2017年11月30日

いよいよ師走です

171130.jpg

11月が終わりました。
明日から師走です(><)
あぁ〜あとひと月で1年が終わる〜

毎年12月は仕事も私事も、様々な用事も本当に重なって超忙しい。
今年はちょっと仕事が落ち着きを見せていて、「仕事はそんなに忙しくないかな?」と思っていた。
ところが、この1週間ほどで、あっという間に仕事の山(^^;)
やっぱ忙しくなりそう。

ありがたい事ですけどね〜仕事があるってのは。
私のようなフリーな仕事人だと、いつ仕事が無くなってもおかしくない。
それなのに、仕事が切れずに入ってくるってのは、本当にありがたい事です。

問題はその仕事を順調に進めることができるか?です。
仕事だけに集中したいけど、様々な予定がある。
とても仕事だけに集中はできそうにない。

12月って、クリスマスが過ぎると、もう仕事モードじゃないですからね。
つまりはクリスマスまでに、仕事を終わらせないといけない。
ってことは、実質あと3週間くらいしかありません。

本当は年内に全ての仕事を終わらせたいけど、まぁ無理でしょうね(^^;)
それでもできるだけ、前倒しで進めて行きたいと思います。

さぁ明日から師走。
思いっきり突っ走るぞ〜と思ってのですが、明日は娘たちのマラソン大会で、PTAはコース当番でした。
午前中は仕事できません。
さらに、夕方から市のPTA会合があり、明日はほぼほぼ仕事できない(><)
あぁ〜スタートから出遅れだ(笑)

今年最後の締めくくり。
暇なよりは忙しい方が良い。
頑張って突っ走りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 日記

2017年11月29日

再び挑発が始まった

171129.jpg

2ヶ月以上大人しくしていましたが、やっぱりやりました。
北朝鮮がまたまたミサイルを発射。
しかし、今回は前回や前々回と違い、日本を飛び越えては行きませんでした。

ロフテッドと呼ばれる、ほぼ真上に打ち上げる方法で、これまでの最高高度に達したと言われています。
これをそのまま真横に飛ばせば、アメリカ本土に届く距離。
つまり、アメリカに向けて飛ばせば、確実にアメリカの反撃があるので、真上に飛ばしたと言う事。
しかも真夜中の3時に発射すると言う、なんとも姑息な。

日本を越えてアメリカに向けると、下手すればアメリカからの反撃がある。
ロフテッド方式は、以前もやっているので、これならアメリカを刺激しないと考えたのでしょう。
アメリカにビビりまくっているのが、よくわかります。

自国民が飢えに苦しんでいるのに、核やミサイルにつぎ込む大金で、少しは自国民に食べさせてほしいものです。
自分だけはブクブクと太っていますが、一般国民は飢えに苦しんでいます。
先日、韓国に亡命した軍人も、胃の中にはトウモロコシしか無かったらしい。
代わりに寄生虫がうじゃうじゃいたとか。

軍人はまだ、食べ物に恵まれている方だと思われていたが、軍人さえも食べることができていない。
一般国民はもっと食べることができていないと言うことです。
だから無理して日本の排他的水域に入ってきて、漁をするのでしょう。
そして船が故障して、そのまま流される。

本当に矛盾している国ですよね。
一人の独裁者によって、すべてが決められ、独裁者だけが裕福な暮らしをして、国民は飢えに苦しむ。
普通の国ならば、暴動が起きたり、クーデターが起きそうなものですが、それすらできないくらい、独裁が出来上がっている国なのです。
もう国とは言えないレベルだと思います。

今回のミサイル発射が直接アメリカの軍事行動に結びつくことはないでしょう。
しかし、アメリカを刺激したことに変わりはありません。
ますます緊張が高まっています。

アメリカと北朝鮮の動きから目をそらさずに注視しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月28日

そろそろクリスマス準備

171128.jpg

11月も残す所3日となりました。
あっという間に師走がやって来ます。
そして今年が終わってしまう。

何だろうな〜このドタバタ感。
毎年ですが、本当にこの時期は忙しい。
オリジナルカレンダーの方も、ようやく仕上がったので、明日から発送を開始します。

昔はこの時期には、すっかりクリスマス気分になって、早々とツリーを出してクリスマスソングを聴いていた。
しかしここ数年は、全くそんな気分にもなれない。
気がつけばクリスマスが目前になり、慌ててケーキを予約し、プレゼントを探し出す。

本当に気持ちにゆとりが無くなっているのでしょうね。
まだ息子が幼い頃は、一緒にツリーを出して飾り付けを楽しむ、心のゆとりがあった。
しかし最近は、娘たちに「いつ出すの?」とせがまれて、ようやくツリーを出す始末。

仕事中も、以前ならクリスマスソングを流して、クリスマス気分を味わいながら仕事をしていた。
最近は、全くそんな気にもなれず(^^;)
クリスマスソングも流れていません。

街へ出ればクリスマスデコレーションがいっぱいで、嫌が応にもクリスマス気分になるのでしょう。
しかし、私はずっと家で仕事をしている。
時々買い物に出かけて、スーパーのデコレーションでクリスマス気分を味わう程度。

若かりし頃には、クリスマスの定番をテープに集めて、オリジナルのレーベル作ったりしたもの。
いや〜本当に若い頃は時間がたっぷりありましたね。
あの時間があれば、今は何をするだろう?
疲れて寝ているかな(笑)

以前ならクリスマスまでの一月間。
たっぷりクリスマス気分を味わいながら、クリスマスを待っていた。
でも、最近は気がつけばクリスマスが目前という感じ。
クリスマス気分を味わう余裕がありません。

とはいえサンタさんには、そろそろ準備をしてもらわなくてはいけません。
子供達にサンタさんへのお手紙を書かさないと。
長女は欲しいものがわかっている。
問題は次女ですね。

あぁ〜私のところにもサンタさん、来てくれないかなぁ〜(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 日記

2017年11月27日

女性と仕事

171127.jpg

熊本市議会で巻き起こった珍事。
女性議員が赤ちゃんを抱っこして議会へと入り、議会から注意を受けて、赤ちゃんを友人に託して議会に参加した。
私は思わず目が点となった。

常識的に考えて、子供を連れてくることがおかしいと思わないのか?
仕事場に子供を連れてくるってことが、どのようなことなのか、全く理解していない。
この市議会議員は、議員の仕事をなんだと思っているのでしょうか?

赤ちゃんをあやしながら、議会での審議や質問などをできると思っているのでしょうか?
だとしたら、あまりにも議員という仕事をバカにしています。

私はフリーで仕事をしていますが、そんな私でも、打ち合わせに子供を連れて行くことはありません。
よほどのことではない限り、仕事に子供を連れて行くことはない。
ましてや赤ちゃんを連れて行くなんて、相手に対して失礼に当たります。
どうしてもそうせざるえない場合は、相手に対してその旨を伝え、承諾を得ます。

仕事と家庭と一線を引く。
それは当たり前のことだと思います。
フリーの私でもそう考えるのですが、市議会議員がその一線を曖昧にしている。
とても信じられません。

この市議会議員は、働く女性の地位を訴えているつもりなのかもしれません。
子育てしながら働く女性の立場を訴えているつもりかもしれません。
しかし、子育てしながら働いている女性は大勢います。
そんな女性から見て、この行動はどう見えるでしょうか?

子連れで仕事ができる。そんな仕事ってあるでしょうか?
仕事って自分の持てる力を、精一杯発揮して、社会のためになることです。
それを子連れでどこまでできるのか?

子連れで議会に参加して、それで仕事をしていると言うのなら、「市議会議員ってそんな程度の仕事なんだ」って思われても仕方ありません。
子育てしながら働く女性から見たら、この市議会議員の行動はどのように映るでしょうか?
皆、子育てと仕事、必死で両立しています。
子連れで仕事、とても共感はできないと思います。

私の嫁さんも「仕事を舐めているのか!?」って怒っていました。
そりゃ〜必死で仕事している女性から見たら「ふざけるな」って言いたくなりますよね。
逆に専業主婦の方から見ても、子育てを舐めているように受け止められかねません。

どう見てもパフォーマンスに見えて仕方ありません。
そもそも、その場にカメラが入っている事もおかしいですよね。
働くのなら、子供を預けて仕事するべきです。

仕事も子育ても両立しているつもりで、妙なパフォーマンスはやめていただきたい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月26日

最後の七五三

171126.jpg

昨日に引き続き、スタジオアリスへ。
撮影した写真を選ぶ作業を、昨日はできなかったので、開店と同時に選ぶことになりました。
10時開店ですので、その前にスタンバイ。

しかし、今日は剣道の稽古の日。
そこで息子に付き添いをお願いしました。
私たちは開店前のスタジオアリスへと向かいます。

スタジオアリスは10時開店ですが、隣のイオンは空いています。
イオンのシャッターが開いたら、すぐ隣のスタジオアリスへ向かう。
10分ほど前に着いたので、少しイオンの店内をぶらつく。

驚いたことに、結構なお客さんが来ています。
私たちはこんな時間に来たことがないので、シャッターが降りていること自体がなんか不思議な感覚。
10時になってシャッターが開いたので、スタジオアリスへ。
こちらももうすでにお客さんが並んでいました。

昨日撮った写真を見せてもらいながら、写真を選んで行きます。
次女らしい笑顔の写真もあれば、ちょっと緊張して、大人びた表情の顔もある。
アルバム用や年賀状用など、いくつかの写真を選びました。

前回は3歳の時に撮影した次女。
その時は、ちょうど長女が7歳だったので、二人で撮影しました。
しかし今回は一人。
そのためか、やはり緊張気味の写真が多かった気がします。

13年前に息子が5歳の時に、初めて七五三の写真を撮りました。
その時もこのスタジオアリスで撮影した。
長女が3歳の時は、北海道に帰省した夏に撮影しました。
それも北海道のスタジオアリスです。
その時は二つ上の従姉妹と一緒でした。
そして、10歳の息子も嫌々ながら撮りました。

4年前が長女と次女で撮り、今回が最後の七五三。
なかなか写真館で撮影することはありません。
今後撮影するとしたらいつだろう?

