2017年04月30日

夢を持とう夢に向かって進もう

170430.jpg

やっぱり夢は大事だと思う。
突然ですが、皆さんは子供の頃、何になりたかったですか?

私は小学生の卒業の寄せ書きに「画家になりたい」と書きました。
絵を描くのが好きだったので、素直にその言葉を書いたのだと思います。
中学校の時は、その夢は「ギタリスト」に変わっていました。
でも、絵を描くことは、変わらず好きでした。

つまり、画家よりもギタリストに憧れたわけですね。
その頃はフォークギターを弾きながら、ハードロックを聴き始めて、なんとかエレキがほしいと思っていた頃です。
その後、高校1年生でアルバイトをしてエレキを買いました。

中学生の時、美術の先生から「美術学校に行かないか?」と声をかけられました。
しかし、奄美大島には美術学校などなく、もし行くとしたら最低でも鹿児島本土まで出なくてはいけません。
そのことと何よりも、当時の我が家にはそんなお金はありませんでした。

ここで私は夢と現実は違うということを悟ります。
中学校の夢がギタリストに変わったのも、現実を直視した結果かもしれません(笑)
夢は夢、現実はそう簡単にはいかない。ということを少年は感じたのです(^^;)

結局、現実の中で、少しでも自分が好きなことに近い学校を目指し、工業高校へと進みました。
電気科へと進み、その流れで、そのまま某電機メーカーへと就職します。
当時は親も大喜びでした。
私も親や周囲が喜んでくれるので、自分の仕事として誇りを持って入社しました。

しかし、やはり「好きなこと」ではないのです。
自分の中で、どうしても「自分のやりたいこと」が頭か消えませんでした。
結局25歳で退職して、26歳から今の道に進むことになりました。

「画家」ではないけれど、グラフィックデザイナー&イラストレーターという肩書きで、時々絵本の仕事もしながら、画家に限りなく近い仕事をしています。
自分のやりたかったことだから、どんなに苦しくても辛抱できます。
だからこそ、今まで仕事を続けてこれたのだと思います。

なぜこんなことをつぶやいているのか?というと、先日のPTA新旧役員会&教職員親睦会の時のこと。
宴会が盛り上がってきた頃に、別のテーブルに行って、前PTA会長と飲んで話していました。
その時に、前会長の向かいの席にいた女性の先生と、夢の話になったのです。

私が今の仕事をしている経緯を、上記に書いたようなことを話したのです。
すると、その先生も、一度会社勤めをしたものの、学校の先生になりたい夢に再びチャレンジして、現在に至ったいたのです。
私と全く同じような道のりに、思わず話が盛り上がってしまいました。

そして、私の語り癖が出てしまった。
子供達に夢を持たせること。
その夢に、どうやって向かっていけば良いか。
やはり子供は賢いので、中学生あたりで「夢は夢、現実は違う」と、現実路線に舵を切る。

学校教育の中で、単に勉強だけ教えるのではなく、どうやったら自分の夢に近づけるか?を教えることはできないか?などと話した記憶がある。
その先生が、あまりに話に同調してくれるので、ついつい私も熱く語ってしまった(笑)

でも、本当に思うのです。
子供達に夢を書かせてそれを発表する場合もある。
それならば、その夢に突き進むための、サポートも小・中学校で連携してやってほしい。

子供の頃に抱いた夢に向かって、進んでいけることが、勉強を頑張る力になる。
そして自分の夢、夢でなくてもなりたいもの。それが叶った時、働く喜びも湧く。
100人中100人がやりたい仕事をできるわけではないかもしれない。
でも、自分の夢ややりたいことに向かう方が、勉強も楽しくなる。

とにかく良い高校に行って、良い大学に行って、一流企業入る。
ところが入ってから、自分のやりたいことがわからない。
これでは長続きしないし、ちょっと辛いことがあると、乗り越えられない。

子供達よ夢を持て。
そして大人達よ、子供の夢を受け止めて背中を押してやれ。
夢と現実は違うかもしれない。
しかし夢に向かい頑張れば、それが自分の自信となる。
「自分にできること」が見つかれば、それは誇りとなる。
そしてそこから、また新たな夢が生まれる。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月29日

11歳のBirthday

170429.jpg

昭和の日。
土曜日と重なったため、なんとなく祝日と違う感じでした。

今日は午前中は「全国一斉ひのきしんデー」で、清掃活動へ。
午後からは大阪の姉が来て、家で歓談していました。
そして夕方からは、いつも通り剣道の稽古。

しかし、今日は長女の誕生日。
午前も午後も予定が詰まっていたので、誕生パーティーの買い出しができていない。
そこで、娘たちを稽古場に送ったら、一旦帰って嫁さんと買い出しに行きました。
ケーキは予約しておいたので、剣道帰りに取りに行った。

なんだかんだでもう11歳。
早いものですね。
長女はクラスの中でも、背が高い方で、よく知らない人には「中学生?」などと間違われたりします。
身体の方は周囲よりも成長していますが、心の方はまだまだ子供です(笑)

誕生日プレゼントは、当初「目覚まし時計がほしい」と言っていたので、Amazonなどで探していました。
ところが突然「やっぱり違うものにする」と言い出し、なかなか決まらないまま、気がつけば誕生日まで1週間を切っていました。
そして4〜5日前になって「手芸の本がほしい」と言い出しました。

友達の家に遊びに行った時に、お友達が手芸の本を見ながら、フェルトでぬいぐるみを作っていたらしいのです。
それに影響を受けて、自分もぬいぐるみを作りたくなったのでしょう。
どんな本かわからないし、時間もないので、プレゼントは明日、本人に本屋さんで探してもらい買うことにしました。
ですので、今年の誕生日プレゼントは、手芸の本とフェルトを買うことに。

しかし、剣道ではお友達やお友達のお母さんから、プレゼントをもらい大喜びの長女。
その様子を見ていた次女は、お姉ちゃんが羨ましかったのか、ちょっと拗ねていました。
でも、お友達のお母さんが、「もう使っていないから」と、テレビにつないで遊べるプリキュアの子供パソコンを譲ってくれました。

これには大興奮の次女。
実は以前遊びに行かせていただいた時に、この子供パソコンで遊んでいたようです。
早速テレビにつないで遊んでいました。

今宵はいつも通り、手作りピザでお祝い。
お腹いっぱいに食べて、娘たちはケーキも食べましたが、食べきれず残しています。
私たちも料理とワイン&ビールでお腹いっぱい。
ケーキは明日の朝に食べたいと思います。

11歳になった長女。
徐々に少女になって行きます。
そのうちお父さんなんて相手にしなくなるのだろうな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2017年04月28日

授業参観とPTA総会

170428.jpg
【学校へ向かう道の途中 夕陽が綺麗でした】

今日は娘たちの授業参観&PTA総会、並びにPTA新旧役員と教職員との親睦会でした。
午後からは予定ビッシリの一日。

まずは次女の事業参観へ。
初めての授業参観で、ちゃんと授業できているのか心配でしたが、ちゃんと授業を受けていました(笑)
今日はみんなの前で自己紹介をするようで、好きな食べ物や好きなことを絵で描いて、一人ずつ発表が始まりました。
次女の番まで時間がありそうだったので、ひとまず教室を離れ長女の授業参観へ。

長女の方も新しい先生になって初めての授業参観です。
こちらはあらかじめ一人ずつ自分の特徴を紙に書いて、それを先生が発表して誰が書いたものか当てるという内容でした。

