2017年10月23日

選挙結果とこれからの国会

171023.jpg

台風一過で晴れ晴れ〜と思いきや、青空が見えたのは朝の一瞬だけ。
その後、曇り空でまたまたスッキリしないお天気でした。
いったいいつになったら秋晴れの空が広がるのでしょうか?

昨日は台風の中、衆議院選挙が行われました。
私たちは期日前投票に行ったので、昨夜はのんびりと選挙結果をテレビで見ました。
予想されていた通り、与党の圧勝で終わりました。

あれだけ森友だ〜加計だ〜って騒いでいたのはなんだったのでしょう?
マスコミは常に「国民は納得していない」と言っていました。
では、この選挙結果はなんなのでしょう?

納得していないのは、野党とマスコミだけで、国民にとっては、森友や加計なんて、そんな問題ではないと言うことだと思います。
それよりも経済と、今は北朝鮮問題の方が、はるかに問題なのです。

希望の党が出てきた時、「また有権者は騙されるのか」と思いましたが、残念ながら希望の党は自ら失望して行きました。
やはり民進党と合流の話が出てきた時点で、国民は「おかしい」と感じたと思います。
結局当選できれば、それで良いのか?という疑いの目が向けられるようになった。

希望の党が、最初の発足プラス、本当に政策が一致する者だけの合流だったら、きっと票を伸ばしていたと思います。
民進党との合流というおかしなことを言い出した辺りから、雲行きは怪しかった。
そして何よりも痛手は、小池代表が出馬しなかったことだろう。
まとめ役の代表が、選挙に出ないのでは、まともに戦えない。

躍進したと言われている立憲民主党ですが、結局民進党の元々の支持者の受け皿になったってだけのこと。
今回の選挙で、民進党の保守系は希望へ、リベラル系は立憲民主党へ分かれたという感じです。
リベラル系と言っていますが、本当のリベラルではないですけどね。

今回の選挙では、初めて「憲法改正」が問われた選挙でした。
自衛隊を憲法に明記したい自民党と、憲法は何が何でも変えさせないという共産党や立憲民主党など。
憲法改正勢力が大きく議席を伸ばし、憲法改正の決議が可能な2/3を確保しました。
これでようやく、憲法改正についての議論ができるようになるのではないでしょうか。

憲法改正反対派は、「憲法改悪」などと言って、議論すらしようとしません。
憲法9条は絶対に変えさせないという気持ちなのでしょう?
何でそこまで憲法9条にこだわるのか?
ここまでくれば、もう宗教の域ですよね。

本当に憲法9条があったから、日本は平和だったと思っているのでしょうか?
平和だったなら、とっくに北方領土も帰ってきているし、竹島も取り戻しています。
さらに尖閣諸島を狙われることもありません。
憲法9条があるから、周辺諸国が堂々と日本を狙っているのです。

今回の選挙結果、マスコミは本当に面白くないのでしょう。
与党大勝ですが、安倍政権への信任では無いなどと言っています。
マスコミが現実から目をそらせばそらすほど、国民は現実を見るようになります。

今回の選挙は、有権者が本当に良く考えて投票した選挙だったと思います。
台風の接近で、普通なら史上最低の投票率でもおかしくなかった。
しかし、私たちのように、期日前投票が多かったと言うのは、台風が来ることを想定して、投票に出向いた人が多かったと言うことです。
そして、妙な風に乗らずに投票をした。

風は吹かなかったのではなく、有権者が起こさせなかったのです。
これまでの風は、マスコミがおあり立てて、それに有権者が乗っかったのが風です。
今回は希望の党の風をマスコミが起こそうとして、それを有権者が見破った。

安定した政権が続くことで、日本にとってはとてもプラスです。
ただ、野党とマスコミは、また結託して安倍政権の足を引っ張るでしょう。
それをわかっているからこそ、安倍総理も「謙虚に」と言う言葉を使ったのだと思います。

私たちは、そんな野党&マスコミに騙されてはいけません。
もう森友&加計のような、無駄な時間を国会で使ってはいけません。
政策でぶつかり合う国会でなくては、国の為にならないのです。

でも、ダメだろうな。
野党にまともな政策がないですからね。
安倍一強なのではなくて、野党がまともな政党で無いと言うのが、今の日本の悪しきところです。

まだまともな方の維新と、希望の党の一部の議員に期待するか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 私の思うこと