんと言う人を知ることができました。
尾畠さんが来なければ、助からなかったかも知れません。
本当に小さな命を救ったヒーローだと思います。

たくさんの感動を与えてくれた尾畠さん。
多くの日本人が「こう言う人になりたい」と思ったはずです。
なかなか尾畠さんのようには、なれないけど、少しでも近づく努力は出来ると思う。

暗いニュースや、腹立たしく思うニュースが多い中で、本当に気持ちが救われたニュースでした。
私たちは、日頃から自分中心に、物事を考えています。
だから思い通りにならないと、イライラするし誰かに腹をたてる。
そんな時は、尾畠さんのことを思い出して、自分自身を高める努力をしましょう。

人は地位や名誉ではない。
最後はやはりその人の生き様なんだと、今回改めて実感しました。
尾畠さん、本当にありがとう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:02 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年08月17日

次女の夏休み工作

180817.jpg
【次女の夏休みの工作】

娘たちの夏休みも、2/3ほど過ぎた。
そろそろ宿題を終わらせる時期に来ている。
一応2人とも、宿題はほぼほぼ目処がついているようだ。

問題は、長女は自由研究。
そして次女は工作。
どちらも何をするか、何を作るかで悩んでいる。

長女はなんとか自力でできそうだが、次女はちょっと難しい。
そこで、私がネットで調べて、作れそうな物をプリントアウト。
早速やる気になった次女だが、いざ作るとなると、やはり難しい。

そこで最初だけ私が・・・・。
作り始めたら、結局私の夏休みの工作になってしまった(^^;)
一応、次女ができるところは、次女に作業をさせたが、8割私の工作になった(笑)

まぁ、大人が作っても難しかったので、次女ではやはり無理だったろう。
これが小学3年生の工作として紹介されていた。
いや、小学3年では難しいのではないか?
作ってみての感想です(^^;)

作ったのは、ペットボトル製のプルバック自動車。
車を持って後ろに引っ張ると、前に走り出す車です。
本体は500mlのペットボトル。
タイヤはペットボトルの蓋。

作る前に、ペットボトルの蓋では、タイヤが滑って進まないのでは?と思ったので、次女を連れてホームセンターに行って、テープ付きのゴムを購入して来た。
ペットボトルの蓋のタイヤに巻きつけました。

何とか走るけど、思ったような出来ではありません。
やはり難しいです。
もう一度作り直したら、もっと上手く出来る気もするけど(^^;)

最後は次女がデコレーションをして完成。
次女は自分が作った気でいます(笑)
でも、馬鹿正直だから、先生に聞かれたら、きっと「お父さんが作ってくれた!!」って言うでしょうね(--;)

小学低学年の夏休みの工作って、どうしたって子供だけでは作れない。
よほど器用な子でないと、難しいでしょうね。
本当は子供に説明しながら、作らせたら良いのでしょうが、そんなことしていたら、きっと2〜3日必要な気がする。
もし、余裕があれば、次女に説明しながら、もう一度作ってみるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | 日記

2018年08月16日

新作「青の古城」

154青の古城.jpg

【青の古城】
-------------------------------------------------
人里離れた森深く、人気のない古城に昇る青い月。
騒いでいたカラスたちも、そろそろ家路を急ぎます。
青い月光に包まれて、静寂の夜は森深くに広がります。
-------------------------------------------------

今月は早々と新作を描き上げました。
お盆期間中を使って、粛々と制作できました。
やはりお盆期間中は、皆さんお休みなので、電話なども無く作業が捗ります。

イラスト自体は昨日のうちに仕上がっていました。
タイトルと紹介文にちょっと悩んでいたので、本日アップとなりました。
本日までお盆休みのところが多いと思っていたのですが、早速サイト更新の電話が1件。
いつもお世話になっている印刷会社のO氏から電話。
さらに、学童保育連絡協議会から、問い合わせのメール。
結構皆さん、早々とお仕事されているんですね(^^;)

私も明日から通常モードに戻るので、その前に新作のご紹介を。

今回のイラストは、月夜のイラスト。
これまでも満月を描いたイラストはたくさんあります。
023ムーンライトシンフォニー
047古都静月(ことしづき)
072静北優月(しずきたゆうげつ)
097お月見にゃんこ
120竹音静月(たけのねしづき)
145奄音恋美月(あまねこいみづき)
などなど。

他にも小さい満月を含めると、まだまだある。
しかし、満月をメインに描いているのは、上記のようなイラスト。

これまでのイラストは、温かみのあるイラストが大半でした。
中秋の名月のようなイメージで描いています。
しかし、今回のイラストは、これまでとは少し趣が違います。

ヨーロッパの古城に満月。
そして色合いも、深いブルー系からブラック系です。
少し不気味な印象さえ感じられるイラストです。
まさしくドラキュラの舞台になりそうな雰囲気ですね。

ほのぼのしたイラストも好きですが、実はこんな少々不気味なイメージのイラストも好きなんです。
不気味というか、神秘的というか、こんな雰囲気が好きなんですよね。

早速ネットショップでも販売を開始しています。
興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。
https://www.creema.jp/c/ds-island
来月も頑張って新作描きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 16:58 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2018年08月15日

ご先祖様に感謝して

180815.jpg

73回目の終戦の日を迎えました。
そして今日は送り盆です。
本来なら、ご先祖様のお墓参りをしたいところ。

しかしながら、北海道と奄美大島では、簡単に墓参りはできません。
遠く北の方角と、遠く南の方角を見て、気持ちだけでも墓参りしたいと思います。

奄美の方には、今弟が帰省しているハズです。
きっと今夜は親戚の家で、たっぷりお酒を飲むことでしょう。
羨ましいので、私は自分でビールでも買って来て、晩酌したいと思います(笑)

