2018年01月09日

一生に一度の慶の日を汚した罪は重い

180109.jpg

昨日は成人の日で、このニュースは息子を送っていく道中で知りました。
あまりにも無責任で非道です。
人生で一度きりの成人式だと言うのに。

着付けや晴着貸し出しの「はれのひ」が、成人式の日に雲隠れ。
当日になって、晴着が届かなかったり、スタッフが不在で着付けができないトラブルが多発。
1〜2年前から予約していたにも関わらず、結局成人式にも出席できなかった新成人も多数いた模様。

一生に一度の成人式。
男性はともかく、女性にとっては晴着姿で祝う大事な時。
大金をつぎ込んで予約したのに、雲隠れなんて、あまりにも非道です。
晴着を着けることができず、式にも参加せず帰宅した新成人と親のことを考えると、悲しみと怒りが湧いてくる。

報道によると、どうも業績が悪くなっていたようで、従業員の給料も滞っていたらしい。
よくもまぁ、そんな状態で予約を受けて、そのまま雲隠れできたものですね。
予約していただいたお客様の気持ちを考えたことはないのでしょうか?

せめて2〜3日前にでも、お客様に知らせてあげるだけでも、対応が違っていた。
当日になって、着付け会場に行って、そこで初めて知らされたら、もうどうにもなりません。
本当にこの業者は悪質だと思います。

そんな中でも、他の業者が手を差し伸べて、なんとか晴着を着れた新成人もいた。
不届きが業者がいる一方で、困っている人をなんとかしてあげようと考える業者もいる。
この差は一体なんなのだろう?
やはり「はれのひ」は、お金儲けのことしか考えていなかったのでしょうね。

これは詐欺罪として捜査してほしいです。
二度とこんな悪質業者が生まれないように。
徹底的に取り締まって、被害金額を返却させるべきです。

そして行政の方も対応してほしい。
今回成人式に参加できなかった新成人に、もう一度成人式をしてあげてほしい。
被害にあった新成人とその親に罪はない。
こんな時こそ、行政が手を差し伸べてほしい。

企業とタイアップして、晴着や着付けをしてあげてほしい。
ひと月遅れでも良いから、もう一度成人式をしてあげることはできないのだろうか?
せっかく大人の仲間入りをする新成人に、このまま嫌な大人の犠牲になったままで良いのだろうか?
なんとか手を差し伸べてほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(2) | 私の思うこと