息子が今の学校に入学する前に撮影したので、今度は卒業の時かな?
あとは長女の高校入学?
いずれにせよ、きらびやかな衣装を着ての撮影はこれで最後ですね。

アルバム完成まで2週間ほどかかります。
仕上がりが楽しみですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2017年11月25日

予定がいっぱいの1日

171125.jpg
【写真はなぜかお昼ご飯(笑)】

今日は朝からお出かけ。

昨夜帰省して来た息子も連れて、朝からイオンモールへ。
最初の目的は長女のメガネ購入。
以前から視力が低下していて、学校でも黒板の文字が見えにくと言っていた。
眼科受診したら、「今すぐってわけでもない」と言われていたが、やはり勉強に差し障るので、メガネにすることに。

長女は優柔不断なところがあるので、メガネを選ぶのも時間がかかると予測。
そしてその通り、散々悩んで、ようやく決めました。
その間、次女が暇を持て余しているので、おもちゃ屋さんに連れて行きました。

メガネができるまでの間に、早めの昼食。
お昼ご飯を食べおわるころには、メガネも出来上がっていました。

その後、息子のためにセーターを購入。
そのわけは後ほど(笑)
そしてすぐに、スタジオアリス(写真館)へ。

今日のもう一つの目的。
次女の七五三の写真撮影です。
なかなか時間が取れなくて、今日ようやく予約を入れました。

予約の時間に行くと、もう凄い人の数。
同じように七五三の人もいれば、家族での撮影の人も。
そんな中で着物とドレスを選んで、撮影待ち。

まずは着物。ちょっと照れ臭そうにしながらも、写真を撮って行きます。
小さな子と違って、カメラマンの言うことが理解できるので、撮影はスムーズ。
そして次はドレスのために着替え。

この間にも次々と他の子供の撮影が続きます。
カメラマンのお姉さんの言葉に、素直に答えられる子もいれば、思うように行かない子。
小さな赤ちゃんなどは、泣き出してしまって、苦労していました。

そんな中、再び次女の番。
先ほどとは違い、ドレス姿でいろんなポーズを決めました。
撮影が終わったのは16時ごろ。
これから写真選びですが、こちらも混んでいて、まだまだ時間がかかるとのこと。

実は夕方から、結婚式があり、息子のセーター購入もそのため。
結婚式と言うよりは二次会に近いので、セーターで済ませるためでした。
時間がないので、写真選びは明日にして、嫁さんの服を買ったら、急いで帰宅しました。

みんな着替えて、急いで会場へ。
嫁さんのいとこの結婚式披露宴で、結婚式自体は10/30に済ませています。
今日は親しい友人やいとこを招いての二次会披露宴でした。

会場に着くとすでに大勢の人が集まっていて、私たちのテーブルには、嫁さんのいとこたちが。
久々の対面に、話が弾みました。

そしていよいよ新郎新婦の入場。
披露宴では、様々な芸やスピーチで会場が和んでいました。
ちょっとしたゲームもあり、子供たちも楽しんでいました。
私もほろ酔い気分になり、とても素敵な披露宴でした。

明日は再び写真選びに行かなければなりません。
あぁ〜〜忙しい(@@;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 日記

2017年11月24日

北朝鮮の今後

17.11.24.jpg

北朝鮮から難破船が相次いています。
漁船と思わしき船が、日本の海岸に流されて来たり、漁師が8人も生存して流されて来たり。
本当に漁師なのか?と疑ってしまいます。

北朝鮮の漁船は以前から日本の排他的水域に入って来て、問題となっていました。
日本の漁場で勝手に漁をする北朝鮮漁船。
その漁船が流されて来ているのかも知れません。

しかし、なぜ流されてくるのか?
おそらく燃料も少なく、船もボロボロの船なので、故障したりして流されてくるのでしょうね。
北朝鮮内では、燃料がかなり少なくなっているのでしょう。
経済制裁が徐々に効いているのかも。

かれこれ2ヶ月以上、ミサイル発射や核実験を行っていない。
一つはアメリカを本当に恐れている。
しかし、アメリカとの裏取引で、2ヶ月大人しくしていれば対話に応じるとの情報もある。

だが、その情報もトランプ大統領が、北朝鮮を再びテロ支援国家に指定した事で、流れたと思われる。
テロ国家と認識していながら対話をするのは、やはり無理であろう。
北朝鮮もテロ国家のレッテルを貼られて、そのまま黙ってはいられない。

そんな緊迫する北朝鮮情勢が、国民にも伝わっているのかも知れません。
兵士が38度線を超えて亡命して来る。
本当は逃げ出したい国民が多いのでは無いでしょうか?

漂流して来た漁師も、本当に漁師なのか?そして本当に漂流なのか?
もしかしたら漂流のフリで逃げて来たのではないか。
そう思ってしまいますよね。

北朝鮮という国が、今後どのようになっていくのか?
アメリカがどう動くのか?で、日本にも大きな影響が出て来ます。
もし武力衝突があったら、日本海を渡って、多くの北朝鮮国民が難民となって押し寄せる可能性があります。
今回の漁船漂流が、その序長のような気がしてなりません。

本当に困った国です。
なるべく日本に影響の少ない形での、解決を望みます。
アメリカと北朝鮮、両国の動きを注視しなければなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:46 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月23日

休日参観と健康感謝祭

171123.jpg
【最後のチョコバナナをゲットしてるんるんの次女】

本日は勤労感謝の日でお休み。
しかし、娘たちはいつも通り学校へと向かいました。
続けて嫁さんも学校へ。

今日は「親子ふれあい授業参観」という休日参観で、娘たちは午前中だけ学校でした。
日頃、平日の授業参観に来れないお父さんのために、休日に行う授業参観。
そして親子で、体験教室に参加するのです。

我が家は普通の家庭と違い、いつもは私が授業参観に行くので、休日授業参観の時は嫁さんが行きます(笑)
私は勤労感謝の日なので、働けることに感謝して、午前中は仕事していました。
ちょうど昨夜入稿されて、明日の10時までに提出の仕事があったので、その仕事を午前中でやりました。

娘たちはいつもなら、私が授業参観に行きますが、今日はお母さんなので嬉しかったでしょう。
次女は強がって見せて、家を出る前に「お父さん来て〜」と言い、学校では「なんでお母さんが来たの?」と言っていたようですが、内心は嬉しくてたまらなかったようです。

午後からは、嫁さんの職場の「健康感謝祭」があり、私たちと次女は車で会場へ。
長女は、ちょうどお友達のお母さんが、一緒に行くので、お友達たちと先に行きました。
小学5年にもなれば、お友達と連れ添って遊ぶのが楽しくて仕方ありません。

会場に着くと、長女たちはすでに来ていました。
お友達と3人で楽しそうに話しています。
次女はプログラムで見つけたチョコバナナが食べたくて仕方ありません。

健康感謝祭は10時30分からやっているので、模擬店は早くも完売の文字が出ているところもある。
「もしかしたら売り切れているかも知れないよ」と次女に言うと、それだけで泣きそうになっていました。
とりあえずチョコバナナの列に並びます。
次女の前には、7人ほど並んでいる。

すると、担当の人が、人数を数えています。
そして並んでいる子供達に「1本?」と聞いています。
どうやらもう残り少ない様子。
そして何と次女で最後でした。

危ない危ない、もしこれで買えなかったら、きっと大泣きでした(笑)
次女は最後のチョコバナナをゲットしてるんるん。
私たちもカレーや焼きそばを食べて腹ごしらえ。

体育館の中では、ふわふわドームがあったり、バルーンアートやヨーヨー釣りがあったり。
たくさんの子供たちが遊んでいます。
バルーンアートは整理券が必要みたいで、できなかったので、ふわふわドームで遊ばせました。

体育館を出ると、最後の抽選会が始まっていました。
おおよそこの手の抽選会では、当たった試しがありません。
それでも期待しながら待ちましたが、結局今回も何も当たらず(笑)
まぁ我が家はくじ運ありませんから(^^;)

長女は再びお友達と帰りましたが、駅前の広場で遊ぶようで、一緒に遊んでから帰って来ました。
次女も家に帰ってから、お友達と遊ぶために出て行きました。
それぞれに充実した1日でした。

私も働けることに感謝して、午後からはゆっくりとしました。
さて、明日は再び仕事モードで頑張ろう・・・・と、思ったら明日は娘たち代休でした(@@;)
ってことは3連休ですか(@▽@)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:32 | Comment(0) | 日記

2017年11月22日

夢を見なくなった

171122.jpg

最近明け方にトイレに行きたくなって目が覚めることが多い。
やはり年齢と共に膀胱が弱くなっているのかな(^^;)
夜に水分摂る量が多いのも原因だと思いますが。

決して睡眠がとれてない訳ではないので、そこは有り難いですね。
「眠れない」って人もいる中、私はいつでもどこでも寝れるので、それは本当に有り難いことだと思います。
布団入って目が覚めたら朝(その前に一度トイレに起きるけど)ってことが大半です。

ただ最近、あまり夢を見なくなった気がする。
いや厳密には見ているのだと思う。
しかし、全く記憶に残っていない。

昔は結構記憶に残る夢を見た。
最近は無いが、昔はよく何かに追われて逃げていたり、時間がなくて急いでいる夢を見た。
そして必ず必死で走っているのに、体が進まない夢だった。

ここんとこ、本当に夢を見た記憶がない。
夢自体は見ているのだと思うけど、全く記憶に残っていないのです。
それだけ熟睡しているってことなんでしょうか?

