2018年04月26日

それぞれの家庭訪問

180426.jpg

今日は長女と次女の家庭訪問の日でした。
嫁さんも、仕事を切り上げて、夕方の家庭訪問に備えました。

まずは次女の担任の先生から。
次女の先生は、若い女性の先生。
次女の学校での様子など、聞きましたが、至って普通の様子で、特に問題などは無さそうです。

「何か気になることはないですか?」と聞かれましたが、親としても特段気になることはない。
友達と仲良く過ごせていれば、それで良いのですが、気になるとしたらやはり勉強。
算数が苦手なようで、時々宿題でもおかしな回答をする時がある。
それは先生も気づいていたようで、先生もなぜ間違えたのか、よくわからないようだ。

わからないことをごまかすこともあり、その辺は先生に念押ししておきました(笑)
でも、自分がわかると、突然自信を持つことも話しておきました(笑)
次女の性格は、本当にマイペースです。

お調整者でマイペース、でもちょっと恥ずかしがりのところもあり、その辺のバランスが、親でもつかめないのが次女の性格。
そんなややこしい次女の性格ですが、一年間よろしくお願いしますと挨拶して、家庭訪問を終えました。

そして約5分後に、次は長女の担任の先生が来られました。
長女の担任の先生も、20代の若い女性の先生です。
昨年は隣のクラスの担任で、そのまま6年生に掛け持ちになりましたが、長女が1組から2組に変わったので、担任の先生が変わることとなりました。

長女の方も、算数が若干苦手。
そして漢字も苦手意識があるので、その辺を話しました。

学校生活は、本当に楽しんでいるようで、友達とも仲良くしています。
それは長女の日頃の行動や、会話などから伝わってくる。
今年で最後の小学校生活なので、目一杯学校生活を楽しんでほしいです。

最近は歴史に興味を持っている。
それは学校でも生かされているようで、歴史サークルを作って、友達と色々制作をしているようだ。
以前、私が買った「マンガで見る古事記」も、とてもハマったようで、それが歴史好きのきっかけになったのかもしれない。
今日も朝から「学校に持っていきたい」と言って、マンガで見る古事記を持っていきました。
おそらく、友達に勧めているのだと思います。

長女の先生とも、一年間よろしくお願いしますと挨拶して、家庭訪問を終えました。
それぞれに進級して、新しい環境での新学期がスタートしました。
二人ともそれぞれに楽しんでいるようなので、とても安心しています。
担任の先生も、どちらも若い女性の先生ですが、とても気配りしていただき感謝です。

2年生と6年生、それぞれに楽しい1年間にしてほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記