しばらく参観していましたが、次女の発表があるので、再び次女の教室に戻りました。
ちょうど次女の発表の時で、次女も私の姿を見つけて、ちゃんと発表できていました。

その後、学級懇談があり、次女の学級の懇談に参加しました。
しかし、周りは全てお母さん。
お父さんは誰一人いません。
若いお母さん方に混じって、おっさんが一人懇談会(笑)
まぁこれは、息子の時からず〜っと一緒で、もう慣れっこですけどね。

その後PTA総会があり、全てが終わったのは16時過ぎ。
図書室で待っていた娘たちを迎えに行き、三人で歩いて帰りました。

家に帰ってから、晩御飯の準備をして、18時過ぎには再び学校へ。
親睦会のバスに乗り、PTA新旧役員と教職員との親睦会です。
私は来年度会長なので、司会進行役。
司会と言っても、あらかじめ言うことは決められているので、シナリオを読みながらの進行です。

席をくじ引きで決めたのですが、私の前には長女が3〜4年生でお世話になった担任の先生。
思わず長女の話で盛り上がりました(笑)
その後は、席を離れていろんな人と話をして、楽しいひと時を過ごせました。

もちろん2次回にも参加。
PTAに参加していなければ、話すこともなかったし、お互いの存在すら知らなかった。
そういう意味でも、PTAに参加できて良かったと思います。

これから2年間、大変だと思いますが、楽しみながら活動をしたいと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 日記

2017年04月27日

お友達増えてきた次女

170427.jpg

本日まで家庭訪問があるため、娘たちはお昼過ぎには下校してきました。
帰ってくるなり、開口一番、長女は「友達の家で宿題して来て良い?」。
次女は「◯◯ちゃんと遊ぶ」でした(^^;)

長女は宿題を持って、早速出て行き、次女も簡単な宿題を済ませたら、友達を呼びに出て行きました。
それから10分ほどして、何やらワイワイと賑やかな子供達の声。
いつものお友達と2人で遊ぶのかと思ったら、3〜4人来て遊んでいました。

私はずっと仕事部屋に居て仕事していたのですが、みんな家に入って来るときに「おじゃましま〜す」とちゃんと挨拶していました。
次女はお友達の家に遊びに行っているときに、ちゃんと挨拶しているのだろうか?(^^;)
ふと不安に思いました。

しばらくすると次女が内線電話で「何かお菓子無い?」と聞いてきたので、お菓子の場所を教えて、皆で食べていました。
一度だけリビングに行きましたが、皆でおもちゃ出して遊んでいました。
女の子ばかりなので、さほど騒がしくもなく、17時にはみんな帰って行きました。
なぜか次女も一緒に出て行ったようで、お友達の家から帰ってきた長女に、次女を探すように伝えました。

そしてリビングを見て唖然。
おもちゃが所狭しと出しっぱなし。
これは次女に注意が必要だと思い、帰ってきた次女に、全部一人で片付けるように注意しました。
同じようなことを次女もやっているかもしれない。
そのことが真っ先に頭に浮かびました。

これまでも何度か、お友達の家に遊びに行っています。
ちゃんと片付けしているのか?次女に聞いたら「やっている」と言っているが本当かわからない。
そしてこれから家で遊ぶときは、ちゃんとみんなで片付けることを次女と約束しました。
そうでないと毎回次女が一人で片付けることになる。

遊ぶのならちゃんと片付けまでして「遊び」です。
次女は涙ぐみながらも、一人で片付けていましたが、これもひとつの勉強です。
同じ思いをお友達にさせないためにも、しっかりと片付けをさせなくてはいけません。
そして、我が家で遊ぶときも、みんなで出したらみんなで片付ける。それを次女がお友達に伝えることが大事です。

私の仕事の邪魔にならなければ、家で遊んでもらっても構わない。
しかし、次女がちゃんと約束を守ることが大事。
そしてそれは、お友達の家に遊びに行ったときも同じです。
次女にもしっかりそのことを教えたいと思います。

入学して、まだひと月も経っていないけど、もうお友達と日々遊んでいます。
楽しく学校へ通い、お友達と仲良くなってくれるのが、一番です。
いつまでも仲良く遊ぶためにも、ちゃんと約束は守ってもらいましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:36 | Comment(0) | 日記

2017年04月26日

国民の代表者である自覚を

170426.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/politics/news/170425/plt1704250045-n1.html

つい本音が出たのでしょう。

今村復興大臣が、「東北の方で良かった」と失言したことで、辞任しました。
しかし、実際には辞任というよりも、安倍総理の判断による更迭だと思います。
本人はこの発言が問題だったと自覚していなかった。

気持ちはわからないでもありません。
首都圏でこの規模の地震が発生したら、とてつもない甚大な被害が出る。
東北だったから、まだマシだったと言いたかったのでしょう。

しかし、被災地の方々からすれば、まさしく他人事としか聞こえないでしょう。
なんの関係もない人が発言したのならまだしも、復興大臣ですから、これは救いようがありません。
本当に被災地に心を寄せて、復興第一を考えていたら、こんな言葉は出て来ない。

これが初めての問題発言なら、まだ謝罪と撤回で済まされたでしょう。
しかし、今村大臣といえば、記者会見で怒鳴って後に謝罪したばかり。
あの時は、記者の側にも問題があった。
わざと怒らせるような質問のやり方をしていた。

ただ、大臣ともなれば、そんな嫌がらせ的な質問にも、冷静に答え言葉も慎重に発言することが求められる。
そういった意味でいえば、今の政治家に大臣にふさわしい人物が、いったいどれだけいるのだろうか?
政治家の前に人としてどう?って思える人物さえいる。

政権与党側の失言や行動に、まるで鬼の首を取ったように攻め立てる野党側。
しかし、それで支持率が上がるのか?というと、まったく上がらない。
民進党に至っては逆に支持率を下げている。

そりゃ〜そうでしょうね。
だって民進党の党首である蓮舫氏は、自身の二重国籍問題を、まったく説明責任を果たさずにうやむやにしたままです。
自分自身の問題は棚に上げておいて、他人のことを厳しく追及したところで、誰が聞く耳持つでしょうか?

今の野党がどれだけ騒ぎ立てても、ただ単に批判をしているだけ。
政権与党に変わる、素晴らしい政策を出してきて、政策で討論するなら支持もできる。
しかし、何かに文句をつけては、ただただ批判を繰り返すだけ。

森友問題然り、テロ等準備罪(いわゆる共謀罪)然り、まともに議論する意思がない。
とにかく政権にダメージを与えるネタを見つけてきて、ただただ攻撃しているだけ。
そんな国会に、莫大な費用がかかっていると思うと、本当に情けなくなってくる。
一番の税金の無駄使いは、国会議員だと言われても仕方ないでしょうね。

逆にいえば、野党がこんな体たらくだから、政権与党にも緩みが出てくる。
大臣が失言しても、本人は失言と気づかない。
真っ先に動いたのは安倍総理自身でした。
安倍政権で一番緊張感を持って動いているのいは、安倍総理自身でしょうね。
もっと緊張感を持って仕事をしてほしいものです。

国会議員は、国を護る役割を担っているのです。
そのことを肝に銘じて活動をしてほしいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月25日

Wacomの液晶ペンタブレットを触ってみた

170425.jpg

久しぶりに大阪へ。

確かお正月に、家族で行ったきりだから、かれこれ3ヶ月ぶり。
今日は仕事の打ち合わせ。
まだ仕事とは言えないけど、まぁプロジェクトみたいなもんか。
形になるかどうかはわからないけど。

以前からお世話になっている、エアフロンティングメディアの打ち合わせ。
私と、前回も同行した印刷会社のO氏と、エアフロンティングメディアの方と3人。
具体的な動きは、今年の夏くらいからかな?
またご案内できる時が来たら、ここでつぶやきたいと思います。