夢ってメカニズムがまだわかっていないけど、寝ていても脳が働いているってことですよね。
もしかして、最近の私は寝ている間、脳も休んでいるのだろうか(笑)
それはそれで、脳もリフレッシュできて良いけど(^^;)

昔は時々、自分が死んでしまった夢や、嫌な気分になる夢を見た。
そんな時は、目覚めて「夢で良かった」と安堵した。
逆に嬉しい夢を見た時は「夢か〜でも現実にならないかな〜」と思ったもの。

夢って寝ている時に見るものだけど、きっとそれは起きている時に体験したり、見たり考えたりしたことが反映されているのでしょうね。
そしてそこには、自分の願いや気持ちが映し出されているのかも知れません。
最近夢が残っていないのは、日常に流されているということなのか?

まぁ、それだけグッスリと寝ているってことで(笑)
眠れないことを思えば、夢すら見ないくらいに眠れていることは、もの凄く幸せなことですよね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年11月21日

激変した仕事環境

171121.jpg
【そういや最近カラーチャートや色見本も使っていないなぁ】

私が今の仕事について、かれこれ二十数年になる。
26歳で転職したので、そこから数えると24年ほどか。
最初は印刷会社などで勤務していたが、途中からフリーになった。

フリーになってからでも、もう12〜3年になります。
そう考えると、結構長いことこの仕事しています。
なんせDTP初期の頃を知っている存在ですからね(笑)

本当に昔のことを思えば、大きく環境が変わりました。
やはりインターネットの存在は大きいです。
昔はデータのやり取りは、フロッピーディスクやMOでした。

わざわざディスクを郵送で送っていたんですからね。
今みたいにメールで送ったり、宅ふぁいる便使うなんて、想像もできませんでした。
原稿も全て手書き、今みたいにPDFで、なんてことはありません。

本当に石器時代から急激に現代になったくらいの、環境の変化だと思います。
仕事依頼から、納品まで、全く顔を合わさずに、全て終わっちゃうものもありますからね。
絵本のお仕事なんて、まさにそうです。
東京からの仕事ですから、メールで依頼がきて、原稿が郵送で届き、あとはデータを送るやり取り。

最終のデータは重くなるので、サーバにデータをアップしてダウンロードしてもらう。
それで仕事は終わります。
担当者と一度も顔をあわせることがありません。
昔では考えられない仕事のやり方ですよね。

仕事で使うアプリも環境が変わりました。
昔はCD-RやDVD-Rで購入してインストールでした。
今ではネットのクラウドで繋がって、月額利用で使っています。

素材集なんかも変わりましたね。
昔はCD-Rの素材集を買っていましたが、こちらもネットでダウンロードになりました。
ネット上にはたくさんの素材があふれています。
それをどう使うかが、デザイナーの仕事になっていますね。

私の仕事はネットが無いとできない状態になっています。
Mac&インターネット、これが必需品となっています。

これからも、どんどん変わっていくのでしょうね。
ついていくのに必死ですが、頑張って仕事したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:58 | Comment(0) | 仕事

2017年11月20日

我が家の冬の始まり

171120.jpg
【ついにストーブ点火】

ついにストーブに灯火が。

あまりの寒さについにストーブを点けてしまった(-_-)
もう後戻りできません。
でもストーブはやっぱり暖かい。

実は灯油缶に少し灯油が残っていたので、その灯油でストーブを点けた。
本当は古い灯油は使わない方がいいらしけど(^^;)
でも、おかげで暖かく過ごせます。

すぐに灯油は無くなると思うので、買い足さなきゃ。
これでついに本格的な冬のスタートです。

後はホットカーペットをどうするか?
壊れたホットカーペットを敷いていても仕方ないです。
取っ払って処分するか、修理に出すか?

我が家はコタツがないので、暖をとるとしたら、ストーブとホットカーペットでした。
足元の寒さをホットカーペットで補ってきたので、ホットカーペットが使えないのは、ちょっと困る。
奈良盆地の寒さって、足元からシンシンと身にしみる。
やっぱりホットカーペットがあるのと無いのとでは、全然違いますからね。

コタツも魅力的なんですが、コタツ置いたら絶対に子供達はそこから動かなくなる。
いや子供だけじゃなく、大人も動けなくなる。
だからコタツは起きません(笑)

でも、コタツって魅力的ですよね。
子供の頃は、よくコタツで寝っ転がってテレビ見ていました。
そして気がついたら、コタツで寝ていたんですよね。
あの気持ち良さはなんとも言えません。

みんなでコタツに入るから、自然と家族団欒が生まれる。
そんな意味では、コタツってとても良き暖房器具なのかも。

意外でしょうが、奄美でも冬はコタツを使っていました。
気温はそんなに下がらなくても、海風がきついので、冬は意外と寒いのです。
子供の頃はコタツで温もるのが、本当に嬉しかったのを覚えています。

そして黒猫のリッチーを飼っていた頃は、コタツの中に必ずリッチーが入っていました。
足を入れると必ずリッチーがいて、時々私の足で遊んだりしていましたね。
そんな思い出もコタツあってこそですね。

コタツは魅力的だけど、今の我が家には置けないですね。
とりあえずホットカーペットをどうするか考えよう。
そして灯油を買い足さなきゃ。
一旦ストーブを点けたら、もう戻れませんから(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記

2017年11月19日

ウインタースポーツの季節

171119.jpg
【こんな風に滑れたら気持ち良いのでしょうね】

ウゥ〜寒くなってきた〜((((><))))

さすがにエアコンの暖房では、寒さが凌げなくなってきた。
やはりそろそろ灯油買うかなぁ〜。
やっぱりストーブの暖かさが良いです。

例年なら12月入ってからストーブを点けるけど、今年は冬が早くやってきた。
あまりの寒さに耐えられそうにありません。

もう雪が積もっている所もあるみたいで、スキー場にとっては嬉しい誤算でしょうね。
雪が少ない年などは、人工雪で営業したりするくらい。
今年は天然の雪で、たっぷりと滑ることができそうですね。

私はウインタースポーツは全くダメで、スキーも1度だけやったきり。
スケートは何度かやったことあるけど、基本ウインタースポーツは苦手です。
だって雪も氷も見たことのない、南国の島で育ちましたからね(笑)

逆に嫁さんは、北海道で生まれ育ったので、ウインタースポーツはお手の物です。
スキーもスケートも普通にできます。
でも泳ぐのは苦手です。
やはり生まれ育った環境って大きいんですね。

我が家の子供達は、ウインタースポーツはやったことがありません。
一昨年、初めてスケートをやりましたが、それくらい。
スキーなんて一度も経験したことがない。

スキー場に行くような余裕もないし、ウインタースポーツとは無縁の我が家です。
バブルの頃は、週末ともなれば、スキーに行くのがトレンドの時代でした。
私は残念ながら、バブルの波に乗れませんでしたが、結構周りはスキーに行ってましたね。

子供達にも一度くらいは、スキーとかやらせてあげたいけど、なかなかスキーに行くのは難しい。
行くとなったら、やはり一泊しないとダメだし、なかなかそんな時間もお金もありません。
憧れますけどね、スキーの後の温泉とか。

今年の冬は寒くなるのかなぁ〜。
雪とかも結構降ったりして。
あ、そろそろタイヤを冬用にチェンジしないといけませんね。
一気に冬がやってきました。
冬支度始めなきゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記

2017年11月18日

横綱に求められるもの

171118.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

角界が揺れています。
日馬富士の暴行問題で、大相撲が別の盛り上がり方をしている。
本来なら相撲で盛り上がって欲しいのに、暴行問題で盛り上がってしまっている。

暴行を働いた日馬富士が最もいけないのは確か。
しかし連日、日馬富士を追い回すマスコミもどうかと。
マスコミって立場が弱くなった人を、とことん追い詰めるのが好きですね。
日馬富士然り、小池都知事然り。

今回の事件。
加害者も被害者もモンゴル出身の力士。
そして、今回の現場は、モンゴル出身者の集まりだったようです。

日本の相撲界は長い間、モンゴル出身の横綱で支えられたきた。
朝青龍から白鵬、そして日馬富士、鶴竜。
ようやく日本人の横綱が誕生したのが稀勢里。

今、日本の相撲界に、一体何人のモンゴル出身者がいるのだろう?
かなりの数になるんじゃないでしょうか。
日本の国技でもある、相撲を盛り上げてくれるのは嬉しい。
しかし、やや本来の相撲から、ずれてきている気がする。

