2017年10月02日

私利私欲の政治家はいらない

171002.jpg
【新しい党ばかり作ってもねぇ〜 写真は産経ニュースWeb版から】

なんだか政界が騒がしいですね。
解散総選挙になって、何とか選挙で当選したい議員が、自分のために一生懸命になっています。
野党が連携して、戦うと思っていたら、突然小池新党が誕生した。

すると、その小池新党に突然民進党が合流すると言う。
民進党からは誰も選挙に公認しないと決めてしまった。
いやはやビックリです。
これまで長年続いてきた党を、あっさりと捨てて、出来たばかりの党に助けを求める。

これって、「自分が当選したい」ってだけのことですよね。
民進党では勝てないから、何となくイメージが良さそうな小池新党から出て当選したいってだけ。
民進党の議員にとって、民進党ってそれだけの党だったんですね。
必死で守るとか、最後の最後まで戦うとか、そんな党じゃ無かったのですね。

一度は政権を担った民主党の流れを次ぐ民進党。
政党支持率が下がり続けたのは、何でもない自分たちの政治姿勢です。
国会でまともに審議をせず、関係の無い森友・加計問題を延々とする。
とにかく安倍政権の行うことには、ただただ反対する。
対案は出さない。
こんな状態ですから、誰も指示したいなんて思わないですよね。

いずれ解党するかも知れないと思っていましたが、こんなにも簡単に崩壊するとは思ってもみませんでした。
これってやっぱり、自分が一番大事だから、崩れてしまうんですよね。
組織よりも自分が大事なんでしょう。
そんな人が、本当に国を、国民を守れるでしょうか?
自分たちの党すら守れないのに、日本を守れますか?

この騒動を見ていると、国民をバカにしているとしか思えません。
新しい党に変われば、喜んで票を入れてくれると思っているのでしょう。
政策も理念も、全く解らない状態の新しい党に、名前だけで投票すると思っているのでしょうか?
国民を舐めるのも大概にせえ〜と言いたいです。

民進党の保守層は小池新党に流れるもようです。
問題はそうでない議員たち。
安保法制に反対した人達は、小池新党からはじかれます。
そんな人達を集めて、さらに新しい党を枝野氏が立ち上げようとしています。

もう生き残りをかけて必死ですね。
でも、それは国民から見れば、自分のためにしか見えません。
そんな議員が「日本のために」と口を開いても、なんの説得力もありません。

なんのための国会議員なのか?
国の為、日本の為に、必死になるのが政治家ではないのか?
自分の為に必死になるような政治家は要らない。
それが、今回の選挙の見方だと思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | 私の思うこと