2017年07月31日

7月が終わった(^^;)

170731.jpg

7月が終わります。
なんという速さ。
きっと言っている間に8月も終わるのでしょうね。

なんか年々、月日の経つのが早くなっている。
絶対に気のせいではない(笑)
1年が終わるのが、なんと早いことか。

しかし、何もせずに1年が終わっているわけではない。
日々、仕事と家庭、そして私事でてんてこ舞いのうちに、あっという間に1週間が過ぎる。
それを4回繰り返したら、あっという間に1ヶ月が過ぎる。
さらにそれを12回繰り返したら、1年が終わるのである。

そう考えると、1年なんてホントあっという間ですよね。
そりゃ〜早いはずだ。

8月は色々と行事があります。
まず明日は子供達の剣道の試合。
日頃の稽古を思い出して、精一杯頑張って欲しいです。

来週には息子が夏休みに入るので、鳥羽まで迎えに行きます。
そしてその3日後にはサマーフェスタ(夏祭り)が控えている。
サマーフェスタが終わったら、もうお盆です。

我が家はお盆には動かないので、逆にこの時期はゆっくりできるかも。
お盆が過ぎてから、我が家の夏休みがある。
今年は帰省する予定にしているので、思いっきり羽を伸ばしたい。

帰省が終わったら、もう8月も終わりが見えて来る。
やっぱりあっという間に8月も終わる気がしています。
8月が終わったら、ぼちぼち年賀状とカレンダーに取り掛からないといけません。
毎年、ギリギリになっているので、今年こそは早めに手掛けたい。

夏の終わりと同時に、年末の作業をやるんですから、もうすっかり1年が終わる感覚ですよね。
実際には秋には秋で、またいろんな行事が控えています。
そう考えると、本当に1年間、いろんな行事がある。
子供がらみの行事がほとんどなので、子育て中はこの忙しさが続くのだろう。

きっと子育て中は、一年があっという間に終わってしまうのでしょうね。
そして気が付いたら、子供達もすっかり大人になって、その頃になると、少し自分の時間ができるのでしょう。
その頃になったら、一年がゆっくりと過ごせるようになるかな(^^;)

そんな未来を夢見て、今は忙しい日々を過ごしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:22 | Comment(0) | 日記

2017年07月30日

真夏の剣道

170730.jpg
【次女も防具をつけての稽古が始まりました】

あぢぃ〜〜〜(@@;)
毎日うだるような暑さが続いています。
暑いのは夏だから当然なのですが、今年の暑さは湿気が伴っている。
もうすでに夏バテ気味です。

ただでさえ暑いのですから、これで身体を動かすと、さらに暑い。
それも空気のたまった室内で、さらに剣道の防具をつけて。
子供達はこの暑さの中、防具をつけて稽古を頑張っています。

日曜日は10時から1時間だけの稽古。
いつもはその後居残りして、一般の稽古にも参加しています。
しかし、さすがに今日は無理でした。

1時間の通常稽古が終わった後、面を外した長女の顔は真っ赤。
外にでて水分補給をしますが、外も暑く風も無い。
今日は無理をせず1時間で終わることにしました。

長女は前日まで、学校のお友達とこどもおぢばがえりに、1泊2日で参加していました。
きっとその疲れも出ていたのだと思います。
なにもせず稽古を見守る私たちでさえ、暑くてバテそうになります。
その中、防具をつけて稽古をすれば、一気に体力を奪われる。

熱中症にならないように、水分補給をしながらの稽古ですが、その日の体調によっては、途中で辛くなる子も多い。
風が抜けてくれたら良いのですが、無風の日だと、本当に空気が淀んで辛いです。
まぁそれも稽古の内といえばそれまでなのですが。

二日後には、みちの子武道大会剣道の部の試合があります。
長女も団体戦、個人戦と出場します。
そして、次女も1年生の部で、基本錬成があります。

長女は1〜2年と基本の部で優勝しており、部屋にトロフィーが飾ってある。
それを見た次女は、「自分もトロフィーが欲しい」と言っています。
そのためには優勝しないといけないから、一生懸命稽古しなさいと言って聞かせてきました。

どうなるかわかりませんが、これまでの稽古で頑張ったことを思い出して試合に臨んでほしいと思います。
息子が小2の終わり頃に始めた剣道。
息子から長女、そして次女と続いています。
なかなか試合には勝てませんが、一番には剣道を続けることが大事だと思います。

私も出来る範囲で、子供達の剣道を応援したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2017年07月29日

危機感全く無し

170729.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

またまた発射しました。
今回はさらに高く飛行して、日本の排他的経済水域に落下した。
前回よりも高く飛行したということは、横に飛ばせばそれだけ飛行距離を伸ばしたということ。
ますます緊張感が高まる北朝鮮のミサイル。

怖いと感じるのは、北朝鮮のミサイルそのものよりも、ミサイル発射に慣れてきている日本。
「またか〜」という雰囲気が広がっている気がして、危機感が薄れている気がしてならない。
私自信はひしひしと迫り来る恐怖を感じるのだが、いかんせんマスコミは「北朝鮮がミサイルを発射しました」で終わり。

発射した時は速報で流したものの、それ以降はサラ〜っと流している。
メディアの方も慣れっこになってきて、北朝鮮のミサイルよりは議員同士の不倫の方が視聴率を取れると考えているのでしょう。
メディアが取り上げなければ、国民もあまり意識しません。
こうやって日常化して、いずれ日本本土にミサイルが着弾して、被害が出てから騒ぐのかも知れません。

今年に入ってから、ず〜っと北朝鮮は暴走を続け、朝鮮半島有事の可能性が高まってきました。
しかし、その間に国会が問題として取り上げてきたのは、森友・加計ばかり。
すぐそばで暴発している独裁者の国があり、いつ有事が起きてもおかしくない状態が続いている。
それなのに、そこには目を向けず、ひたすらなんの問題もない、森友・加計ばかりを追求する野党とマスコミ。

これは北朝鮮や中国の動きから、日本人の目をそらすためにやっているとしか思えません。
だからどれだけ説明しても、マスコミは真実を報道せず、「疑惑が深まった」とさらに報道を続けるのでしょう。
野党とマスコミがタッグを組んで、安倍政権を倒したいだけのことです。

安倍政権は暴走を続ける北朝鮮や、じわじわと日本の領海を奪おうと行動する中国に、目を見張りながらも、国内では本当に無駄としか言いようのない、森友や加計の件で振り回される。
もし私が安倍総理の立場だったら、とっくに切れていると思います。
国益を損なうことばかりやっているのが、今の国会です。

本当にやらなければならないことは、北朝鮮とアメリカが軍事衝突した時の対応をどうするのか?
拉致被害者を救出するにはどうするのか?
そして日本の領海を蝕む中国をどうやって阻むのか?
本当にやらなければいけないことが、全く手つかずの状態です。

もし朝鮮半島有事が起きてしまった場合。
日本はどのように動くべきなのか?
今のままでは、自衛隊はまともに動けません。

1日も早く憲法を改正して、自衛隊の違法状態を解く必要があります。
本来の国会では、憲法改正に向けて、議論を重ねていくのが筋です。
しかし、憲法を改正したくない、させたくないから、森友・加計で騒ぐ。
これって本当に日本の将来を考えているのでしょうか?

安倍総理が憲法改正に対して、具体的に発言をしてから、森友・加計問題が出てきました。
そして連日「森友だ〜」「加計だ〜」と騒ぐことで、支持率は下落しました。
支持率が下がると、憲法改正に踏み込みにくくなる。
そのまま安倍政権が潰れれば、憲法改正やらなくてもよくなる。

そんな考えがあるのでしょうね。
なぜそこまで憲法改正を嫌うのか?
なにがなんでも憲法9条を守りたいのか?

強い日本になってもらっては困るからでしょうね。
それは、中国や韓国、北朝鮮にとっては、困ること。
つまりは日本国のためではなく、隣国のために働いていると言えますね。

北朝鮮のミサイル。中国の圧力。
日本国民が脅威と感じれば、憲法改正に方に流れかねない。
だからマスコミも騒がない。
本当に困ったものです。

憲法改正できるなら、9条はもちろんだが、電波法も変えて欲しい。
誰でも自由に電波を使えるようにしてほしいですね。
そうすれば、マスコミも少しはマシになるのではないでしょうか。

日本は追いつめられるところまで、追い詰められています。
このまま、憲法改正もせず、現状を維持するのなら、いずれ中国に飲み込まれるでしょう。
すでに尖閣諸島は、中国船がいるのが日常になっています。
平然と日本の領海を横行する中国船。
それでもほとんど報じないマスコミ。

気がついたら中華人民共和国日本省ってなっているかも知れませんよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月28日

時間の分からない次女

170728.jpg

毎日次女の夏休み宿題を見る。
長女は自分で計画的に進めているので、ほぼ任せた状態。
しかし、次女はほっておくと全くの手つかずになる。

今日も宿題を見る。
算数の引き算を所々間違えているので、チェックを入れる。
そして次の問題を見ると、時計の読み方でした。

思わず「なんじゃこりゃ」と言いそうになった(^^;)
時計の読み方が全くわかっていない。
5時とか9時などの、きっちりとした時間はあっている。
しかし、3時半などとなると、全くわかっていない様子。

仕事を中断して、時計の読み方の説明をする。
しかし、どうも今ひとつ理解できていない様子。
長い針と短い針の示す数字がわかっていないようです。

口で説明してもさらに頭の中で処理できていない表情だったので、道具を使うことにした。
学校で時計のサンプルをもらっているはずなので、それを持ってきてもらった。
短い針が示しているのが時間、長い針が示しているのが分。

9時という時は、短い針が9で、長い針は12。
12から長い針がぐる〜っと1週すると1時間。
長い針が1週する間に、短い針は1つだけ進む。
長い針が半分だめ回った時に、9時半となる。

一つ一つ丁寧に説明して、ようやく意味がわかった様子。
これまで時間をまともに分からずに、外に遊びに行って5時になったか帰ってきたのが不思議(^^;)
次女の場合は腹時計で動いているのかも知れません(笑)

一旦わかると、とたんに自信をつけるのが次女の特徴。
しかし、分からないと、苦手意識のままスルーしようとする。
今のうちに「ちゃんと頑張ればなんでもできる」ってことを、身体で覚えさせる必要がありますね。

託児所の時は、本当に先生方が上手に教えていました。
運動会の練習の時でも、最初から「できへんねん」とやる気のない次女を、上手におだててできるようにしてくれました。
おだてられると木に登る性格なので、私もなるべくおだてながらやらせたいと思っています。

始まってまだ1週間の夏休みですが、すでにだらけ始めている次女。
私も仕事しながらなので、ずっと見ているわけにもいきません。
お手伝いなどを交えて、少しでも規則正しい生活を送れるようにしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2017年07月27日

辞任劇と不倫劇

170727.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

あらら?蓮舫さん辞めちゃったの?

都議選で惨敗しても居直り、自分は代表を続け幹事長以下を刷新しようとしていたのに。
なぜにこのタイミングなのか?
それなら都議選結果で責任を取った方が良かったのでは?

