2017年05月31日

ひと月終わるのが早いです

170531.jpg

5月が終わっちまった(-_-;)
相変わらず早かったなぁ〜。
きっと6月もあっという間。
そして気がつきゃ〜1年が終わる(笑)

1週間って瞬きしている内に終わっている感があります。
「えっ!あれからもう1週間過ぎたの!?」ってことしょっちゅう。
それが4回ほど繰り返したら、あっという間に1ヶ月が終わる。

そのあっという間を12回繰り返したら、1年が終わってしまうのです。
そりゃ〜1年が過ぎるのも早いはずだ。
しかし、その1年の中には、いろんな出来事があります。
今年もあとひと月で半年経つのですが、その間にいろんな出来事がありました。

振り返ってみて、一番大きな出来事は、やはり次女の卒園&入学ですね。
慣れ親しんだ託児所を離れ、お姉ちゃんと一緒に小学校へ。
ちゃんと学校生活送れるのか心配でしたが、子供の適応力というのは凄いですね。

ゴールデンウィークは、毎年恒例のアドベンチャーワールドへ。
毎年行っていても「また行きたい!!」という娘たち。
いったいいつまで家族で行けるか。
10年後には「毎年行ってたなぁ〜」と懐かしく振り返ることでしょう。
もしかして10年後も毎年行ってたりして(^^;)

4月には長女の誕生日、今月中旬には次女の誕生日と、それぞれ成長しました。
それぞれ11歳と7歳になり、長女はお母さんに背が近づいています。
知らぬ間に成長していたんですね。

3月には息子が1ヶ月間の海洋実習に出ていました。
無事に進級して3年生となり、今年から専門コースへと進みます。
船長を目指す航海コースと、機関士コースに分かれます。
息子は入学した当時から、航海コースを希望しており、無事に航海コースへと進みました。
まだ卒業まで2年半、しっかり勉強してほしいと思います。

私の仕事も、4月まではかなり詰まっていました。
5月に入って、だいぶと余裕ができました。
あまりに忙しかった前半、ピタッと仕事が止まると、一気に気が緩みます(^^;)
それと5月病が重なったのか、ゴールデンウィーク明けは、本当に腑抜け状態になっていました(笑)

仕事が落ち着いている内は、作品作りなどやりたいことを、集中してやれるようにしたいですね。
夜まで仕事をしなくてはならない状態ではないので、最近は夜の時間に創作活動もできています。
今年は作品も増やしたいと思っています。

きっと6月もあっという間に終わるのでしょうが、充実したひと月で終えたいです。
6月には私もまたひとつ歳を重ねます。
歳は重ねても、いつまでも気持ちだけは若々しくありたいものですね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2017年05月30日

暑すぎる〜

170530.jpg

なんだこの暑さは(@o@;)

まだ5月だし、梅雨もまだだし、それなのにこの暑さ。
一気に夏が来た感じです。
さすがに今日は窓開けても、心地よい風が入ってこないので、ついにサーキュレーター出して回しました。
それでも暑いぞ(><;)

いくらなんでもクーラーは早すぎ。
でも入れたいくらい暑い。
5月末でこの暑さだと、真夏は一体どうなるのだ。
長期天気予報では、8月は猛暑らしい。

盆地の暑さは身体に堪えるんだよなぁ〜。
クーラー点けないわけにもいかないので、クーラーの効いた部屋で、毎日仕事をすることになる。
ただでさえMacが熱もって部屋暑くなるのに、クーラー無しでは死んでしまいます。
私もMacも。

例年なら梅雨の時期は、窓開けていれば、心地よい風が入ってくる。
今年の梅雨はどうなんだろう?
どうも局地的に強く雨が降る梅雨っぽい。
いわゆる「男梅雨」のようだ。

そうなると、窓もあまり開けられない。
さすがに窓を開けずに、蒸し暑い部屋では仕事できないなぁ〜。
今年はクーラーの始動、早いかも知れない。

毎年6月末から7月頭。
そろそろ梅雨明けかなぁ〜って頃に、クーラーを入れる。
今年はどうだろう?
我慢できるかな(^^;)
今から不安です。

毎日暑いので、ガンガンお茶飲んで仕事しています。
水分補給しないといけませんからね。
おかげでお茶の消費がハンパない。
毎日娘たちも学校に水筒持って行くし、私もガンガン飲むし。
きっと真夏になったら、さらに消費が増える。

水出しの麦茶ですが、あっという間に無くなります。
麦茶大量買いしておこうか(笑)

急激な暑さで、身体がまいってしまいそうです。
しっかり水分補給して、しっかり食べて、しっかり寝て。
明日からも仕事ガンバロウ(^_^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:21 | Comment(0) | 日記

2017年05月29日

もういい加減にしろ!!

170529.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/affairs/news/170528/afr1705280001-n1.html

森友の次は加計学園ですか。

もう本当にいい加減にしてほしいものです。
一体何が問題なのですか?
「総理のご意向」という文書がそんなに問題?
仮にその文書が本物だったとしても、どこが問題?

これで安部総理が加計学園から、賄賂を受け取っていたり、何か便宜を図ってもらったのなら問題です。
しかし、そんな事実は一つもない。
何も問題がないから、無理やり問題を作ろうとしているとしか思えません。

そこに出てきた怪しい人物、前川喜平前文科事務次官。
「私が文書はあると言っているのだから本物だ」ち言っている。
しかし、そこには公文書に必要な要素はない。
つまりは、前川喜平前文科事務次官が勝手に作ったと思われても仕方のない書面。

それを野党は証拠として、安部政権に「重大問題だ」と、またまた国会での貴重な時間を使っている。
もう本当にええ加減にせぇよ(怒)
テロ等準備罪も無駄な時間を使って、審議を妨げたりして、反対ばかりしてきた。
森友問題で散々無駄な時間を使い、こんどは加計学園で無駄な時間を使うつもりか。
一体国会でどれだけの税金が使われていると思っているんだ。

一番の税金の無駄遣いは、こんなアホどもの国会議員だ。
ホントいい加減にしろ!!

世界でテロが起き、日本もオリンピックに向けて、テロに備える必要もある。
さらにお隣の北朝鮮が、バンバンミサイル発射して、どんどん米朝衝突の可能性が高まっている。
そんな時に、政権の足を引っ張りたいがために、何も無いところに無理やり問題を作ろうと企むな。
全く日本のためにならない、そんな国会なら開くな!!
税金の無駄だ。

野党はこの加計学園で、政権批判をして、国民が納得すると思っているのでしょうか?
マスコミも、さも問題があるような報道をしていますが、責任取れるのでしょうか?
莫大な税金を無駄金にしているのですよ。
森友の8億円ディスカウントなんて額じゃ無いですよ。
下手すりゃ何百億円ってお金を無駄に浪費している。

報道番組に出てくるコメンテーターなんかも、必死に前川喜平前文科事務次官をフォローして、安部政権の批判をしています。
見ていてあまりにも露骨で、まるで中国共産党の報道を見ているようです。
もしかして中国共産党からお金もらっていますか?
本当にそう思ってしまうくらい、あまりにも偏向しています。

前川喜平前文科事務次官が、出会い系バーに出入りしていて、そこで女性をお金で買っていたとされていることについても、「なんでこのタイミングでそんな報道が出てくるのか?」と、まるで安部政権が手を回したような言い方をする。
そもそも、出会い系バーに出入りしていたことを、インタビューで質問されて「貧困女性の調査のため」と言う人間を信用できますか?
あまりにも見苦しい言い訳ですよ。

素直に認めるのならまだしも、「調査」などという嘘を平気で言う人間。
そんな人間が「文書は存在する」って言ったって、誰が信用するんですか?
そもそも公文書じゃなければ、文書とは言えない。
自分で作って「ほらこれが文書です」なんてのは、パソコン使えば誰でもできます。

もう本当に呆れ返ってしまいます。
バカバカしいことに時間を費やすな!!
国民の税金を無駄にするな!!
そしてマスコミも、くだらないことばかり報道すな!!

あ〜腹が立つψ(`∇´)ψ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月28日

自転車練習の日々

170528.jpg

今日はお天気も良く、気持ちの良い日曜日でした。

しかし、我が家はいつもと変わらず、午前中は剣道の稽古。
午後からは、長女が剣道のお友達の家に遊びに行き、一緒に行けなかった次女は大泣き。
仕方ないので、次女の自転車練習に付き添いました(^^;)

まだ漕ぎ出す段階で戸惑っていて、なかなか一歩が踏み出せない感じです。
自転車も少し大きいので、慣れるまでもう暫くかかるでしょう。
まぁ焦らずゆっくりと乗れるようになってくれたらと思います。

しかし、次女が自転車乗れるようになったらなったで、ちょっと不安があります。
長女と違って、ハチャメチャな行動をとることが多い次女。
行動範囲が広がったら、何をしでかすかわからない不安もある。

先日も、託児所の時のお友達と遊んでいたらしく、遠くの公園まで遊びに行ったようです。
その公園に行くには、いつもは車で行く距離。
その距離を次女は走って行ったらしい。

託児所時代のお友達は、別の学校に通っています。
私学校なので、校区というものがありません。
それこそ市外からでも生徒が来る。
だから遠くの公園にも行ったのでしょう。

しかし、次女には校区がある。
完全に校区外に遊びに行っていた次女。
そのことを、次女の口から聞いて、初めてしったのです。

校区外には遊びに行ってはダメということを伝えても、どこまで理解しているのか?
なんせ行動が読めないのが次女なのです(^^;)

そんな次女が自転車乗れるようになったら・・・。
まさに水を得た魚、どこに行くか想像もつきません。
しかし、いつまでも乗れない状態でも困るし(^^;)

自転車乗れるようになったら、サイクリングを兼ねて、校区の範囲を教えた方が良いでしょうね。
我が家は校区の中でも、一番北側になる。
ちょっと北に行けば校区外。
ちょうど国道が走っているので、そこを超えてはダメと教えた方が早い。

問題は東西と南の方ですね。
サイクリングしながら、おおよその範囲を教えましょうか。
乗れるようになったからの話ですが。
それまで、次女の自転車練習、毎週のように付き合わないといけないのかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:52 | Comment(0) | 日記

学童総会の日

170527.jpg

本日は朝からスーツを着て出かけました。
最近スーツ着ることが増えています。
着なれないのでどうもしっくり来ないです(^^;)

なぜスーツなのか?
それは学童保育連絡協議会の総会だったから。

私は市の学童保育連絡協議会の理事を務めさせていただいています。
理事と言っても特別なことはしていませんが、代表理事や事務局と協力して、運営の一端を担っています。
今日は保護者や指導員を交えての総会。
私は司会進行の役を賜り、着なれないスーツで壇上に立ちました(^^;)

