2018年03月09日

ついにアメリカが動く

180309.jpg

昨夜つぶやいた北朝鮮の問題。
ついにアメリカが対話に乗り出しました。
アメリカが対話に応じたら、日本にとっては最悪のシナリオです。

北朝鮮は絶対に核を放棄しません。
どうやってアメリカを騙して、核保有国として認めてもらうか。
それしか頭にないのです。

韓国との対話で、非核化を口にしました。
しかし、それは必ずしも核を放棄するという意味ではないでしょう。
核開発の凍結と言って、また時間稼ぎをする可能性が大です。

アメリカトランプ大統領が、どこまで真剣に核放棄を迫れるのか?
北朝鮮の口だけの外交に、騙されてしまえば、本当に最悪のシナリオになりかねない。
もし金正恩氏が「核を放棄する」と約束したとしても、それをどこまで信用できるでしょうか?

これまでも何度も核開発をやめたふりをして、時間稼ぎをして来たのです。
北朝鮮が必要としているのは、制裁解除。そして願わくば支援。
良い子になったふりをして、裏で核開発を続ける。
それをアメリカがどこまで見抜けるか?

ただ、希望の光が全くないわけではない。
トランプ大統領は、会談まで制裁を続けると話しています。
つまりは会談しても、話がまとまらなければ、そのまま制裁を続ける。
北朝鮮の口だけ外交に惑わされなければ、今度は逆に北朝鮮にとって、最悪のシナリオになります。

話がまとまらず、もし喧嘩別れのような事態になったら。
アメリカの軍事攻撃も十分に有り得る。

日本はアメリカが北朝鮮の戦略に乗らないように、しっかりと釘を刺す必要があります。
安倍総理は早速来月渡米して、トランプ大統領と会談するようです。
日米でしっかりと話し合い、方向性をまとめておいて欲しいですね。

いよいよ大きく動き始めました。
拉致被害者救出も、これが最後のチャンスになることでしょう。
良き展開になることを、念じずにはいられません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:06 | Comment(0) | 私の思うこと