2018年01月21日

太陽光&給湯器

180121.jpg

我が家は15〜6年ほど前から、太陽光を付けています。
引っ越してきて1年経たない内に、太陽光の営業マンが来て、以前から興味があったので設置しました。
当時は今ほど、太陽光の設置は進んでおりませんでした。
そのため補助金があって、それも設置の後押しになった。

太陽光パネルの方は、なんのトラブルも無く、発電を続けています。
僅かばかりですが、売電もでき、少ない時期で2,000〜3,000円/月。
多い時期だと10,000円/月近い売電の時もあります。

太陽光パネルと一緒に、給湯器も設置した。
この給湯器が時々故障があり、2〜3回修理に来てもらいました。
しかし、この給湯器も保証期間の10年を過ぎている。
いつまた故障が起きてもおかしくない。

保証期間外なので、修理代も高くなるし、下手する部品が無くて修理できない可能性もある。
以前から「いつ止まってもおかしくないよな」と、嫁さんと話していました。
そんな時に、太陽光&給湯器を設置した業者さんから連絡が。
業者さんも我が家の給湯器が、もう限界に来ていることは把握しています。

そこで本日、業者さんが見積もり&説明に来られました。
実は年末に、一度パネルの点検と言うことで、業者さん来られています。
その時は、女性の担当者でした。
ところが、今日はなんと社長さん直々にご来訪。

なぜ社長さんを知っているかと言うと、実は最初に太陽光&給湯器を設置した時に、私の仕事内容を伝えて、名刺や年賀状など、お仕事をさせていただいたことがあるのです。
事業所まで足を運んで、何度かお顔も拝見していました。

今はお仕事は疎遠になってしまいましたが、当時は色々とお世話になりました。
もう10年以上お会いしていませんでしたので、本当に久しぶりの再会でした。

問題の給湯器は、今のタイプのエコキュートを、そのまま新しい機種にするか。
もう一つの方法として、エネファームを勧められました。
CMでもやっているので、名称は私も知っていました。

今はオール電化なので、エネファームにするには、再び大阪ガスと提携が必要です。
ただ、ガスの元栓は残っているので、問題はありません。
最大の問題はやはり「金額」ですね(^^;)

エネファームの魅力は、やはりガスの力。
今までエコキュートで、電気で沸かしていたお湯が、ガスだと省エネで沸かせる。
そして最大の魅力、お湯切れがない。

これまで何度かお湯切れが起きたエコキュート。
少々お湯の使用量が多いと、夜にはエンプティーになってしまうことがありました。
そんな心配は、エネファームにはない。

しばらく相談して、今後どうするか決めたいと思います。
ただ、今の給湯器が止まってしまったら、アウトなので、なるべく早めに決断したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | 日記