2017年08月15日

72回目の終戦の日-真の平和国家として-

170815.jpg

今日は送り盆、そして72回目の終戦の日でした。

終戦記念日とは呼びたくない。
敗戦した日が終戦記念日というのは、やはりどうもしっくりこない。
記念を取っ払って「終戦の日」で良いと思う。

72年前に戦争が終わり、日本は「二度と戦争をしない」という決意の元、経済成長を果たしてきました。
戦争をしていないので、平和だと感じてきた日本人ですが、その陰で北朝鮮に拉致された人々がいます。
平和であれば、拉致など起きていない。
そしてたとえ拉致されようとも、自国民を取り返すことができたはず。
普通の国であれば。

日本は戦争に負けて、アメリカGHQの作った憲法を押し付けられ、それを頑なに守ってきた。
特に憲法9条は、まるで宝のように扱われ、憲法改正などと口にしようものなら、「戦争を望む右翼」とみなされた時代が続いた。
そして自衛隊は「人殺し集団」と罵られ、肩身の狭い想いをしてきた時代。

日本が憲法を守り続けてきた間に、世界は大きく変わって行った。
どれだけ日本が平和を望んでも、どれだけ日本が憲法を守っても、世界から紛争は無くならない。
戦闘はずっと続いている。

そして今、私たちのすぐ側で、戦争の危機が迫っている。
暴走を続ける北朝鮮。
ミサイルを撃ち続け、アメリカと一触即発の危機が目前となっている。

戦争って簡単に言えば、国同士の喧嘩である。
どちらも自分たちが正しいと思い、どちらも自分たちが正義だと思っている。
最初は口論から始まる。
しかしどちらも引かない。
そしてヒートアップする。
胸ぐらを掴み威嚇する。
どちらも引かなければ殴り合いの喧嘩が始まる。

誰も戦争を望んではいない。
アメリカだって、好き好んで戦争などしない。
やりたかったら、とっくに北朝鮮を攻めているだろう。

アメリカも戦争をしたくないから、なんとかして北朝鮮を封じ込めたい。
しかし、北朝鮮も引くに引けない状態が続いている。

「話し合いで解決を」
良く聞く言葉です。
しかし、話し合いの後ろには軍事力が控えている。
いざとなれば戦う。その姿勢が見えているから、相手も真剣に話し合いに向き合う。

日本はいざとなれば、再び話し合う。
これでは、相手から舐められて、真剣に話し合うことはない。
これが日本の戦後72年間の姿です。
だから北朝鮮は平気で日本に向けてミサイルを発射する。

平和のためにこそ、憲法を改正しないといけません。
自衛隊は明らかに憲法違反です。
憲法には「陸・海・空そのたの戦力を保持しない。国の交戦権は認めない。」と書かれている。
自衛隊は陸・海・空の戦力を備えています。
しかし相手が国であれば、交戦できないと書かれています。

憲法違反の存在の自衛隊で、なおかつ相手が国なら戦うなと言われている。
これでどうやって日本を守るのでしょうか?
この状態をわかっているからこそ、北朝鮮はミサイルを撃ち、中国は日本の領海を侵犯するのです。

72回目の終戦の日。
私たちの日本は、十分に戦争を反省してきました。
しかし、反省をしても、対策を立てなければ意味がありません。
喧嘩に負けたら、次は負けないように、強くならなくてはいけない。
力(戦力)だけでなく、口(外交)で勝つためにも。

それが日本のために死んで行った英霊たちの願いではないでしょうか。
北朝鮮にミサイルを撃ち込まれても、中国に領海を侵犯されても、何もできずにいる日本。
そんな日本のために、戦って死んでいったわけではないと思う。

戦争にならないためにも、日本がいざとなれば戦える国になる必要がある。
平和は軍事力のパワーバランスで保たれる。
日本がいざとなれば戦う姿勢を見せれば、北朝鮮も中国も、迂闊に手出しはできなくなる。

終戦の日。
戦争で犠牲になった先人たちに哀悼の祈りを捧げる。
その一方で、先人たちがどんな日本を望んでいたのかを考えることも大事だと思います。
真の平和を成し遂げるためにも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 私の思うこと