2018年07月03日

素晴らしい夢をありがとう

180703.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

いや〜惜しかった。
日本全国が悔しがった瞬間だったでしょうね。
その瞬間は、私は寝ていましたが(^^;)

さすがに午前3時キックオフは見れませんでした。
でも、起きていたら、間違いなく興奮していたと思います。
本当に日本がここまでベルギーを苦しめるとは、誰が予想できたでしょうか。

先制点を取り、さらに追加点。
この時点で、誰もが「よし行ける!!」と思ったでしょう。
しかし、さすがは「赤い悪魔」と呼ばれるベルギーです。
あっという間に同点に追いつきました。

最後は日本が攻めていたところからのカウンター。
惜しくも最後の最後で力尽きてしまいました。
本当にあと一歩のところまで、見えていたベスト8。
しかし、これが世界の壁なのでしょうね。

負けてしまいましたが、本当に素晴らしい試合を見せてくれました。
そして日本のサッカーのこれからの可能性を見せてくれました。
本当に素晴らしいW杯の戦い方だったと思います。

FIFAランキング16位のコロンビアを破り、セネガルと引き分け。
8位のポーランドには敗れたものの、決して一方的に敗れたのではない。
そしてベルギーはFIFAランキング3位の強豪。
優勝候補でもあるのです。

そんなベルギー相手に、2点先取し苦しめた。
日本のサッカーレベルは世界並みになったと言えるでしょう。
決して優勝も夢ではないと思います。

海外チームのように、ずば抜けた選手がいるわけではない。
しかし、チームワークの良さ、コンビネーションの良さで、日本チームは勝ち進んできました。
メッシのいるアルゼンチンも、ロナウドのいるポルトガルも、ベスト8には入れませんでした。
ずば抜けた選手がいても、チームとしてまとまらなければ勝てないのです。

今回代表入りした多くの選手が、今回のW杯を最後と見ています。
本田選手も長谷部選手も、自ら発言しています。
4年後には30歳を超える人がほとんど。
最高のチームだっただけに、もっともっと試合を見たかったのが本音です。

でも、今回の活躍を見て、若い選手たちが続いてくれると思います。
そしてサッカー大好きな子供たちが、W杯で日本が優勝することを夢見て、大きく成長していくでしょう。
その意味でも、今回の日本代表の活躍は、ベスト16であっても、日本にとっては優勝に匹敵するような価値があると思っています。

4年後、さらに8年後、さらに強くなった日本代表が見れることでしょう。
日本代表選手、そしてチームをまとめた西野監督。
本当にお疲れ様でした。
素敵な夢をありがとう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記