2017年06月20日

ようやく原因判明

170620.jpg

今、仕事で使っているのは、MacProです。
それまではiMacで仕事をしていました。
しかし、そのiMacも2010年に購入したもの。

さすがに古めのiMacで仕事をするのは辛くて、2年前についにMacProを購入しました。
一括では買えないので2年ローンで(^^;)
ようやくローンが終わりました(^o^)
やっぱりモノを買うのは、一括ニコニコ現金払いが理想ですね。

さて、MacProを買ってから、ずっとある症状に悩まされてきました。
それは、突然モニタが消えること。
消えるって言っても、ほんの一瞬。

瞬きするように、ほんの一瞬だけモニタが消えるのです。
これは購入して、1〜2ヶ月くらいから始まった。
最初は特に気にしていなかったのだが、起きる時は頻繁に起きる。

集中して仕事をしている時に、これが起きるとドキッとしてしまうんですよね。
ただ、頻繁にと言っても波がある。
起きない時は起きない。
そして忘れた頃にやってくる。

困ったことに、時々起きるのが、スリープ解除の時に、モニタが点かないこと。
これも毎回ではなく、起きる時には頻繁に起きる。
しかし、何事もない時には何も起きない。

仕事に支障をきたしているわけでもないので、気になりながらも使い続けてきた。
ネットで同じ症状がないか、知らべていたが、あまり情報はない。
MacBookProで似た症状の情報はあるが、MacProはあまりない。

そんな時、たまたま同じ症状の情報を見つけた。
そのサイトには、GPUが原因で画面が表示されなかったり、Macがフリーズする不具合がある。と書かれていて、Mac Pro(Late 2013)が対象機種と書いてある。
私のMacは・・・と、調べてみると、ドンピシャLate 2013だった。

これは問い合わせてみる必要があると思い、Appleに電話で問い合わせた。
ダメで元々、何か対策があればラッキー。とくらいにしか考えていなかった。
保証期間はとっくに過ぎているし、有料保証にも入っていない。
修理が必要な場合は、修理代を出す覚悟でした。

オペレーターに繋がり、症状を伝え、自分が見たサイトの情報を伝える。
最初は初歩的な確認や、考えられる対処法など、モニタ共有で確認する。
しかし、何も問題がないことがわかると、さらに専門のオペレーターに代わることになった。

専門のオペレーターからも、PRAMクリアや電源コードを抜いて入れ直すなど、私がネットで調べて対処した内容を説明される。
全て試した上でダメだったことを伝えると、やはりGPUの不具合の可能性を指摘された。
そして、無償で部品交換をしていただけることになった。

ただ問題が。
修理に出すとなると、こちらから配送して、Appleで修理して送り返すのに、1週間はみておかなくてはならない。
毎日仕事でフルに使っているので、とても1週間は無理。

そこで、私が夏季休暇を取るタイミングで修理依頼をすることにした。
まだ2ヶ月先の話だが、それでも対応できることのこと。
私が「2ヶ月先でも大丈夫ですか?」と尋ねると、「それまでの期間、この状態で申し訳ありません」と、丁寧に陳謝されました。

最初のオペレーターも、その後の専門の方も、とても丁寧で親切に対応していただきました。
有償での修理を考えていただけに、とても嬉しい誤算でした。
修理期間まで、まだまだ先なので、時々モニタが消える症状に、ドキッとしながら仕事を続けなくてはなりません。
しかし、2年間それで使って来ましたからね(^^;)
スリープ状態からモニタが復帰せずに、ヒヤヒヤしながら対処したことも何度もありました。

ローンも終わったので、ようやく「私のMac」という意識です。
修理出すまで、もうちょっと頑張って欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | Macintosh