自治会の総会でも司会進行していましが、やはり雰囲気が違いますね。
やや緊張してしまいました。

ちゃんとシナリオがありますので、それに沿って進めるだけ。
ただ、イレギュラーなことが少しあり、対応に戸惑ってしまうことも(^^;)
なかなか不慣れなことだけに、お恥ずかしい限りでした。

総会の前半は表彰式や挨拶、そしてお招きした講師の講演がありました。
「気になる子どもへの理解と接し方」と題した講演会。
講師の先生は養護学校の教頭先生です。

しかし、講演の内容は障害児だけでなく、親子や大人同士でも当てはまる内容の講演でした。
自分のことに当てはめて振り返ってみると、「出来ていないなぁ〜」と反省することばかりでした。
日々の子育ての中で、ついつい大人目線で対応している。
もっと子供目線になって、子供と向き合わないとダメだなぁ〜と感じました。

講演終了後、総会の審議に入り、粛々と進められ、総会も成功裏に終わりました。
私も理事の一人なので、審議中は代表理事が進行を務め、私は理事として審議の内容を発表。
しかしここでミス。

本来出席の予定だった、もう一人の理事が、急遽仕事でお休みになりました。
その理事の分も私が発表したのですが、それが会計の内容。
金額を読みあげる時に、あまりの多額の単位に、途中で額がわからなくなってしまった(^^;)
隣から助け船を出されて、なんとか読み上げましたが、大変お見苦しい状態となってしまいましたm(__)m
事前に確認していたつもりが、抜けてしまっていました。

そんなこともありましたが、なんとか無事に総会も終わりました。
来年は今年の反省も踏まえ、もっとスムーズな総会にしたいと思います。

そして講演会での話を、これからの運営に生かしていきたいと思います。
相手の立場に立って考えること。
私は理事という立場ですが、元々は学童に子供を預ける親の立場でした。
ですから、保護者の立場にも立てると思います。
そして、学童立ち上げ時、その後の運営時には、指導員の先生方と協力して運営しました。
だから、指導員の立場にも寄り添うことは可能だと思う。

仕事をしながらの理事ですので、できる範囲は限られます。
ただ、常に相手の立場に立って、運営の一端を担わせていただこうと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 08:32 | Comment(0) | 日記

2017年05月26日

夜風が心地よい

170526.jpg
【風鈴復活しました】

昨日は雨で少し気温が下がったが、今日はまた天気が回復してきて、暑い1日でした。
子供達はもうすっかり夏服で登校しています。
そして私もすっかり半袖で生活しております。

先日つぶやいた「鳴らない風鈴」は、修理をして復活しました。
心地よい夜風に吹かれて、涼しげな音色を奏でております。
やっぱり南部鉄の音色は良いですね。

気がつけばもう5月も終わりが近づいて来ました。
早いな〜早すぎるな〜あとひと月で半年終わるじゃないですか(><)
いかんなぁ〜またこのままズルズルと、一年が終わりそうな気配が。

毎年、この時期は比較的仕事は落ち着く時期です。
印刷会社も夏場は暇になることが多く、私の仕事も夏場は比較的落ち着いていることが多い。
だから、仕事以外でやりたいことや、やらなくてはいけないことは、この時期に手がける方が良い。

しかし、昨年はなぜか忙しかった記憶がある。
それは、初めての校区の夏祭りがあったから。
加えてホームページの仕事も重なって、とにかく忙しかった。

今年も夏祭りがあり、先日も実行委員会の会議がありました。
しかし、昨年の土台があるので、今年はまだマシです。
昨年よりは落ち着いて夏祭りの準備ができそうです。

代わりと言ってはなんですが、今年はPTAの用事が入ってくる。
いやはや何かと用事がありますね。
来年は会長なので、もっと忙しくなるのでしょうね。

今は比較的、落ち着いて仕事ができています。
その分、夜の時間に創作活動もできている。
これくらいの感じが良いなぁ〜(^^;)

季節的にも、今が一番過ごしやすい時季ですね。
創作活動にも、とても良い時季なんだと思います。
本当は芸術の秋で、秋の方が良いのだろうけど、残念ながら秋は仕事が忙しくなる。
加えて行事も多いので、今の時季が良い。

そんな訳で、昨日新作を発表しましたが、また創作活動を続けたいと思います。
風鈴の音色をBGMに。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:27 | Comment(0) | 日記

2017年05月25日

違った作風の新作

170525.jpg
【まだタイトルも決まっていない新作です】

2月に新作を描いてから、またすっかり新作が遠のいている。
仕事の絵本では、たくさん描いているのですが、自分の作品という意味では、またご無沙汰です。
そろそろ新作を描いていきたいのですが、イメージが湧きません。

最近はアニマルシリーズよりも、違う手法で描くことを試しています。
ペンタブ&Painterで、作品を描くことにチャレンジしています。
ちょっと頭の中に描きたいイメージができて、ここ暫く、使い慣れないPainterで描いていました。

仕事の合間や、家族が寝静まった夜に、少しずつ少しずつ描いて、なんとか形になりました。
なんとか形になったけど、まだまだ思うように描けていない。
Paintarが使いこなせていないのと、やはりペンタブが使いこなせていない。
なんせこれまでほとんど使っていませんでしたからね。

今回、かなり描き直したり、何度も修正したりしているので、ペンタブを使いまくっています。
おかげでタッチペンのペン先がかなりすり減りました(^^;)
今まで、こんなに磨り減ったことはありません。
逆に言えば、これまでそこまで真剣に使っていなかったってことです(笑)

納得できる絵ではないけど、とりあえず完成したということでご紹介。
タイトルはまだ決まっていません。
ゆっくりと考えて、決まったらサイトにもアップしたいと思います。

今回の作品は、故郷の奄美大島のイメージです。
奄美出身の歌手、中孝介さんが歌う「イラヨイ月夜浜」という歌を聴いていた時に、ふと頭に浮かんだイメージを絵にしてみました。

月夜の浜辺、唄者(唄を歌う人)が三線を弾きながら、愛しい人へ想いを込めて歌う。
三線の音色と島唄は、潮騒の音とアンサンブルを奏で、静寂な月夜へと響き渡る。
全体を様々な青で表現したくて、色合いを考えました。

これまでのアニマルシリーズとは、また違う作風です。
アニマルシリーズも続けながら、ペンタブ&Painterで、いろんなタイプの絵を描いてみたいと思います。
Painter以外にも、CLIP STUDIE PAINTもあるし、使い方によってはPhotoshopも使える。
それぞれの特性を生かして、絵を描いていけたらと思います。

そして、やっぱり液晶ペンタブが欲しいぞぉ〜(T_T)
直接画面に描き込みたい。
さぞかし描きやすいだろうなぁ〜。

もっともっと仕事頑張って、いつの日か液晶ペンタブ買いたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2017年05月24日

グラフィックデザイナーがいなくなる!?

170524.jpg
【写真はINTERNET Watchサイトから】http://internet.watch.impress.co.jp/img/iw/docs/1061/249/html/a2.jpg.html
【CNET Japanの記事はこちら】
https://japan.cnet.com/article/35101693/

ちょっとショックな記事でした。

IT関連の記事を配信しているCNET Japanで気になる記事を発見。
「「日本のデザインを変えたい」--簡単・無料でプロ品質のデザインが作れる「Canva」」
こんなタイトルに、思わず目を奪われた。

「なに?無料でプロ品質!?」
「デザイナーの仕事をなめとんのか!!」と思ったが、記事を読むとちょっとショックだった。

クラウドのサービスで、名刺からポスターまで、様々なテンプレートがあり、誰でも簡単に印刷物が作れる。
そして、印刷会社で簡単に印刷もできる。
もうそんな時代なんですね。
我々グラフィックデザイナーの仕事は、ますます減っていくのでしょう。

そりゃ〜全て無くなるわけはないと思う。
でも、簡単に見た目綺麗なものが、無料で作れたら、それを使う人は増えるでしょう。
よほど、こだわりがあったり、企画段階から考える仕事なら別。
お店のオープンチラシや、名刺やDMなんかだと、入れる内容も決まっているし、テンプレートが用意されていたら、それで作ってしまうのが、ほとんどだと思う。

こりゃ〜ますます小規模事業や、中小企業の仕事は無くなりますね。
そうなると、グラフィックデザイナーの仕事も無くなる。
必然的にグラフィックデザイナーの数も減ってくるでしょう。
これからは、グラフィックデザインだけでは、飯は食っていけないってことですね。

私はよく、グラフィックデザイナーの仕事は、料理人と似ていると考えていました。
クライアントが望む味(デザイン)を、様々な材料(写真やイラスト)を使って、料理(表現)する。
料理には長年のコツがあり、それは培ってきたノウハウです。

しかし、このサービスは、もはや料理を作るのではなくて、最初から料理ができている。
ユーザーはその料理をどう盛り付けるか?で作業をする。
そりゃ〜料理人(グラフィックデザイナー)は必要ありませんね。

そんでもって、世の中似たようなもので溢れかえるのでしょうね。
でも、それがクライアントが望むものなら、そうなるでしょう。

テンプレートからものを作ると、そこにはオリジナリティは無い。
当たり前のことである。
しかし、見た目綺麗にできるので、それで満足できるのだと思う。

ところが、自分の頭の中に、もやもやとしたイメージがある場合。
同じようなテンプレートを探すのは至難の技だと思う。
似ているけど、ちょっと違う何かが違う。
そんなことが起きる可能性はあると思う。

私たちグラフィックデザイナーの仕事は、頭の中で真っ白な状態から、キャンバスに絵を描くようにデザインをイメージする。
だからテンプレートではなく、自分のイメージを形にしていく。
それが付加価値であり、仕事である。

テンプレートの場合は、あらかじめ決められたものを組み合わせるしかない。
それで満足できれば良い。しかし中途半端にイメージがあると、このテンプレートを組み合わせる作業は、むしろ酷な作業になる。
100%満足はできない可能性が高いと思う。
だからこそ、グラフィックデザイナーの仕事が、完全になくなることはない。
でも、確実に減るだろう。

ただでさえAIの進歩で、多くの仕事がAIに奪われる近未来。
私たち人間のやる仕事って、何が残るのでしょう?
そしてグラフィックデザイナーやイラストレーターの仕事って、どう変わっていくのでしょう?
私も何年、この仕事続けられるかなぁ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 仕事

2017年05月23日

鳴らない風鈴

170523.jpg
【これと同じ風鈴がぶら下がっているのだが、今は鳴らないのだ(><)】

暑い日が続いています。

さすがにまだクーラーは入れていないけど、日中は暑くて、窓開けて仕事しています。
まだ風は心地よいので、窓を開ければ天然のエアコンが効いてくれます。

それにしても本当に暑いですね(^^;)
もうすっかり半袖で過ごしています。
いつまでこの暑さ続くのかな?
このまま半袖で行けるのだろうか?
それとも一旦涼しくなるのかな?