以前、朝青龍が優勝を決めた時に、ガッツポーズをして問題になった。
相撲とはスポーツではなく武道。
武道は負けた悔しさ、勝った嬉しさを、表に出してはいけない。
剣道も同じです。

剣道では、ガッツポーズをしたら一本を取り消される。
真剣勝負だからこそ、勝っても負けても、戦った相手を敬い感情を出さない。
だから本来、力士は口数も少なく、横綱ともなれば、表情を変えずにインタビューにも答えていた。
私が子供の頃に見ていた横綱って、そんなイメージでした。
子供心に「なんて無愛想なんだ」って思ったものです。

しかし最近は、力士も変わって、よく喋る力士もいる。
お茶目な一面を晒しだす力士もいて、それはそれで人気につながるのだろうと思う。
だが、本来の相撲道を忘れてはいけないと思う。

そして横綱ともなれば、誰からも尊敬されて、親しまれる人格にならなければならない。
本来、それが横綱という重圧だったと思う。
相撲で勝つのはもちろんだが、人としての生き方が問われる。

ただ強いだけが横綱ではない。
モンゴル勢は確かに強い。
しかし、相撲道という意識をどこまで持っているのか?

何もモンゴル勢だけではない。
日本人力士も、昔ほど相撲道を意識していないのではないだろうか?
古い考え方かもしれない。
でも、相撲道をしっかりと極めることが、本来の大相撲のハズ。

今回の事件を機に、相撲道とは?大相撲とは?をもう一度考えるきっかけにして欲しい。
強ければ良いってことではない。
本来の相撲を取り戻して欲しい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:28 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月17日

笑顔がたくさんの教育講座

171117.jpg

昨夜に引き続き、今夜も娘たちの学校へ。
昨夜はPTA会議でしたが、今夜は人権教育講座への参加。
この手の講座は、面白い内容もあれば、う〜んイマイチって時もある(^^;)
どうしても「人権」って言うと、話が重くなりがちですからね。

でも、今夜の講座はとても面白く、楽しい内容でした。
「子育ち・笑顔 頭の体操2017」と言うタイトルに「自然・人間、ディズニーの世界まで」とサブタイトルがあり、これだけでも「なんだろう?」と思わせる内容でした。

講師は「大久保 幸一」さん。
元々は学校の先生で、退職後臨時講師をして、現在は人権教育推進協議会の事務局長。
教職員時代に、ソフトテニスジュニアクラブの監督をして、全国大会6回優勝、近畿大会10回優勝の経歴。
これだけ見ると、とても厳しくて怖い先生というイメージ。
しかし、話を聞くと、面白くて楽しい講師でした。

印象的だったのが、司会の教頭先生から紹介された後に、「自己紹介をやり直します」と言い出したこと。
そして「お願いが二つあります」と言い、「作り笑いでも良いので、思いっきり笑顔で」「指が折れるくらい大きな拍手で」とお話しされました。
そして改めて自己紹介をすると、会場は大きな拍手と満面の笑顔。

人は笑うことで、免疫力が上がり健康になる。
そして無理矢理でも笑うことで、会場は一気に和み、皆講師の話に夢中になりました。

さらに今度は、来場者同士で話す機会を設けます。
いくつかのグループを作り、そこでクイズの答えを話し合う。
クイズの内容は様々。
○×で答えるものから、自由に考えるものまで、全部で9問。

例えば、「虎の耳は、黄色一色である」○か×か?
また、県の防災の研修で、講師の方が「いざという時、最も大きな力となって欲しいのは、女性だ」○か×か?
と言った内容。

そして自由に考えるクイズは。
「ディズニーランドで最もアルバイト料が高い職種は、どのようなものだと言われているでしょうか?」
とか、「有り難いの反対の言葉はなんでしょうか?」など。

答えはネタバレになるので、やめておきます(^^;)
しかし、これを見ず知らずの方と「あ〜でもない、こ〜でもない」と話していました。
「ディズニーランド行ったことないからわからんわ」などと、笑いながら皆で考える。
答えが合っているかどうかではなく、こうやって笑いながら話すことが大事なんですね。

とても楽しくて、勉強になる教育講座でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:18 | Comment(0) | 日記

2017年11月16日

寒いぞ〜

171116.jpg

寒くなって来ました。
ここ数日、朝方は寒いので、仕事部屋で電気ストーブを点けています。
ストーブと言っても、小さな電気ファンヒーターで、もう30年くらい使っている。
私がまだSHARPで働いていた頃に、自社製品を買ったもの。

小さな電気ファンヒーターですが、何も無いよりはマシで、点けているとそこそこ暖まります。
昨日までは、午前中だけ点けていて、午後からは点けなくても大丈夫でした。
しかし、今日は一日いっぱい点けていました。
消すと寒くて(><)

今週末にかけて、更に寒さが厳しくなるようです。
この時期としては最強の寒波がやってくるらしい。
嫌だなぁ〜もっと寒くなるのか。
何でも12月下旬ごろの寒さになるようです。

12月下旬の寒さと言えば、下手すりゃ〜雪が降ってもおかしく無い。
う〜ん悩むなぁ〜。灯油買おうかなぁ〜。

今はエアコン点けて凌いでいますが、もっと寒くなったら、エアコンでは追いつかない。
それにエアコンってあまり好きじゃ無い。
足元が温まらないし、乾燥するので、喉やられちゃうんですよね。

例年ならホットカーペットで足元温めるのですが、今年はそれもできません。
実はホットカーペットが点かないのです。
電源は入るのですが、いくら待っても温まらない。
壊れてしまったようです。

毎年12月に入ってから、灯油を買っていますが、今年はちょっと早めないとダメかも。
今つぶやいているこの瞬間も、エアコンをMAXで点けていますが、足元からしんしんと寒さが来る。
仕事部屋のMacProじゃなく、リビングでMacBookProでつぶやいています。
やはりエアコンだけでは寒さは凌げません。

せっかくお風呂はいって暖まったのに、寒さで足が凍えそうです。
早めに布団に入って寝ます。
明日朝はかなり冷え込みそうです。
暖かくして寝ましょう。

ではおやすみなさいm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | 日記

2017年11月15日

1日も早く解決してほしい

171115.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

本当にもう時間がない。

横田めぐみさんが、北朝鮮に拉致されて40年が経った。
40年前中学生だった横田めぐみさんは、もう50歳を超えた。
そしてお父さんとお母さんは、それぞれ85歳と81歳。

お父さんの滋さんを、久しぶりにテレビで見たが、痩せて歩くのも大変そうです。
ずっと娘の帰りを待ちながら、時間だけが過ぎていった。
もう本当に時間がありません。

拉致問題については、これまでもつぶやいて来ましたが、今の日本の憲法では解決できません。
外交で解決できるのなら、もうとっくに解決している。
やはりバックに軍事力がなければ、何も動かないのです。

北朝鮮に「自衛隊が取り戻しに来るかも知れない」と思わせれば、相手も交渉のテーブルに着く。
しかし現実は、自衛隊は全く動けないことを、北朝鮮は良く知っている。
だからこそ拉致問題を外交のカードとして使って来た。

本来なら憲法を改正し、自衛隊を国防軍として位置付けることが一番。
拉致された日本人を、自衛隊が取り戻しに行く。
それだけで北朝鮮に圧力をかけることができる。

だが、憲法改正は簡単にはできない。
ようやく憲法改正の議論が、少しずつ高まって来ているが、改正に行くまでには、まだまだ時間がかかる。

だからこそ、今が大事な時期です。
アメリカと北朝鮮との緊張感が高まっている今こそ、拉致被害者を救出する準備をしなければならない。
もし、アメリカと北朝鮮が武力で衝突した場合。
速やかに拉致被害者を救出しなければならない。
その準備をやっておいてほしい。

そして、軍事的衝突を避けたとしても、その交渉段階で、拉致問題も解決に結び付けなくてはならない。
北朝鮮が「拉致被害者を返した方が得だ」と思わせる交渉が必要になります。

何れにせよ時間がない。
何としてでも、拉致被害者を取り戻し、ご家族との再会を実現させたいですね。
国会でもこのことを重点的にやってほしいです。
もう森友や加計はいい加減にしてほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月14日

MacBookPro購入

171114.jpg
【MacPro(後)とMacBookPro(手前)】

以前からずっと検討していたのですが、ついにMacBookProを購入しました。
さすがに現金では買えないので、appleローンです(><)
ようやくMacProのローンが終わったのに、またもやですね。
まぁ仕事で使うので致し方ない。

先々月、MacProの調子が悪かった時、本当にサブマシンガ欲しかった。
一応iMacがあるのだが、古すぎてもう仕事では使えない(TT)
MacProと同等か、少し下の機種が欲しかったのです。

今回購入したのは、MacBookPro15インチの、Touch BarとTouch ID仕様で、2.8GHzプロセッサ256GBストレージ。
これを256GBから512GBにアップして注文しました。
私が使用するアプリだけでも、結構な容量を食ってしまう。
AdobeのCreative Cloudのアプリを入れたいので、ストレージは倍にした。

