2018年07月13日

ストローが無くなる!?

180713.jpg

世界的な流れらしい。

マクドナルドやスターバックスが、プラのストローの使用を廃止するそうです。
プラから紙製のストローに変えていくんだとか。
なんでそんなことするの?って思ったら、どうもプラスティックの海洋汚染問題が背景にあるらしい。

まず思ったこと。
プラスティックを海に流さなければ良いのでは?
それが一番早い解決策だと思う。
紙製のストローって、そんなんで本当に飲めるの?

紙製で新しいストローを開発するらしいが、どう考えたってコストが高くなる。
開発しただけ、高いストローになって、その分料金に乗せられるのでしょうね。
そのうち「マイストロー持って来たからストローの代金引いて」なんて客が出かねない。

なぜもっと単純に考えられないのだろうか?
プラのストローが悪いのではない。
それを海へと捨てるからダメなのだ。
なぜ根本的な問題を解決しようとしないのだろう?

日本ではストローなどのプラは、焼却されているようです。
しかし、海外では、埋め立てられているらしい。
そしてそこから海へと流れていくのでしょう。
だったら分別して、埋め立てに使わなければ良いのでは。

どうも考え方が???である。
決してプラのストローが悪いのではない。
それを捨てる人間が悪いのだ。

海が汚れているとよく聞く。
確かに海岸にたくさんのプラ製品が流れ着く。
しかし、その大半はハングル文字や漢字。
そう、つまりは朝鮮半島や中国大陸から、流れ着いたゴミなのです。

どうも解決の方向性がおかしい。
仮にストローを紙製に変えたとして、どれだけ海洋汚染が防げるの?
他のプラ製品を、バンバン海に捨てていたら、変わらない。
ストローだけを悪者にしても、何の解決にもなりません。

時々、海外の反応に首をひねることがある。
そしてこれを「世界的な流れだから日本も」と煽る人々。
もっとシンプルに考えませんか?

プラのストローをやめて、コストの高い紙製のストローにしたところで、何の解決にもなりません。
むしろ高いコストを商品に上乗せすることで、自分たちの首を絞めることになると思います。
それに紙を使うってことは、森林の伐採に繋がるってこと。

さて、どうなっていくのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:00 | Comment(0) | 私の思うこと