本当は二重国籍問題が効いているのではないか?
二重国籍問題で、台湾籍を外れていることを、記者会見で戸籍を示していたが、何も責任を果たしていない。
二重国籍で国会議員となり、民進党打表にまでなっていた。
二重国籍の者が、総理大臣になれる可能性を持っていたということ。
これがとてつもない大問題です。

この二重国籍問題の責任を取って辞任すると言うのなら、まだ理解できる。
しかし辞任の理由が今ひとつはっきりしない。
結局、民進党内で蓮舫下ろしがあったのだろう。

ただ、代表を辞任したからと言って、二重国籍問題の責任を果たしたとは言えない。
多くの人は議員辞職を求めていると思います。
まぁ、絶対に議員辞職はしないと思いますが。

蓮舫さんが辞めるのを待っていたかのように、稲田防衛大臣も辞任を発表しました。
こちらもなぜこのタイミング?と思ってしまいます。
稲田大臣が辞任するとしたら、やはり都議選応援での不適切発言だったと思います。
自衛隊の日報問題は、本来問題になるようなものではない。

陸上自衛隊の幕僚長が辞任したのが、引き金になったのかも知れませんね。
あと、内閣改造が間近であることもあるのでしょう。
辞めさせられたのではなく、自ら辞めたという形にしたかったのでしょう。

二人の女性議員がお騒がせした1日でしたが、もう1人お騒がせ議員が。
自民党参議院議員の今井議員。
元SPEEDのメンバーで、知名度を生かし、昨年の参議院選挙で当選しました。
シングルマザーで活動をしていましたが、不倫騒動でお騒がせしています。

妻子のある神戸市議会議員の橋本健市議と不倫関係にあったと報道されています。
本人たちは不倫を否定していますが、バッチリ写真も撮られているので、これは無理がありますね。
橋本健市議は離婚協議中であるらしく、本人たちの中では見切り発車だったのかも知れませんね。
ちゃんと離婚が成立した後であれば、ここまで騒がれる必要もなかったでしょう。
これだけ不倫報道が騒がれている中で、なぜにもっと慎重にやらなかったのでしょうね。

不倫はモラルの問題で、法を犯しているわけではない。
ただ、議員という立場である以上、ちゃんと責任を取ってほしいです。
責任の取り方はいろいろあるでしょうから、ご本人が考えるべきですね。

稲田大臣は、自身の大臣としての責務を考えて、辞任に至ったのでしょう。
都議会選応援の言葉は、やはり問題発言です。
大臣を辞任することで、責任を取ったと言えるでしょう。

問題は蓮舫議員です。
代表を辞任したのが、なんの責任を取ったのかわかりません。
記者会見でも、二重国籍の責任を聞かれて「別次元の問題です」と吐き捨てている。
つまりは二重国籍は問題ないと捉えているということです。

稲田大臣の不適切発言を、憲法違反だというのなら、二重国籍で国会議員になっているのは、完全に法律を犯しています。
それなのに堂々と国会議員を続けるという意識。
自民党議員や安倍総理に責任を求めるのなら、まずは自分がしっかり責任を取るのが先です。
本当に自分のことは棚に上げて、人を責めるのが蓮舫議員の特徴です。

お騒がせな女性議員の1日ですが、最も反省していないのが、蓮舫議員だと思いますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月26日

早くも夏バテぎみ

170726.jpg
【今年はスーパーの鰻】

毎日暑いですね〜。
もうすでに夏バテしそうです(><)
毎日しっかり水分補給しているのですが、やはりクーラーの効いた部屋で仕事しているからでしょうか?
足がだるくて、身体全体が重く感じます。

今年は夏バテ防止で、土用の丑の日に鰻も食べました。
スーパーで安売りしていたインドネシア産の鰻ですけどね(^^;)
今年は鰻がやや安くなったとは言っても、やはりそこそこのお値段します。
スーパーで3割引になった安い鰻で、土用の丑の日にしました。

本当は鰻屋さんで、がっつりうな丼とかうな重とか食べたい。
でも、家族全員で行ったら、それこそ結構な値段になります。
最後に鰻屋さんのお店で鰻食べたのっていつだろう?
もう思い出せないくらい遠い過去になってしまった(^^;)

我が家は私以外、あまり鰻が好きな家族ではありません。
それもあって、鰻を食べる機会がほとんどない。
娘たちは、今回が初めての鰻でした。
「おいしい」とは言っていたものの、それほど好きな感じではない。
ちゃんと鰻屋さんのお店で食べさせたら、また違うかもしれませんが。
あぁ〜鰻屋でがっつりうな丼食べたい(>_<)

スーパーの、しかも輸入の鰻だったためか、あまりスタミナはつかず(笑)
毎日の暑さにかなり疲労感が溜まってきております。
こうなったら温泉入って、全身マッサージでも受けたい。

毎日暑いけど、子供ってホント元気ですね。
こっちがバテバテなのに、二人ではしゃぎ回っていますからね。
その元気、少し分けてくれ〜って言いたい(笑)

夏は始まったばかり。
これから夏祭りもあれば、海水浴もある。
もちろん仕事も頑張らないと。
疲れている場合じゃありません。

7月も残り1週間を切りました。
なんとか疲労回復を試みて頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記

2017年07月25日

真実から目を背けるマスコミ

170725.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から マスコミは絶対に流さない青山議員の質疑】

どんどん、現実と乖離して行きますね。

昨日に引き続き、本日は参議院での閉会中審議が行われました。
予想はしていたけど、やっぱりマスコミは野党と総理のやりとりしか報じない。
もうどうしようもないレベルですね。

毎回毎回「疑惑が深まった」とか「真実が見えてきません」とか言っているマスコミ。
そりゃ〜そうだ、自分たちで都合の悪い真実から目をそらし、一部のことしか見ていなかったら、何も解決しない。
真実が見えてこないのではなくて、真実を知りたくないのです。

本日の閉会中審議にも、前愛媛県知事の加戸氏が参考人として呼ばれました。
加戸氏は今治市に加計学園を招致するために、必死でやってきたことを話していました。
そして「安倍総理にかけられた濡れ衣を晴らす」と発言しました。
当時、旗振りをしていた本人が、発言しているのですから、とても重い言葉です。
でも、マスコミは絶対に報じません。

前回、質問に立った、青山繁晴参議院議員は、今回も質問に立ちました。
参考人だけでなく、総理や大臣にも質問をして、バランスの良い質問だったと思います。
単に自民党を利する質問ではなく、まさしく国益のみを考えて質問していた感じです。
だからこそ、最後に拉致問題のことを質問したのでしょう。

そんな中、前川参考人に質問した時のこと。
前川参考人が泉総理補佐官と話した日を、9/9と言っていたが、メディアの取材では9/5と話している。
どちらが正しいのかを問われ、9/5というのは私の勘違いで、9/9が正しい。単純なミスですと答えています。
これ一つを取っても、前川氏の発言は修正が多い。
それなのにマスコミと野党は、前川氏の発言が正しいという前提で、今回の件を見ている。

関心したのは、マスコミの報道を聞かれた加戸氏の発言。
報道しない自由も印象操作も、マスコミの手法の一つであり、それをどうこういうつもりはない。と話された上で、マスコミ自身が襟を正すことが大事と答えていました。

そして、びっくりしたのが、自身も取材を受けたことを話した内容。
その取材の時に、前川氏のインタビューを見せられて、そのことについて記者から質問をされた。
加戸氏は知事退任後、教育再生実行委員会に入っているらしい。
そしてそれは安倍総理から依頼を受けて、「お役に立てるのであれば」と受けたとのこと。

前川氏のインタビューでは、記者がこのことを話しているようで、その時に前川氏が問題発言をしていたと言う。
それは、「安倍総理が教育再生実行会議の中で、加戸氏に加計学園の獣医学部を話してもらうために頼まれた」と発言していると言うのです。
この部分はカットされて、放送には流れていないと言う。
もしこれが流されていたら、マスコミは大騒ぎをし、そして安倍総理から名誉毀損で訴えられていたかも知れないと加戸氏は危惧する。
さらに、強い言葉で前川氏を非難した。
こんな事実でもないことを、平然という精神構造を疑うと。

それに前川氏はなんと答えたか。
「それは勘違いです」
はぁ?
自分の言うことは正しいのが前提で、それも後からコロコロと修正する。
それなのに勘違いですか?

前川氏の答弁を聞いていたらわかるのですが、「〜だと思います」「・・・と感じました」という発言が多い。
つまり後から修正できるように答弁しているのです。
ようは嘘つきです。

この人の根拠の無い発言で、ここまで事が大きくなっているのです。
それに加担している野党とマスコミ。
いったい国会開くのに、どれだけのお金がかかっていると思っているんですか?
それ全部税金ですよ。

もっともっともっとも〜〜〜〜〜〜〜〜っと、協議しかくてはいけないこと、山ほどあります。
全部ぶっ飛ばして、ずっと森友・加計ばかりやっていますよね。
何十億ってお金がドブに流されているのと同じです。

本当にいい加減ししてもらいたい。
事実を報道しないマスコミ。
それを良いことに、自分たちがヒーロー気取りで、高慢な態度で質問する野党。
嘘ばかりで混乱を起こさせている前川氏。

国政を混乱させていることわかっていますか?
この者たちに損害賠償させることはできないのでしょうか?
ものすごい時間とお金の無駄遣いです。

青山議員の質疑の動画があります。
ぜひ、真実をご覧ください。
マスコミがいかに腐っているかわかります。

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月24日

徹底している報道しない自由

170724.jpg
【テレビでは絶対に報道されない】

いつまで続けるのかなぁ〜この無駄な質疑。
加計騒動(あえて問題では無いのでこう言いたい)での集中審議。
前回も閉会中審議をやりましたが、安倍総理が出席していないと言うことで、再び閉会中審議が行われました。
本日は衆議院で、明日は参議院で行われます。

この審議、テレビや新聞しか見ない人には、ますますわけがわからなくなっていると思います。
一方、ネットで情報を得ている人にとっては、「まったく問題でもなんでもない」という思いではないでしょうか。
正直、テレビや新聞は、この騒動を倒閣運動に使っています。
安倍総理がお友達の加計学園理事長に便宜を図ったと思わせたいのです。

今日の集中審議の報道。
絶対に野党側の質問しか報道しないだろうと確信していました。
そして、見事にその通りの報道です。

最後にはおきまりの言葉。
「ますます安倍総理の疑惑が強まった」
もうねぇ〜ここまで徹底すると、呆れるのを通り越して感心しますね。
何がなんでも安倍総理が悪いってことにしたいのですね。

本日の集中審議、与党側から小野寺衆議院議員が質問に立ちました。
ぜひ、この質問の答弁を見て欲しい。
この答弁で、ことの真相がよくわかる。

前回の青山議員の時は、加戸前愛媛県知事の答弁が全てを物語っていました。
そして今回の小野寺議員の質問では、和泉総理補佐官の答弁や前川前事務次官の答弁を、繰り返し復唱することで、ことの流れの説明付けをしていました。
そして前回に続き、加戸前愛媛県知事も答弁に立っています。
とてもよくわかり、真相が見えてきた質問でした。

