2017年09月18日

奄美から戻って来ました

IMG_1869.JPG
【ようやく奄美らしい景色】

2泊3日のドタバタ帰省から、無事に戻って来ました
ようやく台風の影響も収まり、今朝は早起きして、息子と2人で朝釣りに行きました。
久しぶりの釣りに気持ちは高ぶりましたが、残念ながら私は当たりはあるものの、結果的には釣れず。
息子が1匹釣っただけに終わりました。

それでも、海風に吹かれてのんびり釣り糸を垂らすのは、やはり気持ちが落ち着きます。
2時間弱の釣りタイムでしたが、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
魚は釣れなかったものの、すぐ側をウミガメが泳いで行ったり、小さなサメが通ったりと、楽しませてくれました。

帰りの飛行機は、お昼なので10時前には家を出ました。
名残惜しそうに見送る母に別れを告げて、空港へと向かいます。
ようやくお天気が回復して来たので、空港に向かう途中で海で少し遊ぶことに。

青空にコバルトブルーの奄美の海がようやく復活しました、
子供達はウキウキで海へと走ります。
小さな魚や、貝を見つけては大喜びでした。
最後には我慢できずに、靴を脱いで海に入っていました。

40分ほど遊んだら、空港へと向かい、レンタカーを返して搭乗手続き。
お土産を買って搭乗口に入ると、すぐに搭乗の手続き開始。
飛行機が飛び立つと、あっと言う間に奄美は小さくなって行きました。

2泊3日のドタバタ帰省でしたが、そもそもは帰る事が出来なかった。
バニラエアの欠航で、一時は帰省を諦めました。
それでも、可能性を信じてJALに切り替えて、何とか帰省出来た。

たった2泊3日の帰省でしたが、母も孫たちと会えて嬉しそうでした。
何しろ一度は帰省出来ないと諦めていたのですから。
私達家族が帰って来るのを楽しみに、あれこれと準備していたようです。
それがわかっていたからこそ、私も何とか帰りたいと思っていました。
2泊3日でしたが気持ち的は、1週間位の感覚です。

ただ、子供達は奄美の自然を満喫できていません。
本当は海水浴もしたかっただろうし、息子ももっと釣りを楽しみたかったと思います。
母も本当は、もっと孫たちと過ごしたかったと思います。
次はになるか?来年の夏に帰れたら良いかな?と言ったところです。

もっともっと奄美を満喫したかった気持ちもありますが、まずは奇跡的に帰省出来た事に感謝。
楽しみにしていた母に、孫たちと会わせる事が出来て良かったです。
奈良に戻って来た途端に、奄美に居たのが夢のような感覚です。
また帰省できる日に向かって頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記