2017年07月06日

1日も早い復旧を

170706.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

九州北部で甚大な被害が出ています。
映像を見ると、予想をはるかに超える被害でした。
特別警報が出ていたようですが、時間帯が夜だったこともあり、避難できなかった人も多いようです。
孤立している集落や、まだ連絡が取れない人もいるようですので、早く救助されることを祈っています。

今回の豪雨。
最初は島根県に特別警報が出て、テレビなどでも島根に注目していた。
ところが梅雨前線が南に下りて、一気に九州北部で大雨になりました。

このところ、毎年どこかで大きな水害が起きています。
昨年は確か北海道でしたね。
大雨というレベルを超えています。

ひと昔前までは「異常気象」という言葉を耳にしましたが、最近はこれが通常になっています。
極端な天気、これが普通になってしまいました。
特別警報なんてのも、最近できたものです。

今回の大雨。
これまでの警報だけの状態なら、もっと多くの犠牲者を出していたと思います。
特別警報として、「命の危険」を訴えていたから、少ない犠牲で済んだのでしょう。
まだ行方不明者の数が結構いるので、今後さらに犠牲者の数が増えてしまう可能性はありますけど。

被災地には自衛隊が入って救助活動を続けています。
災害が起きるたびに、自衛隊の活動に勇気付けられます。
まだ雨は続きそうです。
二次災害に注意して、活動を続けてほしいと思います。

大きな災害が起きるたびに思うこと。
我々人間の小ささ。
いつもは恵の自然が、突然刃を向いて襲いかかって来た時。
我々人間は何もできない。
自分の身を守れるか否か。
それだけだ。

何事もない日常が、どれだけありがたいことか。
災害が起きるたびに考えさせられる。
平穏無事、なんとありがたいことか。
しかし、それが続くと、当たり前に感じてしまう。

何事もない日常に感謝しましょう。
そして、被災地の1日も早い復旧を願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記