今日は天気も良くて、暑くも寒くもなく、気持ち良い気候でした。
待ち合わせの時間よりも、随分と早く着いたので、先にお昼ご飯を済ませ、すぐ近くにあるヨドバシカメラに寄ってきました。
ちょっと見たいものがあったのです。

それは、Wacomが出している液晶ペンタブレット。
タッチペンで直接液晶に絵が描けるタブレットです。
プロのイラストレーターが使っているものですが、私は液晶ではなく、普通のタブレットしか持っていません。
本格的にデジタルで絵を描こうと思うと、やはり液晶ペンタブレットがほしい。

これまでは完全プロ用のものしか販売されておらず、値段も20〜30万円するのが普通でした。
とてもじゃないが、そんな金額のものは買えません(^^;)
いつも指をくわえて見ているだけでした。

しかし今回、Wacomから新しい液晶ペンタブレットが出たのです。
価格もこれまでよりは安価なもの。
安価って言ったって、13〜18万円しますけどね(^^;)
それでもこれまでの30万に比べたらリーズナブルです。

Wacomも、液晶ペンタブレットを使いたいけど、いきなりプロ仕様には手が出ない人を狙って出しているようです。
まさしく私のことですね(笑)
13インチと16インチの2種類が出ていたので、ヨドバシカメラで触ってみました。

やっぱり液晶にそのまま描けるのは、とっても描きやすい。
13インチと16インチ、当然ですが16インチの方が大きくて描きやすい。
もちろんその分値段は高い。

私が描いている絵は、Illustratorを使ったものが多く、絵を描くと言うよりは絵を組み立てている感じです。
せっかくPainterやCLIP XTUDIOなどのアプリがあるので、やはりペンタブで描きたい。
そんでもって、やはり直接液晶に描きたいのです。

もっといろんな絵を描きたいので、いずれは液晶ペンタブレットがほしい。
そんな思いで、新しく出たWacomの液晶ペンタブレットを触っていました。
結構な金額ですからね。すぐには無理ですが、頑張って仕事して、いずれは購入を検討したいと思います。

しかしまぁ、欲しいものだらけだな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:49 | Comment(0) | 仕事

2017年04月24日

家庭訪問の日

170424.jpg

今日は家庭訪問がありました。
そのため、嫁さんも休みを取ってスタンバイ。
というか、本当は我が町は明日が予定日なのですが、今日しか我が家の都合がつかず、本日にしていただきました(^^;)

まずは次女の先生が来られました。
隣のワンコたちが吠えまくっていたので、すぐに来られたことがわかりました(笑)
先生が来たことで、次女は興奮状態。
邪魔なので子供部屋に行くように指示して、先生と話しました。

基本的に心配事はありませんが、気になっていたのが、ちゃんと授業時間を守れているか。
託児所生活から学校生活へ切り替わった時に、授業時間と休み時間の切り替えが心配でした。
授業中に「先生おしっこ!!」とか言いそうで、先生に「そんなことはありませんでしたか?」と聞きました。
他の子は何人かいたみたいですが、次女はまだやっていないようです。
まだまだ時間の調整が難しい年齢ですから、そのうち次女もやるでしょうね(^^;)

学校生活も楽しめているようですし、安心しました。
家でもそうですが、学校でも絵を描いているようで、校長先生の似顔絵を描いて渡したらしい。
しかも「こうちょうせんせいだいすき」と書いて渡したとか(笑)
担任の先生曰く、校長室に貼ってあるそうです(^^;)

学校でもお調子者ぶりを発揮しているようですが、突然内にこもることがあるので、そこはお願いしておきました。
学校でも突然悲しそうにしていたので、理由を聞いてようやく原因がわかったこともあったそうで、やはりお調子者でマイペース、時に突然落ち込む次女です。
そんな性格であることを、担任の先生も理解してくれたようです。

次女の先生が帰るのとすれ違いで長女の先生が来られました。
長女の先生は、初めて担任をしていただきます。
初めてですので、私たちもどんな先生かわからない。
でも、とってもざっくばらんで話しやすい先生でした。

長女は以前からそうですが、学校で先生の手伝いをしているようで、「とても助かっています」とおっしゃっていました。
家ではほとんど手伝いをしませんが、学校ではしっかりとしているようです。
完全な内弁慶ですね(^^;)

まぁ、でも家の中では良く見せて、外でだらしないよりは良いですけど。
もう少し積極的にお手伝いしてほしいというのが、親の本音ではあります(^^;)
とっても話しやすい先生で、冗談交じりでいろいろお話しさせていただきました。

長女も次女も女性の先生で、これから一年間お世話になります。
私もPTAで学校行事に参加する機会が増えます。
先生方と協力して、いろいろと動くことも多くなるでしょう。

良き先生方に恵まれて、本当に良かったと思います。
あとは、娘たちが勉強を頑張ってくれれば・・・・。
それが一番難しいんですよね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:51 | Comment(0) | 日記

2017年04月23日

子供達が遊べる場所を

170423.jpg
【写真はコフフンfacebookpageより https://www.facebook.com/cofufun.official/

珍しくのんびりとした日曜でした。

午前中はいつも通り、剣道の稽古。
午後からは、大阪の姉が来る予定だったが、急遽キャンセルとなり、何も予定が無くなった。
嫁さんも仕事なので、午後からはそれぞれに好きなことをして、まったりと過ごした。

たまにはこんな日曜日も良いですね。
嫁さんが仕事じゃなければ、どこかに出かけたかも知れないけど。
時には何の予定もなく、のんびりとするのも良いものです。

本当は行ってみたいところがあるのです。
それは駅前。
なんで駅前?と思うでしょう。

実は駅前広場がリニューアルされているのです。
コフフンという名称で、子供達が遊べる遊具があったり、野外ステージがあったり、ちょっとしたカフェなんかもあるらしい。
4月1日にオープンしているのですが、行ってみたいと思いながらも、まだ行けていません。

もちろん子供達も行きたがっています。
しかし、まだまだオープンして間もないので、人がいっぱいです。
広場には90分間無料の駐車場があるので、そこも常に車がいっぱい。
なかなか行くタイミングが合いません。
まぁその内行けるでしょう。

これまでこのような広場が無かったので、子育て世代の市民が殺到していると思います。
市内には遊び場的なところが、本当に少ないのです。
私もこれまで子育てしてきて、子供達を遊ばせるところが無いのは、常に感じていました。
だから、いつも遊びに行く時は市外に出ていました。

ちょっと子供を遊ばせる。というところが本当に無いんですよね。
有料でも良いから、子供がたっぷり遊べる施設がほしいものです。
静岡には「富士山こどもの国」というところがあり、入園料200円(子供)で1日いっぱい遊べる。
夏の家族旅行で、もう3回ほど行っています。
昨年の家族旅行で訪れた長野松本市にも、たくさんの遊具があって、たっぷり遊べる公園が無料でした。

奈良にはこんな施設が少ない。
特に私の住む市は、あまりにも遊ぶ場所が無い。
きっとそんな声が、このコフフンを誕生させたのかな?とも思ったりしています。
なんせ市長さん自身が、子育て真っ最中の市長さんですからね。

最近は子供の遊び場所が減っています。
公園ではボール遊びが禁止になったり、危ないからと遊具が撤去されたり。
ゲームの普及も、子供達が外で遊ばなくなった一因です。

子供って本来、身体を使って遊ぶのが大好きです。
それなのに、遊ぶ場所が無い。
危ないからと大人の都合で遊び場をなくしている。
それでいて「ゲームばかりしている」と子供達を叱る。