もちろんこれは絶対に報道されないと確信していました。
そして、見事に無かったことにされていますね(笑)
いや〜日本のマスコミ素晴らしいです。
ここまで徹底してやるとは。
完全に国民を馬鹿にしていますね。
報道しない自由を徹底しています。

それにしても野党議員のあの態度ってなんとかならないのでしょうか?
まったく誠意もなければ、相手に対する尊厳の欠片もありません。
自分たちは悪を追及する正義のヒーローとでも思っているのでしょうか。
見ていて本当にみっともないです。
勘違いもいいところです。

特に驚いたのが民進党の玉木議員。
あなた獣医師会から献金を貰っている立場じゃなかったですか?
つまり獣医師会の便宜を図っている立場でしょう?
そんな人が、よくもまぁ〜質問に堂々と立てるものですね。
既得権益側の利益を守るために、総理に対して「白紙撤回してください」って迫ったんですよね。

今回の騒動は、簡単いいえば、既得権益を守ろうとする側と、その岩盤規制に風穴を開けて、既得権益を突破しようとする側の戦いです。
特別特区という制度を使って、一点の曇りもなく、正々堂々と戦う側。
それに敗れて、なんとか巻き返しを狙おうと、あらゆる情報を捏造してでも抵抗しようとしている側。
その戦いなのです。

絶対に獣医学科を作らせたくない獣医師会と、その既得権益を守りたい文科省。
そこに風穴を開けたかった今治市と、それに手助けした加計学園。
そして敗北した上に、天下り問題で責任を取らされた前川氏の逆恨みが全てです。
結局は前川氏の茶番劇だということが、小野寺議員の質問でよくわかりました。
ぜひYouTubeでご覧ください。
絶対にマスコミは報道しない内容です。



明日は参議院で集中審議です。
前回質問に立った青山議員が再び質問に立ちます。
どのような展開になるのか、注目したいと思います。

それにしても、日本のマスコミ。
本当にヤバイところまで来ていますね。
ネットで真実を知る国民は、マスコミのことは全く信用していません。
自ら首を絞める行為だということをわからないのでしょうかね。
ますますテレビ離れが進むことでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月23日

長い夏休みの始まり

170723.jpg

夏休みが始まりました。
金曜日から始まり、本日で3日目。
しかし、すでにだらけモードになってきています。

夏休みには、子供達にはたくさんの宿題が出ます。
長女は自分なりにスケジュールを立てて宿題をできる。
問題は次女です。
初めての夏休みでもあり、目を見張らせておかないと、宿題そっちのけで遊びまくりそう。

長女と比べると、落ち着きがなく、勉強もスローペース。
毎日の宿題も、私が見る限りスローです(^^;)
長女はわからないと、自分なりに考えて答えを出していました。
しかし、次女は最初から「お父さんこれわからない」と持ってきます。

本日も剣道の稽古の後、出かける用事があったので、車の中で算数の足し算・引き算カードの計算をやっていました。
日頃は私がやっている計算カード。
本人は必死にやっているのですが、やはりまだまだ計算できず、わからない時は指で数えています。

本日は1の位の引き算と足し算。
引き算もようやくできるようになってきたが、足し算の結果が二桁になると、途端にできなくなる。
8+6=?と聞かれると、「18」と答えたり、計算して答えを出すのではなくて、直感で感じた数字を答えている(^^;)

本人なりに頑張っているとは思うのだが、どうも長女とは違う。
今のうちからちゃんと教えないと、後々勉強嫌いになってしまうかも。
日頃からもっと時間をかけて教えてあげたら良かったのだが、なんせ私も仕事の合間に宿題を見ている。
なるべく時間を割いて見ているのだが、どうしても急いでいる。

子供達は夏休みだが、私たち親にとっては日頃となんら変わりない。
私の場合は、夏休みに入ると、途端に仕事の効率が下がってしまう。
これが、後一月以上続くのかと思うと、今から先が思いやられる(^^;)

長女が次女の勉強も見てくれたら良いのですが、なかなかそこまではいかず。
長女は長女で、苦手科目が出てきて、本人も必死です。

始まったばかりの夏休みですが、気を引き締めないとだらけてしまいそうです。
勉強も遊びもたっぷりできる夏休みになるように、子供達と話し合って日々を過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2017年07月22日

クリーン作戦で町内をきれいに

170722.jpg

暑いよ〜(@@;)

毎日本当に暑いです。
今日は特に暑かった気がします。
風も無いし、気温も高い。

そんな暑い日に、校区のクリーン作戦がありました。
毎年、この時期に行います。
ちょうど子供たちが夏休みに入って、すぐの土曜日。

自治会では、偶数月の第一日曜日に、クリーンキャンペーンと題して、清掃活動を行っています。
しかし、このクルーン作戦は、校区全体で行い、PTAが手動で開催します。
ですので、PTAと自治会が協力して、実施します。

私は今年度からPTA役員になったので、自治会とPTA両方の立場。
昨年は準備が遅れてしまったので、今年は私の方で旗振りをして、準備を進めました。
参加者数を学校に提出しないといけないので、予め準備をしておかないと、大変なことになります。

なんせ、参加者が200名前後になります。
班ごとに整列してもらうのですが、班が20班まである。
点呼を取るだけでも大変です。

そこで、予め回覧で出席者を確認して、こちらで班ごとのリストを作成。
PTA役員で手分けして、班ごとの出席者を確認します。
出席の予定が急遽欠席している人、リストに名前が入っていないけど、突然出席した人。
やはり予定どおりにはいきません。

それでも、PTA役員の方々が、臨機応変に対応していただいたおかげで、なんとか参加人数は把握できました。
総勢230名を超える人が参加していただきました。
学校からも先生が参加していただき、教頭先生も駆けつけて、冒頭に挨拶をしていただきました。
すると直後に校長先生も来られて、校長先生からも挨拶(笑)

クリーン作戦開始で、多くの方は、町内のゴミ拾いへ。
そして予め担当を決めていただいた人は、用水路の清掃。
私たちPTA役員は、出席人数の確認を済ませたら、その場に残り公園の草引きをしました。

本当に大勢の人が参加していただいて、活気のあるクリーン作戦になりました。
集合場所の公園は、2年ほど前にできたばかりです。
そして、公園の横には、集会所が建設中です。

長いこと悲願であった集会所。
私が自治会の役員に関わらせていただいた頃から、ようやく本格的な話が進み出しました。
そしてもう完成間近となっています。

今年の秋祭りは、新しくできた集会所を使って開催できそうです。
そして秋祭りの話も、PTA役員で草抜きをしながら話すことができました。
とても前向きな話ができて、良かったと思います。

自治会とPTA、これまではつながりがなかった。
これからは、自治会とPTAがより連携できるようにしたいです。

暑い夏の朝でしたが、大勢の参加者で気持ち良くクリーン作戦を実施することができました。
またPTAと自治会の今後も見えてきて、有意義な時間だったと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記

2017年07月21日

今年もやりますサマーフェスタ

170721.jpg
【昨年のサマーフェスタ】

本日は19時から、サマーフェスタ(夏祭り)の会議でした。
昨年初めて開催したサマーフェスタ。
今年も2回目を開催することになりました。

昨年よりはちょっと早めに動き出した実行委員会。
とはいえ、まだまだ慣れていません。
昨年の実績はあるものの、まだまだ手探りに近い。

昨年は本当にギリギリで、印刷物なども大変でした。
今年はまだマシですが、それでもプログラムはギリギリです(^^;)
今日の会議で、変更点などが出てきたので、その訂正をして、週明けには印刷出さないと。

今年は商工会の一員として会議に出ています。
来年はPTAの会長という立場も付いてくる(^^;)
今年もPTAの模擬店があるけど、私は除外してもらった。
商工会として動かないといけないので、PTAの頭数には入れません。
でも、来年はどうすれば・・・(笑)

印刷物は残りプログラムのみ。
広告も出揃って、あとは訂正して印刷に出すだけです。
ただ、細々とした物が残っています。
喫煙所のPOPとか、案内のPOPとか。
そうそうPTAの模擬店のPOPも作らねば(^^;)

夏祭りってワクワクしますよね。
参加するだけでも楽しいけど、やはり企画段階から関わるのも楽しいです。
まだ楽しめるほどの余裕がないのが実情ですが(^^;)

サマーフェスタまで、残り3週間。
まだまだ準備する物があります。
少しずつ揃えていこう。
今年も盛大に開催できることを期待して。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:58 | Comment(0) | 日記

2017年07月20日

報道しない自由

170720.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から 蓮舫氏の説明で納得できた人がいるのだろうか?】

テレビの報道がますますおかしい。
森友問題や加計騒動で、まともな報道でないことは、多くの人が気づいている。
しかし、無かったことを、「あるかも知れない」と報道し、延々と疑惑を追及する。
このことにいったいどれだけ無駄な時間と税金が使われているのだろうか?

仮にもし本当に、安倍総理がお友達である加計学園を特別扱いしたとする。
それって違法性あるの?何か見返りでももらっているのなら別だけど。
そもそも、愛媛県が誘致を進めていた段階で、加計学園しか名乗りでていない。
前回の閉会中審査で、前愛媛県知事の加戸氏の話で、全てわかること。
しかし、報道は全くされない。
いつまでもこの騒動を続けて、支持率を下げて安倍政権を倒したいのでしょう。

一方、民進党の党首である蓮舫氏が18日に記者会見を行いました。
自らの問題として指摘されている、二重国籍の件で、台湾籍を持っていないことを証明するための会見。
昨年の民進党の党首選挙のときに、二重国籍の疑惑を指定されたが、まったくそれに答えることなくスルーしてきた。
戸籍を提示することを、多くの人が求めたが、まったく対応しなかった。

その時、自民党の議員にもアメリカとの二重国籍を持つ者がいることが判明。
その結果、この問題はなんとなくうやむやに終わった。
しかし、その後、自民党議員は速やかに手続きを行い、二重国籍を解消し、戸籍の写しを公開した。

一方の蓮舫氏は、ずっとだんまりを続けるが、国会では自分のことは棚に上げて、安倍総理を批判。
「息をするように嘘をつく」とか「誠意が感じられない」とか、言いたい放題でした。
その度にネットでは「自分はどうなの?」「二重国籍の疑惑は晴れてないけど」などと批判を受けていた。

そして都議会選で惨敗。
テレビや新聞では、自民党の大敗を大々的に報道しているが、実は民進党の大敗の方が痛手。
都議選大敗を受けて、民進党の中からも二重国籍問題を持ち出す議員が出てくる。
そこでようやく重い腰を上げた。

蓮舫氏曰く、自分は17歳のときに日本国籍を取得して、台湾籍は父が手続きをしていたと勘違いしていた。と話している。
しかし、芸能界入りした時は、「自分は台湾との二重国籍である」と、堂々と答えている記事が残っている。
つまり、自ら二重国籍であることをわかっていた。

その状態のまま、選挙に出て国会議員になり、民主党時代には大臣も務め、今野党の党首になっている。
総理大臣にもなる可能性のある人が、二重国籍であるという事実。
これって大問題なのですが、なぜメディアは騒がないの?
なぜメディアは報道しないの?