今でこそ少なくなりましたが、私が子供の頃のお盆は、とにかく賑やかでした。
親戚の家にたくさんの親族が集まり、みんなでお墓参り。
行列になってお墓まで行き、お墓も人で溢れかえっていました。

そして再び親戚の家に戻ったら、そこから宴が始まります。
たくさんの食べきれないほどの料理が並び、大人の男性は酒でどんどん上機嫌になって行きます。
私たち子供も、日頃はあまり口にしない、お菓子や果物、そしてジュースがこの時は食べ放題・飲み放題。
本当に好きなだけ飲み食いしていました。
大阪のいとこが帰省して来たときなどは、いとこで遊んでいたものです。

私の記憶の中のお盆は、とにかく賑やかなイメージがある。
最近は、親戚中が集まることもなくなり、親戚の家に行っても、数名の親族が集まっているだけ。
それでも賑やかなことに変わりはありませんが。

本当ならお盆に帰省して、子供達を連れて墓参りをしたい。
しかし、お盆の時期はとにかく交通費が高い。
そのため、夏の帰省はお盆の時期をずらして帰省する。

最近は格安航空券が入手しやすいので、お盆の時期も、昔からすれば安くで行ける。
今度奄美に帰省する時は、お盆の時期も検討してみたい。
今年は月末に帰省するのだが、本当はお盆の時期も考えた。
だが、金銭的な問題もあったが、それ以上に日程が無理だった。

なんせ8/11にサマーフェスタがあり、これが終わらなければ行動できない。
8/18には学校の親子奉仕作業が入っていた。
結局、中止になったのだが、PTA会長である以上、予定に入れておかなければならない。

さらには、長女の剣道の試合が8/12と8/19にある。
そして市PTAの社会見学会が8/23にある。
その間にも、PTAの夜回りなどがあり、とにかく日程が合わない。

結局、最終週だけが空いている形となった。
今年はPTAと剣道と、どっちも多忙なので、致し方ありませんね。
まだ、休みが取れたことに感謝したいと思います。

送り盆、ご先祖様に感謝の気持ちを。
今夜は子供達に、ご先祖さまの話でもしましょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:52 | Comment(0) | 日記

2018年08月14日

SierraからHigh Sierraへ

180814.jpg

お盆休み期間中ということで、MacのOSのバージョンアップを行った。
現時点での最新OSはHigh Sierra(10.13)だが、私が使っているのは、その一つ前のSierra(10.12)でした。
今年の秋には、さらに新しいOSが出てくる。

でも、新しいOSはバグなどが多いため、ある程度期間を置いて、落ち着いてから導入している。
今回も役1年遅れで導入したことになる。
仕事で毎日使うMacなので、OSのアップグレードは、なるべく仕事を休む時期に行いたい。

本当は秋に新しいOSが出て、お正月休みくらいにアップするのがベスト。
しかし、今回はそのタイミングを逃した。
なんせ、年末年始は嵐のように仕事が詰まっていた。
そこでお盆休みにアップすることにしました。

やはり新しいOSへのバージョンアップは、やはり不安もある。
一番の不安は、対応していないアプリが出てくること。
Adobe関連は十分に対応が確認できているので、さほど不安はない。

だいたいのアプリは、新しいOSに対応しているので、まぁ大丈夫。
一番心配していたのは、同じAppleのアプリのiDVDです。
DVDを焼くアプリですが、便利なのでずっと使い続けている。
しかし、このアプリはとっくにAppleが開発を終了している。

つまり新しいOSで動く保証はない。
これまでもOSをバージョンアップするたびに、動かなくなり、ネットで対処法を調べて、なんとか使ってきた。
そして今回も、その不安が的中。
やっぱり動かなくなった。

もしかしたら対処法があるかもしれないので、またネットで調べてみよう。
そんなに頻繁に使うアプリじゃないけど、DVD制作の時には重宝するアプリです。
Appleはなぜこのアプリを開発終了にしたのだろう?
まだまだ需要はあると思うんですが。

他にも新しいOSに対応していないアプリがあるかもしれない。
少しずつ検証して、新しい環境を構築したいと思います。

新しい環境と言っても、見た目はほとんど変わらない。
なのでいつでも仕事再開は可能です。

さて、OSも新しくなったことだし、心機一転頑張りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | Macintosh

2018年08月13日

各地でゲリラ豪雨

180813.jpg
【すごい入道雲がアチコチに】

今日も暑い1日でした。
迎え盆でお盆休みの人が多いのでしょうね。
日中、ちょっと購入するものがあり、ホームセンターへ行ったのですが、やたらと人が多い。

夕方近くのスーパーに行った時も、人が多いし物が売れているためか、補充の商品がたくさん置かれていました。
お盆で帰省して来た人が多くいるのでしょうね。
この時期って、地方に人が集まり、都会は人が減るのでしょう。

関東ではゲリラ雷雨が発生して、ものすごい雷雨だったようですね。
昼間ホームセンターに寄った時も、空を見渡すと、たくさんの入道雲が。
特に南の方角には、そこにラピュタが隠れているんじゃないか?と思えるような入道雲がたくさん。
雨雲アプリで見たら、十津川村あたりが雨雲を示す色の、真っ赤に表示されていました。

こちらにも雨がやってくるか?と心配しましたが、こちらでは1滴も降りませんでした。
夕立でもあれば、少しは涼しくなるのですが、全く降りませんね。
昨日は、私たちが試合に行っている間に、集中豪雨があったようですが。

週間天気予報を見ると、15〜16日当たりは雨マークになっています。
全国的に雨のようで、再び強い雨に警戒が必要なようです。
7月頭の豪雨のようにならないことを祈るばかりです。