身体を使って遊んでいる時の子供達って、本当に笑顔がはじけています。
もっともっと、子供達がたっぷりと遊べる場所を増やしていきたいです。
まずはコフフンに行ってみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 日記

2017年04月22日

ようやく問題解決

170422.jpg

本日は土曜日。
娘たちが家にいるので、騒がしくて仕事どころではない。
仕事ではないけれど、以前から気になっていたことを調べてみた。

気になっていたのは、メール配信の件。
自治会と剣道で、メール配信を導入しており、そのシステムのことで調べたいことがあった。
自治会も剣道も、私が推奨して、レンタルサーバーを契約している。
私自身も使っている「さくらレンタルサーバー」を使っています。

レンタルサーバーの代金も、年間でも4〜5,000円で済む。
そのレンタルサーバーにフリーのCGIプログラムを入れて、メール配信のシステムを組んでいます。
最初にこのシステムを取り入れたのは、私がまだ学童の保護者会会長をしていた時。

緊急連絡網を作って、警報時などに連絡をする必要があったが、電話では仕事中だと繋がらない。
それに時間がかかってタイムロスが生じてしまう。
そこで考えたのがメールでの連絡。
今となっては当たり前のことだが、当時はなかなか難しかった。

メールをいちいち一人ずつに配信することは無理。
それにBccで送るにしても、かなりの手間がかかる。
もっと素早く確実にメールを送れないか?と探していたら、フリーで使えるメルマガシステムを見つけた。
そのCGIプログラムを、自分のサーバー(デザイン工房アイランド)に入れて使っていました。

その後、学童でもレンタルサーバーを契約して、そこでプログラムを入れて運用しました。
私がやめた後も、説明書を作って、誰でも使えるようにしていました。

その後、剣道でも導入し、問題なく運用をしています。
そして自治会でも取り入れました。
しかし、ここで問題が発生。
なぜか、メールが受け取れない人がいる。

迷惑メールフィルターで引っかかっているわけでもない。
メール配信用のアドレスを受信する設定にしているのに、なぜか届かない。
いろいろ調べてわかったのが、メールを発信する際に、SPF証明というものが必要らしい。
つまりはなりすましではなく、正真正銘このサーバーから発信しています。という証明のようなもの。
それをメールのヘッダーに入れ込むことで、ちゃんとメールを受け付けるらしい。

難しいことはよくわからないが、調べてみると、さくらインターネットのサーバーには、そのSPF証明の機能が付いていた。
その設定にチェックを入れるだけで、証明付きのメールを送れるようになる。
そこで、自治会のサーバーにログインして、SPF証明にチェックを入れた。
そして、今までメールが届いていなかった会員に、テストメールを送った。

しばらくすると「届きました」と返信がきた。
成功したようです(^o^)
これで長い間、解決できなかったことがクリアになりました。

なぜか「メールが届かない」と言っていた人は、auの携帯の人ばかりでした。
どうも、auはなりすましメールへの対策が厳しいようです。
SPF証明を盛り込みことで、ちゃんとメールが届くようになると、サイトにも書いてありました。

これで自治会でも本格的に運用ができます。
他にも使ってみたいと思っているので、今日解決できてスッキリしました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:08 | Comment(0) | 日記

2017年04月21日

ITの進化と脳の退化

170421.jpg

そんなことができるのか!?

Facebookが驚きの発表をしました。
近い将来、頭で考えただけで文字にする技術に取り組んでいるらしい。
つまりは、キーボードを叩いて文字を入力する必要がなくなる。

それは実現すれば、ものすごいことですよね。
キーボードに打ち込んだり、スマホなら小さな画面で入力しなくても、文字が入力できるってこと。
パソコンが使えない人や、身障者で手が自由に使えない方などにとっては、ものすごく便利だと思います。

一方で、頭の中で考えていることが、読み取られているという恐怖心もあります。
自分でコントロールできるのなら良いけど、暴走して自分の考えていることが、全てオープンにされてしまう。
またパソコンやネットのハッキング同様に、誰かの考えていることを、盗み取ることも考えられます。
まさにSF映画の世界が、もうすぐそこまで来ているのかも知れませんね。

とても便利ではあるけれど、これが常識化してしまうと、人はますます退化していくのではないでしょうか。
本来、人は頭で考えたことを、口で発する。
しかし、口で発した情報は、録音をしない限り残らない。
「言った言わない」の水掛け論になるから、重要な情報は書面で残す。

情報を残すという意味合いで、人間は長きにわたり、頭で考えたことを文字にしてきた。
頭で考えて紙に書いていたのです。
それが近年になって、パソコンで書面を作るようになった。
つまりは、「書く」という動作の代わりとして、キーボード入力をするようになった。

この時点で人は退化していると思う。
キーボード入力をすると、覚えていない漢字も、キーボードで打ち込める。
さらに覚えている漢字も、書かないので、次第に忘れていく。
私もすっかり漢字を忘れています(笑)

これはやはり手で書かないので、脳が忘れてしまっているのだと思う。
人は文字を脳で覚えるのではない。
書いて体で覚えているのだと思う。
だから小学生の勉強は、ひたすら文字を書く。
脳で覚えるのであれば、見るだけで良い。
手で書いて、それを脳に叩き込んでいるのだと思う。

この作業をしなくなるから、パソコンで文字入力ばかりしていると、文字を忘れてしまう。
読むことはできても、書くことができなくなる。

さらに文字入力すらしなくても、文字が打ち出せるようになると、ますます退化していきそうだ。
頭の中で考えることって、とっても曖昧です。
文章を考えるときに、頭の中で漢字で意識しているだろうか?
少なくとも私は考えていない。

これは人によって大きく違うと思う。
よく「右脳派・左脳派」という言葉を聞く。
物事を考えるときに、右脳と左脳は違う役割をしているらしい。
それをどうやって活字にするのか?

手書きの文字であれば、その人の特徴が現れる。
筆跡というものがあり、それはその人の個性と言える。
しかし、文字入力した活字は、その人の個性はあまり感じ取れない。
文脈などの特徴は出るが、文字としての特徴はない。

さらに頭で考えただけで文字にするということは、曖昧なニュアンスが文字としてでてこない気がする。
デジタル処理なので、0か1の情報で振り分けられるだろう。
微妙な表現や言い回しが、文字として出てこない可能性がある。
あらかじめ用意されている言葉を選択して、文章を作るようになるのではないか。
すでにスマホなどでは、予測機能が付いていて、文字を打ち込むと、関連する言葉や、これまでに使った言葉が候補として出てくる。
それを選択するだけで、文章ができるので、頭の中で文脈を考える作業をしなくなる。

これを繰り返していく内に、文章を考えることをしなくなる。
ますます脳は退化していくのではないだろうか?

