2017年05月16日

世界中でサイバー攻撃

170516.jpg
【こんな画面見たくもない】

世界中でサイバー攻撃が起きています。
日本でも被害が出ているようですね。

サイバー攻撃の標的は、WindowsのXPやVista、そして7や8でも感染が起きているようです。
つまりは最新の10以外は標的になっているということですね。
私はMacなので、対岸の火事のように見ていますが、Macもウイルスが無いわけではないので、注意をしたいところです。

私のメール(メルマガ用や仕事以外のアドレス)にも、毎日変なメールが届きます。
全て無視して削除していますが、どこからアドレス漏れるのか?いつも不思議です。

ウイルスに感染すると、PCを使えなくするWannaCryというアプリの画面になり、なんの操作もできなくなる。
そして「ロックを解除して欲しければ、Bitcoinで支払え」と脅迫してくる。
身代金ウイルス(ランサムウエア)とよばれているらしいです。

こんなのに引っかかったらたまったもんじゃないですね。
仮にBitcoinで支払ったとしても、本当にロック解除される保証はありません。
もうこうなったら、初期化してバックアップから再構築するしかないようです。
やはりバックアップは大事ですね。

サイバー攻撃が世界的規模で起きていることから、「北朝鮮の仕業では?」と勘ぐっている人も多いようです。
以前サイバー攻撃があった時に、北朝鮮が関与している可能性があったようで、可能性は無いとは言い切れませんよね。
新たな外貨獲得の手段としてやっている可能性もゼロではありません。

またネット上では、Windows10だけ被害が無いことから、Microsoftが新しいOSを使わせるための、自作自演ではないか?などと皮肉った見方をしている人もいます。
幾ら何でもそんなことはしないと思いますが、Microsoftにしてみれば、新しいOSに移行してもらうチャンスではありますよね。

今回に限らず、ネットを使った犯罪は多数起きています。
何よりも、怪しいメールの添付ファイルは開かない。
そしてうかつにURLをクリックして、サイトにアクセスしないことですね。

Macは比較的、ウイルスは少ないけど、ぞれでもゼロではない。
Windowsユーザーは、ウイルスには敏感ですが、Macユーザーって無防備が多いと思う。
私も一応フリーのウイルス感知ソフトを入れていますが、ウイルスに関しては警戒心が薄い。

ウイルスが少ないことで、平和ボケしちゃっているんですよね(笑)
Macユーザーも対岸の火事ではなく、気をつけないといけないということですね。
この犯人、捕まえることはできないのだろうか?
サイバー犯罪に国境はないので、取り締まる方も、国境を越えたグローバルサイバーポリスが必要です。
なかなか難しいかなぁ〜。

みなさんくれぐれも注意しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:11 | Comment(0) | ウイルス・迷惑メール