2018年04月28日

偽りだらけのトップ会談

180428.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

テレビや新聞では、やたらと南北朝鮮のトップ会談を取り上げています。
確かにトップ同士が会談を行うのは久しい。
金正恩体制になってからは初めてのこと。

更に言えば、北朝鮮のトップが韓国に立ち入るのは初。
否応にも盛り上がるのは致し方ないのだろう。
しかし、これもやはり北朝鮮の演出でしかない。
結局は時間稼ぎと、続く米朝会談を、少しでも有利に進めたいため。

非核化という言葉は出てきても、具体的な時期や内容などはまるでない。
さらには北朝鮮の非核化とは言っていない。
朝鮮半島の非核化というごまかしの言葉を使っている。

北朝鮮の考えていることは、絶対に核を手放さないということ。
朝鮮半島の非核化と言うことは、韓国にいる米軍に向けている。
つまりはアメリカ軍が韓国から撤退すること。
それをやれば、我が国も非核化をする。と言い訳をするのだろう。

しかし、韓国だけでなく、日本のメディアも、まるで北朝鮮が積極的に核を放棄するような雰囲気で報じている。
一体何回、いや何十回北朝鮮に騙されたらわかるのだろう?
絶対に核は手放さない。そんなことは誰が見てもわかること。

今回の会談を受けて、朝鮮半島の統一に期待が膨らんでいるようです。
韓国国内や、日本にいる在日にも、期待感が高まっているとか。
いや、どうやったって統一は無理でしょう?
まるで水と油、どうやって一つにするのでしょう?

金正恩を将軍様と讃えて、韓国国民が北朝鮮に飲み込まれますか?
それとも、金正恩があっさり身を引いて、民主主義の国家になりますか?
どちらも100%有り得ないことです。
それなのに、なぜ期待感が高まる?

全くこの民族は理解に苦しみます。
まぁ向こうも同様に、日本人を理解できないと思っているでしょうけどね。

朝鮮半島のことは、同じ民族同士で好きにやってもらって結構です。
ただね、結局上手く行かなくなると、最終的には日本に助けを求めてくるでしょ。
それが先の日韓合意だったんじゃないですか?
自分たちから助けを求めておきながら、戦争に負けたらすぐに掌返し。

日本の統治時代に、インフラや教育など、散々日本がお金をつぎ込んだのに、「植民地にされた」と恨み節。
しまいには賠償せよ!保証せよ!と脅しをかける。
そんな民族、一切信用できません。

まるですぐに平和がやってきて、統一されるような雰囲気です。
本当に平和ボケしているのですね。

今回のトップ会談、北朝鮮は「してやったり」と笑いが止まらないことでしょう。
さぁこれが米朝会談にどう影響するか?
吉と出るかきょうとでるか?

アメリカまで騙されないと思いますが、注視して行かないといけないことは確かです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:27 | Comment(0) | 私の思うこと