便利になっていく世の中。
しかし、自分で考えて、自分で形にする。
それが一番大事なことだと思います。
便利なものは道具のひとつ。
道具は使うものであって、使われるものではない。

でも、人間は楽な方に流されるんですよね。
私がこうやって、つぶやきを続けているのも、キーボードで文字が打ち込めるから。
手書きで書いていたら、絶対に続いていない(笑)

意識の中に「自分で考える」ということを常に持っていることが大事ですね。
そして私も少しは手書きで漢字を書くことをしないといけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月20日

時には現実逃避も必要です

170420.jpg
【どこか遠くへ飛んでいきたい】

桜の花も散り、新緑の季節へと移り行く季節。
若葉の緑がまぶしい季節です。
新年度で新たな気持ちでスタートできる時期でもありますね。

我が家でも次女が入学し、新たなスタートとなりました。
私の方は新年度だからと行って、仕事が変わるわけでもなく、相変わらずの内容です(笑)

絵本の仕事も最後の一つが、そろそろ完成が見てきました。
昨年末から絵本の仕事が立て続けに入り、なんと4つの絵本を手がけることになりました。
これまでは1年に1回あるかないかくらいだったのに、いったいこの絵本ラッシュは何だったんだろう(^^;)

早いものは今月末には刊行になると思います。
絵本が出来上がってきたら、またこちらでも紹介したいと思います。
仕事の方は、以前よりも若干時間にゆとりができましたが、また次の仕事が差し迫っているので、のんびりとはできません。
早め早めに手を打たないと、また後から時間に追われることになります(笑)

しかし、そんな現実と向き合いながらも、この季節は現実逃避をしたくなる。
これから先、五月晴れの日に、空には飛行機雲が。
真っ青な空に、一直線にラインを引く飛行機を見ていると、どこかへ飛んで行きたくなります。

飛行機、もう何年乗っていないだろう?
確か息子が11歳の時に、家族で北海道帰省した時に乗ったのが最後のはず。
もう6〜7年、飛行機に乗っていない。
今年の夏こそは、飛行機に乗って北の大地にフライトしたいぞ(笑)
そんな想いを原動力として、現実の仕事を頑張ります(^^;)

まだまだ肌寒い日もありますが、どんどん暖かくなって行く季節。
緑が深くなり、空気も澄んで、気持ちよい季節です。
夏に向かっていく初夏の頃。
なんとなくワクワクして、とても好きな季節です。

時々空を眺めて、現実逃避しながら、現実をしっかり見据えて頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2017年04月19日

そろそろゴールデンウィークの予定を

170419.jpg
【今年も見れるかな】

4月も半分が過ぎて、あっという間にゴールデンウィークが近づいてきました。
いやはや本当に早いですね。
今年もゴールデンウィークの予定を考えなくては(^^;)

我が家はほぼ毎年、ゴールデンウィークには、アドベンチャーワールドへ行っている。
おそらく今年もそのパターンになると思う。
あまり遠出はしたくないですからね。
アドベンチャーワールドも十分遠出ですが(^^;)

行き慣れているので、あまり苦にはならないんですよね。
それに、昔に比べると、本当に行きやすくなりました。

昔は下道で走っていたんですよね。
今思うと、とてつもなく体力あったなぁ〜と思います。
昨年は途中から、高速道路を使って走ったので、本当に楽でした。
今年は京奈和道路と、阪和道路が繋がったらしいので、もっと楽になると思う。

毎年行っているアドベンチャーワールドですが、子供達って飽きないんですよね。
そういう私も飽きないんですけどね。
動物好きには毎年行っても飽きないところです。

今年も夜中に車を走らせ、駐車場で仮眠して、朝一番に入園。
いろいろ巡って、15時頃には帰ります。
そのまま帰るのではなくて、近くのとれとれの湯で、疲れを取って、これまた毎年行っている居酒屋で美味しい海の幸を食べて帰ります。
ここ数年は、このパターンで定着しています。

たまには違うところに行ってみたい気もするが、渋滞に巻き込まれるのは嫌ですからね。
しばらくはこのパターンで続くことでしょう。
子供達が大きくなったら、行かなくなるだろうしね。

さて、そろそろゴールデンウィークの予定を考えるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:35 | Comment(0) | 日記

2017年04月18日

母のiPad奮闘記

170418.jpg
【Appleさん、これくらいのアイコンの大きさにできるようにしてください】

先週の木曜日に、奄美にiPadを送った。
姉に聞いた話では、音楽を聴いたりして、ちょっとずつ使っているようだ。
なんせ、もう87歳の母なので、iPadは超高級なおもちゃです(笑)
わからないと言いながらも、ちょっとずつ使っているようです。

そして本日。突然母からFaceTimeがかかってきた。
初めて自分からFaceTimeをかけてきたようです。
しかし開口一番「iPadが使えないのよ」と言って来た。

思わず私は「ハァ?使えないってFaceTime使ってかけてきてるやん」
母としてはうまく使いこなせないって言いたかったのだろう(笑)
実は昨日も電話がかかってきて、「iPadが使えなくなった」と言って来た。

この時は、画面に「iTunesに接続してください」と出ていたようで、私が一旦電源を落とすように指示して、なんとか使えるようになりました。
この時も電話で指示するのですが、いかんせん耳は遠いし、こちらが言っていることをどこまで理解しているのかわからない。
母も高齢のため、なかなか思うようにできない自分に腹が立つのか、すぐに諦めようとする(笑)

今日もFaceTimeで繋がっている最中に「消す時はどうするの?」と質問して来た。
「画面を触ると赤い電話のマークが出るからそれを押して」と説明した。
するとその直後に、母の声が聞こえなくなった。
おそらく出てきた電話マークの横の、マイクボタンを押したものと思われる。

私がジェスチャーで「声が聞こえていないよ」と言うが、なんせ母の声が聞こえないので、わかっているのかわからないのかすらもわからない(笑)
そこで携帯に電話を入れた。FaceTimeで顔を見ながら携帯で話すと言う、なんともおかしな状態ですが、声が聞こえないのは致し方ない。

電話で「FaceTimeの声が聞こえていないよ」と言うと母は「聞こえているよ」と答える。
いや今は電話だから聞こえるのは当たり前(笑)
もう一度電話で説明して、マイクのボタンを押させて、ようやく声が聞こえた。

FaceTimeで話しているところに、次女が帰宅。
母も次女と顔を見て話せて満足した様子でした。

まだまだ使い慣れていない母。
「難しくて頭がこんがらがる」と笑いながら話していました。
私が「何もすることが無くてボケるよりも良いだろ」と話すと笑っていました。

確かに87歳で初iPadは難しいでしょうね。
でも、慣れればそれなりに使えてくると思います。
孫と顔を見て話せたり、音楽を聴くことができたり、写真もたくさん見れます。
少しずつ慣れてもらいましょう。

iPadは私たちの世代には使いやすい。
しかし母のような超高齢には、やはり難しいですね。
一番思うのは、もっと表示を簡単化してほしい。
例えばアイコンを倍くらいのサイズにしたり、アイコンの文字も巨大化できれば、もっと使いやすくなる。

一応設定で文字を大きくしたり、ズーム機能などもあるが、ホーム画面のアイコンの文字は大きくならない。
そこが一番必要なところなのに。
Appleさん、お年寄りでも使えるように、その辺考えてくれないだろうか。
ダメ元で一度メール送ってみようかな。

なんとかiPadデビューした母。
また「わからない」と電話やFaceTimeが来るかもしれないが、それも親子のコミュニケーションになるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2017年04月17日

次女の学校生活

170417.jpg

学校が始まって一週間経過しました。
次女もなんとか学校生活を楽しんでいるようです。
いったいどんな状態で授業をしているのか?
不安だらけですが、来る家庭訪問と授業参観で確認したいと思います(笑)

託児所のお友達と離れ離れになって、一人で入学した次女。
同じ町内で顔見知りになっている子もいるので、すぐにお友達になるだろうと思っていました。
案の定、仲良くなっているようですが、それ以上に仲良しになっている子がいます。

先週末、学校から帰って来た次女。
ドアを開けると、そこには同級生の女の子と、そのお母さんがいました。
何かあったのか?と一瞬ビックリしましたが、遊ぶ約束したらしく、お母さんが二人を公園に連れて行ってくれました。
その後、家にも来て、今度は家で二人で遊んでいました。

これに味をしめた次女、今日も二人で遊ぶ約束をして、家に来て遊んでいました。
よほど嬉しいのでしょうね。興奮状態でお友達を家に招き入れていました(笑)
17時になると、お母さんがお迎えに来て、「また明日ね〜」と手を振って帰って行きました。