蓮舫氏が本当に勘違いしていたとしても、先日の記者会見はおかしかった。
まず、戸籍の提示を「人権の問題」と話をすり替えていること。
そして「戸籍を提示せよ」という声を差別だと言っている。
一般の人に「戸籍を見せろ」と言えば、それは個人のプライバシーの侵害です。
しかし、蓮舫氏は公人です。

現に二重国籍だった訳ですが、それを「勘違い」だけで終わらせるのでしょうか?
普通なら責任と取って議員辞職する問題です。
一旦議員辞職して、このことを大いに反省し、再度日本人として選挙に出るべきです。
しかし、蓮舫氏は議員辞職はおろか、代表の座も降りないようです。

都議会選挙の結果を、自分の責任ではなく、幹事長の責任にして、党役員の刷新を図るそうです。
「息をするように嘘をつく」のは、蓮舫さんあなたではないですか?
よくもまあ、自らの責任は無かったことにして、安倍総理を追及できますね。
まっとうな日本人なら、そんなことしません。

問題の無いところに、問題を起こさせ、些細なことでも追及するメディア。
一方では大問題なのに、まったく目も向けず、無かったことのように扱うメディア。
まるで一党独裁国家の中華人民共和国国営テレビ局のようです。
自民党の不利なところは、徹底的に追及をして、野党のこととなると、だんまりを決め込む。
これが公平なメディアと言えるのか?
報道の自由は、自分たちが好き放題やるってことなのか?

もう電波法を改正して、自由競争にした方が良いよ。
自分たちが電波を牛耳っているから、好き放題やりたい放題やる。
視聴率が取れれば、捏造だってなんだって構わない。
例え捏造がばれても「申し訳ありませんでした」で終わり。

日本社会の一番の既得権益はテレビかも知れません。
だからテレビ離れが進むんですよ。
自らを律することができなければ、このまま沈んでいくことでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月19日

梅雨明けそして夏本番

170719.jpg

今日も暑かったですね。そして梅雨が明けました。
いよいよ夏本番です。

今年度からPTA役員となり、青パトの担当も付いてきました。
当番制で子供達の登下校を見守る役割があります。
月に1週間、その役割が回ってきます。

今月は今週が当番。
3日間しかありませんが、毎朝元気な子供達を校門で出迎えます。
「おはようございます!!」
元気な子供達の声が、夏を待ちわびて一斉に鳴き始めた蝉の声をも吹き飛ばします。

さらに今日は「交通安全指導」があり、学校へお巡りさんが来てくれました。
私も青パトの一員ということで、PTA会長とともに出席。
下校会で集まった子供達の前で、共にお巡りさんの話を聞きました。

下校会も含め、時間にして10〜15分程度だったと思います。
その短時間で、汗びっしょりとなり、家に帰ったら服を着替えました。
日頃クーラーの効いた部屋で仕事をしているので、日中の暑さに身体が耐えきれなかった(^^;)
いや〜本当に暑い。

今年の夏は例年以上に暑くなりそうです。
今からしっかり体調を整えておかないといけませんね。

夏休み期間中は、青パトはありません。
その代わり、PTAの見回りが1度ある。
他にも学校の行事として、自治会と連動したクリーン作戦、親子奉仕作業などがあります。
そして昨年初めて行ったサマーフェスタ(夏祭り)を今年もやります。

今、その広告を含めたプログラム制作に追われています。
なんやかんやと忙しい夏になりそうです。

夏らしい夏になりそうで、ワクワクしますが、体調管理だけは気をつけないといけませんね。
日頃クーラー漬けなので、日中外で活動するときは、水分補給など気をつけたいと思います。
さぁ本格的な夏が始まりました。
明後日から子供達も夏休みです(^^;)

夏らしい夏を楽しみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2017年07月18日

お天気大荒れ

170718.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

なんか全国的に天気が荒れていますね。
新潟や福島でも豪雨があったようですし、関東でも激しい雨と雹の被害。
ニュース映像もみましたが、物凄い天気でしたね。
まさに嵐といった天気です。

こちらも朝は天気良かったけど、お昼頃に突然風が強くなってきたので、スマホのお天気アプリで雨雲をチェック。
すると、豪雨を示す雨雲が近づいている事がわかりました。
慌てて洗濯物を取り込みました。

幸いこちらでは大雨は降りませんでしたが、大阪北部辺りはずっと雨雲かかっていた感じです。
昨日も滋賀の方は大雨だったようですし、本当に日本全国各地でゲリラ豪雨が起きているようです。
お天気がまだ安定しないって事は、やはりまだ梅雨明けではないんでしょうね。
もう蝉も鳴き始めて、すっかり夏の気候ですが、天気が急変するのは、まだ梅雨前線が残っているという事なのでしょう。

日中の暑さはハンパない。
先日は北海道の帯広で37度を記録したと言うから、やはり異常です。
北海道の夏って、爽やかな暑さですからね。
少なくとも私の知っている北海道は。

嫁さんの実家が帯広のお隣なので、先日もFaceTimeで会話した時は、あまりの暑さにやられている感じでした。
北海道はエアコンの無い家が多いですからね。
嫁さんの実家もエアコン付いていません。
本来は使う必要性が無い。
これほどまでに暑くなることはありませんから。

私も日中はクーラー入れなければ、仕事になりません。
そして仕事を終えると、リビングのエアコンに切り替えます。
お風呂上がりでクーラーの効いた部屋でないと汗がひきません。
もうクーラー無しでは無理ですね。

明日も天気は安定しないようで、山沿いで天気が急変する恐れがあるらしい。
ゲリラ豪雨はいつどこで起きてもおかしくないと思わないといけませんね。
夏本番ですが、梅雨明けしないと、お天気も安定しません。
早く梅雨明けしてほしいですね。
そして、安定した天気で夏を楽しみたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2017年07月17日

海無し県だけど海の日

170717.jpg
【6年前の海水浴】

今日は海の日でした。
我が家は海の日という事でお出かけ・・・ではなくて、1日家に閉じこもっていました(笑)
嫁さんは仕事だし、私もやりたい事あったし、何より昨日の草抜きと夏祭りで疲れてしまった(^^;)
本当は海に遊びに行けたら良いのですけどね。

奈良には海が無いので、海を見ようと思えば、高速に乗って最低でも40〜50km走らなくてはいけません。
最も近場の海と言えば大阪になる。
奄美育ちの私にとっては、大阪の海はやはりイメージに合わない。
せめて和歌山の南部か、熊野辺りの海が良いですね。

でもやっぱり一番は奄美の海です。
あぁ〜奄美の海に飛び込みたい〜。

今日はそんな奄美の海で遊べるスポットを探していました。
いろいろとあるんですね。
ダイビングはもちろん、クルージングやシーカヤックなど。
パラグライダーもあり、奄美の海を空から眺める事ができる。

どれもやってみたいと思えるものばかり。
しかし、どれも結構なお値段です(^^;)
まぁ我が家は海水浴だけで十分かな(笑)

嫁さんの知り合いが、奄美に家族旅行に行くらしく、遊べるスポットを探しました。
お金をかけて遊ぶも良し、お金をかけずに遊ぶも良し。
何しろ奄美は自然が一番の遊具です。

長らく奄美の海で泳いでいません。
最後はいつかな?
奄美に帰ったのは4年前。
しかしその時はお正月。
もちろん泳げない。

夏に帰ったのは、2011年。
もう6年前になります。
そこから奄美の海とはご無沙汰です。

サンサンと降り注ぐ太陽。
波の揺らぎと太陽の光に、きらめくサンゴ礁。
色とりどりの熱帯魚。
今すぐにでも奄美の海に飛び込みたい(笑)

海の無い奈良県で、妄想にひたる海の日でした(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2017年07月16日

夏祭りへ

170716.jpg

毎日暑いです。そして眠いです。
昨日、今朝と5時起床でした。
剣道の早朝稽古があったためです。

昨日は稽古の後、帰ってきたら二度寝してしまい、その後余計にしんどくなって、結局何もできなかった。
夕方から、また通常の稽古だったし。
今朝も眠い目をこすりながら、長女を連れて早朝稽古へ。
終わったら、毎年恒例の朝マックへ。

子供達は嬉しそうに朝マックしていました。
どうして子供ってこんなにマクドナルドが好きなんでしょうね。
私も朝マックをして、空腹を満たしました。

本日は、通常の日曜日の稽古がお休みだったため、午前中はまったり過ごしました。
三連休の中日なので、どこかに出かけたいとも思ったのですが、庭の草が伸び放題になっていたので、草むしり。
そして夕方には、隣の校区の夏祭りがあるので、皆で自転車に乗って夏祭りへ。

長女は早速、剣道のお友達と合流して、二人でずっと動いていました。
次女は早くもかき氷、フライドポテト、唐揚げ・・・と食べまくっていました(笑)
食べた後はスーパーボールすくい、輪投げと楽しんでいました。

お祭りも終盤になってくると、抽選会が始まりました。
チケットを購入すると、抽選券がもらえます。
我が家は4枚ゲットしました。

カセットコンロやたこ焼き器などの、日常品から、折りたたみ自転車やプレイステーション4まで、様々な商品があります。
次女は4枚の抽選券を握りしめて、番号が呼ばれるのを待っていましたが、結局何も当たりませんでした(^^;)

最後は花火大会です。
花火を見るには、校庭へ移動しなくてはなりませんが、校庭で花火を見ると、帰りが遅くなる。
そこで先に帰る事にしました。

帰り道の途中から花火がきれいに見えるのです。
ちょうど校庭の裏側から見れるので、とてもきれいに見れる。
私たちの他にも、花火を見るために、何人か集まってきました。

そしていよいよ花火の打ち上げ開始。
色とりどりの花火が、夏の夜空を彩りました。
やっぱり花火ってきれいですね。
日本の夏の風物詩です。

まだ梅雨明けは宣言されていませんが、セミも鳴き始めました。
もうすっかり夏です。
さぁ夏を楽しみましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | 日記

2017年07月15日

働く事とは

170715.jpg

今、私はフリーで仕事をしています。
一人で仕事をするというのは、端から見ると自由で何でもできると思われがち。
実際、自由であるし、何でもできることは確かです。

しかし逆に言えば、自由だからこそ責任が伴い、何でもできるから何でもやらなければならない。
仕事をするのもしないのも、私の自由。
仕事をしなければ、その分、自分が追い込まれる。

一人だから何でも自分でやらなければならない。
自分が体調を崩せば、すべて後の自分にツケが回る。
それがフリーランスという仕事のやり方です。

組織に属すれば、肩身の狭い思いをしたり、自由がきかないことも多い。
しかし、組織の中にいれば、やはり守ってもらえることは確か。
毎月決まった額のお金が入るし、自分が体調を崩しても、必ず誰かがフォローできる。

私も元々サラリーマンだったので、そん辺のありがたさは良くわかります。
私がフリーになったのは、自分の思うように仕事がやりたかったから。
でも、100%思うように仕事ができているか?と問われれば、100%とは言えない。
けれど、少なくとも組織の中にいた頃よりは、自分のやりたいことをできている。

国が打ち出している「働き方改革」。
志は理解できるし、良いことだと思う。
でも、国が方針を打ち出して、簡単に変わるものではないと思う。

国ができることと言えば、「残業時間を減らしましょう」と促す程度ではないか。
やはり現場である、各企業が改革をすることが大事。
そして何よりも、一番大事なのは、個人の「働く」ことの考え方。

昔からよくこのテーマではつぶやいている。
私はお金のために働くのではないと思う。
自分が社会の中で、貢献できることが働きだと思う。
お金はその結果の報酬にすぎない。

お金のために働くと、どうしても損得で考える。
どの仕事が得で、どの仕事が損か?
そんな判断で仕事を選ぶ。
そうやって選んだ仕事にやりがいはあるだろうか?

