2018年02月28日

エコキュートからエネファームへ

180228.jpg

朝から騒がしい工事の音が響いた一日でした。

今日は我が家の古くなったエコキュートを取り外し、新しくエネファームの工事を行ってもらいました。
もうかれこれ15年以上使って来たエコキュート。
いつ止まってもおかしくない状態で、使い続けていました。

10年以上経っているので、もうメーカーに部品もなく、もし壊れても修理ができないと言われていました。
今年のこの寒波の中で、もし止まってしまったら、もうおしまい。
そんな覚悟で使っていました。

運よくなんとか持ちこたえてくれましたが、もうこれ以上使い続けるのは無理。
新しいエコキュートにしようかと、考えたこともありましたが、エコキュートも結構な値段なんですよね。
先日、エコキュートを設置した業者に来てもらって、色々と検討した結果、エネファームにすることにしました。

つまりガス復活です。
これまではオール電化でやって来ましたが、ガスを復活させてエネファームでも発電をします。
もちろんこれまでの太陽光もこれまで通りに発電します。
しかし、オール電化で無くなるので、買取価格は下がるようですね。

その分、エフェファームの方でも発電するので、電気代は抑えることができるかな?
今回エネファームに決めたのは、やはり安定してお湯が使えること。
エコキュートは、どうしても電気でお湯を沸かすので、お湯が安定しない。
そして何よりもお湯切れが辛い(><)

この冬も何度かお湯切れがあった。
寒いと尚更、暖かいお風呂に入ろうと、お湯の設定温度も上げるし、お湯も多めに使う。
昔のように、みんなでお風呂に入っていれば、お湯の消費量も少ないけど、もう一人一人入るようになっている。
そうなると追い炊きをして、あっという間にお湯が切れてしまう。

エネファームはガスでお湯を沸かすので、お湯切れの心配はない。
寒い冬のお風呂も、安心してゆっくりと入れる。
そしてもう一つは、やはりガスで電気を発電できることですね。

残念ながら、発電開始までは、少々時間がかかるようですが、発電開始となれば、ガスと太陽光でW発電になる。
どこまで発電してくれるのかは、使ってみないとわかりませんが。

エネファームの設置費用と、発電から発生する光熱費の削減。
果たしてどれだけ得できるのかわかりません。
でも、発電量もわかるようなので、楽しみながら節電したいと思います。

今夜早速エネファームで沸かしたお風呂に入りました。
お湯切れの心配なく、ゆっくりと入れるのは幸せですね(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記