2018年06月25日

やはり監督は日本人が良い

180625.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今日は暑かった〜(><)
窓全開にして、サーキュレーターフル回転しているけど、全く涼しくならない。
そろそろクーラーのスイッチを、ポチッとしたくなる時期だなぁ〜。
なんとか今日は乗り切ったけど、明日も暑くなりそうだし、クーラーの誘惑が続きそうです。

天気予報見たら、結構晴れマークが続いているんだけど、もしかして梅雨明け近いのか?
気持ち的には、梅雨明けしてくれた方が、潔くクーラー点けれる(笑)
湿気が多い中でクーラー点けると、体調崩しそうで(^^;)

暑いって言えば、今日は寝不足って人も多かったのではないでしょうか。
昨夜行われた、ワールドカップの日本vsセネガル。
2対2の引き分けに終わったようですが、私は最初の1点目を取られた段階で寝てしまいました。

どうしても私がリアルで応援すると、負けることが多い。
前回のコロンビア戦は勝ったけど。
今回は始まる時間も遅かったし、寝てしまいました。

なんとか引き分けで、得点1を獲得したので、十分だったと思います。
次はいよいよポーランド戦。
FIFAランキング8位のポーランドなので、普通なら勝てないと思える相手。
しかし、今の日本チームは違います。

コロンビアを破り、セネガルに引き分けた。
ポーランドは2負で、決勝トーナメントから脱落が決定しています。
モチベーションは完全に下がっている。
十分に勝てる要素が揃っています。

しかし、誰がこの快進撃を予想したでしょうか?
1勝もできないと、大方の人が予想していました。
それが蓋を開けて見たら、この大活躍。

私はやはり監督交代が正しかったのだと思います。
2ヶ月前の監督交代で、どうなることか?と思いましたが、西野監督の采配が的中しています。
そして選手も、西野監督を信頼しており、意志の疎通が出来ていると思う。

これまで、サッカーの監督は、海外から招いていた。
まぁ海外の強いチームの監督だった人を、監督に招いて、チームを強くする意図はわかる。
最初はそれで良かったのだと思います。

でも、日本選手も海外で活躍する時代になり、選手個人のレベルもかなり上がっている。
それでも日本チームとして、なかなか結果が出なかったのは、やはりチーム作りだったのではないか。
監督と選手が一つに慣れていなかった気がします。
やはり監督と選手の間には、見えない溝があったと思う。

それは言葉の壁でもあるし、文化の違いでもある。
日本人のチームの良さを引き出すには、やはり日本人の監督が向いている。
今回は2ヶ月前という、応急処置だったが、危機的状況が逆にチームをまとめたのでしょう。

日本のサッカーレベルは、決して低くはないと思う。
個人レベルで言えば、メッシやロナウド、ネイマールなどまだまだ追いつけない。
しかしチームとして見れば、決して大差があるわけではないことが、今回の大会で実証されたと思う。

日本には日本らしいサッカーがある。
それを伸ばしていけるのは、やはり日本人の監督なんだと思います。
次のポーランド戦、勝って決勝トーナメントに進みたいですね。
頑張れニッポン!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記