今年の夏は、本当に極端な夏ですね。
晴れると酷暑が続き、雨になると、局地的豪雨で被害が出る。
困ったものです。

さて、世間的にはお盆休み。
つまりは会社なども夏休み中です。
我が家はズラして夏休み取るので、いつもと変わらない日常です。

仕事も入ってくることはないので、MacのOSをアップしよう。
他にも仕事以外のことを、やっておきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2018年08月12日

厳しかったけど頑張った錬成会

180812.jpg

昨日のサマーフェスタで、クタクタになった体を引きずって、今日は剣道の錬成会で五條まで。
朝5時には起きて、長女を叩き起こし、6時過ぎには出発。
今回は一緒に行く同じ年の女の子のお母さんの車に便乗させていただきました。
昨日の疲れが残っているので、助かりました。

この錬成会、今年で3回目なのですが、我が家は今回が初めての参加。
一昨年は急遽この話が来て、我が家はすでに予定を入れてしまっていたので、欠席した。
そして昨年は、サマーフェスタと重なり欠席。
今回はサマーフェスタの翌日で、早めに連絡が来ていたので、参加できました。

朝の7時過ぎには会場に到着。
駐車場がまだ空いてないので、駐車場前で待ちました。
すでに先に1台車が来ていて、待っていました。

私は先に降りて、会場前の玄関へ。
こちらも場所取りのために、並んでいます。
こちらも2番目でした。

8時半に開場となり、急いで場所を取りに走ります。
なんとか席と防具置き場の場所を確保。

今回の錬成会は、大阪や和歌山からも参加の道場があり、たくさんの剣士たちで、広い会場は埋め尽くされました。
プログラムに沿って、試合を行いますが、その試合が終わったら、各道場いろんなところと試合を組みます。
我が道場にも、いろんなところから、試合のお誘いがあり、子供たちはたくさんの試合をしました。

最初は動きの鈍かった子供達も、試合を重ねるごとに動きが良くなりました。
何よりも「勝ちたい」という気持ちが前に出て来るようになった。
そして声も出るようになっていました。

通常の試合であれば、負ければそれで終わり。
次の試合まで、負けた悔しさを持続するのは難しい。
しかし、錬成会は負けてもすぐ次の試合ができる。
負けた悔しさを、次の試合でぶつけることができます。

その効果が大きかったのでしょう。
みんな、どんどん動きが良くなっていきました。

長女もどんどん動きが良くなり、自ら前へ前へと攻めていました。
負けた試合も多かったけど、それも次に活かせる敗戦です。
本当にここひと月くらいで、動きと気持ちが前へ前へと感じられるようになりました。

試合数にして、15試合くらいはやったでしょうか?
子供達も本当にヘトヘトになりながらも、最後まで試合を頑張りました。
今日のこのハードな試合が、次の試合へといかされて行くと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:57 | Comment(2) | 日記

2018年08月11日

3回目のサマーフェスタ無事終了

180811.jpg

なんとか無事に終わりました。

今日はサマーフェスタ当日でした。
13時から準備をして、一旦開催、再び15時に集合して体制を整えます。
PTAの模擬店は、かき氷とフライドポテトと唐揚げ串。

昨年担当した2年目の役員が中心となって、1年目の役員と作業をこなします。
私は会長なので、全体の見回しと、商工会としての写真撮影もあり、ずっと会場を回っていました。
おかげでもうクタクタです。
足が棒のようになっているので、早めに寝たいと思います。

今回で3回目となったサマーフェスタ。
今日はちょっとお天気が心配でした。
実は昼から雨の予報でした。
降水確率は40〜50%。

いつ雨が降ってもおかしくない。
しかし、厚い雲が出ては来たが、雨は一滴も降りませんでした。
おかげでサマーフェスタは順調に進行できました。

1年目より2年目、2年目より今年の方が、人が多かったように感じます。
回を重ねるごとに、認知度が高まっているのでしょう。
今日は特に浴衣を着た子供たちが多かったように思います。

我が家の娘たちも、浴衣を着て、友達と会場を回っていました。
長女も次女も、同じクラスの子と、楽しそうに回っていました。

舞台演出の方も、琉球太鼓や幼稚園児の可愛い踊り。
そして子供たちに大人気のバルーンアート。
最後は毎年、フラダンスで締めくくります。

今年もフラダンスのお二人が舞台で踊り始めました。
しかし、これまでとは違う反応が。
3〜4歳くらいの、小さな女の子が、舞台の前で踊りを真似始めました。

すると、1人また1人と、舞台の前に来て踊りを真似ます。
しばらく一緒に踊っていましたが、今度は1人が舞台に上がり、続けて10名くらいが舞台に上がって一緒に踊りました。
これにはフラダンスのお二人も嬉しそうに踊ります。

ほんわかとした雰囲気の中で、フラダンスが終了しました。
小さな子供達の飛び入りで、とっても素敵な舞台になりました。

最後はお待ちかねの花火でした。
他の地域の花火と比べると、どうしても予算が取れませんが、それでも昨年よりも迫力のある花火となりました。
皆一応に「良かった良かった」と喜んでいました。

PTAの模擬店の方も、役員の皆様の頑張りにより、無事に終えることができました。
本当に素晴らしいサマーフェスタになり、とても嬉しい1日でした。
ただ、本当にクタクタなのでもう寝ます(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記

2018年08月10日

退寮する息子

180810.jpg
【退寮する息子の大量の荷物】

今日は昼からサマーフェスタの準備。
明日に控えたサマーフェスタ。テント張りなど、約2時間準備に追われました。

家を出るときには、曇り空だったのですが、作業開始と同時になぜか晴れて来た。
曇り空だったので、帽子も被らずに来たのが失敗だった(><)
汗かきながら、テントを組み立てました。