毎年、この時期は夜風が心地よくて、窓を開けて夜な夜な作業をしたりします。
その時に欠かせないのが、風鈴の音色。
南部鉄の風鈴の涼しげな音が、とても落ち着きます。

しかし、今年は風鈴がなりません。
なぜかと言うと、数ヶ月前に、風鈴の下の紙が取れてしまいました。
まだまだ寒い時期だったので、「その内に・・・」と思っている内に暑くなってしまいました(^^;)

せっかく心地よい夜風が入ってくるのに、肝心の風鈴がならないのは寂しいです。
なるべく早く紙を付ける作業をしなければ。
真夏になれば、逆に風鈴はなりません。
なぜかと言うと、風鈴は窓の内側につけている。

夏場は暑くてクーラーにするので、窓を閉め切ります。
つまり、風が入ってこないので、風鈴はならない。
窓の外につけるにも、付ける場所がない。
それに、雨に当たってしまうので、鉄が錆びてしまう。

だから風鈴を楽しめるのは、クーラーを入れる6月下旬から7月頭ごろまで。
「その内に・・・」と思っていたら、あっという間に真夏になりそうです(^^;)
でも、紙ってなんでも良いわけではない。
普通のコピー用紙だと、重くて微風では風鈴がならない。

やはり軽くて丈夫な和紙が良いのです。
しかし、和紙ってあったかなぁ〜?
ストックしているペーパーの中にあったかもしれないけど。
クローゼットの中、ひっくり返して探さなきゃ(^^;)

風鈴復活に向けてガンバロウ(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記

2017年05月22日

ハイジの実写版映画

170522.jpg
【アニメのハイジと雰囲気似ています http://quiizu.com/archives/58802

最近映画観ていません。
正確に言うと、映画館で映画を観ていません。

昨年の夏に「君の名は?」を息子と観てから、映画館から足が遠ざかっています。
「映画」というだけなら、プライムビデオでちょこちょこ観ている。
でも、やっぱり大きなスクリーンの映画館で、新作の映画を観たいです。

そんな映画の情報で、興味深いものがありました。
「アルプスの少女ハイジ」映画実写化。
ハイジと言えば、日本人はアニメの「アルプスの少女ハイジ」を一番に思い浮かべますよね。
原作はヨハンナ・スピリの名作児童文学とのこと。
もうすっかりアニメが定着しています。

最近はトライのCMでも使われているので、アニメで見たことが無い人も知っているでしょう。
ただ、CMの使われ方が、キャラ変わりしているので、ちょっと困惑するけど(^^;)
特におじいちゃんのおんじがチャラおじいちゃんになっているし(笑)

我が家の子供達も、アニメを観たことが無いので、CMの中のハイジしか知りません(^^;)
一度、プライムビデオで「アルプスの少女ハイジ」があったので、観せました。
初めて見るCM以外でのハイジ。

1話だけ観せましたが、CMとの違いをわかってくれたようでした。
しかし、ここで次女がびっくり発言。
「メガネの人は出てこないの?」
どうやらトライのCMに出てくるメガネの人物も、アニメに出てくると思っていたようです。
いやはや、CMの力って強大ですね(笑)

今回の実写化は、日本のアニメのキャラクター設定にかなり似ていて、アニメを参考にした?との声も聞かれます。
映画は本国スイスで製作されていて、監督もアラン・グスポーナーという方。
日本人ではありませんが、日本のアニメのハイジも観ているようです。

確かにハイジもおんじも、日本のアニメとイメージが似ています。
そしてペーターやクララも雰囲気が似ている。

ストーリーがどうなっているのかわかりませんが、アルプスの美しい風景を観るだけでも価値がありそうです。
日本では8月公開予定のようです。

久々に、映画館で映画観たくなってきました。
家族揃って行くとなると、観る映画が決まってくる。
一人ででも観に行こうかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 音楽/映画

2017年05月21日

平穏な日常と並行する脅威

170521.jpg
【画像は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/world/news/170522/wor1705220017-n1.html

またミサイル発射したようですね。
核実験をすれば、アメリカの逆鱗に触れるので、最小限でのミサイル発射で様子を見ているのでしょう。
対話での解決を望みますが、どう考えても対話にならない。

アメリカは核放棄を前提としていますが、北朝鮮は絶対に核は手放しません。
核放棄を前提とするアメリカと、核保有国を前提とする北朝鮮。
どちらも折れる気配はなく、緊張が高まる一方です。

アメリカは様々なシミュレーションをしていて、最小限の被害で済む方法を探していると言われています。
全面戦争になれば、甚大な被害が出るのは目に見えています。
少なくとも、韓国のソウルは集中砲火を浴びるでしょう。

日本も核ミサイルの脅威にさらされます。
アメリカが仕掛けるとすれば、北朝鮮の反撃ができない状態まで、即座に攻撃が可能と判断した時。
北朝鮮に反撃の余力を残してしまうと、何をやらかすかわからない。

もっとも理想的なのは、金正恩に亡命を促すこと。
命の保証をして、亡命受け入れ国を探し、国を解放させる。
北朝鮮を一時、国連を中心とした複数国の管理下に置く。
その後、韓国との統一に向けて、各国で協議を行う。

血を流さずに解決するには、これしかないと思うが、金正恩が素直に応じるとも思えない。
北朝鮮の幹部には、金正恩の粛清に怯えながら、従っている者がほとんどだと思う。
自分の命に代えてでも、金正恩を守ろうと思う者が、どれだけいるのか?
本気で北朝鮮が素晴らしい国だと思っているのか?

もし、恐怖の支配だけで、従っているとしたら、内部クーデターも起こり得る。
金正恩亡命の条件が突きつけられた時、それを望む幹部も出てくる可能性はある。
決して口にはしないが、心の底ではそれを受け入れるかもしれない。

様々なシミュレーションの中には、そんな作戦も含まれていると思います。
アメリカの空母が、北朝鮮包囲網を敷く中、挑発するようにミサイル発射を繰り返す北朝鮮。
対話の姿勢を見せつつも、お互い一歩も引かぬ状況になりつつあります。

アメリカはトランプ大統領が、国内で火種を抱えていることもあり、国内から目をそらす意味でも、北朝鮮有事は現実味がある。
対話で解決を望むが、それが結果的に北朝鮮に有利になっては意味がない。
北朝鮮は、これまでも何度も何度も、対話で時間稼ぎをして核開発・ミサイル開発を続けてきた。
もう、限界まで来ています。

アメリカがどうでるか?
北朝鮮がどうでるか?
日本のすぐそばで起きている有事寸前。
我が国にも攻撃の刃は向いている。

最悪の場合に備える必要があるのでしょう。
最善の策を求めますが、最悪の事態も想定しておかなくはなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月20日

次女の誕生パーティー

170520.jpg

今日はとっても良いお天気でした。
気温も上がり、夏日となった1日。

土曜日で嫁さんも休みだったので、午前中に買い物に行くことにしました。
一昨年の次女のお誕生日パーティーをするために、材料を買うため。
そして、プレゼントである自転車を買うためです。

実は先週も、自転車を買おうと来たのですが、次女が決めきれず、その時は買いませんでした。
今回は買う前に、「決めた」と言っていたのですが、やはりいざ目の前にいろんな自転車があると悩む次女。
いつもは「これ!」と簡単に決めてしまうのですが、やはり大きな買い物だと幼心でもわかっているのでしょうか(笑)
結局最初に決めていた自転車に決まり、自転車の整備が終わるまで、買い物をして待ちました。

今日は天気が良いので、コフフン(駅前広場にオープンした遊び場)に行くことにしました。
4月1日にオープンしているのですが、「その内行こう」と言いながら、今まで行けていませんでした。
娘たちも側を通るたびに「行きた〜い」と言っていました。

おにぎりを買って、次女の自転車を長女が乗って帰り、家でお茶など準備したらコフフンに出発。
「きっと混んでいるだろうな」と思っていましたが、やはり混んでいました(^^;)
まず駐車場に車が入れられない。
私の前に3台ほど、駐車場待ちの車が。

しかし、ここの駐車場は90分無料なので、大体の人が90分以内に駐車場を出ます。
待っている間にも、ちょこちょこと車が出て行き、5分も待たずに駐車することができました。
初めてのコフフンに待ちきれない娘たち。
車が止まる方が早いか、ドアが開く方が早いか、すかさず飛び出して行きました。

遊びたい気持ちを抑えて、まずは腹ごしらえ。
日陰を探して、おにぎりを食べました。
ちょうど隣でジャズ演奏が始まり、音楽を聴きながらの昼食となりました。

娘たちが遊びたがっていた、ふわふわドームやブランコなど、たっぷり遊んで、最後にパン屋さんに寄って、パンを買って帰りました。
駐車場の無料時間が90分という時間で、たっぷり遊べて、満足できました。
90分という無料時間が、親としてはちょうど帰る口実にもできますしね(笑)

コフフンから帰って来たら、次女は早速自転車の練習をしたいと言い始めました。
そこで、近くの道路(あまり車が通らない通り)で、練習をすることに。
息子も長女も、この道路で練習をしました。

初めての自転車。
長く乗れるようにと、ちょっと大きめの自転車にしています。
一番下までサドルを下げて、ようやく足がギリギリつく状態。

なんどもなんども漕ぎ出そうと頑張りますが、やはり最初からできるはずはありません。
それでも、あきらめずに頑張って乗ろうとする次女。
コフフンでたっぷり遊んだ後です、疲れも出てきました。
小一時間練習して、今日はこれで終わることにしました。

家に帰ると、もう16時です。
すぐに剣道着に着替えて、稽古へと向かいました。
剣道の稽古も、いつも通り頑張った次女。

そして稽古帰りにケーキ屋さんに寄ってケーキを受け取りました。
家に帰ると、パーティーの準備ができていて、お風呂を済ませたら、待ちに待った誕生パーティーです。
手作りピザを食べ、大満足の次女。

しかし、やはり疲れが溜まっていたのでしょうね。
すぐに眠くなってきたようで、食事もそこそこにケーキを食べることにしました。
それでも眠い次女。結局ピザもケーキもちょっと食べただけで寝てしまいました。
また明日の朝、食べさせましょう。