今日はお昼過ぎにMacBookProが届いてから、ずっと設定に追われました。
ようやく全てのアプリがインストールできて、これで仕事もできる環境になりました。
あとフォントくらいかな。

私も仕事で使うけど、実は嫁さんも時々仕事で使う。
今はiPadでやっているけど、やはり作業能力が悪く、以前からMacBookを希望していた。
そして何よりも発表のスライドで使いたいようです。

これまでも、学会などの発表があるたびに、後輩のMacBookを借りて発表をしていた。
年に1〜2回のことだが、やはり自前のMacBookが欲しいところ。
私も検討していたが、嫁さんは嫁さんで必要に迫られていた。

そして私がMacBookを欲しかったもう一つの理由。
それは外で仕事ができるということ。
特に剣道の稽古の付き添いの時に、作業ができるのは非常に助かる。

仕事が詰んでいる時などは、付き添いの時間に仕事をしたい。
ちょっとでも進めることができれば、全く仕事の捗り具合は違う。
それに剣道関係など、他の作業などもできる。

最初はMacBookAirでも良いかと思ったのですが、やはり仕事でも使うとなると、MacBookProの方が良い。
そして13インチよりは15インチが良い。
となると、結局この機種に収まった。

やっぱりTouch BarとTouch ID仕様は良いですね。
ログインの時などは、iPhoneみたいに指でタッチすればログインできます。
いちいちキーボード叩かなくて良いので楽です。
Touch Barも使い勝手良いですね。

さて、新しい環境が整ったので、さらに仕事を頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:45 | Comment(0) | Macintosh

2017年11月13日

今年もオリジナルカレンダー作ります

171113.jpg
【2018年カレンダーの内容】

ネットショップで予約受付中 https://www.creema.jp/item/4862222/detail

毎年この時季になるとやり始める作業。
それが年賀状とカレンダーです。
年賀状はなんとかレイアウト見本できたので、後は注文受けるのみ。
とは言っても、ほぼほぼ身内だけの受注です(^^;)

カレンダーは、今年で4回目の制作になります。
4年前に作品展を開催した時に、黒猫りっちー君のカレンダーを作りました。
それから毎年、この季節になると、カレンダー作っています。

印刷に出しますが、その後の工程は手作業なので、半分手作りカレンダー。
結構な作業なので、夜な夜な手作業をして、毎年仕上げています。
でも、毎年ご購入いただくお客様もいるので、やはり続けたいですね。

現在、印刷手配した段階ですので、実際にお届けできるのは、今月末ごろの予定。
ネットショップでは、予約として注文開始しました。
興味のある方は、ぜひネットショップをご覧ください。
そして購入ご希望の方は、ご注文お願いいたします。

今年は送料無料とさせていただいています。
ですから商品の800円のみです。
数量限定販売ですので、売切れ次第終了とさせていただきます。
まぁそんな売れることはありませんけど(笑)

昨年(今年2017)のカレンダーは、縦型のイラストを使ったレイアウトでした。
そのため、当然縦型のイラストを選びます。
そうなると黒猫りっちー君のイラストは使えないことになる。
黒猫りっちー君のイラストは、全て横型イラストなのです。

2017年のカレンダーを出した時、何人かのお客様から「りっちー君がいない」という声をいただきました。
私としても、りっちー君を入れたいけど、縦型イラストでは無理でした。
そこで今回は、再び横型イラストを使ったカレンダーにしています。
もちろんりっちー君も4月・9月・11月に登場します。

りっちー君ファンからすると、毎月りっちー君でも良いらしいけど、さすがにそれは厳しい(^^;)
他のイラストも入れたいので、今年はこのパターンで制作します。
よろしくお願いします。

1月「ハロースノーマン」
01.jpg

2月「Moon Harp」
02.jpg

3月「春色プロローグ」
03.jpg

4月「桜並木のりっちー君」
04.jpg

5月「さわやかハウスでチュ〜」
05.jpg

6月「緑の楽園」
06.jpg

7月「波打ち際の恋」
07.jpg

8月「ライオンさんフラワー」
08.jpg

9月「ぶどう畑のりっちー君」
09.jpg

10月「優秋風月(ゆうしゅうふうげつ)」
10.jpg

11月「秋風と黄昏りっちー君」
11.jpg

12月「オーロラクリスマス」
12.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:44 | Comment(0) | 仕事

2017年11月12日

悔し涙は良き経験

171112.jpg
【大勢の剣士に混じって稽古を頑張りました】

朝からそれぞれにお出かけの日。

私と次女は、剣道の稽古へ。
しかしいつもの稽古とは違う。
今日は他の道場さんへ、合同稽古並びに試合。

毎年行われているのですが、次女は1年生なので初めての参加。
長女も毎年参加しているのですが、今年は他の用事と重なった。
「家族へ感謝プロジェクト」という、家族に当てた手紙のプロジェクトの表彰式。

そのため、私と次女は剣道へ、嫁さんと長女は表彰式へと、それぞれのお出かけとなった。
しかし、長女は午後から剣道の級審査がある。
表彰式が午前中で終わるので、終わったらこちらに合流する流れとなった。
たまたま、同じ剣道の子が「家族へ感謝プロジェクト」に選ばれていて、同じく級審査も受けるので、嫁さんと長女はそちらの車に乗せていただいた。

次女の方は、いつもなら一緒に稽古をしている同じ歳の男の子が、体調不良で欠席しているため、テンションだだ落ち(笑)
それでも、みんなと一緒になって稽古を頑張っていました。
そしていよいよ試合の開始です。

小学年は1〜3年生の低学年の部と、4〜6年生の高学年の部に分かれます。
次女と同じくらいの子供たちが、防具を着けて並んでいます。
試合は一本勝負で、勝ち抜き戦。
つまり勝ったらそのまま次の相手と戦う。
勝ち続ける限り、次々と戦うのです。

次女はいきなり1試合目でした。
相手は男の子ですが、同じ1年生と思われます。
ひと月前に、練習試合で試合中に泣き出してしまった次女。
あの時は全く試合になっていませんでした。

しかし今日は互角の試合をしました。
一本勝負なので、決着が着くまで終わりません。
通常、小学生は2分間の試合です。
そこで決着がつかなければ、延長戦となる。

お互いに決め手がないまま、試合は続きました。
まさに互角の試合です。
しかし、最後は面を決められて敗れてしまいました。
時間にして3分14秒の試合。

負けて試合場を出た直後に、やはり泣いてしまいました(笑)
こちらに泣き声が聞こえるほど(^^;)
すかさず先生が、フォローしてなんとか元の位置に戻った次女。
よほど負けたことが悔しいのでしょう。

低学年の部では、我が道場の2年生が3位に入賞しました。
高学年の部では、残念ながら入賞できず。
しかし、その後の道場別対抗戦では、なんと我が道場のA・B両チームが勝ち上がり、決勝で対戦するということに。
どちらが勝っても嬉しい決勝戦となりました。

次女にとっては負け試合となりましたが、良き経験になったと思います。
試合後は泣きましたが、その後は、隣の同じ歳の女の子や、対戦した男の子と談笑していました。
こうやって試合に慣れて行くことが大切だと思います。
そして次は勝って笑顔で終わりたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2017年11月11日

子供達の素晴らしい発表

171111.jpg

立派な子供達でした。

今日はお昼から市の文化センターへ。
青少年を守り育てる市民の集いへ。
PTAの方から出席要請があり、参加してきました。

まずはポスターや標語で選ばれた子供達の表彰から。
小学一年生の小さな子から、中学生まで受賞されていました。

その後、「少年の主張大会」があり、小学生・中学生、共に5人の子供が、それぞれの想いを発表しました。
小学生は6年生4名と5年生1名。
中学生は1年生一人と、2年生一人、3年生が3人でした。

正直、驚きました。
とてもしっかりとした口調で、自分の想いを発表しています。
原稿を持ってきていますが、ほとんど原稿を見ずに、話している子もいる。
驚いたのは、小学生の女の子が、原稿すら持たず、しっかりとした口調で話していた。
自分の言いたいことが、全て頭の中に入っているのでしょう。
それを舞台の上に立って、大勢の大人に向かって話すのです。
大人ですらできないことです。

中学生になると、さらに文章力も高くなります。
もう大人顔負けの発表でした。

小学生の部で、最優秀賞を獲得したのが、小学5年生の女の子。
一番年下の子です。
「言葉は大きな力」と題して、言葉によって、人は傷ついたり、逆に救われたりする。
そんな内容の発表をしてくれました。
物はぶつけて傷ついたら、傷ついたことはわかる。でも心は傷ついても目に見えない。
そんな言葉を、小学5年生が発するのです。

我が家の長女と同じ歳。
信じられません(^^;)

そして中学生の部で、最優秀賞を獲得したのも、中学1年生の女の子でした。
「命の炎を消さないために」と題して、ペットの殺処分の問題について、発表しました。
とても中学生とは思えない文章力でした。
とても素晴らしい子供達の発表に、感動すら覚えて帰ってきました。

今日の集いには、沢山の知っている顔が見え隠れしていた。
私は一番後ろの席にいて、上から見下ろせる感じで会場を見ていた。
小学校の先生方も来ていたし、以前、息子が小学生の時の女性の校長先生もいらっしゃっていました。

