2017年11月17日

笑顔がたくさんの教育講座

171117.jpg

昨夜に引き続き、今夜も娘たちの学校へ。
昨夜はPTA会議でしたが、今夜は人権教育講座への参加。
この手の講座は、面白い内容もあれば、う〜んイマイチって時もある(^^;)
どうしても「人権」って言うと、話が重くなりがちですからね。

でも、今夜の講座はとても面白く、楽しい内容でした。
「子育ち・笑顔 頭の体操2017」と言うタイトルに「自然・人間、ディズニーの世界まで」とサブタイトルがあり、これだけでも「なんだろう?」と思わせる内容でした。

講師は「大久保 幸一」さん。
元々は学校の先生で、退職後臨時講師をして、現在は人権教育推進協議会の事務局長。
教職員時代に、ソフトテニスジュニアクラブの監督をして、全国大会6回優勝、近畿大会10回優勝の経歴。
これだけ見ると、とても厳しくて怖い先生というイメージ。
しかし、話を聞くと、面白くて楽しい講師でした。

印象的だったのが、司会の教頭先生から紹介された後に、「自己紹介をやり直します」と言い出したこと。
そして「お願いが二つあります」と言い、「作り笑いでも良いので、思いっきり笑顔で」「指が折れるくらい大きな拍手で」とお話しされました。
そして改めて自己紹介をすると、会場は大きな拍手と満面の笑顔。

人は笑うことで、免疫力が上がり健康になる。
そして無理矢理でも笑うことで、会場は一気に和み、皆講師の話に夢中になりました。

さらに今度は、来場者同士で話す機会を設けます。
いくつかのグループを作り、そこでクイズの答えを話し合う。
クイズの内容は様々。
○×で答えるものから、自由に考えるものまで、全部で9問。

例えば、「虎の耳は、黄色一色である」○か×か?
また、県の防災の研修で、講師の方が「いざという時、最も大きな力となって欲しいのは、女性だ」○か×か?
と言った内容。

そして自由に考えるクイズは。
「ディズニーランドで最もアルバイト料が高い職種は、どのようなものだと言われているでしょうか?」
とか、「有り難いの反対の言葉はなんでしょうか?」など。

答えはネタバレになるので、やめておきます(^^;)
しかし、これを見ず知らずの方と「あ〜でもない、こ〜でもない」と話していました。
「ディズニーランド行ったことないからわからんわ」などと、笑いながら皆で考える。
答えが合っているかどうかではなく、こうやって笑いながら話すことが大事なんですね。

とても楽しくて、勉強になる教育講座でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:18 | Comment(0) | 日記