楽しくて充実した1日だったと思います。
明日からまた、自転車の練習に付き添わなくてはならないので、私も体力勝負です(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 日記

2017年05月19日

こんな国会なら必要ない

170519.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/politics/news/170519/plt1705190037-n1.html

見ていてイライラします。

テロ等準備罪、いわゆる共謀罪が衆院法務委員会が可決されました。
政府与党は23日以降に衆院を通過させて、今国会での採決を目指しています。

しかし、野党は猛反発している。
その理由が「一般人も捜査の対象になりかねない」ということ。
そして「審議が不十分だ」と言っています。

まず、テロを計画するのが一般人でしょうか?
例え一般人がテロを計画したとしても、それを準備段階で取り締まりできるようにするのが、なぜいけないのでしょうか?
そもそも、私たち一般人は、犯罪を犯そうとは考えていません。
ごく僅かな一部の異常者を除いては。
こんなにも野党が反対をしているのを見ると、「我々は犯罪者の味方だ」と言っているように見えます。

そして「審議が不十分だ」と言うのも「いい加減にしろ」と言いたいです。
時間を無駄に使ったのは、あなた方野党ではないのですか?
森友問題で本当に長時間国会を空転させておいて、十分審議できていないって、よくそんなこと言えますね。
さらに森友問題で、安倍総理の責任を追及できなかったからと、今度は加計学園を引っ張り出してきました。

政策に対して批判をし、対案を示して議論して、そこで怒号が飛び交うのなら理解できます。
散々関係のないことに時間を使い、自分たちの妄想で物事を進め、時間が無くなったら与党のせいにする。
そして「強行採決だ」と喚き散らす。
多数決で決定することが、なぜ強行採決なのですか?
同じ野党の維新は賛成していますけど?

マスコミもいい加減な報道はやめていただきたいものです。
本当に日本の国益を無駄にしています。
森友問題で、1日3億円とも言われる国会を、散々空転させてきました。
どれだけ、税金をドブに捨てれば気がすむのですか?
そして次は加計学園で同じことをするつもりですか?

野党もマスコミも、日本を良い方向に導きたいのではなくて、単に安倍内閣の足を引っ張って、政権打倒を目指しているだけです。
きちんと国会で政策論争をして、おかしなことを正しているのなら、野党にも支持が集まります。
こんなことばかりやっているから、国民から見放され、政治が信用されなくなるのです。

こんな国会議員必要ありません。
マジで本当に、一度全員首にして、本当に志のある人だけ国会議員にしたらどうですか?
お金も地位も名誉も要らぬ。という人に議員になっていただきたいものです。

お隣ではいつ暴発するかわからない北朝鮮。
アメリカも本気で仕掛ける可能性は、日々高まっています。
有事が起きる可能性は、高まってきている。
それなのに、何をやっているの。

野党の仕事って、なんでもかんでも反対して、総理の粗探しすることですか?
もう、本当にいい加減にしろ!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月18日

次女のお誕生日

170518.jpg
【生まれた頃の次女】

本日は次女の誕生日でした。
しかし平日ど真ん中。
しかも私は夜はPTAの会議のため、お祝いは週末にすることにしました。

土曜日にケーキを予約しているので、お祝いは土曜日にお預け。
そしてプレゼントも土曜日に用意する予定です。

本日で7歳になった次女。
早いですね〜もうそんなになるんですね。
なんせ小学生になったんですから。

いつまでも小さな赤ちゃんのようなイメージでしたが、どんどん大きくなっていきます。
末っ子なので、何しろマイペースでわがままです。
私たち親も、ついつい末っ子には甘くなってしまう。

最近はあまりにも言うことを聞かないので、私たちからこっ酷く叱られることもしばしば。
叱られて涙を流し、落ち込みますが、しばらくすればケロっと立ち直っています。
本当にマイペースです。

3歳ごろまでは、本当に内気で、人見知りな次女でした。
今の次女からは想像もできません。
知らない人はもちろんの事、知っている人でも恥ずかしがって話できませんでした。

いつも剣道の稽古に連れて行っていたのですが、剣道のお母さん方にも恥ずかしがって、ずっと私の膝の上から離れませんでした。
それが、4歳の頃から、突然豹変したように、誰にでも話しかけるようになりました。
今では本当に誰でも構わず話しかけます。

宅急便が来れば、宅急便のおっちゃんに「バイバイ」と手を振る。
先日はPTAの青パトの件で、近くの交番からお巡りさんが来ました。
玄関先で話を聞いて、お巡りさんが帰る時に、お巡りさんにも「バイバ〜イ」と手を振っていました。
お巡りさんもバイバイを返してくれました(笑)

本当にお調子者の次女。
いったいどんな子になるのか?と多少の不安はあるものの、元気に育ってくれているので、まぁ良いです(^^;)
今日は平日で、私も嫁さんも時間が取れないため、次女のお祝いは何もでできませんでした。
その分、土曜日にたっぷりお祝いしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:17 | Comment(0) | 日記

2017年05月17日

おめでたいニュースと考えるべきこと

170517.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

昨夜飛び込んできたびっくりニュース。
秋篠宮ご夫妻の長女、眞子様が婚約されるとのニュースが日本中を駆け巡りました。
お相手は大学の時の同級生。
5年の交際月日を経て、婚約の運びとなったようです。

ただ、宮内庁からはまだ正式な発表がなく、スクープ的な報道となりました。
秋篠宮ご夫婦も交際を見守っていたようで、天皇陛下もご存知のようです。
正式な発表はまだですが、婚約ということでとてもおめでたいです。

秋篠宮家と言えば、妹の佳子様や弟の悠仁様が注目を集め、お姉さんである眞子様は、やや控えめな印象がある。
でも、とっても行動力のあるお方だと思います。
東日本大震災後、まだ大学生の時に、名前を伏せてボランティアに参加されたと聞きます。
皇族の身でありながら、実際に現地で体験してみないとわからないからと、ボランティアをされたとか。

とってもおめでたいニュースで嬉しい反面、ご結婚されると、皇族の身分ではなくなるので、ご公務ができなくなります。
これまでも様々なご公務をお務めいただいていただけに、残念な気持ちもあります。
しかし、ご本人が決めた道だと思いますので、一国民としては盛大にお祝いしたいですね。

このご公務の問題に関しては、以前から懸念されていて、次の世代を担う男性皇族が、もはや悠仁様以外おられません。
そのため、「女性宮家の検討を」との声もあります。
しかし、私は女性宮家は慎重に議論する必要があると思います。

女性宮家として、皇室から一般に嫁いだ人だけ、特別待遇をするのなら、まだわかる。
宮家と謳う以上は、結婚した相手も、そしてその子供も宮家になるということになる。
そうなると、何のつながりもない一般人が、皇族ということにならないか?

懸念されるのは、これまでずっと男系で維持してきた、天皇の血筋が、全く違う血筋になる可能性があるということ。
これまで、ず〜っと男系で続いていた天皇を、女系でも可能にしてしまうことになる。
そうなれば、もはやこれは別王朝となる。
つまりは、永い永い日本国の歴史は、ここでストップしてしまう。

なぜかテレビや新聞などのメディアでは、女性宮家ばかりを取り上げて、旧宮家の復活は全く取り上げない。
皇族減少対策として、旧宮家復活という道筋もあるのだが、全く話題にもならない。
戦後、GHQによって、宮家から排除された旧宮家。
その旧宮家を復活させれば、天皇の血筋は太くなり、皇族の減少も防げる。

女性宮家創設よりも、断然現実的だと思う。
しかし、女性宮家ばかりが取り上げられるのは、その先に女系天皇を企んでいるとしか思えない。
女性天皇(天皇の血を引く女性の天皇)は問題ないが、女系天皇(天皇の血を引く女性と一般の男性との子)は認められない。
早い話が、愛子様が天皇になるのは問題ないが、その子供が天皇になることはできない。

せっかくのおめでたいニュースなのに、シビアな話になってしまいました。
眞子様には、ご結婚までは、精一杯ご公務をお務めいただいて、幸せな結婚、そしてご家庭を築いてほしいです。
そして婚約の正式な発表があるまでは、そっとしておいてほしいですね。
すでにマスコミが相手の方にまとわりついていますから。

天皇陛下の御譲位。そして眞子様のご婚約。
何かと皇室に動きがある年です。
天皇の歴史は、そのまま日本の歴史です。
この素晴らしい日本を守る意味でも、皇室を守ることが大事です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月16日

世界中でサイバー攻撃

170516.jpg
【こんな画面見たくもない】

世界中でサイバー攻撃が起きています。
日本でも被害が出ているようですね。

サイバー攻撃の標的は、WindowsのXPやVista、そして7や8でも感染が起きているようです。
つまりは最新の10以外は標的になっているということですね。
私はMacなので、対岸の火事のように見ていますが、Macもウイルスが無いわけではないので、注意をしたいところです。

私のメール(メルマガ用や仕事以外のアドレス)にも、毎日変なメールが届きます。
全て無視して削除していますが、どこからアドレス漏れるのか?いつも不思議です。

ウイルスに感染すると、PCを使えなくするWannaCryというアプリの画面になり、なんの操作もできなくなる。
そして「ロックを解除して欲しければ、Bitcoinで支払え」と脅迫してくる。
身代金ウイルス(ランサムウエア)とよばれているらしいです。

こんなのに引っかかったらたまったもんじゃないですね。
仮にBitcoinで支払ったとしても、本当にロック解除される保証はありません。
もうこうなったら、初期化してバックアップから再構築するしかないようです。
やはりバックアップは大事ですね。

サイバー攻撃が世界的規模で起きていることから、「北朝鮮の仕業では?」と勘ぐっている人も多いようです。
以前サイバー攻撃があった時に、北朝鮮が関与している可能性があったようで、可能性は無いとは言い切れませんよね。
新たな外貨獲得の手段としてやっている可能性もゼロではありません。

またネット上では、Windows10だけ被害が無いことから、Microsoftが新しいOSを使わせるための、自作自演ではないか?などと皮肉った見方をしている人もいます。
幾ら何でもそんなことはしないと思いますが、Microsoftにしてみれば、新しいOSに移行してもらうチャンスではありますよね。

今回に限らず、ネットを使った犯罪は多数起きています。
何よりも、怪しいメールの添付ファイルは開かない。
そしてうかつにURLをクリックして、サイトにアクセスしないことですね。

Macは比較的、ウイルスは少ないけど、ぞれでもゼロではない。
Windowsユーザーは、ウイルスには敏感ですが、Macユーザーって無防備が多いと思う。
私も一応フリーのウイルス感知ソフトを入れていますが、ウイルスに関しては警戒心が薄い。

ウイルスが少ないことで、平和ボケしちゃっているんですよね(笑)
Macユーザーも対岸の火事ではなく、気をつけないといけないということですね。
この犯人、捕まえることはできないのだろうか?
サイバー犯罪に国境はないので、取り締まる方も、国境を越えたグローバルサイバーポリスが必要です。
なかなか難しいかなぁ〜。

みなさんくれぐれも注意しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:11 | Comment(0) | ウイルス・迷惑メール

2017年05月15日

次女の英語教室

170515.jpg

次女が小学校入学と同時に始めた英語教室。
お姉ちゃんが通っていることもあり、以前から興味は示していた。
しかし、やはり学校にも慣れ、英語教室にも慣れと言うのは、6歳の子供にとってはどうなのだろう?と思うこともあった。

毎回お迎えに行くと、次女の顔が曇り気味の気がしていた。
でも、「楽しかった?」と聞くと「楽しかった!!」と答える。
そして翌週も元気に英語教室へと入っていく。

今日は初めての授業参観でした。
次女がどんな風に英語教室で過ごしているのか?を見ることができました。

今日は外国人教師の授業で、最初から最後まで全て英語。
子供達は何を言っているか、ジェスチャーや簡単な単語で理解する。
次女は果たしてできるのか?

