2017年09月25日

変わりゆく街並みと変わらない場所

170925.jpg
【変わらぬ風景 朝釣りの場所】

奄美から戻って来て、ちょうど1週間経ちました。
あのドタバタの二泊三日の帰省が、まるで夢のようです。
本当に良く帰れたなぁ〜と思います。

今回、教会の用事で帰省して、さらに台風が横を通過する中でしたので、お天気は良くなく奄美らしさは十分には味わえませんでした。
しかしその分、ゆったりとした時間を過ごすことができたと思います。

約4年半ぶりの奄美への帰省。
変わらぬ奄美の風景と、変わりゆく奄美の街を感じることができました。
奄美の自然は変わらずに、私たちを迎え入れてくれました。
台風でしたので、美しい青い海は、最終日に少しだけ見れた程度ですが。

変わっていたのは、街並みでした。
新しいお店ができていたり、以前あったものが無くなっていたり。
そしておしゃれなお店が結構できていました。

ビックリしたのは、私の住んでいた街におしゃれな感じのカフェができていたこと。
すぐ隣にはカツオ漁港のある場所に、おしゃれなカフェがありました。
私が住んでいた頃からすれば、信じられないことです(笑)

私が住んでいた頃からすれば、街は大きく変わりました。
都市計画があって、昔の街の面影は全くありません。
ただ、自然だけは変わらずあるので、それが故郷に帰って来たという気持ちになります。

他にも隣町に小洒落たパン屋さんがあったり、いろんなお店ができていました。
なんだか浦島太郎になった気分でした(笑)

そんな中でも、変わらない場所もある。
私が昔から釣りをしていた場所などは、ほぼほぼ変わらずに残っている。
いつも帰省する度に、釣りをする場所がある。
そこも変わらぬ状態。

今回も最終日の朝に、いつもの防波堤の先っぽで釣りを楽しみました。
息子と二人で、約2時間の釣りを楽しんだ。
結果的には息子が1匹釣っただけでしたが、釣りをしている時間は贅沢な時間です。
波の音を聞きながら、潮風に吹かれて当たりを待つ。

何を考えるでもなく、ただただ風と一体となって時を過ごす。
そして当たりが来ると、一気に集中して、魚との駆け引きを楽しむ。
それが終わると、再び風と一体となる。

日常で、これだけの時間、風と一体になることって無い。
何も考えずに、ただただ海を眺める時間。
なんとも贅沢な時間です。

今回は一度しか釣りはできませんでした。
次回(いつになるかわからないけど)は、もっと釣りを楽しみたいと思います。
朝一番の釣りも良いけど、夜釣りもまた夜風に吹かれて気持ち良いんですよね。

変わらぬ場所での、贅沢な時間。
また楽しめる日を信じて、日々の仕事を頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 日記