2017年12月18日

マスコミ報道は井戸端会議

171218.jpg

毎日寒いです。この寒さって1〜2月の頃の寒さです。
真冬の寒さがずっと続いている感じですね。
毎日ストーブガンガン焚いていても、それでも寒い。
灯油の消費が早くて仕方ありません。

毎日寒いのですが、毎日続いているのが、大相撲の問題です。
マスコミの興味は、大相撲協会と貴乃花親方の溝に移行しています。
この問題、いつまで続けるつもりなんでしょうか?
もう見ていてウンザリします。

正直、テレビを見ていて、この話題が出てくると消します。
どうでも良いことを、テレビであ〜でもないこ〜でもないと、いつまでもいつまでもやっている。
本当に近年のマスコミって、質が落ちていますよね。
この問題って、そこまで大々的に取り上げて、いつまでも続けることでしょうか?

もっともっと取り上げなくてはならない問題が、山ほどあると思うのですが。
今年はモリカケ問題も、ずっとずっと続けてやって来ました。
マスコミが騒げば、それを利用して野党が追及をする。
野党が追及をすれば、それをまたマスコミが取り上げる。
今年一年、この負の連鎖的な出来レースを見せられ続けて来た感があります。

今のマスコミって、町内会の井戸端会議を見ているように見えます。
「知ってる?聞いた話じゃ〇〇さんって不倫しているらしいよ」
これがマスコミの報道だと。
「関係者の話によると、〇〇さんの不倫が発覚しました。」
と言う風になる。

マスコミがよく使う「関係者の話」。
これって井戸端会議で「聞いた話」と同じですよね。
つまりは自分で確かめたのでなくて、誰かから聞いた話です。
関係者って言葉で、いかにも信憑性があるように聞こえますが、結果は同じ「聞いた話」です。

今の大相撲の話題でも、「関係者の話によると・・・」と言う言葉が出てくる。
そして皆憶測で話を進める。
もういい加減なこと言うのやめませんか。
仮にも公共の電波を使って放送している。
憶測や思い込みで放送しないでいただきたい。

さらにたちが悪いのが、思い込みで報道しておいて、訂正をしないこと。
モリカケ問題でも、散々「安倍総理が関わっているに違いない」と、思い込みで連日報道をした。
しかし、安倍総理が関わっている事実はない。
それでも全く訂正はしない。

自分たちが間違っていても、そこはスルー。
まるで無かったことのように、全く無視するのがマスコミのやり方。
しかし、他人のミスは絶対に許さない。

個人でもいますよねこんな人。
周りに人の悪口ばかり言って回る人。
しかし、自分の悪いところは見えていない。
まるで自分が正義のように、他人の悪口を吐き散らす人。

そんな人と今のマスコミって同じように見えます。
何か報道するときに、必ず誰かの責任を追及する。
まるで自分たちが正義であるかのごとく。
しかし、自分たちのミスは絶対に認めない。

こんなマスコミの報道を、視聴者は冷めた目で見ていると思います。
ネットで別の情報を得ることもできるので、マスコミの報道がおかしいことに、多くの人が気づいています。
気づいていないのは、マスコミだけじゃないでしょうか。

貴乃花親方がマスコミの前で一切口を開かない。
このことが、マスコミの信ぴょう性を物語っていると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 私の思うこと