私も不安だが、次女も不安があるのだろうか、チラチラと私の方を見る。
始まった授業は、まず自己紹介から。
My name is ○○○○○○○と自己紹介、その後次の人にWhat is your name?と聞いていく。

最初は自信が無くて小声で答えていた次女。
しかし、その後、身体を動かしながら、ゲームのような感覚で受け答えが始まると、子供達の声はだんだん大きくなりました。
そして、次女もつられて声が大きくなり、笑顔が増えていきました。

次女の性格は、自分ができないと思うと、積極的になれないタイプ。
ところが何かのきっかけで、ちょっとできると、突然自信を持ってやる気が出ます。
まさしくお調子者なのです。

お姉ちゃんと同じ英語教室ですが、クラスが違うので、当然一緒ではありません。
ただ、お姉ちゃんの授業参観に、何度も一緒についてきているので、英語教室の雰囲気には慣れています。
それでも、全く知らない子供たちと、一緒に始めるのには不安はあると思います。
その不安が、きっとお迎えの時の表情だったのでしょう。

今は慣れるだけで精一杯だと思います。
学校の勉強にも慣れるだけで精一杯の時期。
まずは楽しく過ごせることが一番だと思います。

明日は長女の英語の授業参観です。
長女はもう、楽しむというレベルではありません。
中学生に向けて、少しでも英語のレベルを上げる段階です。

こんな時思う。
親が英語できないのって辛い(^^;)
中学校の時に、いきなり英語始まって、一気に英語嫌いになってしまったからな。
子供達にはそうならないように、少しでも英語に親しんでほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | 日記

2017年05月14日

忙しかった日曜日

170514.jpg
【素晴らしい演奏とパフォーマンスを見せてくれたバイオレットインパルス】

朝からドタバタでした。

今日は先週行われた、市民体育大会の開会式。
本来は開会式をしてから、各種目の競技が始まりますが、剣道は日程の都合上、先に競技を済ませています。
毎年のことですが、競技が終わってから、全体の開会式に参加します。

今年も例年のように、開会式に参加。
ところが、今年はいつもと流れが違う。
なぜか全員2階の観覧席に案内された。

不思議に思っていたら、今年は50周年ということで、バイオレットインパルス(天理教校学園高等学校マーチングバンド)が演奏を行ってくれました。
演奏は毎年、こどもおぢばがえりのパレードで聴きますが、パフォーマンスを見るのは初めてです。
とっても素晴らしい演奏&パフォーマンスに、魅了されました。

その後、いつも通りの開会式が行われ、終わったら急いでいつもの稽古場へ。
その前に一旦家に立ち寄って、嫁さんを乗せて走ります。
稽古場で娘たちと嫁さんを降ろし、再び家に戻った。
すぐさまスーツに着替えて、今度は学童保育所へ。

今日は山の辺学童保育所の10周年&新設開所式。
私は学童の理事を務めていることもあり、招待されていましたが、それ以前に、記念誌の依頼も受けていました。
昨年末から、記念誌の制作、そして案内状や当日の式次第や横断幕など、一式承っていたのです。

真新しい施設で、子供達の弾ける笑顔で開所式が行われました。
とても素晴らしい開所式となり、お天気も良くて、最後の記念撮影も外で行うことができました。
記念誌など一式手がけましたが、とても喜んでいただけて良かったです。

お昼前に開所式が終わったので、急いで稽古場に向かう。
今日は日曜日なので、稽古は1時間、その後一般の稽古があるので、それに参加して終わるのが12時。
稽古場に着くと、一般稽古に参加している長女と、稽古が終わってお友達と遊んでいる次女がいました。

稽古が終わると、車の鍵を嫁さんに渡し、娘たちと先に帰ってもらいました。
私は稽古の後に行われる、剣道連盟の総会に参加。
総会には父母会から役員が参加することになっています。
私は役員ではありませんが、ずっと総会に参加しています。

今年は会計監査の役も受けていますので、父母会としても、委員的な役割としても参加しました。
ここで会員募集のチラシを提案して、了承してもらえたので、また印刷して各学校に配布したいと思います。
総会も例年通り無事に終わりました。

行事続きで、ドタバタと午前中が終わり、着慣れないスーツを脱ぎ、遅めのお昼ご飯を食べて、ちょっとリラックス。
しかし、夕方からは自治会の定例会で出かけなくてはいけません。
疲れた体を引きずるように、仮集会所へと向かいます。

定刻の19時からスタートして、今回は45分で終えることができました。
長い時は2時間ほどかかることもあるので、早めに終えることができて良かったです。
家に帰ってお風呂入って、晩御飯食べたら、もう何もする気力が湧かない(笑)

本当に過密スケジュールの1日でした。
でも、充実した1日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2017年05月13日

ネットの中の自分の存在

170513.jpg

毎日つぶやいている、このブログ。
そして、このブログを起点として、Facebook、Twitter、mixiと繋がっている。
しかし、現実として動いているのはFacebookだけ。

時々思うことがある。
「もし今自分が急死したらこのブログやSNSはどうすれば良いのか?」
時々そのような記事を見かけることがある。
Facebookには、もし自分が急死した場合に、誰かにそのアカウントを管理してもらえる機能があるように、書いてあった気もする。

おおよそSNSなどのアカウントって、自分以外は知らないのが普通です。
なりすましや、乗っ取りなどの被害もあるので、基本自分のアカウントは自分だけ。
ところがそうなると、そのアカウントの持ち主が、仮に他界したとしても、アカウントだけは生き続ける。
現実世界では存在しない人が、ネット世界では生き続けることになる。

俗に言う「遺書」的な物で、このアカウントの管理も書いておいた方が良いのかも知れない。
病気や高齢で「そろそろ自分も危ないな」とわかるのなら、その時に伝えれば良い。
しかし、事故死や急死の場合は、そうもいかない。
きっと世界中のSNSの中には、実在しない人のアカウントがたくさんある気がする。

そして、このブログにも同じことが言えます。
「islandのつぶやき」と題して、ダラダラと続けているこのブログ。
私自身の存在が無くなれば、不要となるブログです。
不要となった時に、どのように扱うか?をあらかじめ考えておく必要がある。

嫁さんか息子に、削除の手続きをしてもらうか、もしくはそのまま引き継ぐか。
いずれにせよ、ブログへのアクセス方法を記しておかなければなりません。
そして仮に残すと判断した場合は、レンタルサーバーの契約も残すことになる。
その辺りの説明も必要になる。

なんだか面倒くさいな(笑)
でも、いずれにせよ、人は死ぬ。
死んだ後にあれこれと迷惑をかける前に、自分で準備はしておいた方が良いのでしょう。
人の人生なんてわからないですからね。
誰だって明日死んでもおかしくはない。

このブログは、基本自分の日記としてつぶやいている。
だから、可能であれば、最終的には手に取れる形にしたい。
ネット上ではいつでも見れるけど、逆に言えば、ネットがなければ見れない。

いつの日かわからないけど、ブログを全て紙に置き換えたい。
ものすごいページ数になると思うけど(^^;)

ネット社会の現代。
便利で素晴らしいこともたくさんある。
その反面、ややこしいことも多い。

自分にしかわからないアカウント。
いざという時のために、誰かに引き継ぐ準備は必要なのかも知れません。
そして、それは最も信頼できる人でないといけない。
結局はネットのつながりではなく、心のつながりだ大事なんですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月12日

どこまでが写真!?

170512.jpg

昨日は写真撮影のことをつぶやきましたが、本日も似たようなつぶやきを。

カメラの性能ってどんどん良くなってきて、誰でも綺麗な写真が撮れるようになっています。
剣道の写真のように、特殊な場合を除いては(笑)
一眼レフであっても、手軽に購入できて、手軽に使えるようになってきました。

子供の運動会に行くと、あちらこちらで一眼レフを手にした保護者を見かけます。
一昔前までは、一眼レフと言えば、プロのカメラマンかカメラ好きの人が持っている程度でした。
それがデジカメの一眼レフが出て、値段がリーズナブルになってからは、多くの人が一眼レフを手にするようになりました。
そして私もその一人なんですけどね(笑)

最近はデジカメすら使わないって人も多いのではないでしょうか?
デジカメの代替品になっているのが、スマホです。
簡単な記念撮影くらいなら、スマホで十分撮れますからね。

若い人であれば、スマホで自撮りも多いでしょう。
ここで活躍しているのが、自撮り用のアプリです。
私は使っていないのでわからないのですが、かなりいろんなことができるみたいですね。
単に撮るだけではなく、肌を明るくして、目もくっきりとして。
まるでプリクラのような機能になっているようです。

このアプリを使った自撮り。
使い続けていると、本当の自分の顔がわからなくなるのではないか?と思ったりします。
ちゃんと本当の自分を分かった上で、遊びとしてアプリ自撮りを使うのなら良いが。
アプリ自撮りで撮った自分が、本当の自分だと思い込んでしまう可能性も出てきます。

人間誰だって良く見られたい。
女性なら美しく、男性ならかっこ良く見られたい。
それを自撮りアプリは叶えてくれるのですからね。

本来のカメラの役割は、あるがままのものをあるがままに写す。
そこにデフォルメをしては、写真とは言えない。
「写真」って真実を写すのだから。

昔、デジカメが出てくる前。
フジカラーのインスタントカメラ「写ルンです」という商品がありました。
使い捨てのカメラで、最初からフィルムがセットになっていました。
写し終えたら、写真屋さんに持って行って、写真に現像してもらう仕組みでした。