託児所時代は、それぞれに家が遠いことから、お互いの家に行き来することなんてありませんでした。
昨年、ハロウィンとクリスマスパーティーで、お呼ばれされてお友達の家に遊びに行っただけ。
我が家には一度もお招きできていません。

次女にとっては、お友達を家に呼ぶことが、とても嬉しく仕方ないのだと思います。
まだ宿題も出ていないので、家に帰って着替えたら、遊びモードです。
しばらくは二人で家で遊ぶことが続きそうです。
そのうち、他のお友達も呼びそうな気がしますが(^^;)

まぁ私としては、騒いで仕事の邪魔にさえならなければ、家でおとなしく遊んでくれて構わない。
そのうち、慣れてきたら子供だけで公園行って遊んだりし始めるでしょう。
何より仲良く遊んでくれるのが一番です。

たくさんお友達作って、たくさん勉強して、たくさん遊んで大きくなれ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記

2017年04月16日

満開の桜と剣士達

170416.jpg
【満開の桜の柳生にて剣道の試合】

約3年ぶりでした。

今日は試合参加のため、朝から車を走らせました。
走らせた先は柳生。車で約40分ほどの距離です。
柳生へ来るのは約3年ぶり。

今回は長女が選手として参加。
3年前までは、応援で参加していました。
新チームとなって初めての試合となるので、毎年花見もかねて全員で応援をしていました。
しかし、準備が大変なことと、選手以外は稽古をお休みすることになるため、ここ数年は選手のみが来ています。
我が家も今回は選手に選ばれたため、3年ぶりの参加となりました。

お天気を心配していましたが、朝から気持ち良く晴れて、丁度良い気温でした。
こちらは、もう桜が散り、残っている桜はほんの僅か。
今年もお花見はできず、残念に思っていました。
しかし、柳生は今まさに満開の桜でした。

肝心の試合は、なんと1試合目。
新チームで初めての試合で、1試合目の登場となりました。
相手チームは今回の主催道場である柳生道場です。

柳生は2チーム出場しており、我がチームが対戦したのはBチームでした。
そのため、小さな子が中心で、体格から見ても、わがチームの方が有利。
試合結果も先鋒から大将まで、我がチームが勝利して初戦を勝利することができました。
しかし、相手チームのガッツも素晴らしかったです。
小さな身体でも、怯むことなく向かってくる姿は、立派な剣士でした。

初戦を終えると、3試合目にすぐに二回戦です。
二回戦の相手は、なんと前回の優勝チーム。
しかし、ここは当たって砕けろくらいの意気込みで行くしかありません。
そして、皆見事に当たって砕けました(笑)

やはり前回優勝のチームは強かったです。
動き一つからしても違う。スピードが違います。
我がチームも必死に頑張ったのですが、一回戦とは逆に、先鋒から大将まで敗れてしまいました。

そして我がチームを破った、前回優勝チームも三回戦で敗戦。
そのチームは準優勝チーム。
やはり強いです。

同じ小学生ですが、何がこの差を生むのか?
やはり稽古量と中身なんでしょうね。

長女も今年と来年、試合に参加する機会が増えると思います。
試合に勝つことだけが全てではありませんが、やはり勝ちにはこだわってほしい。
もっともっと勝ちに貪欲になってほしいですね。

新チームとなって初めての試合。
子供達も頑張りましたが、課題が多く見えた試合でした。
この一年、少しでも多く勝てるように、これからも稽古を頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年04月15日

今、そこにある危機

170415.jpg

どちらも引くに引けない状態になっている。

北朝鮮に対し、これ以上核開発を進めるなら、先制攻撃も辞さない。
アメリカは本気度を示すために、朝鮮半島近海へ空母を向かわせました。
これに対し、北朝鮮も反発を見せています。

今日はもしかすると、核実験が行われるかもしれないと言われていました。
もし、北朝鮮が核実験を行った場合、アメリカは攻撃を始める可能性が高いです。
そうなった場合、北朝鮮vsアメリカというだけでは収まりません。
一番危惧されるのが、北朝鮮から日本に向けてミサイルが打ち込まれる可能性。

これまでも何度も何度も、日本に向けてミサイルを発射してきた北朝鮮。
あまりに回数が多いので、日本国民も「またか」と慣れっこになっていた感があります。
しかし、今回ばかりは本当に核弾頭や化学兵器を乗せたミサイルが飛んでくる可能性があります。

これだけ朝鮮半島の緊張度が高まっているのに、日本の国会は何をしているのでしょうか?
全く日本国民を守る気持ちもないようです。
一応、政府としては対策を考えているようですが、本来の国会は政府与党と野党が、国のことを第一に考えて、それぞれ議論する場です。
それが政権の足を引っ張って、なんとか支持率を下げたいだけの国会になっている。

「何のための国会なの?」ってつくづく思う。
森友問題で、国有地が安くで払い下げられて、莫大な税金が無駄になったっていうけど、その森友問題ばかりで、国会を空転させて、決めるべきことも何も決められない国会議員の方が、よほど税金の無駄遣いです。

すぐお隣で、まさに戦争が始まるかもしれないという状況なのに、全く危機感を感じられません。
「どうせそんなこと起きない」と思っているのかもしれませんね。
そして、もし本当に戦闘が始まって、万が一にも日本に被害が出たら、その時はここぞとばかりに政権批判をするのでしょう。それが野党の仕事だと思っているのでしょうね。

本当に避けてほしいと願っていますが、もうどちらも引くに引けない状況になっています。
金正恩も核開発は辞めないし、その核開発を指をくわえて見ているトランプ大統領ではありません。
次の北朝鮮の行動が引き金になりかねません。

少なくとも4月いっぱいは緊張感が続きます。
最悪の事態も想定して、日々の生活を営みましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月14日

誰も信じるなと子供達に教えなくてはならないのか

170414.jpg

まさか、まさか。
子供を見守る立場の人間が・・・・。
誰もがそう思ったはず。

千葉県我孫子市でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが殺害された事件。
逮捕されたのは、何とリンちゃんが通う小学校の保護者会会長だった。
もっとも子供達を見守る立場の人間。
あまりにもショックが大きすぎる。

まだ動機はわからない。
本人もまだ容疑を認めていない。
わからないことだらけだが、逮捕されたという現実。
いったい何を信じれば良いのか。

自身も子供を持つ親でありながら、いったい何故?
自ら会長に立候補し、再任を希望していたという。
そして事件後も、変わらずパトロールに参加していた。
いったいどんな気持ちで?