大勢の人が準備に関わっているので、2時間ほどで終了。
あとは明日の13時から、再び準備です。

終わったら、もうシャツもズボンも汗でぐっしょり。
家に帰ったら速攻でシャワー浴びました。
そして娘2人を連れて出発。

実は明日から、息子が遅い夏休みに入る。
今日は息子を迎えに行かなくてはならない。
ただし、一度寮を出るので、荷物が大量になる。

なぜ退寮するのかと言うと、夏休み終了後に、そのまま半年間の遠洋実習に出るため。
一旦寮を退寮して、実習が終われば、再び寮に戻る。

娘たちは、一緒に行くのではなく、嫁さんの病院まで送って行った。
今夜、嫁さんの仕事場の飲み会があるらしく、嫁さんと娘たちはそちらに参加。
家族で息子を迎えに行っても、荷物が載せられなくなるので、逆に良かったです。

娘たちを病院で降ろしたら、私1人で車を東に走らせます。
サマーフェスタの準備で疲れきった体を振り絞りながら、いつも通り約2時間で到着。
お盆休みも近いので、渋滞も心配したが、全く渋滞もなくスムーズに走れました。

寮に着くと、息子の荷物をどんどん車に乗せる。
お友達も2〜3人手伝ってくれて、あっという間に車の中はパンパン。
入学した時は、この半分くらいだったのだが、やはり荷物は増えますね。

帰り道も渋滞もなく、スムーズに走って帰ってこれました。
家に着いて荷物を降ろして、しばらくすると嫁さんたちも飲み会が終了した模様。
3人を迎えに行きました。

再び5人家族となった我が家。
息子も夏休みに入り、ますます家の中が賑やかになります。

さて、明日はいよいよサマーフェスタ本番。
ガンバロウ(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2018年08月09日

人の繋がりが大事

180809.jpg

昨日、今日とこれまでの気温からすると、随分と涼しいです。
最高気温が30℃前後なんて、この時期にこの気温はやっぱり異常です。
本当に今年は、異常だらけですね。
でも、明日からまた気温上がりそうですが(^^;)

明日はいよいよサマーフェスタの準備です。
心配していた台風も、大丈夫そうです。
天気もなんとかなりそうです。

今年もサマーフェスタのプログラムを制作しました。
もう校区の各家庭に配布されています。
このサマーフェスタを実施するにあたり、経費の大半はプログラムの広告費です。

おかげさまで、1回目より2回目、2回目より3回目と広告掲載が増えています。
広告を出してくださるクライアントの皆様のおかげで、サマーフェスタを開催することができるのです。
本当にありがとうございます。

その広告ですが、全て私の方で制作をしている。
一部、データをそのまま提供してくださるとこもあるが、ほとんどは私の方でデザインしています。
今回も新規で結構な数の広告があり、いくつか広告デザインをさせていただきました。

その中で、デザインした広告をとても気に入っていただけたクライアント様がいらっしゃったようです。
そして一度お会いできれば・・・とのことで、本日顔合わせをしてきました。
すぐに何か依頼があると言うわけではないが、今後何かあればお願いしたいとのことで、お話をさせていただきました。
嬉しいですね。広告を気に入っていただけただけでなく、お話できる機会をいただけるなんて。

本日、夕方にお邪魔して、お話をさせていただきました。
担当は女性の方なのですが、仕事以外のことも話題になり、ふとしたことから息子さんの話になりました。
そしてその息子さんが、学生時代に剣道をされていたようで、とてもお世話になったと言う先生の名が。

なんとその先生は、私と同じ町内に住んでいた、以前の連盟会長の先生でした。
もうお亡くなりになったのですが、そのことは知らなかったようで、お伝えするととても残念そうでした。

思わぬところで、共通の話題ができ、話も盛り上がりました。
20分ほど、いろんな話をさせていただいて、会社を後にしました。

人はどこで繋がっているか分からないものですね。
そして出会いって、本当に大事だと思います。

今後、私の仕事でお役に立つことがあれば、ぜひ力になれればと思います。
仕事って、結局人と人の縁なんですよね。
人付き合い大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:10 | Comment(0) | 仕事

2018年08月08日

独裁者にならないために

180808.jpg

今、世間を騒がせている、日本ボクシング協会の山根終身会長が辞任を発表しました。
しかし、何を辞任したのか、本人の説明はありませんでした。
会長職を辞任したのか?それとも理事も辞任するのか?
何かスッキリしない幕引きです。

今回の騒動って、どこにでもあるような話だと思う。
一部の権力者が団体を牛耳っている。
どこの団体にでもありそうなこと。

本来はそれを内部から変えていくもの。
しかし、今回は告白状という形で、外から圧力をかけた。
特にマスコミを使うことで、より効果的に。

マスコミって、とにかくネタを探していますからね。
今回のような事案は、マスコミにとってもおいしいネタでしょう。
マスコミを使うことによって、様々な疑惑や問題を洗い出すという効果は、確かにあると思う。
ただ、一方的な思い込みや、片方の言い分だけが主張される問題もある。

マスコミのやり方って、悪役を決めて、それを徹底的に叩くやり方。
悪役を叩くことによって、自分たちを正義のように見せつけようとする。
今回は山根終身会長が標的になった。

マスコミのやり方にも問題はあるけど、ボクシング協会にも問題はあったと思う。
そしてこの手の問題は、他にもたくさんの団体が抱えているのだと思う。

ボクシング協会は、山根終身会長という独裁者の団体になってしまっていた。
なぜ独裁者が生まれたのか?
きっと最初からそれを狙っていたわけでは無いと思う。

山根終身会長も、最初はボクシングのことだけを思って、色々と動いていたのでしょう。
その功績が認められて会長になったのだと思う。
だが、会長になり権力を持つと、それを手放したくなる。
だから終身会長という位置付けを作った。