当時はカメラも高かったので、このお手頃感が受けて大流行しました。
私も何度か使ったことがあります。
この「写ルンです」のCMで名言があります。

「美しい人はより美しく、そうでない人もそれなりに」

当時は笑って見ていましたが、今となっては「そうだよな〜」と思うのです。
最近のカメラは、いろいろと性能が良くなり、誰でも綺麗に写せるようになりました。
一眼レフのデジカメでも、様々なシーンを想定したシーン撮影モードがあります。
しかし、昔はそのまんまのものが撮れていたのです。

デジカメになって、撮った写真は、フォトショップなどで簡単に色味調整ができるようになりました。
私も良くPhotoshopやLightroomを使って、色味を調整したり、明るさを調整します。
でも、それは、撮影した状況に、より近づけるため。
色かぶりがあったり、明るさが足りなかったりするのを、アプリを使って補っている。

しかし最近は、この色味調整専用のアプリが出ていて、ものすごく鮮明で鮮やかな写真に変身させることができる。
普通の写真が色鮮やかな、カラフルな写真に生まれ変わるのです。
確かに綺麗だけど、それってもう写真って言えない気がします。
そのうち、一眼レフのカメラにも、そんなアプリが埋め込まれるかも知れません。

色鮮やかに綺麗に撮れるのは嬉しい反面、それって本当の写真じゃない気もしています。
自撮りアプリと同じで、本当の自分の顔、本当のそこにある風景を、忘れてしまう気がする。
後でPhotoshopを使って色味調整をするのは、逆に自分が見たものに近づけるため。
やりすぎるとアプリと同じ結果になってしまうけど。

スマホやデジカメで写真を楽しむのは良いことだけど、本当の姿、本当の景色を忘れないようにしたいものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 日記

2017年05月11日

剣道を撮る

170511.jpg
【打ち合いの瞬間を捉えるのはなかなか難しい】

先日の剣道市民体育大会の写真を、剣道クラブのサイトにアップした。
毎回、大会があると写真を撮って、それをアップしています。
クラブメンバーの保護者は、サイトにアクセスして、ダウンロードできる仕組み。

もうかれこれ5年くらい続けているのかな?
一つの大会で、300〜400枚くらい写真を撮るので、結構な数になります。
しかし、何度撮ってもなかなかうまく撮れないものです(^^;)

剣道って他のスポーツと違って、なかなか動きが読めません。
打ち合う瞬間を撮りたいのですが、間合いを掴むのが難しい。
「今だ!!」と思ってシャッター切った時は、タイミングを逃していることが多い。

最初の頃と比べると、カメラの性能も良くなったことから、幾分かマシな写真を撮れるようにはなったと思う。
しかし、まだまだ思うような写真は撮れない。
理想とする写真は、面や胴、そして小手などが決まった瞬間。

でも、それを撮るには、まさに剣士の動きを読まなければ無理です。
単に動いたから撮るのではなく、「今まさにこの時」という、決め手の瞬間がわからないと撮れない。
まだまだ、その瞬間がわからないのです(^^;)

そしてもう一つの問題。
それは室内であるということ。
そのため、明るさが足りない。
まさかストロボを焚くわけにもいきませんから(^^;)

本当は室内でも十分に光を取り込めるレンズを使うのが良い。
しかし、専用のレンズを買うとなると、やはり7〜8万円はかかる。
これが仕事で撮っているのなら、設備投資として買っても良いけど、ボランティアですからね。
なかなかそこまで手が出ません。

でも、もっともっと良い写真を撮りたい。
カメラの機能自体も、まだまだ使いこなせていないのが現状です。
毎回、自分自身としては、不満の残る写真ですが、そんな写真でも、皆さん喜んでくれるので、撮り続けています。

次は8月にある試合が撮影チャンスです。
それまでに、カメラのことももっと勉強しておこう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 日記

2017年05月10日

抜け殻のように

170510.jpg

何だろうな〜
ゴールンデンウィーク明けから、どうもやる気が起きない(^^;)
いわゆる五月病というやつだろうか?

体調が悪いわけでもないのだが、気持ちが乗らない。
やっぱり気が抜けてしまったのかな。
超忙しかった仕事も、なんとか乗り切って、そこにゴールデンウィークがやってきて。
5日間休んだら、すっかり抜け殻のように(笑)

休んだと言っても、アドベンチャーワールド行ったり、庭の草抜きしたり。
最終日は剣道の試合で、写真を撮ったりと、むしろ仕事しているよりも疲れた(笑)
休んだようで休んでいないので、心身ともに抜け殻のようになってしまったのかも。

そもそも5月って、気が抜けやすい。
仕事をしていて、空を見上げると、五月晴れの青空に飛行機雲。
それを見ると、もうどこかに飛んで行きたい病にかられるのです(笑)

いつもならその飛行機雲を見て、現実逃避に走って、しばらくして現実に戻る。
しかし、ここ数日天気が悪い。
ずっと雲が広がっている。
現実逃避の妄想すらできない(^^;)

天気がすっきりしないのも、やる気が出ない一因かもしれません。
などど天気のせいにしていますが、一番は自分自身の気持ちです。
でも、やっぱり天気が悪いと、気持ちも乗らない(笑)

いつまでも抜け殻のようにだらけてはいられません。
いや、決してだらけているわけではないが、気持ちが入らない。
しかし、無理やりでもスイッチを入れないといけません。

絵本の仕事、4つが全て終わったと思ったら、またまた絵本の仕事が入りました。
しかし、今回はこれまでの絵本とは若干違います。
気持ちを引き締めて取り掛かりたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年05月09日

どうしようもない隣国

170509.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/world/news/170509/wor1705090046-n1.html

お隣韓国の大統領選で、文在寅氏が当選確実となりました。
当初から最有力とみられていて、途中勢いに陰りが見られた時もありましたが、結局文在寅氏に決まりました。

政権交代となり、これまでのパククネ政権とは違った政策を行うと思われます。
問題なのは、北朝鮮に対し、融和姿勢を示していること。
「話し合いで解決」と言っています。

それって、北朝鮮が最も得意なことです。
話し合って、何か見返りを求め、時間稼ぎをして、結局何もやらない。
これまで、日韓共に、何度同じ手口で騙されてきたことか。

さらに問題なのは、慰安婦の問題での、日韓合意を「見直す」と明言していること。
国と国が正式な手続きで行った合意を、政権が変わったからと、一方的に破棄することは、国として有り得ないことです。
それでは一体何のための合意だったのか?やはり単にお金欲しさか?
誰でもそう思ってしまいます。

日本は約束通り、10億円を支出し、慰安婦の問題に終止符を打ちました。
それは韓国側も同じのはずです。
ところが韓国側は、日本が問題としている偽の少女像を撤去しません。
むしろ増やしています。

どれだけ約束して、こちらがその約束を守っても、簡単に約束を破り、なかったことにする。
これって、人に例えたら、誰からも信用されない人物です。
最低最悪の人物で、いずれ誰からも相手にされなくなります。

韓国は国として、そのようなことをやっているのです。
国際社会から見たら、韓国は国と国で約束をしても、一方的にそれを破ると見られます。
国として信用できないと見られるのです。

国を一つの会社と考えてみましょう。
取引先の会社と、合意をして取引の約束を交わし、それを社会に向けて発表も行う。
正式な手続きを済ませ、契約に伴ってお金を支払った。

ところがその後、相手の会社の社長が変わり、突然「あの契約は無効だ」と言い出す。
さらに支払ったお金も戻ってこない。
もう一度契約をやり直そうと言い出す。

そんな会社ってあり得ますか?
社会の中では、それは詐欺とも言えます。
韓国が行っていることは、犯罪と言っても過言ではない。

日本側は、一度正式に合意したものを、見直すことなど絶対にしません。
しかし韓国側は、まるで無かったことのように、再び慰安婦問題を蒸し返すでしょう。
まぁ、ある意味予測していたことですが。

これからの日韓関係、ますます悪くなるでしょうね。
そりゃ〜そうでしょう。
人間関係なら、絶対に付き合いたくない人です。

国際社会に向けて、「私たちは嘘つき国家です」って、自ら宣伝しているようなもの。
それって韓国にとって、何の得がありますか?
なぜそれを考えようとしないのですか?
いずれ、どの国からも相手にされなくなってしまいますよ。

そうなったらきっと言うのでしょうね。
「日本の責任だ、賠償しろ」と。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月08日

久しぶりの就寝前の絵本

170508.jpg

ゴールデンウィーク明け。
子供達はやはり休みボケ。
いつもよりも目覚めが悪い。
それでもなんとか、元気に登校して行きました。

小学校生活にも、だいぶ慣れてきた次女。
しかし、まだまだ一人ではできないことだらけです。
ただ、友達と遊ぶことだけは、しっかりやっています(笑)

今日も帰ってきて宿題終わったら、速攻で遊びに出て行きました。
託児所時代には考えられなかった行動力です。

それでも、やはりまだまだ甘えたい年頃で、何かと甘えてきます。
お風呂も「いっしょに入ろう」と誘ってきて、私といっしょに入ります。
そして寝るときも、必ず誰かを誘う。

最近は私たちに「まだ眠れないから先に寝てて」と言われて、先に布団で寝ることが多かった。
本当はお母さんといっしょに寝たいのだと思う。
しかし、お母さんが仕事が忙しくて、なかなか次女の寝る時間に帰らないことも多い。
そして私も仕事が詰まったりしていると、ついつい次女をほったらかしにして、仕事をすることも。
気がついたら一人で寝ていた・・・ということも多々あった。

今日も子供達に晩御飯を用意して、私は仕事をしていました。
ちょうど仕事がひと段落した時に、晩御飯を食べ終えた次女。
歯磨きをして寝る準備をしていたので、今日はいっしょに布団に入ることにしました。
もちろん寝かしつけるためです。

ところが次女は、「絵本読んで」とおねだりしてきました。
最近は絵本どころか、いっしょに寝ることが少ない。
次女にとっては、まだまだ甘えたいところ。

そこで、今夜は久しぶりに絵本を読んであげました。
1冊だけの約束で、持ってきたのは「うちにかえったガラゴ」。
バムとケロでおなじみの「島田ゆか」さんの絵本です。

バムケロやガラゴは、息子が幼い時から読んでいて、長女・次女と続いています。
おかげで絵本もボロボロですが、それでも楽しく読んでいます。
ひらがなが読めるようになってからは、自分で声を出して読んでいたりしていました。
でも、やっぱり読んで欲しいのでしょうね。