幼い子供が犠牲になる度に、どうやって子供達を守るのか?という議論が起きる。
その一番の解決策は、やはり学校やPTA、そして地域の協力が一番です。
しかしその中核である保護者会会長が犯人だなんて。
あまりにも厳しすぎる現実です。

報道では保護者会会長と出ていますが、要はPTAの会長ということですよね。
そうであれば、もちろん子供たちも顔をよく知っていて、自分たちを守ってくれる人と認識している。
リンちゃんが声をかけられたとしても、なんの疑いも持たなかったでしょう。

子供達を見守る側のトップの人間が過ちを犯す。
もう何を信じて良いのかわかりません。
この事件が与えたショックは、あまりにも大きすぎます。

我が家も次女が小学校に入ったばかり。
毎日、地域のボランティアの方に見守られて帰宅してきます。
こんな事件が起きると、親は本当に気が気でない。

私もPTA活動が始まり、パトロールにも参加することになる。
これまでは不審者に目を光らせていたが、それだけでは済まなくなるのだろうか?
あまりにも悲しい。

子供達は学校で「いかのおすし」という言葉を習います。
【イカ】 いかない
知らない人にはついていかない
危ないところにいかない
【の】 のらない
知らない人の誘いにのらない
知らない人の車にのらない
【お】 おおごえでさけぶ
危なかったらおおきな声で叫ぶ
こわかったらおおきな声で叫ぶ
【す】 すぐ逃げる
人のいるところにすぐ逃げる
近くの家へすぐ逃げる
【し】 しらせる
周りの大人にしらせる

これは知らない人が前提。
今回のように知っている人では、いかのおすしも効力は無い。
もう子供達に「誰も信じるな」と教えなくてはいけないのか。
あまりにも悲しすぎる事件です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:34 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月13日

奄美とFaceTimeで繋がる

170413.jpg

夕方にiPhoneのFaceTimeが鳴った。
かけてきた相手は、奄美の母である。

実は母に使ってもらうために、iPadを送りました。
実家はネット回線もPCもありません。
一番良いのは、母の携帯をiPhoneにするのがベスト。
しかし、年老いた母にiPhoneは使えない。

そこでiPadをauで追加契約した。
私がiPhoneに追加する形で、auでiPadを契約。
wifiじゃなく4Gなので、au回線を使って通信が可能。
そのiPadを奄美に送ることで、お互いFaceTimeで通話が可能になる。

いきなり母が使えるわけでは無いので、今日は姉が実家に来ていて、そばについてかけて来たようだ。
夕方で娘たちもいたので、それぞれ顔を出して挨拶した。
これまでは電話だけで声だけだったので、孫の顔を見れて母も喜んでいたようです。

少しずつ使い方を覚えてもらって、FaceTimeで会話ができるようになってほしいと思います。
他にも写真の共有をしているので、こちらで写真を追加したら、母のiPadでも見れるようにしています。
これで孫たちの成長を見てもらえる。

ひとつ気になるのは、通信制限がかからないか。
2GBしか無いので、たくさん通話をすると、もしかすると通信制限を超えるかもしれない。
何せ初めてのことなので、どこまで通信がかかるかわかりません。

私はほとんど家で使っているので、wifi使用です。
外で4Gでネット回線を使うのはあまり無い。
今回4GでiPadを使うことで、どれだけ通信がかかるのかが気になるところ。
ひと月使ってみて、足りないようなら容量追加するしかないか。

母にとっては高級なおもちゃですね(笑)
音楽も聴けるし、興味を持っていろいろ触ってほしいと思います。
ボケ防止にもなるし(笑)

北海道とはSkypeで繋がり、奄美はFaceTimeで繋がります。
これで、どちらも顔を見て話ができる。
遠く離れて会えないから、せめてビデオ通話だけでも顔を合わせたい。
そして今年は帰省もしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:16 | Comment(0) | 日記

2017年04月12日

真央ちゃんお疲れ様でした

170412.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/sports/news/170412/spo1704120037-n1.html

突然の引退宣言でしたが、多くの日本国民が納得し「お疲れ様〜」と口にしたことでしょう。

浅田真央選手が引退をブログで発表し、本日記者会見も行いました。
本当に全てを出し切って、最後までやりきったのでしょうね。
会見でも晴れ晴れとした表情を見せていました。

しかし、最後の挨拶で言葉に詰まり、堪えてきた感情が吹き出してきたのでしょう。
思わず背中を見せて、涙を拭くシーンが2度ほどありました。
それでも最後は笑顔で締めくくったのは、真央ちゃんらしかったと思います。

常にフィギュア界を引っ張り、常に注目され、常に結果を求められた。
どれだけのプレッシャーがあったか。
私たちには想像もできないことだと思う。
それでも真央ちゃんスマイルで頑張ってきた。
本当にすごいことだと思う。

日本のフィギュアを大きく変えた存在です。
浅田真央選手に憧れて、次々と若い選手が育っています。
それは女子だけに限らず、男子フィギュアでも若手が成長している。
そしてそれが世界に影響を与えている。
まさしく日本だけでなく、世界に影響を与えたのが浅田真央選手だった。

まだまだ若いと思っていたのに、いつの間にか真央ちゃんも26歳になっていたのですね。
これからは結婚も視野に入れながら、一人の女性として幸せを掴んでほしいと思います。
そして、当然フィギュアに関わっていくことと思います。
どのような道を歩むのかわかりませんが、自分らしく生きていける道を歩んでほしいですね。

浅田真央選手が切り開いた道を、多くの若手選手が通って才能を開花させています。
そして、その選手に憧れて、また子供達がその道を進んでくれることでしょう。

ソチオリンピックでの、ショートのどん底から復活した伝説のフリー演技。
今見ても胸が熱くなります。
あの演技に勇気をもらった人は多いと思います。
失敗しても、どんなにどん底に落ちても、そこから再び輝き出すことができる。
そんなことを教えてくれた演技でした。

真央ちゃん、本当にお疲れ様でした。
そして素晴らしい夢を見せてくれてありがとう。
しばらくはゆっくりと休んでください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記

2017年04月11日

本当の日本文化を知る

170411.jpg

晩御飯を食べながら、何気なく見ていたテレビのチャンネルを変えた。
特に見たい番組があったわけではなく、何か面白そうなものが無いか見ていた。
その時、「剣道」という言葉が目に入った。

何?と思って見ていたら、なぜか外国人が日本人に剣道の極意を教えている。
しかし、それが何ともデタラメな内容。
「おいおい剣道ではそんなことしないよ」っておもわずツッコミたくなる(笑)

この番組は、海外で日本の文化を真似ている外国人をターゲットにした「ぶっこみジャパニーズ8」。
曖昧な知識で真似事で日本の文化を真似るため、とんでもないことになっている。
以前もやっていたのを、見たことがあるので、内容はすぐに理解できた。

今回はモロッコで、日本の剣道を広めたいと頑張っているモロッコ人のところへ、日本から剣道の達人が弟子入りする。
もちろん、剣道の達人であることを隠した状態で。
滅茶苦茶な稽古や、笑ってしまうような修行にも、真剣に付き合う剣道の達人。

そして数日間修行して、突然日本に帰ることになったと言い、彼らに別れを告げる。
もちろんそれは嘘。その後、モロッコで行われるイベントに、剣道の達人として出るため。
このイベントも当然番組が用意したもの。

剣道仮面と題して、顔がわからないように、口にも綿タオルをかけた状態で、目だけを出しイベントに出る達人。
そして、モロッコの指導者と試合をする。
まさか自分が教えた日本人が、本当の剣道の達人であることを知らないモロッコ指導者。
試合はあっさり達人が勝利。

そしていよいよ面を外して正体を明かす。
自分が教えていたのが、本物の剣道の達人であることに驚き、また再会を喜ぶモロッコ指導者。
素晴らしかったのは、達人が「皆さんを騙してしまい申し訳ない」と謝ったこと。
しかし、それに対し相手も素直に自分たちの間違いを認め、本当の剣道を受け入れた。

最初は無茶苦茶な剣道に、呆れた感じだったが、「モロッコで剣道を広めたい」という気持ちは本物であると悟った達人。
最後はモロッコ人に剣道の基本を教えて、それぞれに竹刀をプレゼントして帰った。
本当の剣道を学んだモロッコ人たちは、その後も稽古に励んでいるようです。

剣道に続いては、ノルウェーで歌舞伎の女形をしている外国人がターゲット。
こちらにも、本物の女形、河合雪之丞が身分を隠して弟子入り。
もう滅茶苦茶な内容にも、真面目に練習をする。

最初はあまりにも酷い内容に、呆れた様子だったが、「日本が好き、歌舞伎が好き」という情熱は本物であると理解した雪之丞。
こちらも、突然帰国することになったと言い、別れを告げます。
そして番組が用意したイベントで、本物の歌舞伎女形を披露。