言わば権力の魔力に溺れてしまった。
そしてそれを作り出したのは、会長を取り巻く他の権力者だったと思う。
会長を特別扱いにして、ご機嫌を取ったりしていたのではないか。
そうして独裁者は出来上がっていったのでしょう。

人は権力を持つと、その権力に溺れてしまいがちです。
溺れて独裁者となっても、溺れていることに気づかない。
そして周囲が独裁者を作ってしまう。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
権力を持てば持つほどに、初心に帰り謙虚にならなければならない。
それができていない団体が、本当に多いのだと思う。
だから、様々な問題が噴出してくる。

どんな団体にも、必ず長は必要です。
私も小さな団体のPTA会長と、剣道の父母会会長を務めています。
しかし、小さな団体でも、長く続けていると、それは権力へと繋がる。
その権力を生み出すのは、己自身と長を取り巻く周辺です。

だからこそ1年任期で変わっていく。
1人の人間が会長を数年続ければ、その団体は安定していく。
しかし、安定の裏には権力がある。

私が最初に剣道父母会の会長をした時、当時の指導の先生から、「このまま会長を続けて欲しい」と言われた。
1年で変わるよりも、続けてもらって安定させて欲しいと思ったのでしょう。
でも断りました。私が会長を続ければ、次第に権力が出来上がってしまう。
そして、誰も私に対して物を言えない環境ができてしまう。

小さな団体でさえも、権力は生まれます。
権力が悪いのではないが、人はどうしても権力に溺れてしまいがち。
そして周辺が、その権力を持ち上げ、独裁者を作ってしまいます。

今回の騒動を「山根終身会長が悪い」「日本ボクシング協会が悪い」と、断ち切ってしまうのではなく、どこにでも起こり得ることと考えなくてはなりません。
どんな団体でも、長になると言うことは、その団体をまとめる責任者になると言うこと。
時に権力を使って、物事を進めることも必要になる。

多くの人は長に従います。
しかし中には違う意見や考えを持つ人もいる。
それを聞き入れることができるかが大事。

そして最も重要だと思うこと。
それは団体に属する者、一人一人が私欲を捨てること。
団体の発展を願い、一人一人ができることをやる。
自分の損得勘定を捨てて、公のために動くこと。

それが今の日本には欠けているのだと思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年08月07日

仕事量のバランス

180807.jpg

今年は新年早々から忙しかった。
そしてそれは3月いっぱいまで、怒涛のように続いた。
その中で、体調を崩して、それでも徹夜したりして、なんとか仕事をこなした。

4月に入ってからは、仕事も落ち着き、若干ゆとりを持って仕事ができるようになった。
6月ごろからは、ますます落ち着いて来た。
そして今となっては、落ち着き過ぎている感がある(^^;)

仕事がピタッと止まっているのです。
いくつか定期的なものはあるが、それ以外の仕事が本当に止まっている。
例年、夏は比較的仕事は落ち着くのだが、今年は異常だ。
天気も異常なら、仕事も異常です(笑)

昨年末から3月にかけての、あの鬼のような仕事量はどこ行った。
あの頃の仕事量が、少しでも今の時期に回ってくれてたら、どんだけ楽だったか(^^;)
まぁ、仕事時期は選べませんからね。

これまで仕事が入って来ていた印刷会社からも、仕事は減っています。
印刷の仕事自体が減っていますからね。
これからますます減っていくのだろうな。

現に私の今の仕事は、印刷関係の仕事が1/3、ネット関係の仕事が1/3、絵本の挿絵が1/3という感じです。
これからますます印刷関係の仕事は減っていくと思われます。
かと言って、ネットやイラストの仕事が増えるか?というのもわかりません。

これまでの仕事関係も残しつつ、新たな仕事関係も築いて行かないといけない時期なのかも。
新しい出会いが必要ですね。

私のようなフリーで働いている人間は、どうしても営業活動が苦手です。
営業に回っていたら、作業時間が無くなる。
だからどうしても、仕事に対して受け身になる。

だが、これからは、もっと出て行かないとダメかもしれませんね。
いつまでも、仕事が来るのを待っているわけにも行きません。
もっと自ら積極的に動いて行きたいと思います。

この仕事が落ち着いている時期に、やらなくてはいけないことをやっておこう。
まずは仕事部屋の片付けからだな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:20 | Comment(0) | 仕事

2018年08月06日

真の平和とは

180806.jpg

今日は8月6日です。
73回目の広島原爆の日を迎えました。
毎年、毎年、私たち日本人は、この広島原爆の日、そして8月9日の長崎原爆の日。
さらに8月15日の終戦記念日と、平和の大切さを感じています。

毎年同じように、「核兵器廃絶に向けて平和の祈りを」と、心から願っています。
そしていつの日か、核兵器のない世界を夢見ています。

しかし、世界はどうでしょうか?
すぐお隣で、核開発を続けてきた北朝鮮。
初の米朝首脳会談で、曖昧な非核化によって、北朝鮮は核を手放すどころか、アメリカを舐めきっています。
再びアメリカまで届く弾道ミサイルの製造に着手したとまで言われています。

どれだけ私たち日本人が、平和を望み、核兵器廃絶を願っても、世界は核を手放しません。
いくら日本が「戦争はしない」と言っても、隣国は日本の領土を狙い、海底資源を狙っています。
そして、不法占拠した島は、いつまでも戻っては来ません。

8月6日と9日の原爆の日。
核兵器の恐ろしさと、戦争の愚かさを、後世に伝えることはとても大事です。
2度とこんな悲惨な時代を作ってはなりません。

しかし、平和を唱えるのに、日本の武装を否定するのは違います。
世界の国々が、核兵器を捨てて、武装解除して、何事もなく平和に暮らせるのなら、日本も武装する必要はない。
でも、現実はどうでしょうか?
核実験を繰り返し、弾道ミサイル発射を繰り返し、ついにアメリカを巻き込んだ北朝鮮。
その背後で、虎視眈々と領海を広げようと企んでいる中国。