絵本の読み聞かせが終わると、素直に絵本を戻し、布団に入り込みました。
私が添い寝をすると、10分もかからない内に眠りについていました。
やはり時々は絵本を読んてあげた方が良いですね。
ついつい時間に追われて「今は無理」と言ってしまうことが多いです。

喜んで絵本を見ている次女を見て、反省した父でした。
ほんの10分程度の読み聞かせ。
そして布団に入って10分程度。
毎晩は無理でも、週に2〜3回は読み聞かせしてあげたいですね。

ただ、添い寝はいっしょに寝てしまう可能性があるので、注意が必要です(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2017年05月07日

市民体育大会剣道の部

170507.jpg
【長女と仲良し女の子の試合 お互い切磋琢磨して成長してほしいです】

ゴールデンウィーク最終日。
行楽日和のとても良いお天気でした。

我が家は行楽ではないものの、朝から家族総出。
今日は剣道の市民体育大会の日でした。

長女はもちろんですが、実は次女が初めて参加しました。
参加と言っても試合ではなく、基本の部での演武です。
基本の部は、次女と同じ年の男の子二人。
今日の日に向けて、稽古中に練習してきました。

初めての参加で緊張している・・・・と思いきや、全く動じずリラックスしている次女。
そして演武も、いつもの稽古と全く変わらず、リラックスした様子に見えました。
親から見ても、ふてぶてしいくらい堂々としていて、思わず苦笑いでした。

長女の方は、小学生高学年の部の個人戦で2位。
そして小学生団体戦でも2位となりました。
しかし、試合内容はあまり褒めたもんじゃない。
その辺は、自身もわかっているようで、今後の稽古でどうするか?
課題として見守っていきたいと思います。

今日の試合では、長女と同じ年の女の子が、とても良い試合をしました。
小学1年生の時から、一緒に稽古をしている仲良しの女の子。
試合をすると、これまでは、ずっと長女の方が優勢でした。
しかし、このところ互角になってきています。

今日の試合も、個人戦では長女が勝ちましたが、時間内で決着がつかず、延長の末勝っています。
そして団体戦では長女が敗れています。
仲良しで、ずっと一緒に稽古をしていますが、これからは仲良しだけじゃなく、良きライバルとなってくれることでしょう。
お互いに切磋琢磨して、良き剣士になってほしいと思います。

小学生の他にも、中学生・高校生・一般の部も行われました。
中学生の部では、つい先日まで、一緒に稽古をしていた新1年生も頑張っていました。
そして中学生団体戦の部では、我が道場のチームが、見事優勝を飾りました。

決勝の相手は、息子の母校のチーム。
先鋒は引き分け、続く中堅では相手に2本取られてしまいました。
我がチームは新1年生。対する相手は3年生。
致し方ありません。

でも、相手チームの中堅は、我が道場の卒業生でした(^^;)
なんとも微妙な組み合わせです。

続く大将戦では、我がチームが2本勝ちして、これで勝ち数が並び、引き分けになりました。
引き分けの場合は、代表戦が行われます。
我がチームはそのまま大将が、相手チームは動きの良かった先鋒が出てきました。

結果は我がチームの大将が、見事に面を決めて勝利しました。
とても見ごたえのある、素晴らしい試合内容でした。

試合の後は、みんなでお弁当を広げて食べました。
お天気も良く、風も心地よく、まさに行楽日和。
どこかに出かけなくても、皆でお弁当食べるだけでも楽しいものです。

そして子供達は、食べ終わったら、鬼ごっこをして遊び始めました。
最年少の次女も参加、みんな元気に走り回っていました。
こっちは写真撮っていただけで、疲れ切っているのに(^^;)

これから、またいろいろと試合が続きます。
長女も、時々試合に参加することになると、思います。
そして次女も、これから防具をつけて稽古が始まるでしょう。
頑張れ娘達。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | 日記

2017年05月06日

iPadとiPadとiPad

170506.jpg

奄美の母に、iPadを送ってから、ひと月近くなる。
未だによく使えないようで、何度も同じことを聞いてきます。
まぁ87歳のおばあちゃんが使うのだから仕方ないですね。

こちらからFaceTimeをかけても、受け方がわからずに、結局繋がらないことも多い。
そこで、最近はまず携帯に電話をかけて、電話したままiPadでFaceTimeを鳴らす。
そして、動作を支持して、ようやくFaceTimeがつながる(笑)

これまでは奄美とは電話しか連絡方法が無かった。
孫の顔を見たくても、どうにもならない状態でした。
iPadのFaceTimeがつながるようになってからは、孫の顔も見れて喜んでいるようです。

今日もこちらからFaceTimeをかけて話しました。
息子が帰ってきているので、息子と話しました。
もちろん娘たちもギャーギャー騒ぎながら話していました。
おそらくうるさ過ぎて何を言っているか、伝わっていないと思いますが、顔を見てその状況を見れるのが嬉しいようです。

そして北海道とは、これまではSkypeで繋がっていました。
しかし、Skypeは画質が悪く、こちらはiPadで使いますが、向こうはパソコンです。
そのため、突然Skypeをかけても、なかなか繋がらない。

そこで、こちらもまず電話してから、Skypeをつないでいました。
そう、これまでは。
実は北海道ともiPadのFaceTimeでつながるようになりました。
以前、私が使っていたiPad2を送ったのです。

調子が悪くて、新しいiPadを購入したのが、2月末。
バッテリーがいくら充電しても、20%程度しか充電されなかった。
iPad2はアップルのリサイクルに出すつもりにしていました。

リサイクルに出すには、リセットしてデフォルトの状態に戻さなくてはいけません。
そこでリセットして試しに充電したところ、なんとバッテリーが復活。
完全に100%まで充電でき、リセットしたからなのか、動きもスムーズになった。

そこで、iPad2を北海道に送ることにしたのです。
ただ、北海道の環境はwifiが無い。
そこで、こちらでwifiルーターも購入して、iPad2と一緒に送りました。

やはりSkypeとは比べものにならないくらい、画質が綺麗です。
北海道も奄美同様、孫の顔を見れて喜んでいます。
さらには札幌にいる義妹がiMacを使っているので、こちらともFaceTimeでつながるようになりました。

北海道と奄美、そして中間の奈良。
遠く離れた故郷と、iPadで繋がっています。
息子もMacBookAirとiPhoneを使っているので、鳥羽に帰ってもFaceTimeで繋がります。

遠く離れていても、顔を見て話せるのって素晴らしいですね。
そして、今年こそは実際に帰りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:28 | Comment(0) | 日記

2017年05月05日

忙しい1日のこどもの日

170505.jpg

なんか忙しい1日だった。

昨日のアドベンチャーワールドの疲れも取れないまま、朝から用事続き。
まずは9時半に、町内の公園に集合。
集会所を建てる場所で、地鎮祭を行いました。
地鎮祭と言っても、自分たちでやる簡素なもの。
30分ほどで終わりました。

その後、今度は友人を乗せて、電化量販店へ。
友人がiMacを購入したいとのことで、一緒に行くことになりました。
バイクしか免許を持っていないので、一緒に車で行くことになったのです。

10年ほど前に、同様にiMacが欲しいと言うことで、Apple Storeで購入しました。
その時は、お金を預かってネット注文しました。
さすがに10年も使っていると、モニターがおかしくなったようで、さすがに買い替えの時となったようです。
10年前のiMacって、白のボディーのものでした。
思わず「懐かしい〜」って叫んでしましました(笑)

家電量販店でiMacの一番安いものを購入し、そのまま友人宅でセッティング。
iMacだけでなく、Wifiのセッティングも。
ネット環境は整っていたけど、Wifiになっていなかったので、そのセッティングもしました。
あれこれとセッティイングしていたら、あっという間に夕方になってしましました。

家に帰ると、今度は庭の草抜き。
実は家族で草抜きをしてくれていたのですが、蜂が飛んでいて草抜きができないと、嫁さんからメッセージが来ていました。
そこで、まずは蜂退治。

息子曰く、エアコンの室外機の中に、アシナガバチの女王蜂らしきものがいるとのこと。
そして働き蜂も飛んでいるらしい。
確かに小さな蜂が飛んでいた。

そこで、まずはその小さな蜂を仕留める。
壁に止まったところを、木材でヒット!!
次は室外機の中の女王蜂。

これは見えないので、うかつに手を出せない。
そこで、蚊取り線香を使ってあぶり出す。
室外機の隙間から蚊取り線香を中に入れる。

しばらくすると羽音が聞こえてきた。
そして一匹の蜂が逃げるように飛び出してきました。
さっきの蜂よりも大きい。
やはり女王蜂か?

蜂が出て行った後に、フィルターを外して覗き込むと、やはり巣を作っていました。
まだ作りたてで、部屋が7〜8個で、幼虫もまだいません。
巣を取り除き、フィルターをセット。

これで安心して草抜きを開始。
次女以外はみんなで手伝ってくれたので、あっという間に草抜きを終わりました。
しかし、その間も女王蜂が何度か戻って来て、そのたびに蜂と格闘でした(^^;)
またどこかに巣を作ろうとしているのでしょうね。

おかげでサバンナ状態だった庭も、少しマシになりました。
後は花や野菜など植えて、もう少し庭らしくしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2017年05月04日

恒例のアドベンチャーワールドへ

170504-4.jpg
【最高のお天気でした】

毎年恒例のアドベンチャーワールドへ行ってきました。
お天気も良くて、気温もちょうど良くて、最高でした(^o^)

昨夜の内に家を出て、アドベンチャーワールドに着いたのが、深夜の1時過ぎ。
すでに駐車場は開いていて、私たちと同じように、車中泊する車が駐車していました。
車の中で仮眠して、用意していた朝ごはんを食べ、開園を待っていると、突然私たちの前に行列ができ始めました。
開園待ちの行列が駐車場まで延びているようで、ものすごい人の数でした。

170504-1.jpg

「早く行こう」と焦る子供達に「まだ開いてないよ」と言い聞かせ、開園のアナウンスが出てから列に並びました。
8:30開園ですが、予定より15分早く開園しました。
まずはサファリパークを見るために、サファリ号に乗ります。
サファリ号は無料で約20分かけて、サファリの草食動物や肉食動物などを見ることができます。