そりゃ〜私だって、少しでも多くお金は欲しいです。
でも、それだったら、たくさんお金がもらえる仕事を探して、お金のために働くだけ。
私が今の仕事をしているのは、一番には自分が好きなことだから。
そして、自分の仕事が誰かのためになっていることだから。

どんなに僅かな報酬であったとしても、自分の仕事で喜んでいただけたら、それはやはり大きな仕事であると言えます。
逆に多額の報酬を得た仕事でも、感謝もなければ、「仕事くれてやった」みたいな態度だと、その仕事に喜びは見出せません。
お陰様でそんな仕事はほとんどありませんけどね。

働く=お金
この感覚だと、いくら働き方改革と言っても、何も変わらないと思う。
むしろ逆効果になるでしょう。
個々の「働く」という考え方を変える方が先だと私は思います。

だからこそ、教育が大事になってくると思う。
子供の頃から夢を持つことが大事だと思う。
自分のなりたい職業を、子供の頃から考える環境が必要。
そして、その夢に向かって突き進む制度が必要。

高校から何となく大学に進学して、就職活動になって「何しようか?」と考えるようでは遅い。
そうやって就職した先は、本当に自分がやりたかったことなのか?
結局お金のために就職するから、壁にぶつかると別の道に逃げたくなって、すぐにやめてしまう。
自分が本当にやりたかったことならば、少々の壁があってもよじ登るし、穴に落ちたとしては這い上がる。

働き方の改革の前に、働く意識の改革が必要だと、私は思います。
お金のために働くから、言われたことしかやらない。
それ以上を求められると、拒否反応をおこす。
自分が好きなことをやっていれば、自然と「より働きやすくするためには」と考えるようになる。
でも、それはお金のために働いていると、見えてこないこと。

そんなことは組織の運営側が考えること。
私は言われた仕事をやるだけ。それだけの給料しかもらっていない。となる。
確かに会社との契約はその通りだから、それが間違いでもなんでもない。
でも、そこ止まりです。

働いているのか、働かされているのか。
その意識の差は大きいと思います。
組織の中に入ると、どうしても「働かされている」という意識になる。

私はサラリーマン時代、組織の中で、葛藤していました。
働かされているという思いと、自分が好きでやっているから働いているという思いと。
結局、より自分のやりたいことを求めてフリーの道を選びました。

後悔はしていない。けれども、予想以上の荒波の中を航海しています。
後悔無き航海です(笑)

フリーであっても、組織の中にいても、大事なことは「自分が社会のためになっている」ということを自覚すること。
それでも「こんな会社やってられるか」って場合もあるでしょう。
会社も人の集合体ですから、お金のためだけに仕事する会社なら、いずれ淘汰されていくと思います。
大事なのは、それぞれ個人の働く意識。

もちろんお金は大事です。
自分が食べていくためにも、そして家族を養うためにも、お金はとても大事。
自分のやりたいことを押し殺してでも、家族のために好きでもない仕事をこなしている人も大勢いると思う。
でも、それも「家族のために」という気持ちがあるから素晴らしい。

皆が皆、好きな仕事をできるわけではない。
でも、なるべくなら自分のやりたいことを仕事にした方が良い。
そしてどんな仕事でも、社会のためになっていることを意識してほしい。

私自身もこれから先はわかりません。
いつまでこの仕事が続けられるのか?
いつまで必要とされるのか?
それでも社会のためになるのであれば、続けていきたい。

何のために働くの?
一度、自分自身に問いかけてみませんか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月14日

たまたま発見

170714.jpg
【過去の記事の画像が見れなくなっていた ^^;】

Facebookの機能のひとつに「過去のこの日」というものがある。
1年前、2年前・・・と、過去の今日の日の投稿を表示できる機能。
時々、「どんなこと投稿してたかな?」と見るときがある。
大体はブログからの転用ですが、たまにFacebookでつぶやいた内容が表示される。

昨日も、ふとどんな投稿をしたか見ていた。
やはりブログからの転用がほとんど。
試しに過去のブログの転用をクリックしてみた。
過去のブログの記事が表示される。

しかし、今のブログと微妙に違う。
2012年の投稿だったが、今のブログとは違うのある。
なんと、過去のブログが表示された。

現在のブログは、さくらインターネットのサーバーを使っている。
レンタルサーバーなので、ブログもレンタルサーバー内で使える。
だから容量を気にすることはない。

しかし、それ以前はSeesaブログを使っていた。
2003年から約10年分は、Seesaブログだったのです。
途中で容量が足りなくなって、さくらのブログに切り替えた。

その古いときの投稿が、Seesaブログだったので、Facebookの過去のこの日から、Seesaブログへジャンプした。
そうです、Seesaブログはまだ生きていたのです。
引っ越した際に、ブログのトップに引越しのお知らせを書いたまま、そのまま放置されたいた。
私もすっかり忘れてしまっていました(^^;)

これは削除せねば・・・と思いながら、ふとコメント欄が目に入った。
そして何気に最新コメントを見てみると、引っ越した後にコメントが幾つか入っていた。
以前からブログを読んでくださっていた人は、引っ越したことをわかってくれている。
しかし、引越し後にコメントを入れている方は、明らかにそのことをしらない。

おそらく検索した内容で、たまたま私の過去のブログにたどり着いたのだろう。
中には「イラストを大変気に入っております。非営利で使わせていただくことはできないでしょうか?」との問い合わせもあった。
もう2年ほど前の書き込み。

あっちゃ〜大変申し訳ない。
きっと返事を待ちながら、回答がなくて諦めてしまわれたと思う。
本当に申し訳ないことをしました。ゴメンなさいm(__)m

早くこの旧ブログは閉じてしまわないといけませんね。
過去の記事にたまたまアクセスして、コメントを入れてしまう可能性が、今後も出てきます。
しかし、長いことアクセスしていないので、パスワードとか残っているかな(^^;)

古いブログを消す前に、ちゃんと過去の記事が今のブログに反映されているか、気になってしまった。
今のブログで過去の記事を表示していった。
すると、2006年ごろから、画像が表示されていないものが多数あった。
でも、引越しの際に画像は引っ張ってきたはず。

探してみると画像はある。
しかし、記事とリンクがされていない。
そこで、再度リンクの貼り直し。
なんとか、過去の記事も、ちゃんと画像が見れるようになりました。

古いブログの方は、近日中に削除の手配をしよう。
たまたまFacebookの過去のこの日から、思わぬものを見つけてしまった(^^;)
でも、画像も修正できたので良しとしよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 日記

2017年07月13日

晩御飯予知能力

170713.jpg

我が家の次女は予知能力があるようだ。
それも極めて限られた範囲での予知能力。
とても恐ろしい能力である。

昨夜、天気が悪くなりそうだという理由で、剣道の稽古帰りに嫁さんを勤務先の病院で乗せて帰宅した。
朝は自転車で行っていたので、自転車を置いて帰ってきた。
今朝は自転車が無いので、必然的に仕事場まで車で送っていくことに。

その道中「晩御飯は何にしようか?」という話になった。
冷蔵庫の中の食材が、ほぼほぼ空っぽになり、メニューに困っていた。
久しぶりにお好み焼きでも作るか!ということで合意。

しかし、お好み焼きの材料は全く無い。
そこで、夕方に嫁さんにメッセージを送る。
帰りが遅くなるようであれば、私が材料を買いにいくつもりだった。

すぐに返事が返ってきて、もうすぐ帰れそうだから材料を買って帰るとのことだった。
そこで私は次女と先にお風呂に入ることにした。
次女はお好み焼き大好きなので、今夜の晩御飯がお好み焼きと知ったら、きっと舞い上がる。
しかし、そのことは一切伝えなかった。

ところがである。
お風呂に入っている時に、突然「今日の晩御飯はお好み焼きがいいな〜」と言いだした。
一瞬、嫁さんが次女に伝えたのか?と思ったが、嫁さんからは伝えるはずもなく、もちろん私も話していない。
特にホットプレートを出したりしているわけでもない。

あまりにタイムリーな次女の言葉に、私は返事もできず(^^;)
いつもなら私がキッチンで、晩御飯の準備を始めるのだが、私が何も準備しないのを見て、少し不思議に思ったのかもしれない。
そしてお風呂を上がってからも、再び「今日の晩御飯はお好み焼きがいいな〜!」と訴える。

なんなんだこいつは。マジで予知能力でもあるのか?
毎日毎日「お好み焼きがいい」と言っているのなら話は別。
お好み焼き大好きなので、「お好み焼きがいい」ということは確かにある。
しかし、最近は聞かなかったし、お好み焼きも最近は食べていない。

あまりにもドンピシャで当てられて、マジで予知能力があるんでは?と思ってしまった。
私たちが「お好み焼きにしよう」と決めた晩に「お好み焼きを食べたい」と言ってきた次女。
さらにもう一つびっくりしたことが。

お風呂に入っている時に、担任の先生の話をしていた。
次女が「◯◯先生の好きな食べ物何か知っている?」と聞くので、「何が好きなの?」と返した。
「ドーナツが大好きなんやて」と次女が答えた。
そして嫁さんが帰ってきて、手荷物を見て驚いた。
ミスタードーナツを買ってきている。

お好み焼きとドーナツ。
どちらも口にしていた次女。
偶然にしては、あまりにもドンピシャ。
本当に予知能力があるのではないだろうか。それも自分が好きな食べ物にだけ(笑)

神様、どうかこの能力を、勉強に回してやってくださいませ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | 日記

2017年07月12日

夏の思い出

170712.jpg
【奄美の自然が私の思い出となっている】

暑さが本格的になってきました。
空を見上げれば、各所に入道雲、すっかり真夏の空です。
まだ梅雨明けはしていませんが、もうそろそろ梅雨明けかな?

