2017年09月27日

どうなる解散選挙

170927.jpg
【政界の動きが慌ただしくなってきた】

政界再編が慌ただしくなってきました。
衆議院解散選挙に向けて、小池都知事が動きを見せました。
これまで新党結成には、慎重な姿勢を示していましたが、一気に勝負に出てきた。

希望の党の党首として、新党を立ち上げたのですが、小池氏は東京都知事です。
二足のわらじが勤まるのか?と、早くも冷ややかな目も向けられています。
しかし、自民党以外に選択がないのも現状。
希望の党には、期待する声があるのも事実です。

これまでは、選挙となると、風が吹いた方に有利になる。
しかしこの「風」というのが、時に作られた風がある。
民主党が政権を取った「政権交代選挙」なんて、メディアが民主党を持ち上げて作り出した風。
その結果は、国民が十分に理解しています。

先の東京都議選も、メディアが小池氏を持ち上げた結果、小池旋風が吹き荒れた。
果たして今回の解散選挙も、同様の風が吹くか?
今回はなかなか難しいと思う。

有権者からすれば、自民党以外の受け皿が欲しいのも事実。
しかし、現状の野党では、投票したい党が見当たらない。
その意味では、受け皿と成り得ると思う。

ただ、民進党と合流を模索し始めたのは、有権者にどう映るか?
吉と出るか凶と出るかです。

メディアも持ち上げにくいのは、小池氏が改憲を目指しており、保守政党を掲げているから。
言わば自民党とあまり変わらないと言える。
第二自民党が誕生する可能性が高いのです。

メディアも持ち上げにくい、有権者も風に乗れない。
でも、それが本来の本当の選挙だと思う。
本当に有権者が、立候補者の人を見て、その人の政策、党の政策をしっかりと見ることが大事。

民進党との合流によって、おそらく民進党は崩壊するでしょう。
民進党の保守層は、希望の党へ。リベラル層は自由の党などへ流れていくのではないか。
仮に民進党が残ったとしても、もはや野党第一党ではなくなる。

今回の希望の党の誕生。
良くも悪くも、政界をかき乱すでしょう。
もし、野党第一党に躍り出たら、自民党との連携も考えられる。
長年続いてきた、自公連立も解消する可能性も十分ある。

自民党+希望の党+維新の保守連立政権の誕生があるかもしれません。
個人的には、二足のわらじの小池氏が投手と言うのは、あまり賛成できません。
しかし、保守がまとまり、自民党に変わり得る党ができることは、賛成したいです。

どう政界が動くのか?
そして、メディアはどう報じていくのか?
派手な選挙ではない。
だからこそ、面白い選挙になりそうな気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 私の思うこと