さらに息子が小学5〜6の時の担任の先生のお顔も見えた。
他にも学童の代表理事、そして私と一緒に理事をしている方。
PTAの元会長も審査員で来ていました。

集いが終わったら、それぞれの方に挨拶に行こうと思っていました。
ところが、終わったのが16時過ぎ。
早く帰って剣道の稽古に行かなくてはなりません。
後ろ髪引かれる思いで、会場を後にしました。

「青少年を守り育てる市民の集い」ですが、逆に子供達に感動をもらった集いでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:45 | Comment(0) | 日記

2017年11月10日

お好み焼き予知能力

171110.jpg
【確かに美味しいけれど】

自分の娘だが、時々わからない(笑)

次女の食べ物ネタは、このつぶやきでは定番になりつつある(^^;)
本当に食いしん坊だし、好きな食べ物への執着心は凄い。

1週間前の水曜日の剣道稽古の後、疲れて寝てしまった時のこと。
稽古の前に、軽く腹ごしらえで、肉まんを二つ食べてから稽古をする。
稽古が終わってから、本格的な晩御飯なのだが、疲れたのか家に着く前に寝てしまった。

その日のメニューはトンカツ。
次女もそれはわかっていた。
しかし睡魔には勝てなかったようだ。

そして翌朝一番に起きての第一声。
「おはよう」ではなくて「トンカツ!!」だった(-_-;)
食べ物のことは、寝ても忘れない。

さらに一昨日の剣道の稽古の時も、晩御飯を食べながら眠くなった次女。
最後に食べようと思っていたコロッケが、睡魔に勝てず残ってしまった。
そして翌朝、第一声は「コロッケ!!」でした(笑)

いつも晩御飯が何なのか楽しみな次女。
メニューに対して文句を言うことはない。
そんなことを言えば、私に怒鳴られるのをわかっている。
どんなメニューでも、しっかり食べる。
そして好きなメニューの時は、物凄くテンションが上がります。

特に好きなメニューの一つにお好み焼きがある。
お好み焼きにすると、私と同じくらいの枚数をペロッと食べてしまう。
実は昨夜もお好み焼きだった。

材料も一通り揃っているし、北海道から山芋が届いているので、お好み焼きでもしようかと考えていた矢先。
突然次女が「今夜の晩御飯お好み焼きがいいなぁ〜」と言いだした。
まるで私がお好み焼きを考えているのを知っているかのように。

以前も似たことがあった。
嫁さんと、朝から「今夜はお好み焼きでもしようか」と話していた日の晩。
しきりに次女が「お好み焼き食べたい」と言っていたことがある。
娘たちが学校に行ったあとで、嫁さんを仕事場まで送っていく車中での会話なので、当然次女は知らない。

何だろう?何か特殊能力でもあるのか?
お好み焼きのことになると、予知夢でも働くのだろうか?
不思議で仕方ない(笑)

キッチンで材料を揃えているのなら、まだわかる。
そうではないのです。ただただ「今夜はお好み焼きにしようかな」と、私が考えていただけ。
次女にはお好み焼きに関する予知能力があるのかもしれません(笑)

本当に食いしん坊の次女。
これからも、お好み焼き予知能力を発揮するのかな?
そして私と同じ枚数を食べるのだろうか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:14 | Comment(0) | 日記

2017年11月09日

不思議な体験を思い出した

171109.jpg

mixiニュースで思わず目を引いたニュース。
「怪奇現象が起きると話題のおもちゃ」
タイトルに惹かれて、ついつい内容をチェック(笑)

話題のおもちゃは、かなり昔のおもちゃで、FAXのおもちゃのようです。
そもそもFAXのおもちゃってのが珍しい(^^;)

Twitterで投稿された内容では、おばあちゃんの家に昔から置いてあるおもちゃらしく。
突然、機械音で「もしもしお元気ですか?」と喋るとか。
あまりに鬱陶しいので、電池を抜いた。
ところが、それでも声が聞こえて、終いには登録されていないはずの「ねぇ〜」という声が聞こえたとか。

ひぇ〜〜〜〜〜〜怖い〜〜〜〜〜(((((((><))))))

このおもちゃに関しては、その後の続きがあるので、元記事を読んでください。
元記事はこちら

これを読んでいて、ふと思い出したことがある。
実は我が家でも似たことが一度起きたのだ。
もう随分と昔のこと。
確か息子がまだ3歳前後だったと思う。

この家に引っ越して来て、まだ1年なるかならないかの頃でした。
当時のこともつぶやいていますので、ちゃんと記事として残っています。
(2003年12月25日のつぶやき)

この日は、嫁さんが夜勤で、家には私と幼い息子だけ。
まだ子供一人だったので、部屋は広く使っていた。
今、子供部屋になっている部屋が、寝室となっていて、ベッドが置いてあった。

残り二部屋の内、一部屋は当時から私の仕事部屋として使用。
もう一つの残された部屋が、子供部屋として息子のおもちゃが散らばっていた状態。

息子と二人でベッドで寝ていた時。
隣の子供部屋から小さなサイレンの音が聞こえて来たのです。
時間は朝方の4時。

不思議に思って子供部屋に入ると、息子の消防署セットのおもちゃがサイレンを鳴らしていました。
トミカの消防署セットで、建物と消防車がセットになっている。
サイレンはスイッチを入れると鳴る仕組み。
スイッチを入れない限り鳴らない。

ところがなぜかスイッチが入った状態で、サイレンが鳴っていたのです。
最初からスイッチ入っていたら、ずっと鳴っていたはず。
不思議に思いながらも、スイッチを切って布団に入った。

再び眠りにつこうとした時。
今度は1階から音楽が聞こえて来た。
それは、リビングに飾ってあったダンシングサンタから流れる音楽。

昔のタイプのダンシングサンタで、振動でセンサーが入り、音楽に合わせて、サンタがお辞儀をします。
振動を与えるか、サンタの前で大きな音でも鳴らなさい限り、センサーは入らない。
そのダンシングサンタが、突然鳴りだした。
えぇ〜〜〜〜〜〜〜とビビりまくったが、聞かなかったことにして、布団の中で息子を抱きしめて眠った(笑)

こんな体験があるから、機械的な故障とか、あまり信用できない。
やっぱり何か目に見えない存在がある気がしている。
嫁さんにこのことを話すと、「クリスマスの明け方だからサンタさん来たのかもね」なんて言っていた。

今だに不思議な体験として記憶に残っています。
それっきりもう無いですけどね。
あっても嫌だし(笑)

皆さん、そんな体験ありませんか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:05 | Comment(0) | 日記

2017年11月08日

ネット環境模索中

171108.jpg

手軽にネット環境を整える方法を模索中。

ネット環境を変えるのかって?
いえ違います。今の我が家のネット環境は、特に不満はありません。
家のネット環境では無いのです。

先日、自治会館の引っ越しのことを書きました。
これまでは仮の集会所だったので、そこには古いコピー機くらいしか置いていませんでした。
自治会の事務処理は、ほぼ会長と私、そして会計が行っています。
それぞれ家のパソコンで処理をしている。

さらに会長の家には、自治会用の新しいコピー機が置いてある。
今回、自治会館ができたことで、事務室を自治会館内に設けています。
そこにコピー機も移動する予定。

しかしここで問題が。
コピーのカウントは、2ヶ月に一度、ネットを介して調べられる。
つまりネット回線がないとカウントができない。
それに、事務室があって、そこへパソコンを置いても、ネット環境がなければ効率が悪い。

そこで、手軽にネット環境を構築する方法を探すことになった。
自治会館には誰かが常駐するわけではないので、電話は引いていない。
電話回線があれば、プロバイダー契約して光回線繋ぐだけですが、電話回線は無いので別の方法を探す。

我が家はADSLの前のISDL(だったっけ?古すぎて忘れた)の時からネットを使っている。
だからネット=電話回線が当たり前だった。
しかし、今では電話回線が無い家庭も多い。
固定電話を置いていない家も増えている。
今では電話回線を使わないネット回線も増えているのだ。

で調べてみたが、今ひとつ良く分からない。
どれが良いのか?どこが安いのか?
サイトを見ても、今ひとつ分かりづらいのです。

自治会館でのネット使用は、メールチェックをしたり、データを受け取ったり、サイトを見たり。
そんな程度です。使うのも短時間になる。
だからなるべく安くて、手軽な方法を選びたい。

色々調べて見て、たどり着いたのが、UQ WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L01という機種。
モバイルwifiなので工事は不要。
さほど使わないので、ライトプランにすれば、3,326円程度で使えそう。
初期費用が若干かかりそうだけど、まぁ最初だけだし。

Yahoo! wi-fiも安そうなのですが、あまり評判がよろしくない。
私自身もあまり良い印象が無いので、こっちはやめておこうと思う。
もう少し調べて見て、ネット環境を整えたいと思います。

それにしても時代は変わったなぁ〜。
今は固定電話がある家の方が、珍しくなってきているのかなぁ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 日記

2017年11月07日

肩が痛い

171107.jpg

年齢とともにガタが来るもので・・・。

ひと月前くらいから、右肩が痛くてなかなか治りません。
きっとこれは五十肩ってやつか。
常に痛いのでは無いが、腕を上にあげて、少し後ろに回した時。
または腕を下に下ろして、少し後ろに回した時に痛みがある。

それも激痛という痛みではなく、ジワ〜っとくる痛み。
腕を後ろで組んだりすると、右肩がジワ〜っと痛む。
日常生活で特に支障をきたしているわけでは無いが、痛みが続くのは嫌ですね。

実は3〜4年ほど前にも、似たようなことがありました。
その時は左肩でしたが、症状は同じようなもの。
この頃は40代だったので、四十肩になるのかな(笑)

この時もなかなか痛みが治らなくて、1年近く痛みが続いていた記憶がある。
しかし、いつの間にか痛みが消えていた。

今回も同じような感じなのか?
また1年くらい痛みが続くのか?

