2017年11月18日

横綱に求められるもの

171118.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

角界が揺れています。
日馬富士の暴行問題で、大相撲が別の盛り上がり方をしている。
本来なら相撲で盛り上がって欲しいのに、暴行問題で盛り上がってしまっている。

暴行を働いた日馬富士が最もいけないのは確か。
しかし連日、日馬富士を追い回すマスコミもどうかと。
マスコミって立場が弱くなった人を、とことん追い詰めるのが好きですね。
日馬富士然り、小池都知事然り。

今回の事件。
加害者も被害者もモンゴル出身の力士。
そして、今回の現場は、モンゴル出身者の集まりだったようです。

日本の相撲界は長い間、モンゴル出身の横綱で支えられたきた。
朝青龍から白鵬、そして日馬富士、鶴竜。
ようやく日本人の横綱が誕生したのが稀勢里。

今、日本の相撲界に、一体何人のモンゴル出身者がいるのだろう?
かなりの数になるんじゃないでしょうか。
日本の国技でもある、相撲を盛り上げてくれるのは嬉しい。
しかし、やや本来の相撲から、ずれてきている気がする。

以前、朝青龍が優勝を決めた時に、ガッツポーズをして問題になった。
相撲とはスポーツではなく武道。
武道は負けた悔しさ、勝った嬉しさを、表に出してはいけない。
剣道も同じです。

剣道では、ガッツポーズをしたら一本を取り消される。
真剣勝負だからこそ、勝っても負けても、戦った相手を敬い感情を出さない。
だから本来、力士は口数も少なく、横綱ともなれば、表情を変えずにインタビューにも答えていた。
私が子供の頃に見ていた横綱って、そんなイメージでした。
子供心に「なんて無愛想なんだ」って思ったものです。

しかし最近は、力士も変わって、よく喋る力士もいる。
お茶目な一面を晒しだす力士もいて、それはそれで人気につながるのだろうと思う。
だが、本来の相撲道を忘れてはいけないと思う。

そして横綱ともなれば、誰からも尊敬されて、親しまれる人格にならなければならない。
本来、それが横綱という重圧だったと思う。
相撲で勝つのはもちろんだが、人としての生き方が問われる。

ただ強いだけが横綱ではない。
モンゴル勢は確かに強い。
しかし、相撲道という意識をどこまで持っているのか?

何もモンゴル勢だけではない。
日本人力士も、昔ほど相撲道を意識していないのではないだろうか?
古い考え方かもしれない。
でも、相撲道をしっかりと極めることが、本来の大相撲のハズ。

今回の事件を機に、相撲道とは?大相撲とは?をもう一度考えるきっかけにして欲しい。
強ければ良いってことではない。
本来の相撲を取り戻して欲しい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:28 | Comment(0) | 私の思うこと