夏大好きな私にとっては、凄くワクワクする季節です。
今年の夏も、いろいろと家族の思い出作れたらなぁ〜と思っています。
夏祭り、家族旅行、海水浴etc。
まるで子供のようですね(笑)

私が特に夏に思い出をつくりたがるのは、きっと子供の頃に家族での思い出が少なかったからだと思う。
特に小学生の頃は、夏休みの思い出って、ほとんどって言っていいほど無い。
毎日毎日、釣りをしていた思い出しかありません。

私の家族は6人家族。
しかし父は精神的な病があったため、家族とは別居していました。
もちろん仕事はしていない。
母一人の手で、私たち子供は育てられた。

母子家庭のようなものである。
だから母は必死で働いていた。
大島紬の織り子をしていた母は、家で毎日紬を織る。
機織り機の音が今も耳に残っている。

夏休みも毎日機織りをする母。
どこかに出かけようにも、我が家には車も無い。
誰も免許も持っていないし、車なんてとても買えない。
だからどこにも出かけることは無い。

暇を持て余した私は、機織りをする母の横で、「どこかに行きたい」と駄々をこねていた。
今思い返せば、子供の自分の気持ちは解る。
しかし、それ以上に母の気持ちが痛いほど解る。
本当は母もどこかに連れて行ってあげたい。
でも、そんなお金も時間も無い。
子供たちを食べさせるために、昼夜問わず働きづめだった。

あまりにも私がしつこく駄々をこねるため、母が切れていたのを覚えている。
機織りに使う木材で、よくしばかれていた(笑)
今の私が同じ立場なら、同じく子供に切れているだろう。
とにかく食べていくのに必死だったのだから。

それでも夏休みに1度だけは、家族で海水浴に行った。
車が無いので、親戚の家族に乗せてもらい、従兄弟たちと海で泳いだ。
これが唯一夏の思い出。

家族旅行も夏祭りも、幼き私の思い出には登場しない。
だからこそ、父となった今、家族の思い出を作ろうとしている。
我が子たちの夏の思い出に、幼き頃の自分を重ねているのかもしれない。

あれ?夏のワクワク感をつぶやくつもりが、センチメンタルなつぶやきになってしまった(^^;)
思い出の少ない夏だったけど、それでも夏が好きになったのは、やはり奄美の自然のおかげでしょうね。
サンサンと降り注ぐ太陽、それに反射して煌めく青い海。
白い砂浜と潮の香り。

海の無い奈良で暮らしていても、夏になれば奄美の自然を思い出します。
家族での思い出は少なくても、奄美の自然そのものが、私の思い出になっているのです。
もうすぐ梅雨も明ける。
今年の夏も、たくさんの思い出を作りたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記

2017年07月11日

腐ったメディア

170711.jpg

昨日の閉会中審議の中継を見て、きっと報道番組では野党が厳しく追及する場面と、それを証明する前川氏、沈痛な表情で答弁する与党議員という構成で流すだろうと思いました。
そして、全く予想通りの報道内容でした。

与党議員の質問は一切流さず、全く触れず、与党側の参考人の加戸前愛媛県知事をちょっとだけ出しただけ。
これでは与党議員の質問は、全く無かったのと同じ扱いです。
さらに言えば、野党でも維新の会からも質問がありましたが、全く報じられず。
政権を追及する側だけの報道です。

報道ステーションは、絶対に偏向報道するのを分かっているので、見る気にもなれず。
ニュースZEROはどうか?と見てみたが、まぁ〜酷いですね。
民進党の議員が声を荒立てて質問する場面。
答えるのは前川氏ばかり。

なんで与党議員の質問は出さないの?
加戸前愛媛県知事の答弁が、今回の件を全て物語っています。
これを全く伝えない報道。
あまりにもフェアじゃない。

ニュースZEROでは、悪質な印象操作をやっていた。
前川氏の「加計ありきで話が進んでいた」との答弁などを流し、最後に加戸前愛媛県知事の言葉を持ってきた。
加戸氏は10年以上前から、ずっと獣医学部の誘致を進めていた。
しかしどこの大学も話を聞いてくれない。

ようやく誘いに乗ってくれたのが、加計学園。
加計学園が来てくれることで、ようやく話が進み始めた。
しかし岩盤規制があって、なかなか進められない。
ようやく特区で希望が見えたところに、京都も名乗りを上げた。

ずっと加計学園がやる気を見せていたから、加戸氏も話を進めることができた。
だから加計ありきの話なのです。
その言葉だけを、編集して最後に持ってきた報道。
あまりにもやり方が汚い。
そして最後には、大学を作るにもお金がかかる。
私たちの税金が使われる。などと言っていました。
国会で無駄な時間を使っている方が、よほど税金の無駄です。
論点のすり替えは本当に汚い。

これを見た人は。
野党の質疑:「総理のご意向で加計学園に決まったのでは?」

前川氏の答弁:「加計学園ありきで話が進んでいた」

加戸氏の発言:「加計学園ありきだったのです」

司会者:「ますます疑念が深まりました」

視聴者:「やっぱり安部総理のえこひいきや」
となる。

しかし実際の流れは。
今治市:「四国では獣医師が足りないから獣医学部の学校が欲しい」

文科省:「獣医学部の新設は認められない」

門前払が何年も続く。自民党時代には獣医師会から、自民党の議員が献金を受けて、文科省に獣医学部を作らせないように働きかけていた。

民主党に政権交替

自民党にできないことをという思いから、民主党鳩山政権で、少し動き出す。
すると今度は民主党議員に獣医師会から献金が来る。
現在の民進党で献金を受けた議員が複数名いる。

再び自民党政権になるが、なかなか話は進まない。
文科省の岩盤規制が厚い。

特区制度でなんとか話が進む。

文科省は反対したいが、反対するだけのデータが示せない。

文科省としても、新設を認めざる得ない状態になり、1校だけという条件で話が進む。

全てが決まった後で、「総理のご意向」というメモが作られている。

加戸氏からすれば、何度も何度も門前払されて、ようやく実った話。
それを、前川氏が自分が天下りの責任を取って、辞めさせられた復習にしか見えない。
「行政が歪められた」と前川氏は言っているが、その後に加戸氏は「むしろ歪められていた行政が正された」と言っている。
どっちが正しい?当事者としての加戸氏の発言は真実であり、言葉が重い。

一方の前川氏の発言は「〜と思う」とか「〜と感じた」とか、抽象的な言葉ばかり。
しかし、野党やメディアは、前川氏の発言が全て正しいことを前提にしている。
天下り問題で責任を取らされた人間の言葉が全て正しい?
出会い系バーに入り浸って、それを指摘されると「女性の貧困問題の調査」という人の言葉が信じられる?

昨日の答弁では、維新の会の丸山議員に、これを指摘されて「女性の貧困問題の調査は適切では無かった」と話している。
つまりは嘘をついていたことを認めた。
では、何をしに出会い系バーに通っていた?

森友の籠池氏も前川氏も、なぜか野党とメディアが持ち上げる。
この人たちの言っていることを信用できますか?
普通に考えたら、誰だって信用しないと思います。

しかし、野党とメディアは、本当か嘘かなんてどうでも良いのですよね。
早い話が、安部政権に打撃を与えて、支持率を減らし、願わくば倒閣させたいのです。
なぜか?安部総理が本気で憲法改正を訴えてきたからです。

何のための国会議員でしょうか?
何のためのメディアでしょうか?
憲法改正を考えることすらダメなんですか?

いつも言論の自由とか、平等とか、声高らかに言っているけど。
憲法を改正するという議論すらさせようとしない。
自分たちの思想に反する者は、どんな手を使ってでも貶める。
まるで中国共産党や北朝鮮みたいです。

今年に入ってから続いている野党とメディアの連携した動き。
森友問題から加計学園。
議論すべきことは、山のようにあるのに、そこから目を背けさせるように問題化へと導く。

本当にいい加減にしろ!!
この腐った野党とメディアをなんとかしないといけません。
既得権益を守ろうとしているのは、野党やメディアの方ですからね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:39 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月10日

加計学園問題の本質

170710.jpg

いわゆる加計学園問題で、本日閉会中審査が国会にて行われました。
野党が以前から求めていた、前川前事務次官の参考人招致が行われました。
きっと野党は、自分たちの都合の良いように解釈して、その証人として前川氏に答弁を求めるのだろうと思っていました。
蓋を開けてみると、予想していた以上に、前川氏を擁護しまくっていて、もう呆れるのを通り越して笑えてしまった。

しかも加計学園で開いた閉会中審査なのに、半分くらいは加計学園と関係の無い質疑。
結局野党は、自分たちのパフォーマンスをメディアに取り上げてもらいたかっただけのようです。
最初から問題解決なんて望んでいない。

あくまでも憶測や想像で話を膨らませ、その証人として前川氏に話を振る。
そして前川氏は、まるで自分が正しいことを証言して見せているような振る舞い。
きっとメディアはこの部分だけを垂れ流し「安部総理の説明責任が求められる」と言うのでしょう。
もう野党とメディアと前川氏の、このタッグを組んだ流れ。
茶番劇が想像できてうんざりです。

野党の質問には流暢に答える前川氏ですが、自民党の質問には言葉を詰まらせ、焦るような場面もありました。
午前中の衆議院での自民党質問。
平井議員にするどい質問をされて、答弁を拒否した場面がありました。
その質問が「朝日新聞が出してきた文書。出処は前川さん自身では無いですよね?」でした。

普通なら「そんなことはありません」と答えれば済む話。
ところが「質問にお答えするべきではないと判断します」というような趣旨の答えだった。
え?否定しないの?何か都合が悪いことあるの?
これってまるで「自分で流したけど、それは言えません」と言っているように聞こえます。

ここ、大問題なんですが、メディアでは絶対に取り上げないでしょうね。
そしてもっとメディアが取り上げないであろうと確信するのが、午後の参議院の質疑です。
こちらも自民党の青山繁晴議員が、本当に素晴らしい質問をされました。
これは是非、YouTubeでご覧になっていただきたい。

加計学園問題とはなんなのか?この質問を聞けば、すべてがスッキリわかります。
この時の前川氏の焦った答弁、それに対比して、落ち着いて真実を語っていると思われる、加戸前愛媛知事。
獣医学部を誘致しようと努力してきた、加戸氏の発言には重みがあり、筋が通っています。
一方の前川氏は、話をすり替えはぐらかし、本当に見ていてみっともない。

しかし、絶対にこれはメディアは流さないと思います。
なぜなら、メディアは「安部総理のご意向で、加計学園が優先された」という方向で報道したいからです。
誘致をしていた本人が、何度も何度もお願いしたが、文科省に門前払いされたと証言しています。
そしてようやく民主党政権時代に、動き出し、それでもなかなか進まない中で、特区制度で岩盤規制に穴を開けることができたと話している。

今回の騒動で、加戸氏のところにたくさんの取材があったそうです。
しかし、自分の言いたいことは、ほとんどメディアは取り上げなかったと発言している。
だから、この閉会中審議も、前川氏だけを取り上げることでしょう。

今回の加計学園騒動。
ことの始まりは、今治市が獣医師不足から、獣医学部を誘致したいところから始まっています。
しかし、文科省は門前払いで、全く受け付けない。
獣医師会も獣医を増やしたくないから、文科省に要請をし、文科省もその見返りとして天下りをする。
そんな天下りが組織的に行われていたから、責任を取って辞めさせられたのが前川氏です。

特区制度で風穴を開け、獣医学部を新設する方向に話が進む。
それを認められないのなら、その理由を文科省は示す必要があった。
だが、それを示すことができずに、結果的に新設を認める形になった。
そこへ獣医師会から要請が入る。「せめて1校に絞ってくれ」と。
だから加計学園だけになった。