四十肩、五十肩って原因は何なのでしょうね?
ネットで調べても何だか今ひとつよくわからない。
治療法ってのもあまり無いし。
病気って類いじゃ無いのかな?

そしてやはり自然と治るようですね。
3ヶ月から1年くらいで、徐々に痛みが治まるようです。
ってことは、私の肩の痛みも、まだまだ続くのか(><)

まぁ日常生活に支障きたしてはいないし、仕事にも問題はない。
気長に痛みが消えるのを待ちますか(笑)

一時期サロンパス貼りまくっていたが、サロンパスで肌がやられてしまうので、やめました。
塗り薬も効かないし、ひたすら治まるのを待ちますか。

これから年齢とともに、あちこちにガタが来るんでしょうね。
あぁ〜ヤダヤダ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 日記

2017年11月06日

日米同盟はさらに強固に

171106.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

アメリカのトランプ大統領が来日しています。
日本政府は万全の警備と、最高のおもてなしで、日米同盟の強固さをアピールしています。
トランプ大統領もかなりリラックスして、安倍総理といろんな話をしているようですね。

最初のゴルフ外交を批判している国会議員もいるようですが、まずはお互いにリラックスして会話に入るための手段。
そんなことも理解できない者が国会議員など務まるのか?って思ってしまいます。
とにかく安倍批判のためなら、なんでも批判するってだけの単純な思考なんでしょうね。

日米首脳会談で、多くの時間を割いたのが、おそらく北朝鮮問題でしょうね。
最大級の圧力を北朝鮮にかけることで合意したようです。
そして発表はされないけど、きっと軍事的オプションの話もしたと思います。
極力避けたいけど、最悪の場合も想定しておかなければならない。

今回のアメリカ大統領来日で、初となったのが、拉致被害者家族との面談。
これまでアメリカは拉致問題に、さほど耳を傾けませんでした。
例え日米同盟があっても、拉致事件は日朝の問題として受け取られていた。
今回、初めてアメリカ大統領が、拉致被害者の家族と会うことで、拉致問題は日朝だけの問題ではなくなった。

トランプ大統領に関しては、様々な問題がある。
選挙期間中は、多くの人が「大統領にふさわしくない」と吐き捨てた。
私自身も、大統領になるべき人物ではないと思っていた。

しかし、実際大統領になって、徐々にスタンスを変えている。
トンデモ発言も減って来たし、何よりも実務に目を向け始めている気がします。
選挙期間中には、パフォーマンス的な内容でしたが、今はかなり現実を見ている。
だからこそ、日本・韓国・中国・ベトナム・フィリピンというアジア訪問を決めたのでしょう。

日本側としても、これまでの日米関係とは違うスタンスが感じられる。
とにかくこれまでは、アメリカ大統領を、日本の総理がペコペコして迎えるイメージだった。
しかし、今回、安倍総理はかなり気を使っているが、トランプ大統領もとてもフランクな雰囲気です。
まさに同盟としての同等の立場が垣間見れる。
逆にトランプ大統領が、安倍総理を頼っている感じすらする。

安倍政権には批判的なこともあるけど、やはり総理大臣がコロコロ変わるのは、外交の意味でもよくない。
安定した政権は、外交の上では絶対的存在となる。
日本の場合、武力的外交が背景にないのが痛手ではあるが。

トランプ大統領がアジア訪問を終えて、北朝鮮がどう動くか?
アメリカが軍事的行動を取るとしたら、どのタイミングなのか?
本当に切迫して来ました。

拉致被害者を取り戻すには、金王朝を倒す以外に道はありません。
核・ミサイルを北朝鮮が破棄することはない。
難しい選択。私たちはどう向き合えば良いのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月05日

新しいステージへ

171105.jpg
【空っぽになった仮集会所】

今日は朝から引っ越し。

我が家の引っ越しではありません(笑)
町内会の自治会館の引っ越しです。

私の住んでいる町は新興住宅街で、私が引っ越してきた16年前から、自治会館設立が目標とされていました。
厳密にはそのもっと前からの目標です。
町内会費の一部を、自治会館設立基金として、長年蓄えていました。
私も自治会に関わるようになって、そのことを知りました。

3年前から本格的な準備がスタートして、この秋にようやく自治会館が完成しました。
先週は開所式を行い、その後引っ越しの予定でしたが、台風の接近で雨のため延期していました。
本日は朝から最高のお天気。

一斉メールで呼びかけをしていたので、20名ほどが引っ越しのお手伝いをしてくれました。
これまで仮の集会所として使わせていただいていた、自動車工場の2階から荷物を運び出します。
次々と物がなくなっていく仮の集会所。
最後は綺麗に掃除もして、何も無い部屋となりました。

私が自治会の運営に関わらせていただいて約6年。
この仮集会所で会議などを行ってきました。
「早く自治会館がほしい」という願いが、今叶ったわけですが、何もなくなった仮集会所を見て、ふと寂しさも感じました。

これからは新しい自治会館で、いろんな行事や集会が開かれることでしょう。
仮集会所の場所は、町の外れでしかも2F。
急な階段を登って行かなければならず、年配の方には厳しい場所でした。

新しい自治会館で、これからの街づくりが行われていくと思います。
私が運営に関わった6年間で、いろんなことがあり、いろんな結果を残せたと思います。
良いこともそうでないことも、多々ありましたが、自分なりに精一杯できたと思っています。

次の世代にバトンタッチですね。
今年限りで自治会の役を終えたいと思います。
若き世代の方々で、熱心に参加してくださる方々がいるので、バトンを託したいと思います。

ただ、役を終えても、自治会のことには関わって行きます。
私が始めたことも色々とあり、簡単にバトンタッチできないものもある。
今後は影で自治会を支える役目をしていけたらと思っています。

何事も精一杯やり切ることが大事。
まだ完全なバトンタッチまでは、時間があります。
最後の最後まで、しっかり役を務めたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記

2017年11月04日

難しい事件だと思う

171104.jpg
【上を向いて】

テレビでは連日、この話題が取り上げられている。
9人を殺害し、死体をクーラーボックスで保管していた事件。
わずか2ヶ月と言う短期間で9人もの人を殺害したと思われる白石容疑者。
稀に見る殺人事件。

しかし、今回のこの事件、現代ならではの事件だと思う。
白石容疑者は自殺志願者をSNSで探していたと思われる。
自殺志願者であれば、殺人を犯しても、「自殺を手伝った」と言い訳ができる。
それを利用していて殺人をしていたと思われる。

白石容疑者は、twitterで「首吊り師」というアカウントを作っていた。
そして自殺願望者を引きつけていたようです。
さらには別のアカウント「死にたい」を作っていた。

つまりは自分自身を、自殺志願者と、それを支える首吊り師のアカウントで、立場を利用していたと思われる。
死にたいと言う言葉で、同じ気持ちの人物を誘い、そのまま首吊り師のアカウントで、巧みに誘い出す。
そして自分の部屋に誘い込み、殺人を働く。

ただ難しいのが、ここで「殺人」と立件できるか?と言うこと。
確かに9人の遺体が発見されたのは事実。
しかし、白石容疑者が殺人を犯したと言う証拠はない。

自殺志願者を誘い出している以上、「自殺を見守った」と言われれば、それを覆す証拠が乏しい。
最初の女性と、その交際相手の男性へは、本人も殺害を認めている。
しかし、それ以降の被害者に対しては、どこまで殺人を迫れるか?

自殺志願者を募った今回の事件。
もしかすると本当に自殺を手伝ったこともあるかもしれない。
もしくは、自殺できないからと頼まれたかもしれない。
殺人を立件できるか否かで、今回の事件は大きく立場を変える。

私個人の見方としては、恐らく白石容疑者は、殺人を犯していると思う。
問題は被害者がそれを望んでいたのかどうか。
白石容疑者に殺されることを望んでいたのか?