北方領土を返すことなく、ますます自分たちの実効支配を強めるロシア。
日本が主権を失っている間に、日本の竹島を勝手に自分たちの領土と名乗り、実効支配している韓国。
その国々と、日本は長年、話し合いだけで解決を試みて来た。
しかし、自衛隊が戦えない軍隊であることを知っているから、どの国も日本を相手にはしない。

平和を唱えるだけでは、本当の平和はやってこない。
いくら日本が親身になって、話し合いを望んでも、本気で相手にする隣国は無い。
平和とは、武力と武力のバランスで成り立っている。
そのことを、いい加減私たち日本人は知るべきです。

そして、真の平和国家になるためには、日本も武力を背景にした外交が必要。
そのためには、いざとなれば戦える自衛隊でなくてはならない。
だからこそ、憲法改正が必要になってくる。

呪文のように「平和を〜」と唱えても、永遠に平和はやって来ません。
現実を見て、現実に沿った平和を築いていかないといけないのです。

73年前に、突然奪われた多くの命。
犠牲となった多くの人々のためにも、私たちは本気で「平和」を考える必要があります。
2度とこんな時代が来ないように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年08月05日

酷暑で売れている物

180805.jpg
【品切れで手に入らない】

連日続く酷暑。今日もやっぱり暑かった(@@;)
昨日の稽古で、少々バテてしまった長女。
今日もちょっと辛かったようで、いつもなら居残り稽古をするのだが、今日は1時間で終了した。

しかし、次女は元気、ピンピンしている。
ところがお姉ちゃんが居残りしないとわかると、自分もサッサと防具をしまい始めた。
私が、「お姉ちゃんはしんどいからやらないんやで」と言っても聞く耳持たず(笑)
自分の中で、「今日は居残りしない」と勝手に決めたら、もう言うこと聞きません。
まぁ、この暑さだし、今日は1時間で切り上げようと言うことで、帰ることにしました。

稽古中に不調になった場合に備えて、エアーサロンパスや急冷用のスプレーなど当番カバンに入れています。
スプレーだけでは間に合わないので、叩いて急冷できるロッテの「ヒヤロン」と言う商品も用意している。
残りが少なくなっているので、本日、追加購入しようと買い物先の薬局で探した。

ところがどこにも見当たらない。
店員さんに聞くと、品切れになっていると言う。
イオンモールで買い物していたので、他の薬局も覗いてみる。
しかし、ここも「品切れ」の張り紙が貼ってありました。

これだけ暑いと、みんな使うのでしょうね。
2箇所探して、どちらも品切れ。
他の薬局探しても、やはり無いのだろうか?
最悪ネットででも購入しようか?

今Amazonで調べたら、まだ入手可能なようだ。
ただ、明後日あたりから、少し気温下がるみたいです。
それにもうすぐお盆で、剣道もお盆休みになる。

微妙なとこだなぁ〜。
でも、備えあれば憂いなしで、やはり備蓄はあったほうが良い。
明日、他の薬局回ってみて、品切れだったらネットで注文しよう。

気温下がるって言ったって、通常の暑さになるだけだし。
また酷暑が復活の可能性も十分ありますからね。

今年のこの異常な暑さ。
昨日は蚊が少なくて、その系統の商品が売れてないと書きました。
しかし、ヒヤロンのように、暑さ対策グッズは、飛ぶように売れている。
天候に左右されますね。

台風が接近していることもあって、しばらくは少し暑さは和らぎそうです。
台風が去った後は、またわからないけど。
和らぐって言ったって、32〜33℃ですからね。
普通の夏の暑さです。

本当に、この暑さは異常です。
みなさん、熱中症、本当に気をつけましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:38 | Comment(0) | 日記

2018年08月04日

酷暑で蚊も動けない

180804.jpg

今日もまた暑かった(><;)
夕方になっても、暑さはおさまらず、その中で剣道の稽古は行われました。
スマホの天気アプリで温度を見ると、なんと36℃。

窓を開けていても、風は通らないし、時折風が入ってもまさに熱風。
そんな中で、子供達は稽古を頑張りました。
長女は途中で辛くなりかけましたが、なんとか最後まで踏ん張りました。
2人とも頑張ったので、ご褒美にデザートを買って帰りました。

稽古を見守っているだけの私ですら、汗だくで辛かった。
そんな中で、2人ともよく最後まで頑張ってくれたと思います。

しかしまぁ、この暑さは本当に異常です。
35℃を超えるのが日常なんて、これまでの夏では考えられないこと。
あまりの暑さで、思考回路もおかしくなりそうです(笑)

でも、35℃を超えるとおかしくなるのは、人間だけではないようで。
なんでも蚊は35℃以上では活動しないらしい。
確かに今年は蚊が少ない気がする。

夕方に野菜の水やりに庭に出ても、蚊が少ない。
例年なら、ちょっと外に出ただけで、蚊に刺されまくっていた。
しかし、今年は刺されることが少ない。

これは全国的なことらしく、蚊が少ないために、殺虫剤や蚊取り線香の売れ行きが悪いとか。
蚊でもバテる暑さなんですね。
いや、本当に暑くてバテそうですよ。

クーラー着けないと、死んでしまいそうなので、クーラーを着ける。
しかし、クーラーを着けると、今度は体が冷えて体がだるくなる。
そして、外に出ると、サウナ状態で、さらに辛くなる。

また台風が近づいてきていて、それに伴って、少し気温は下がりそうです。
でも、明日までは酷暑のようで、明日も37℃の気温予報。
明日も暑くなりそうです。
やや夏バテ気味なので、早めに寝ようかな。
お休みなさいませm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:35 | Comment(0) | 日記