「総理のご意向」の文書が作成されたのは、獣医学科新設が決定した後。
つまりは、文科省が政治主導に押され、これまでずっと拒んできた獣医学部新設を認めざるを得ない結果となる。
しかし、敗北を認めたくない。だからこそ「総理のご意向」という言い訳の文書が生まれた。
「総理のご意向なんだから仕方ないでしょう」という、内部に向けての文書であった可能性が高い。

本当にこんなつまらないことに、ものすごい時間を割き、私たちの大切な税金を使い、国益を大きく損ねている。
いい加減にせぇ!!と本気で怒鳴りたい。
想像と疑惑だけで、質問をする野党。それを煽るマスコミ。
それに乗っかって善人を装う前川氏。

どれだけ日本を貶めたら気がすむのだ。
きっとメディアは、この青山氏の質問は流さない。無視しまくると思う。
だからこそネットで広めるしかない。
加計学園問題とは何か?
皆さんも是非ご覧ください。



https://www.youtube.com/watch?v=xAIG0jn2-Ns
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:27 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月09日

久々に奄美とiPad通話

170709.jpg

昨日、剣道の親睦会中に、大阪の姉からメールが来た。
しかし、そこには奄美の母の写真が。

実は今、大阪の姉が奄美に帰省している。
なぜかと言うと、母が手術を受けるため。
手術と言っても、そんなたいそうなものではない。

歳とともにまぶたの皮膚が垂れ下がって、視界が悪くなって来たので、垂れ下がった皮膚を取る手術です。
入院もなく、日帰りで部分麻酔での手術。
簡単な手術ですが、誰か母につかなくてはいけないので、姉が大阪から帰省してくれました。

昨日は疲れ切って、早々と寝たようで、私たちも親睦会で遅くなり、連絡は取りませんでした。
今夜、20時半頃に電話したが、出なかったので、姉の携帯を鳴らした。
どうやら母と姉、そして島にいる姉とその娘家族で、食事に出かけていたらしい。

帰ったらiPadでFaceTimeかけるように伝えた。
すると10分後にFaceTimeがなりました。
昨日見た写真では、まぶたのところに大きなガーゼが貼られていました。
しかし、今日はもうガーゼも無い。

手術をしたところが、青紫になっているのを見て、娘たちが「おばあちゃんどうしたの?」と聞きました。
説明を受けて納得した娘たち。
そして、次女が一言。
「おばあちゃんパンダみたいでかわいいよ」
これには、おばあちゃんも、一緒にいた大阪の姉も大笑い。

これまでは、電話でしか通じなかったのが、こうやって顔を見て話せるので、便利ですね。
次女も顔が見れなければ、こんな言葉も発せません。
母がiPadを使えるか、多少の心配はありましたが、iPadを送って良かったです。

大阪の姉が帰省してくれたことで、母の手術も無事終わりました。
来月にはお盆休みに、弟が帰省する予定です。
お盆でのお墓参りなど、いろいろ手助けしてくれることでしょう。

我が家も9月には、家族で帰省する予定でいます。
高齢になった母。
なるべく、兄弟で帰省して、様子を見ていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:25 | Comment(0) | 日記

2017年07月08日

暑くて楽しい親睦会

170708.jpg

今日は暑かった〜(><;)

そんな暑い日に、夕方からバーベキューをやりました。
剣道の親睦会があり、大勢集まって、肉を焼いて食べました。

毎年親睦会をしているのですが、その年によって、内容が変わります。
昨年は流しそうめんをやりました。
流しそうめんも楽しかったけど、今日のバーベキューも盛り上がりました。

大人も子供も、肉食べて、その後ゲーム大会。
「叩いて被ってじゃんけんぽん」
そう、あのピコピコハンマーで頭を叩くゲームです。

最初に席の番号をくじで引いているので、その番号で対戦。
だから組み合わせはバラバラです。
大人と子供が対戦したり、先生と子供が対戦したり。

全員参加なので、私も参加しました。
私の初戦はなんと長女。
親子対決となりました。

結果は私が勝ちました(^^;)
娘に負けるわけにはいきません(笑)

次女はなんと1回戦で先生と対戦。
そしてなんと勝ってしましました(笑)
続く2回戦も先生と(^^;)
これまた勝ちましたが、3回戦で保護者のお母さんに負けてしましました。

私も2回戦、3回戦と勝ちましたが、4回戦で次女が負けたお母さんに負けてしまいました。
敵討ちとはなりませんでした(笑)

大いに盛り上がったゲームの後は、スイカ割りが待っていました。
子供達は周りからの「右・左」の声に誘導され、思いっきり棒を振ります。
スイカに当たる子もいれば、外れて思いっきり地面を叩く子。
こちらも盛り上がって、最後は割れたスイカをほおばりました。

私も今年初めてのスイカをいただきました。
また、かき氷も準備されていて、子供達は自分でかき氷を回して、好きなだけシロップかけて食べていました。
暑い1日でしたが、それを吹き飛ばすだけの、楽しい親睦会となりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 日記

2017年07月07日

昼の話と夜の話

170707.jpg
【初めてのあべのハルカス 24Fでこの高さ、展望台まで登ったらどれだけ高いのかな。】

笹の葉〜さ〜らさら〜♫

今日は七夕でした。
残念ながら天の川は見れませんでした。
梅雨明けしていたら、少しは見れたかも知れませんが。

今日は1日動き回っていた日でした。
お昼に打ち合わせのために、大阪まで出かけました。
以前からやっているエアフローティングメディアの打ち合わせ。

その打ち合わせ場所が「あべのハルカス」でした。
実はエアフローティングメディアの活動をしている方が、大阪芸術大学の客員教授をやっているのです。
そしてあべのハルカス24Fで、大阪芸術大学の学生さんの作品展があったので、拝見がてら打ち合わせを行いました。

エアフローティングメディアだけでなく、プロジェクションマッピングやインタラクティブアートもあり、とても刺激的な作品展でした。
こんな授業をやりながら、作品を作れる学生さんたちが羨ましいですね。
日曜日までやっていますので、興味のある方は、あべのハルカス24FへGO!
詳細はこちらから
http://floating-media.jp/event/2901/

打ち合わせの方も、少し具体的な話ができ、少しずつ前に進んでいる感じです。
ご無沙汰しているエアフローティングメディア展も、また夏に開催する予定らしく、その際は私も作品出したいと思います。

お昼は大阪。
そして夜はPTAの話し合いがありました。
市のPTAの話し合いなので、ほとんど知らない方ばかり。
本来は第1回目の話し合いで、顔合わせでしたが、前回が息子の学校の懇談会と重なったため、私は欠席しておりました。

話し合いと行っても、8月に行く見学会の内容。
30分ほどで話し合いも終わり、そのまま飲み会へ。
実のところ、この飲み会がメイン(笑)

まぁ、知らない者同士でも、酒を飲み交わして話すと、一気に仲良くなれます。
いろんな話で盛り上がりました。
なかなか飲む機会がないので、こんな形での飲み会も楽しいものですね。

昼も夜も楽しく内容のある話ができました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 日記

2017年07月06日

1日も早い復旧を

170706.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

九州北部で甚大な被害が出ています。
映像を見ると、予想をはるかに超える被害でした。
特別警報が出ていたようですが、時間帯が夜だったこともあり、避難できなかった人も多いようです。
孤立している集落や、まだ連絡が取れない人もいるようですので、早く救助されることを祈っています。

今回の豪雨。
最初は島根県に特別警報が出て、テレビなどでも島根に注目していた。
ところが梅雨前線が南に下りて、一気に九州北部で大雨になりました。

このところ、毎年どこかで大きな水害が起きています。
昨年は確か北海道でしたね。
大雨というレベルを超えています。

ひと昔前までは「異常気象」という言葉を耳にしましたが、最近はこれが通常になっています。
極端な天気、これが普通になってしまいました。
特別警報なんてのも、最近できたものです。

今回の大雨。
これまでの警報だけの状態なら、もっと多くの犠牲者を出していたと思います。
特別警報として、「命の危険」を訴えていたから、少ない犠牲で済んだのでしょう。
まだ行方不明者の数が結構いるので、今後さらに犠牲者の数が増えてしまう可能性はありますけど。

被災地には自衛隊が入って救助活動を続けています。
災害が起きるたびに、自衛隊の活動に勇気付けられます。
まだ雨は続きそうです。
二次災害に注意して、活動を続けてほしいと思います。

大きな災害が起きるたびに思うこと。
我々人間の小ささ。
いつもは恵の自然が、突然刃を向いて襲いかかって来た時。
我々人間は何もできない。
自分の身を守れるか否か。
それだけだ。

何事もない日常が、どれだけありがたいことか。
災害が起きるたびに考えさせられる。
平穏無事、なんとありがたいことか。
しかし、それが続くと、当たり前に感じてしまう。

何事もない日常に感謝しましょう。
そして、被災地の1日も早い復旧を願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2017年07月05日

自分だけの時間

170705.jpg

なんかやりたいことができていないなぁ〜。

今、仕事は比較的落ち着いている。
とは言っても、仕事が無いわけでは無い。
年末年始から、年度末にかけての異常な状態ではないというだけ。
つまり正常運転の状態。

こんな時期にこそ、創作に没頭したり、自分のサイトのリニューアルなどやりたい。
しかし、今年はやはり仕事以外のことが忙しい。
なかなか自分の時間が取れない状態です。

時々、過去のつぶやきを読み返すことがあるのだが、やはり今とは時間の使い方が違う。
まだ息子がひとりっ子だった頃は、本当に時間があった。
自分の時間もあったし、家族でのんびりとする時間がありました。

今は、何かと予定が入りまくって、自分の時間はおろか、家族との時間もなかなか取れない。
やはり自治会と学童、そしてPTAまで役を持つのは、かなり厳しい状態です。
来年はPTA会長だし、剣道も父母会の会長をしなくてはならない。

もう完全にキャパオーバーですね。
やはり少しずつ役を終えていかないといけません。
なんでもかんでも引き受けて、自分自身が回らなくなったら、意味がない。

PTAは来年会長をすれば終わり。
と思ったら、小学校のPTA会長をすると、自動的に中学校のPTA会長が付いてくるらしい。
誰だそんなシステム作ったんは(^^;)

私がPTA会長をする時に、長女が小学校を卒業する。
そして中学校に入ったら、そこでもPTA会長が待っているということです。
だぁ〜しばらくは抜けれないってことかい。

自治会も、もう6年間関わっています。
もうそろそろ良いのではないかと思っています。
次の方に譲って、私はバックアップする側に移りたいです。

仕事以外のことで、頭を使うのって、やっぱり疲れます。
仕事でもそんなに頭使ってないのに(笑)

いろいろと経験することは大事だし、その経験を通じて、いろんな人と顔見知りになる。
それはとても良いことだと思います。
ただ、ずっとやり続けるのは、やはり違うと思う。
ある程度やったら、次の人にバトンタッチして、フォローする方に回りたい。

最終的には全ての役を終えて、自分の自由な時間が欲しいですね。
そして子供達も手を離れたら、本当の意味で、自由になる。
それまでは、まだまだ年数ありますが(^^;)

まぁ、今は任された役を、精一杯頑張るしかありません。
ここ数年は、いろんな役をこなしながら、自分の時間を作りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:41 | Comment(0) | 日記

2017年07月04日

どうやって日本を守るのか?