自殺志願者を言葉匠に呼び出し、自分の部屋におびき寄せ、本人の意思とは関わらずに殺害に至ったのでは?
私個人としてはそんな気がしてならない。
自殺志願者と言えども、単に死にたいわけではなかろう。
よくわからないが、死に方の美学みたいなのが、自殺志願者にもある気がする。
そうでなければ、すぐにでも自殺しているだろう。

どのように死ぬのか?それを探し求めているのが、自殺志願者なのだろう。
それを巧みに利用したのが、今回の事件だと思います。
だからこそ殺人の立件が難しい。

自殺はあくまでも自ら命を絶つ行為。
よくわからないが、誰かに息の根を止められるのは違う気がする。
私は自殺を絶対に肯定しない。
自ら命を絶つのは、自分自身を殺害する行為。
絶対に許せない行為だと思う。

しかし、それでも生きる道を見出せず命を絶つ人もいる。
そんな人が最後に選択する死に方。
それを見ず知らずの人物に託すだろうか?
そう考えると、白石容疑者は自殺志願者の心理を利用して、殺人を犯していたのでは?と思ってしまう。

自殺は絶対にダメです。
誰も幸せにはなりません。
自殺は自分を殺す行為です。
そして自身と関わった人々を不幸にする行為です。

生きるのが嫌になったら、死んだつもりで、別の道を探して歩きましょう。
全く違う場所で、違う人として生きてみるのも良いかもしれません。

とにかく、今、嫌で嫌で仕方ない世界があるとしたら、それはほんの一握りの世界です。
まだまだ知らない世界が沢山あります。
そして、あなたが輝ける世界が沢山あります。
そのことを、あなたは知らないだけなのです。

自殺志願者がいることから、今回の事件は始まっている。
本来なら、そんな人々を救うためのSNSでなくてはならない。
しかし、残念ながら、それを利用して、自分の願望に使う者がいる。

便利なネット社会。
しかし使い方次第では、取り返しのつかないことになる。
どんなに便利なものでも、使い方次第では利益にもなれば、凶器にもなる。
SNSは人を死に追いやる可能性も秘めている。
その一方で、救われる人も大勢いる。

最終的にはやはり使う人のモラルの問題になる。
そして使う人の自己責任となります。
そのことを肝に命じて、使うことが大事ですね。
できれば学校でも、SNSと道徳を合体させた授業などもやってほしいと思います。

今宵は何やら真面目なつぶやきになりました。
人は皆弱いです。気持ちが落ち込み、回復できないと、最悪自殺を考える人もいる。
私も偉そうなことは言える立場ではありません。
ただ生きていれば、いつかは「生きてて良かった」と思える日が来る。
それだけは言えると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月03日

エアフローティングメディアの反応

171103.jpg

文化の日の今日。
先日宣言した通り、道の駅かつらぎのオープン1周年記念イベントに参加してきました。
準備もあるので、朝8時には現地に集合。

今日は嫁さんが仕事だったので、娘たちも連れて行きました。
8時の段階で、すでに駐車場はたくさんの車。
なんとか近くに停めることができたので、急いで準備にかかります。

オープニングが始まると、イベントの太鼓などが聞こえてきて、賑やかな雰囲気が伝わってきます。
そしてこちらのエアフローティングメディアの準備もできました。
こちらは10時開始なので、それまでちょっとフードコートのコーヒーを飲んでリラックス。

10時前に2Fの会場に戻りました。
「見に来る人いるかなぁ〜?」と、やや不安でしたが、ポツポツと人がやってきます。
そして皆、一応に初めて見る映像に驚きの声をあげます。

やはり小さな子供の反応が良いですね。
空中に浮かんで見える映像を、手に取ろうとする姿は、これまでもよく見た光景です。
そしてポストカード型のエアフローティングメディアは、いろんなカードを置いては、出て来る映像を楽しんでいました。

中にはご夫婦で来場されて、お二人で「これは良いな〜何かに使えそうだな」と、しきりに話していました。
専門的な質問を私にされて来たので、専門の方にバトンタッチ。
お互いに名刺交換して、ビジネスに繋がりそうな予感もしました。

娘たちは、最初こそ他のイベントを見に行ったりしていましたが、そのうち暇を持て余し始めました。
持って来ていたiPadと私のiPhoneを渡して、ゲームで遊んでいましたが、それも飽きて来た。
ちょうどお昼時間だったので、下のフードコートに降りて、お昼ご飯を食べさせました。

午後からもポツポツとお客さんは来られますが、イベントが終了すると、途端に減った。
そのため、予定より早めに切り上げて撤収させていただくことになりました。
娘たちももう限界だったので、私としても助かりました。

帰りの車の中では、疲れたのか二人とも爆睡していました。
私もめちゃくちゃ眠かったけど、ガムを噛みながらなんとか帰宅。
帰ってから少し寝ました(^^;)

お天気も良く、気候も良く、最高の文化の日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:30 | Comment(0) | 日記

2017年11月02日

気持ちにゆとりが無いとミスが起きる

171102.jpg
【疲れているんかにゃ〜】

やっぱり時間的にゆとりが無さ過ぎる。
最近つくづく思うようになった。
ゆとりが無いとミスが起きる。

最近、どうも失敗が多い気がしています。
自分の失敗では無いけど、ちょっとした確認で回避できた失敗。

先週、奄美に帰る母と姉を、空港まで送って行って、大渋滞に巻き込まれ乗り遅れてしまった。
これももう少し早めに出れていれば、なんとか間に合った。
あと30分早く出発していれば。
何度も悔やんだ。

そして仕事でもミスがあった。
これは私のミスでは無いのだが、もう少し詰めていれば回避できた。
ネット印刷に出した16ページの冊子もの。
冊子として印刷しているけど、中身はカレンダー。

最終ページだけ、方向が逆になる。
しかし入稿の際には、皆同じ方向で入稿。
あまり気にせずに、ネットで入稿を進めた。

データ入稿の翌日。
ちょうど奄美の母と姉を連れて、吉野から飛鳥をドライブしていた時。
石舞台を見終えて、車に戻る途中に携帯が鳴った。
ネット印刷の会社からだった。

印刷に入稿したデータの内容の確認だった。
最終ページのとじ方向が、他のページとは逆になる。
そのことを、確認するために電話してきたようだ。
私も気になっていた部分だったので、電話で伝えて安心した。

ところが、先日印刷が上がってきて、腰を抜かした。
指示した内容になっていない。
最終ページが他のページと同じ方向で印刷されていました。

もちろんこれではクライアントは納得しません。
結局刷り直しとなりました。
今、我が家の玄関には、大量の印刷物が段ボールに入って積まれています。

今回の内容をメールでネット印刷会社に伝えました。
翌日電話がかかってきて、自社のミスであることを認めてくれました。
刷り直し費用は、もちろん印刷会社持ち。
納期も前倒しで対応してくれて、少し安心しているところです。

しかし、電話で確認してきた時点で、もう少し詰めていれば。
外出中であったことも不運だったが、念のためにメールで画像を添えて送っていれば。と後悔した。
刷り直しと言うのは、本当に嫌なものです。
もともと印刷会社に勤めていたから、その嫌な気持ちはよくわかる。

今、仕事だけでなく、いろんな方面に頭を使わなくてはいけない。
そのことが、自分のゆとりを無くしているのは事実。
やはり役を持ち過ぎているのが、原因であると思います。
仕事に支障が出てきては、これ以上続ける訳には行かないですね。

やはり一つずつ、その役目を終わらせて行きたいと思います。
私の身体は一つ。考える能力も一人分。いや半人前かも(^^;)
全部のことを一人でやらなくてはいけないのがフリーランス。
これ以上、自分に負担をかける訳にはいきませんね。

そしてドタバタとしている時こそ、一旦落ち着いて仕事をすることが大事。
最近、時間に流されている状態が続いていました。
気を引き締めて、また頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:20 | Comment(0) | 仕事

2017年11月01日

オープン1周年イベント

171101.jpg

本日、北海道のご両親が帰って行きました。
10/21日(正確には23日)に、奄美から母と姉が来て、入れ替わりで北海道のご両親が来て。と、我が家はずっと賑やかな状態でした。
娘たちも甘えっ子の状態でしたが、今日からいつもの我が家に戻ります。
やっぱりおじいちゃん・おばあちゃんが身近にいるのって、子供たちにとっても嬉しい環境なのですね。

さて、我が家も平常運転に戻る。
私の仕事も平常運転・・・いや、ちょっとスピードアップしないといけません(^^;)
年末に向けて、忙しくなってくるのは、目に見えている。

仕事としては終わったのですが、実は仕事をしたチラシが、今まさに折り込まれている。
「道の駅かつらぎ」のオープン1周年があり、先々月からそのチラシ作成に追われていた。
通常であれば、チラシを作成して、私の仕事は終わる。
今回も仕事としては終わっています。

しかし今回は、その1周年記念のイベントとして、エアフローティングを実施することになった。
11/3(金・祝)だけですが、道の駅かつらぎ2階の多目的室で開催します。
私もお手伝いとして、現地入りする予定です。

これは仕事ではないのですが、私も関わっているプロジェクトなので、現地でお客様の対応をしたいと思います。
できれば自分の作品も出したかったのですが、とてもとても制作している時間がありませんでした。
エアフローティングメディア展も、約1年間ほど作品を出していません。
ゆとり無さ過ぎです(T_T)

道の駅かつらぎには、奈良の物産をはじめ、淡路島から直行される新鮮な魚も豊富です。
イベントではマグロの解体セール、和太鼓、吹奏楽など、様々なものが用意されています。
11月3日〜5日までの3日間行われますので、お近くの方、また近くに来られる用事のある方。
ぜひ足を運んでみてください。

そして、11月3日(祝・金)だけですが、2階の多目的室では、エアフローティングメディアを実施しています。
空中に浮かび上がる不思議な映像を、ご自分の目で確かめていただければと思います。
目印でポスター貼っています。是非是非遊びにお越し下さいませ。

171101-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 仕事