2017年05月24日

グラフィックデザイナーがいなくなる!?

170524.jpg
【写真はINTERNET Watchサイトから】http://internet.watch.impress.co.jp/img/iw/docs/1061/249/html/a2.jpg.html
【CNET Japanの記事はこちら】
https://japan.cnet.com/article/35101693/

ちょっとショックな記事でした。

IT関連の記事を配信しているCNET Japanで気になる記事を発見。
「「日本のデザインを変えたい」--簡単・無料でプロ品質のデザインが作れる「Canva」」
こんなタイトルに、思わず目を奪われた。

「なに?無料でプロ品質!?」
「デザイナーの仕事をなめとんのか!!」と思ったが、記事を読むとちょっとショックだった。

クラウドのサービスで、名刺からポスターまで、様々なテンプレートがあり、誰でも簡単に印刷物が作れる。
そして、印刷会社で簡単に印刷もできる。
もうそんな時代なんですね。
我々グラフィックデザイナーの仕事は、ますます減っていくのでしょう。

そりゃ〜全て無くなるわけはないと思う。
でも、簡単に見た目綺麗なものが、無料で作れたら、それを使う人は増えるでしょう。
よほど、こだわりがあったり、企画段階から考える仕事なら別。
お店のオープンチラシや、名刺やDMなんかだと、入れる内容も決まっているし、テンプレートが用意されていたら、それで作ってしまうのが、ほとんどだと思う。

こりゃ〜ますます小規模事業や、中小企業の仕事は無くなりますね。
そうなると、グラフィックデザイナーの仕事も無くなる。
必然的にグラフィックデザイナーの数も減ってくるでしょう。
これからは、グラフィックデザインだけでは、飯は食っていけないってことですね。

私はよく、グラフィックデザイナーの仕事は、料理人と似ていると考えていました。
クライアントが望む味(デザイン)を、様々な材料(写真やイラスト)を使って、料理(表現)する。
料理には長年のコツがあり、それは培ってきたノウハウです。

しかし、このサービスは、もはや料理を作るのではなくて、最初から料理ができている。
ユーザーはその料理をどう盛り付けるか?で作業をする。
そりゃ〜料理人(グラフィックデザイナー)は必要ありませんね。

そんでもって、世の中似たようなもので溢れかえるのでしょうね。
でも、それがクライアントが望むものなら、そうなるでしょう。

テンプレートからものを作ると、そこにはオリジナリティは無い。
当たり前のことである。
しかし、見た目綺麗にできるので、それで満足できるのだと思う。

ところが、自分の頭の中に、もやもやとしたイメージがある場合。
同じようなテンプレートを探すのは至難の技だと思う。
似ているけど、ちょっと違う何かが違う。
そんなことが起きる可能性はあると思う。

私たちグラフィックデザイナーの仕事は、頭の中で真っ白な状態から、キャンバスに絵を描くようにデザインをイメージする。
だからテンプレートではなく、自分のイメージを形にしていく。
それが付加価値であり、仕事である。

テンプレートの場合は、あらかじめ決められたものを組み合わせるしかない。
それで満足できれば良い。しかし中途半端にイメージがあると、このテンプレートを組み合わせる作業は、むしろ酷な作業になる。
100%満足はできない可能性が高いと思う。
だからこそ、グラフィックデザイナーの仕事が、完全になくなることはない。
でも、確実に減るだろう。

ただでさえAIの進歩で、多くの仕事がAIに奪われる近未来。
私たち人間のやる仕事って、何が残るのでしょう?
そしてグラフィックデザイナーやイラストレーターの仕事って、どう変わっていくのでしょう?
私も何年、この仕事続けられるかなぁ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 仕事