170704.jpg

台風が来ています。
でも、静かです。
もう今の時間は通り過ぎたかな。

そんなに強い勢力じゃなかったのと、和歌山の方を通って行ったので、こちらは雨風そんなに強くなかったです。
でも、雨はちょっと降ったので、恵の雨になったのではないでしょうか。

日本列島が台風に構えていたところに、またもや北朝鮮がミサイルを撃ち込んで来ました。
日本の排他的水域に着水したようです。
そして、わざわざ発表しましたね。
「ICBMの実験に成功した」と。
つまり大陸間弾道ミサイルの実験に成功したと言うことです。

これは、明らかにアメリカまで届くミサイルだと言っている。
完全にアメリカに喧嘩を売った形です。
ついにレッドラインを超えたと言っても良いでしょう。

日本の国会が「森友だ〜」「加計だ〜」って、やっている間に、北朝鮮は着々とミサイルの準備をしていました。
ここまで来たら、核実験までやってしまうのではないでしょうか。
大陸間弾道ミサイルの先っぽに、小型化した核爆弾を乗せて、アメリカまで飛ばす技術を持つ可能性があります。
恐れていたことが、ほぼ現実になりつつある。

これでまた、北朝鮮とアメリカの武力衝突の危機が高まりました。
これだけの危機があると言うのに、一体国会は何をして来たのでしょうか?
「疑惑が〜」と叫び続けて、本当にどうでも良い森友問題と加計騒動に明け暮れました。
一体どれだけ無駄な時間をかけ、どれだけ無駄な税金を使ったでしょうか?

目の前にある危機から目をそらし、あったかどうかもわからないことを「疑惑」として騒ぎ立て、マスコミがさらにそれを煽る。
総理が少し荒い口調になれば、今度はそれを批判材料として叩く。
野党とマスコミがやっていることは、単なる安部政権批判キャンペーンです。
そりゃ〜総理だって「印象操作」って言いたくなりますよ。

でもきっと、この北朝鮮問題さえも、安部政権の失態として攻めるのでしょうね。
もし仮に、ミサイルが日本近海まで飛んできて、なんらかの被害が出たら、こぞって政権批判をするのでしょう。
本当に今の野党とマスコミって、単なる批判だけ。
見ていてうんざりしてきます。

もっともっと問題として注目しなくてはならないことはたくさんある。
安部政権の政策の中でも、問題とするところはあるはずです。
でも、野党は対案が出せないから、政策の議論をしない。
結局、安部政権のスキャンダル的なところばかりを探す。
そして、マスコミもスキャンダルネタを探る。
本当にいい加減にして欲しいです。

そして安保法案やテロ等準備罪の可決の時に、「平和を守れ」と叫んでいた皆さん。
今こそ北朝鮮に向かって叫んでみてはどうですか?
我が国は、明らかに戦争を仕掛けられている。
こちらから何もしていないのに。

なぜ、ミサイルを撃ち込んでくる北朝鮮に対しては、何も言わないで、自国の政権にばかり叫ぶのですか?
今こそ憲法9条の素晴らしさを、北朝鮮に向けて語りかけてはどうでしょうか。
北朝鮮まで行かなくても、朝鮮総連がありますので、そこで話し合ってはいかがですか。

安部政権に対しては、些細なことでも批判して、野党に対しては何も言わないマスコミ。
北朝鮮に対しては、何をされても批判せず、問題から目をそらす野党。
あなた方はいったいどこの国の国益を考えているのでしょうか?

ますます緊張が高まる朝鮮半島。
私たち日本国民も、事実から目をそらさずに、これからの日本を考えましょう。
北朝鮮にミサイルを撃ち込まれても、何もできない日本で良いのでしょうか?
国防・自衛隊・憲法。本気で考える時期に来ています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:45 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年07月03日

暑さと子供達

170703.jpg
【昨年の海水浴/今年も夏の想い出作りたいですね〜】

ついにポチッと押してしまった。
もう後戻りはできません(笑)

この暑さではさすがにクーラー無しでは仕事になりません。
今日は迷わずクーラーのスイッチを入れました。
毎年、6月後半から7月頭で入れるので、平年並みですね(笑)

暑いと思ってたら、いつの間にか台風来ていたんですね。
日曜日に台風になって、一気に北上して、日本列島を横断して行きそうです。
勢力はそんなに強くないようですが、コンパクトでスピードが速いので、近づくと急激に風雨が強まるらしい。
梅雨前線を刺激して、雨台風になる見込みのようで。
空梅雨なので、恵の雨となるかな。

今日は娘二人がお昼過ぎに帰ってきた。
私が遅めのお昼ご飯食べていたら、二人揃って帰って来るなり「ただいま〜暑い〜」とうなだれていました(^^;)
なんでこんなに帰りが早いのか?と思ったら、個人懇談会が始まっている時期でした。
なので、明日も明後日も、お昼過ぎに帰って来る。

お昼ご飯を食べ終えて、涼しい仕事部屋で仕事をしていると、宿題を終えた次女が入って来た。
開口一番「あぁ〜〜〜〜〜涼しい〜〜〜〜いいな〜お父さんの部屋」。
続けて長女も入って来て「あぁ〜〜〜〜涼しい〜〜〜」。
二人して宿題を見てもらう口実で、私の部屋で涼んでおりました(笑)

それでも子供って元気なもので、暑い中でも遊びに出て行きました。
大人なら暑くてぐったりしてしまう時でも、子供って元気ですよね。
汗びっしょりになりながら、楽しく遊び回ります。
その代わり、体力が切れたら、電池が切れたおもちゃのように、動かなくなる(笑)

騒ぐだけ騒いで、疲れたらすぐに寝る。
そして体力回復したら、また騒ぐ。
いつも車の後部座席で、気持ちよさそうに眠る子供たちを見ると、羨ましいなぁ〜と思うものです(笑)
しかし、そんな子供たちの命を預かって運転しているので、気持ちを引き締めて運転しています。

7月に入り、あと2週間ちょっとすれば、もう夏休みです。
次女は初めての夏休みに、今からルンルンしています。
私は、子供たちがずっと家にいる夏休みが来ると思うと、ちょっとゾッとします(^^;)
まぁ〜でも、その分、楽しみも多いのが夏休み。

今年の夏も、色々と家族の想い出作りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2017年07月02日

負けの日

170702.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

負けましたね。
まずは将棋の藤井聡太四段の連勝記録が、29でストップしました。
いずれは連勝がストップすることはわかっていたのですが、やはり残念です。

しかし、本人はこれで肩の荷が下りたのではないでしょうか。
ずっと注目され続けて、勝ち続けて勝つのが当然のような雰囲気になっていました。
連勝記録がストップしたことで、これからはよりリラックスして、将棋に打ち込めると思います。

そして負けましたね。自民党。
都民ファーストの会に、大きく負けて議席を57から23に減らしました。
しかし負けるべくして負けたという印象が強いです。

そもそも、自民党都議会は、以前から評判が良くなかった。
都議会のドンと呼ばれた内田氏が、都議会を牛耳っていて、危機感がなかったのも事実。
その土台があった上で、小池知事が誕生し、一気に都民ファーストの会に票が流れた。

さらに、国政も影響したと言えるでしょう。
これだけ森友だ〜加計だ〜って、連日騒がれて、何が問題なのかも良く分からないまま、疑惑だけが取りざたされて。
自民党のネガティブキャンペーンを散々やられては、都民の票は風が吹いた方に流れます。

でも、本当はそんな逆風があっても、それでも勝ち残るのが本当の議員だと思う。
都民から信頼されていれば、そんな一時期の風に流されるわけはない。
つまりは日頃から、都民とのパイプができていない証拠だと言えます。

勝利した都民ファーストの会は、これから厳しい目が向けられます。
なんせ大半が政治経験のない人ばかり。
どれだけの志で政治家になったのか?
その覚悟が問われます。

負けた自民党は、一から出直しですね。
これまでの都議会を反省し、生まれ変わった自民党都議会にならなくてはいけません。
今回、自民党は都民ファーストの会に負けたのでないと思う。
マスコミに負けたと言っても過言ではない。

今回の都議選を見ていて感じるのは、あの民主党の政権交代選挙に似ていたこと。
徹底的にマスコミが自民党を叩き、民主党を持ち上げたことで、民主党政権が誕生しました。
今回も徹底的に自民党を叩いた結果、都民ファーストの会が躍進しました。
自民党はマスコミに敗れたのです。

そのマスコミは、さらに自民党叩きを始めるでしょうね。
本気で安部政権を倒そうと考えているのかもしれません。
あの手この手を使って、印象操作を続けるでしょう。

私たち有権者は、テレビや新聞だけの情報を鵜呑みにしてはいけません。
メディアが発する情報は、片方から見た情報であったり、「こう思わせたい」と色付けされた情報が多い。
双方から見て、自分の頭で考えて判断することが大事です。
今回の都議選を見ていて、それをさらに実感しました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 日記

2017年07月01日

託児所の夏祭りへ

170701.jpg

7月になりました。
そして一気に暑くなりました(@@;)
日中はクーラーのスイッチを入れるか否か、悩みながら過ごしました。
さすがにこの暑さで仕事をするのは厳しいです。
きっと月曜日からは、迷わずクーラーONですね(^^;)

長女も剣道の稽古で汗びっしょりになっていました。
道着が汗で重くなるほどでした。
次女は今日は剣道をお休みしました。

卒園した託児所から、夏祭りのお誘いが来ていたので、長女を剣道に送り、一旦家に戻って嫁さんの帰りを待つ。
嫁さんが帰って来たら、二人を託児所の夏祭り会場まで送りました。
今日の日を、次女は首を長〜〜〜〜〜くして待っていました。

二人を送って行った後に、再び剣道へ。
稽古を終えた長女を連れて、家に戻ると、嫁さんからメッセージ。
「お姉ちゃんも連れて来て」とのことだったので、夏祭り会場へ。

夏祭りはもう最後の「アンパンマン音頭」を踊るところでした。
次女は・・・・と見回すと、託児所時代の女の子三人組で遊んでいます。
よほど嬉しいのでしょうね。笑顔で走り回っていました。

アンパンマン音頭が始まり、次女達も「小学生組」として輪の中に入りましたが、恥ずかしいのかみんなまともに踊れません。
すると見かねたのか、担任だった先生が輪の中に入って、一緒に踊りだしました。
次女達が卒園と同時に、退職した先生ですが、夏祭りに駆けつけてくれたようです。

それでも恥ずかしがって、なかなか踊らない次女達。
「小学生」という気持ちと「懐かしい」という気持ちと、交錯しているのでしょうね。
踊りたいけど恥ずかしいのでしょう。

久しぶりに託児所時代のお友達と遊んだ次女。
よほど楽しかったのでしょうね。
帰り道にポツリとつぶやきました。

「あぁ〜あ、夏祭り終わっちゃった」

楽しい時間は一瞬で過ぎ去るもの。
それを待っている時間は、長いけどそれもまた楽しいもの。
でも、夏は楽しみがいっぱいあります。
また、次の楽しみを目標に、頑張ってもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記