ここでもすでに大行列ができていました。
待つこと10分ほどして、サファリ号に乗車。
毎年見ている動物達ですが、毎年見ても飽きないものですね。

続いてイルカショーへ。
こちらも毎年見ていますが、何度見ても感動します。
イルカ達の華麗なジャンプと、調教師と息のあった演技。
本当に素晴らしいです。

170504-2.jpg

続いてアニマルショーへ。
こちらではアシカを始め、アザラシや犬、カワウソや鳥など、様々な動物が登場します。
しっかり演技できる動物から、ただただ登場して、通り過ぎるだけの動物まで、可愛らしい動物が笑いを誘います。
毎年、微妙に内容が違うので、毎回楽しめます。

170504-3.jpg

その後は、ペンギンを見て、白熊を見て、お昼ご飯にすることに。
昨夜の内にお弁当を用意していたので、芝生の上にシートを敷いて、ポカポカ陽気の下でお弁当を食べました。
本当に心地よい天気で、最高でした。
これでビールでも飲めりゃ〜本当に言うことない(笑)
私の目の前で、美味しそうにビールを飲んでいる人がいて、ものすごく悔しかった(^^;)

午後からはパンダを見て、次女が乗りたがっていたメリーゴーラウンドに乗って、一通り遊んで見て回ったら、お土産屋さんへ。
それぞれのお土産をたんまり買い込んで、15時にはアドベンチャーワールドを後にしました。
そしてこれも毎年恒例の「とれとれの湯」へ。

170504-5.jpg

大人と息子は、どっちかと言うと、この温泉の方がメイン(笑)
まだ早い時間だったからか、空いていて、炭酸温泉もたっぷりと入ることができました。
露天の方に、寝風呂があります。
温泉が流れているところに寝転がると、背中は暖かく時折吹く風が身体を冷やしてくれます。
心地よくて危うく本気寝するところでした。

心地よく温泉で疲れた身体をリフレッシュできました。
そして最後の予定へ移動。
最後は美味しい晩御飯を食べるために、毎年来ている居酒屋傳八へ。
新鮮な魚が美味しいお店です。

温泉入って、こちらで美味しい料理を食べるのが、大人の楽しみです。
しかし、ゴールデンウィーク中なので混んでいます。
ついてから待ち時間が、約2時間と言われ、車の中で待つことに。
おかげで仮眠を取ることができました。

言われていた時間よりも、早めに連絡が来て、店の中へ。
お刺身や焼き鳥など、美味しい料理をたっぷりいただきました。
いや〜やっぱり美味しい、大満足です。

170504-6.jpg

20時半にはお店を出て、家路に向かい高速に乗りました。
ところが、高速に乗ったとたんに大渋滞。
停滞まではなかったものの、大渋滞に巻き込まれ、予定より大幅に時間を取られた。
まぁでも、渋滞中でも、みんなでいろんな話で盛り上がったので、楽しい時間でした。

我が家のゴールデンウィークの最大イベントが終わりました。
とても楽しくて、良い思い出ができました。
みんな喜んでくれたので良かったです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2017年05月03日

憲法記念日に日本国憲法を考える

170503.jpg

ゴールデンウィーク後半のスタートです。
しかし、我が家にとっては今日がゴールデンウィークの初日。
今日は特にこれと言った用事もなく、のんびりと過ごした1日でした。

今日は憲法記念日。
ゴールデンウィークに埋もれてしまい、なんの祝日なのか、私ですら忘れがちです。
ましてや、子供たちには「単なる休日」としか捉えられていないでしょう。

憲法記念日の今日ですが、日本の憲法は敗戦後にGHQによって押し付けられた憲法です。
しかし、その憲法を一字一句変えずに、これまで使い続けています。
特に憲法9条に関しては、まるで触ってはダメな雰囲気が、長い期間日本を包んでいました。
憲法9条さえあれば、平和が続くと、真剣に思っている人も多かったことでしょう。

しかし、現状として、日本がどれだけ憲法9条を守り、どれだけおとなしくしていても、日本の平和を脅かす状態になってきています。
憲法の日である今日、安倍総理は憲法改正に強い姿勢を示しました。
それに野党は猛反発しています。「改憲は絶対に許さない」と強い主張で話しています。

いつも思うのですが、なぜ憲法9条を守りたい人は、日本国内でだけ訴えるのでしょう?
いくら日本が憲法9条を守っても、近隣他国が武力で圧力をかけてきたら意味がありません。
9条が素晴らしいと話す人は、なぜ、その素晴らしさを他国に説いて回らないのでしょう?

隣でバンバン核実験して、バンバンミサイル発射されても、9条さえ守っていれば平和というのは、どう考えても無理があります。
これだけ北朝鮮情勢が緊迫して、有事が十分に考えられている状態で、今のままの憲法で良いと言い切れる人がどれだけいるでしょう。

日本もしっかりと戦える状態にならなければ、自国民を守ることはできません。
今回の緊迫情勢でよくわかったのではないでしょうか。
日本の自衛隊は、海外から見たら立派な軍隊です。
しかし、憲法では軍隊を認めていないため、自衛隊は戦うことができません。

こんなチグハグな状態を、72年も続けてきた結果が今なのです。
このままチグハグな状態を続けて良いのでしょうか?
自衛隊をしっかりと、憲法に明記して、しっかりと国民を守れる状態にするべきです。

「いざとなったら守ってくれ」と言いながら、憲法上では全く何もできないのが自衛隊です。
そんな状態で「国を守ってくれ」と言うのは、あまりにも無責任です。
9条の信念は素晴らしいと思います。
武力は避けるべきだし、平和を誰もが願っています。

しかし、それは世界中の国が、憲法9条の元武力を排除する以外、実現はしません。
どう考えても夢物語だということは、小学生でもわかることです。

いつまでも「9条を守れ」とか「平和が大事」とか言うばかりでは、本当の平和はやってこない。
真剣に憲法をどうするか?考える時期に来ています。
そしてそれを決めるのは、私たち日本国民です。

本当の平和とは何か?
自衛隊はなんのために存在するのか?
自分の頭で考えていきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:04 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年05月02日

初遠足とお友達

170502.jpg

五月晴れの朝。
いつもの制服にランドセルではなく、体操服にリュックを背負い、元気に家を出た次女。
今日は初めての遠足の日でした。

長女は5年生で、泊まりでの校外学習があるため、今日は遠足はありません。
いつものように制服とランドセルの長女と、遠足でルンルンの次女と、二人仲良く学校へと向かいました。

昨夜の内に、お菓子を買いに行っていた次女。
200円までと言うことで、駄菓子コーナーでお菓子を選びました。
これまで、お姉ちゃんの遠足の時に、お菓子を選ぶお姉ちゃんに紛れて、自分も一つだけお菓子を買ってもらっていました。
それが自分も買う番になって、大喜びでお菓子を選びました。

今日の遠足は、大阪堺市にある「ビッグバン」という施設。
私も息子が小学1年生の時に、学童で一度だけ行ったことがあります。
なかなか面白い施設だったと記憶しています。

1日いっぱい楽しんできたようで、15時過ぎに元気に帰ってきました。
今日は遠足なので、宿題もありません。
早速着替えたら、「友達と遊んでくる」と家を飛び出して行きました。

しばらくすると、今度は長女が帰宅。
5先生だけが遠足がなくて学校だったので、とても学校が静かだったようです。
いつもと違う学校の雰囲気を楽しんでいた様子でした。

次女が出ていって、20分ほどして、ワイワイと声が聞こえてきました。
どうやら友達を連れて、家に戻ってきた様子。
「お邪魔しま〜す」と声が聞こえてきたが、どうやら男の子の声。
「男の子とも仲良くなったのか?」と思っていたら、なんと託児所の頃のお友達だった。

実は同じ町内会に一人、そしてもう一人も町内会は違うけど、すぐ近くに住んでいます。
どうも、お友達を探して町内を歩いている内に出会ったようです。

仲良く遊んでいたのですが、しばらくすると物音が響いてきました。
降りてみると、竹刀を引っ張り出して打ち合っていました。
「こらこらそれはいかん」と注意されて、次女はバツが悪くなったのでしょう。
「公園に遊びに行こう」と話しかけ、私にも「公園で遊んできて良い?」と聞きました。

しかし、もうすぐ5時なので、「もうすぐ5時だよ」というと、男の二人が「もう帰らないと〜」と言って、結局二人とも帰って行きました。
その後、もちろん次女は私から大目玉。
竹刀は遊ぶものじゃないし、家の中で振り回してはいけない。

元気に遊ぶことは良いけれど、やってはいけないことを、一つ一つ注意しなくてはいけませんね。
叱られて涙目になりながら片付けをしていた次女ですが、数分後には「明日も遊ぶ〜」と笑顔になっていました(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | 日記

2017年05月01日

我が家のゴールデンウィーク

170501.jpg

5月になっていました(笑)
いや、ほんと月日が流れるのが早いです。

次女も学校生活慣れてきたようで、最近は朝が遅いです(^^;)
お姉ちゃんはとっとと準備をしているのに、なかなか布団から出てこない。
出てきても、なかなか着替えが進まない。

7時半には家を出るのですが、なかなか準備が進まない。
結果、お姉ちゃんにおいていかれる。
お姉ちゃんから数分遅れて家を出る始末。
ちょっと気が緩んできているので、GW明けは気を引き締めないとダメですね(^^;)

さて、大企業などは9連休のGWが多いのでしょうね。
我が家はカレンダー通りのGWです。
それでも5連休になるんですから、「何するべ?」って感じですよね。
いかに日頃休み慣れていないかが丸わかりです(^^;)

海外旅行に行ったり、国内旅行したりする人も多いのでしょう。
GWの時期って、どこ行っても混んでるし、何よりも値段が高い。
宿泊したくても、早めに予約しないと取れないし。
だから我が家はGWはには旅行しません(^^;)

毎年アドベンチャーワールドに行って、帰ってくるのが恒例です。
夜中に出て、車中泊するので、一応旅行になるのかな?

今年は名古屋にレゴランドができたので、ちょっと気になっていたのですが、あまり評判が良くないようで。
まず入場料が結構高い。
さらに飲食物が一切持ち込み禁止というのが痛い。

アドベンチャーワールドは持ち込み自由だし、入場料も値上がりしたけど、それでもレゴランドほどではない。
そんなわけで、我が家は今年も例年通りのGWの予定です。

GWの恒例行事として、庭の草抜きもあります(^^;)
毎年この時期に、伸びてきた草を抜いて、ついでに夏野菜を植えたり、花を植えたりするのです。
今年はそんなゆとりがあるかわかりませんが、でも、庭の草抜きはしとかないとやばいです。
気がつけば一気にサバンナ化しますからね(笑)

さぁ明日まで仕事頑張れば、我が家もGWです。
アドベンチャーワールドと、剣道の試合以外は、何も予定入れていません。
庭の草抜きと、それ以外はのんびりと過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:21 | Comment(0) | 日記