2018年08月03日

新作「魂が帰る刻-とき-」

180803.jpg

【魂が帰る刻-とき-】
---------------------------------------------
爆弾を抱えて敵艦に落ちゆく零戦。
愛する者を、祖国を護るため、散りゆく若き命。
生きたい気持ちを押し殺し、空へと舞い上がる。
最期を悟った時、心は愛する郷へ飛ぶ。
生きるべき命、生かされなかった命。
刹那に生きた若き魂は、日の丸と永遠に生きる。
---------------------------------------------

新作のお知らせです。
5日前に新作発表したばかりですが、今回はアニマルシリーズ以外の新作です。
アニマルシリーズ以外では、1年ぶりくらいの新作ではないでしょうか?
こちらはPainterで描いていた作品。

もう随分と前から手がけていた作品です。
少しずつ、空いた時間で仕上げていました。
これまでの作風とは、若干異なる作風です。
戦争を題材にしている時点で、今までに無い作品ですね。

でも、ずっと前から描いてみたかった題材です。
頭の中で、もやもやとしたイメージはあったのですが、ようやく形にすることができました。
神風特攻隊を描いてみたいと思っていたので、形にできて嬉しく思います。

題材がとてもヘビーですが、なるべく重くならないように心がけました。
神風特攻隊を賞賛しているわけでも、否定しているわけでもありません。
ただ、その当時、特攻を命じられた、若き英霊の気持ちになって描いてみました。

国を護りたい、愛する人や家族を護りたい。
それは、きっと誰しもが思っていた気持ちだと思います。
日本が劣勢となった時、突破口として特攻隊が出てきたのでしょう。
最初は本当に、国を護りたい一心で、行われたのだと思います。

しかし、それが効果を上げると、特攻隊が攻撃の常套手段になっていく。
お国のために死ぬのが当然という空気が漂っていく。
誰だって死にたくはなかったはず。

最初は効果的だった特攻も、次第に効かなくなっていった。
それもそのはず、重たい爆弾を抱えて敵艦に突っ込むのです。
動きが鈍くなり、自由に飛べない。
相手に見つかり、砲弾を浴びれば、その場で無駄死にです。

死ななくても良かった若き命が、本当にたくさん失われていった。
一体どんな気持ちで飛び立っていったのだろうと思うと、胸が締め付けられる思いです。
もし、自分がその立場に立ったら・・・愛する家族のために飛び立つのでしょう。
そうせざる得ない時代だったのです。

誰を責めるわけでも無い。
ただただ、若くして散っていった英霊たちに、心から敬意を表したい。
そして、せめて魂だけでも、愛する家族や恋人の元へ帰って欲しいと願う。

私たちは、特攻隊を良きこととも、悪しきこととも捉えずに、実際にあったこととして、冷静に考えるべきだと思う。
もちろん戦争は良いことでは無い。
だが、戦わなければ、そこには敗北が待っていた。
そんな中で、国を護るために、多くの若者が散っていった。
国を護るという気持ちに感謝して、私たちの心の中で英霊たちを生かさなければならない。

二度と戦争を起こしたくないからこそ、あの大戦を振り返り、心に刻まなければいけません。
間も無く終戦記念日がやってきます。
犠牲者の鎮魂はもちろんですが、英霊たちへの鎮魂も忘れずに。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:53 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2018年08月02日

親として19年

180802.jpg
【こんな頃もあったなぁ〜】

もう19年か〜。
19年前も、今日と同じようによく晴れた暑い日でした。
そんな暑い夏の日に生まれた息子が、もう19歳になりました。
来年は成人です。早いものですね。

息子が生まれて初めて私たち夫婦は親となりました。
だから私の父親歴は19年です。
今では3人の父親ですが、自分で振り返ってみても、父親としてどうなの?って思う。

息子が生まれて7年後に長女が生まれた。
その7年の間は、一人っ子の息子を育てるのに、物凄く肩に力が入っていた気がする。
なんせ初めての子供、それも男の子だから、自分が父親としてしっかりしないといけないと常に思っていた。
だから息子には厳しく当たったと思う。

言うことを聞かなければ、家から放り出した。
何度玄関先で息子を泣かせたことか。
きっとご近所さんは「虐待じゃなかろうか?」と心配していたと思う(^^;)

長女が生まれたのが、ちょうど小学1年生の時。
誰も友達がいない中、不安だらけで入った小学校。
きっとお母さんにたっぷり甘えたかった時期に、長女が生まれて無理やりお兄ちゃんになったと思う。
だからこの時期は、やたらと反抗的なことが多かった。

小学5年生の時には、次女も生まれ、ますますお兄ちゃんとして見られる。
本人もその自覚はあったと思うが、やたらと長女とケンカをして、いつも長女を泣かせていた。
その度に私たちから「お兄ちゃんでしょ」と叱られ、「どうせ俺が悪いんだろ」とキレていた時期もあった。

中学生になったら、ますます反抗的になった。
まぁ覚悟はしていたが、やはり反抗期は疲れるものだ(笑)
ほぼ毎日ケンカの日々。
私も手を出したこともあった。

しかし息子の方は手を出さない。
父親としては、取っ組み合いのケンカも覚悟の上だったが、そこまではいかなかった。
反抗する息子の気持ちもわかるが、だからと言って見逃せない。
やはり本気で反抗する子供には、親も本気で向き合わないといけないと思った。

散々反抗してきた息子が、中学を卒業して、今の学校に入り寮生活で変わった。
急に大人びた息子にビックリし、また嬉しく思ったものでした。
自分の夢に向かって入った学校。
15歳で親元を離れて、寮生活を送る息子。
やっていけるのか、心配もあったが、成長していく息子を見て、今となっては要らぬ心配でした。

