2017年12月19日

自分にできることを

171219.jpg
【自分たちの町は自分たちの手で】

連日寒いです。今年の冬は本当に寒そうだ。
今からこの寒さ、真冬になったらどれだけ寒くなるのだろう?

今年も残すところ2週間を切ってしまった。
あぁ〜急がなくては、仕事が・・・・。

仕事以外のことでも急がなくてはならないことが。
自治会の時期役員の選出。
これが予想以上に難航している。

そりゃ〜ね〜誰だってやりたがらないと思います。
私だって好き好んで今まで役員やっていたわけじゃない。
できれば誰かやってくれるのなら、やっていただきたいのが本音。

でも誰かがやらなきゃいけないのだし、私ができることがあるなら・・・って気持ちで、これまでやって来ました。
約6年間、自治会に関わらせていただいて、今は役員とPTA副会長と二つの役目を担っています。
(他にも学童の理事もあるけど)
来年はPTA会長なので、できれば自治会の方は退任をと考えている。

そのためには後任を作らなくてはなりません。
私の後を頑張っていただける方を探しておりました。
以前から、様々な行事に顔を出してくれる若い方がいた。
行事だけでなく、清掃作業や自治会館の引越しにも、積極的に協力してくれた方。

先日、電話で役員をお願いさせていただいた。
断られても仕方ない覚悟で電話したが、「私ができることがあれば」と引き受けていただいた。
他の役の後任が断られ続けて、難航している中での承諾、本当に嬉しかったです。

何よりも嬉しかったのは、二つ返事で気軽に受けたのではなく、「私みたいな若い者が務まるでしょうか?」と謙虚になりながら、「私で良いのであれば」と、前向きに引き受けたこと。
おそらく不安も大きいと思います。その分、私もバックアップ、サポートをしっかりとしていきたいと思います。

これまでいろんな組織作りに関わって来ました。
その経験から、今回の方を適任だと思っていました。
それは積極的に自治会に参加するけど、決して出しゃばらない。

私の経験上、簡単に役を引き受けて、最初はものすごく期待した人に限って、後々務まらないことが多い。
自我が強く、私が・・・と前に出る人は、どうしても和を作れない。
そして見返りを求めることが多くなる。
「これだけやったのだから」「少しは感謝してくれ」という気持ちが強くなるようです。

誰だって頑張ったら、その分認めて欲しいという気持ちはある。
しかし、自治会の役を頑張っても、褒めてくれる人なんていません。
むしろ批判の方が聞こえて来ます。
でも、口に出さなくても、感謝している人は大勢いると思う。
それを考えずに、感謝を求めたりすると、やってられなくなる。

だから謙虚に前向きになれる人が良い。
今回後任に考えた方は、積極的に参加するが、自ら前には出てこない。
きっと良い役員になっていただけると思います。

しかし他の役が決まっておりません。
一番の難航は会長。下手すると会長は留任の可能性もある。
できれば会長も代わって欲しいのだが、なかなか引き受けていただける方がいません。

私たちの住む町。私たちの手で守っていかなくてはいけません。
そのためにも、自治会も自分たちの手で、作り上げていかなくてはならない。
「誰かがやってくれるだろう」「自分は関係ない」ではないのです。
なかなか決まらないけど、他の役も頑張って後任を探そう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 私の思うこと