息子はまだ学校ですので、お祝いはできません。
夏休みで帰省してから、遅めの誕生祝いをしたいと思います。

息子の成長は、私たち親の子育て記録でもある。
決して出来た親ではないと思うが、必死に育ててきたのは確かです。
もう1人の大人として見られる歳。
まだまだ学生ではあるが、これからは大人として行動して欲しいですね。

そして私たち親も、1人の大人として息子と接していきたいと思います。
いつまで経っても子供は子供。
でも、これからは、同じ大人として向き合いたと思います。

息子よ誕生日おめでとう。
10代最後の歳、しっかり学び、たっぷり遊べ。
そして苦しみながら産んでくれた母に感謝を忘れずに。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2018年08月01日

実りのあった試合

180801.jpg

疲れた〜(@@)

今日は1日、剣道の試合でした。
朝の7時過ぎには出発。
試合場所は車で15分程度の場所なので、すぐに到着。

今日の試合は、天理教が主催する「みちのこ武道大会」です。
ちょうど「こどもおぢばがえり」が開催中で、それに合わせて剣士がやってきます。
午前中は個人戦、午後から団体戦が行われる。

長女はもちろん、次女も参加します。
ただし、まだ試合はありません。
小学1年生・2年生は稽古の型を競います。

昨年、優勝する気満々で挑んだ大会。
3位という結果に大泣きしました。
今年は2年生で、今年も優勝を狙う次女。

昨年は6〜8名くらいしか参加していなかった。
しかし、今年は15名の参加となっていた。
次女といつも一緒に稽古している男の子と、二人とも順調に1回戦は勝ち進んだ。

次女は2回戦も突破。
しかし、男の子は残念ながら2回戦で敗退。
続いて次女も3回戦で敗退してしまった。
ただし次女は3位に入賞。

昨年同様3位入賞で、また泣いていいるか?と思ったが、意外とあっさりしていた(^^;)
逆に負けてしまった男の子は、ず〜っと悔し泣き。
来年は3年生となって試合なので、2人とも頑張って欲しいですね。

長女は1回戦は不戦勝。
続く2回戦は、なんと2本勝ちした。
しかし、3回戦の相手はめちゃ強かった。
2本取られて敗退してしまいました。

長女の試合内容は、以前からするとだいぶ良くなってきている。
3回戦も負けたもの、自分から前に出ていた。

個人戦では3年生の男の子2人が、優勝と3位入賞という快挙。
いつもライバル意識で頑張っている2人が、3位の男の子に勝った相手を、優勝した男の子が敵討ちする形となりました。
個人戦では、3年生が優勝と3位、そして2年生が次女の3位となりました。

団体戦の前に、お昼ご飯。
お昼ご飯は、もちろんカレー。
みんなで美味しくカレーを食べて、団体戦に備えました。

団体戦はAチームとBチーム、2チームで出場します。
まずはBチームの試合から。
Bチームは3年生3人と、5年生2人のチーム。

最初の相手は3人のチーム。
人数が揃わなくて、3人で挑んできたのでしょう。
そして我がチームも、1人欠場となってしまった。
3年生で3位に入賞した男の子が、体調を崩してしまい、こちらも4人で戦うことに。

結果はこちらが不戦勝2勝があり、なんとか次に駒を進めました。
しかし2回戦は強豪チーム。
果敢に攻めていきましたが、残念ながら2回戦敗退となりました。

残るはAチームです。
Aチームは長女と仲良しの女の子2人が6年生。
5年生の男女1人ずつと、最後は4年生の男の子。

本来は6年生の男の子がいるのですが、家の用事で今回は出場できません。
補欠として入っていた4年生の男の子が、そのまま6年生男子の後に入りました。
そして入ったのは、なんと大将。
さらに、今回が初めての試合。

みんなの心配をよそに、なんとか頑張る4年生大将。
しかし、やはり勝てません。
それでも、精一杯頑張っていました。

試合の方は、1回戦から苦戦しました。
副将の長女の前まで、ず〜っと引き分けが続きました。
大将は試合初めての4年生ですので、その前に勝ち点を取っておきたい。

長女にプレッシャーがかかります。
これまでの長女なら、負けていたかもしれない。
しかし、今日の長女は違いました。
なんと、2本勝ちを決めたのです。

ただし、次の大将で、やはり2本負けしてしまいました。
この時点で同率。代表選で結果を決めることとなりました。
そして長女が代表に選ばれ、見事面を決めて勝利しました。

続く2回戦は、強豪チーム。
これまでも、何度も対戦して、いつも行く手を拒まれてきた相手です。
正直、皆「これまでか」と思っていました。
私も「まぁ仕方ない」と思って、カメラを構えていました。

ところが先方の6年生女の子が、いきなり2本勝ちを決めた。
これにはみんなビックリで、同時に「行けるかも」という気持ちになりました。
続く次鋒は、残念ながら1本負け。

しかし、中堅の5年生女の子が、2本勝ち。
そして副将の長女が引き分け。
最後に大将は2本負けでしたが、なんとか勝利したのです。

これにはみんなビックリ&大喜び。
続く3回戦は強豪チーム。
これに勝てば決勝に進めます。

しかし、やはり相手は強かった。
3回戦で敗退となりましたが、その中でも長女は1本勝ちを決めてくれた。
一矢報いたのです。
そして見事3位入賞となりました。

今回の試合は、負けて当然という思いから、見事3位入賞を果たしました。
これまで自分の試合に自信を持てなかった長女も、今回の試合で少し自信が持てるようになりました。
ようやくチームとして、まとまりが出てきた感もあります。
これからもいくつか試合が続きます。
今回の試合を自信として、さらなるレベルアップに頑張って欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:20 | Comment(0) | 日記