初めて本物を目の当たりにして、感動するノルウェー歌舞伎者。
舞台が終わってすぐに化粧を落とし、正体を明かした雪之丞を見て、驚愕しながらも大喜びしていました。
こちらも本当の女形の基本を教え、ノルウェー歌舞伎もそれを素直に受け入れた。

どちらも感じたのは、日本の文化に感銘を受け、それを広めたいという情熱。
ただ、本物を知らないゆえに、間違った内容でそれを実践している。
日本人である私たちも、それを真似ることができるか?と言われれば、大半の人はできないと思います。
剣道にしたって、たまたま子供達が習っているから知っている。
でも、それまではまったく無知でした。

外国人が日本の文化に感動して、それを広めたいと思う気持ち。
とても嬉しいと思った反面、日本人である私たちが、日本の文化を知らないと思いました。
歌舞伎だって、一度も見たことがありません。
もっともっと、自分の国の文化を知ることが大事だなぁ〜と思わせてくれた番組でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記

2017年04月10日

学校生活&英語教室スタート

170410.jpg
【お姉ちゃんの後を追ってルンルンで家を出た次女】

金曜日に入学式を済ませ、本日からいよいよ学校がスタートです。
朝は待ちきれない様子で、「まだ出ないの?」と聞いてくる次女。
お姉ちゃんが準備を済ませ、ようやく家を出ると、お姉ちゃんの後を追って分団の集合場所へと向かって行きました。

私も家の前で見送りました。
家に戻って朝ごはんを食べようと、準備をしていると、突然チャイムが鳴った。
先ほど出たばかりの次女が戻ってきたのだ。

「どうしたの?」と聞くと「靴を間違えた!!」。
足元を見ると、学校の白靴ではなく、いつも託児所に履いていた黒い靴でした(^^;)
ついついいつもの癖で履いたのですね。
そして私も気づいていませんでした(笑)

改めて「行ってらっしゃい・行ってきます」で出発した次女。
お姉ちゃんが途中の道で待っています。
きっとお姉ちゃんが気づいてくれたんだと思います。

みんな今日から給食ですが、新1年生はまだ給食が始まりません。
よって次女はお昼には帰ってきます。
1年生だけの帰宅で少々心配しましたが、ボランティアの方がついて歩いてくれているようで安心しました。

そしてお昼前に帰ってきた次女。
元気に「ただいま〜」と帰ってきました。
私が「楽しかった?」と聞くと「うん!お腹すいた!お昼ご飯何?」と返ってきました(^^;)
「お前は学校行っても食べることかい!」ってツッコミ入れたくなりましたが、食欲あるのは馴染んでいるということでしょう。

初めての学校でしたが、今日はもう一つ初めてのことが。
お姉ちゃんと同じように、英語教室に通うことになった次女。
以前から「行きたい」と言っていたのですが、小学生になってからと考えていました。

そして今日が初めての教室。
これまでもお姉ちゃんの授業参観などで、英語教室には何度も入っており、先生の顔も知っているので、全く躊躇することなく、教室へと入って行きました。
迎えに行った時も「楽しかった〜」と言っていました。

新たな環境で新たなスタートを切った次女。
これからいろんなことがあると思いますが、それぞれに楽しんでほしいと思います。
私もまた、英語教室の送迎が増えますが、託児所の送迎が無くなったので良しとしましょう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:03 | Comment(0) | 日記

2017年04月09日

お花見できず

170409.jpg
【桜はいつまで持つかなぁ〜】

桜が満開となり、ちょうどお花見シーズンの日曜日。
しかし、あいにくの雨模様(T_T)
おまけに嫁さん仕事(T_T)
今年もお花見はできそうにありません(T_T)

もう3年くらいお花見していませんね。
満開の桜の下で、お弁当食べるだけでも良いのですが、なかなかタイミングが合いません。
桜のシーズンって、意外と忙しいんですよね。

今日は大阪の姉が家に来る予定だったので、お昼からはず〜っと家の中でした。
次女は待ち遠しくて「まだ来ないの?」となんどもなんども聞いてきます。
ようやく姉が来て、お土産のお菓子をもらうと大喜びでした。
姉を待っていたというよりも、お土産を待っていたのでしょう(笑)

姉と話している間も、ちょこちょこやってきては、姉用に出したお菓子をついばむ次女。
そして今度は部屋に閉じこもったと思ったら、吹き抜けの窓から、紙飛行機を飛ばして、それがリビングへ。
よく見ると、紙飛行機には、絵が描いてありました。
姉の似顔絵を描いたらしく、プレゼントしていました。
「上手やな〜」と褒められて、また嬉しそうな次女。

しかし、姉が帰った後、その似顔絵を忘れていったようで、テーブルに残っていた似顔絵を次女が見つけて「おばちゃん忘れていった〜」と悲しそうにしていました。
晩に電話があり、忘れていったことを思い出したようです。
「今度行くときまで大事に取っといて」とのことでした(笑)

家に誰かが来ると、とても嬉しい次女。
それが私の仕事関係者であっても、必ず一度は顔を覗かせます。
幼い頃は人見知りな子だと思っていたのですが、4歳頃から豹変しました(笑)
誰にでも話しかけるようになり、どんどん図々しくなりました(^^;)

明日からいよいよ学校生活がスタートです。
楽しみな反面、不安も大きいと思いますが、楽しく学校生活を送ってくれると思います。
何よりもお姉ちゃんが一緒なので、大丈夫でしょう。

お花見はできそうにありませんが、娘たちが元気に学校へ通えることが何よりです。
でも、ちょっとだけでもお花見したかったなぁ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記

2017年04月08日

世界が大きく揺れている

170408.jpg

衝撃が走ったニュースでした。
アメリカがシリアにミサイル攻撃を仕掛けた。
それも米中首脳会談のタイミング。

シリアが自国民に科学兵器を使った可能性があることから、アメリカによるシリアへの攻撃が始まった。
これはやはりトランプ政権だからできたこと。
オバマ政権時代にも、シリアは自国民に化学兵器を使った。
しかし、当時のオバマ大統領は決断できずに、ロシアのプーチン大統領のいいなりになってしまった。

その結果、シリアは泥沼化し、自称イスラム国が勢力を広げていきました。
トランプ大統領は、自称イスラム国を排除すると明言しており、シリアにも厳しい史跡で臨むようです。
そうなるとロシアとの関係が、再び緊張してくる気がしますね。

そして今回の攻撃に一番怯えたのは、北朝鮮の金正恩氏でしょうね。
いざとなったら、アメリカは本当に引き金を引くということを、目の当たりにしたのです。
これまではどんなに挑発しても、攻撃してくることはないと思っていたから、好き勝手に核実験して、ミサイル発射の実験を繰り返してきた。

シリアへの対応も見ていたでしょうから、これまで攻撃されなかったのに、突然攻撃されたのを知って、「次は俺の番か?」と真剣に思っていることでしょう。
今回の米中首脳会談で、北朝鮮に対して、もっと圧力をかけるように、アメリカから話があったはずです。
しかし、そのことに対しては、話題に上がってきません。
上がってこないということは、発表できるような内容にならなかったってことです。

つまりは決別したと見ても良いと思う。
話し合いは平行線をたどり、記者会見などで発表できるような話にはならなかった。
中国は北朝鮮に対して、圧力をかけることはできないということ。
つまりそれは、アメリカが独自で北朝鮮と向き合うということ。

アメリカによる北朝鮮への先制攻撃も現実味を帯びてきました。
斬首作戦が起こりうるかもしれません。
ますます世界は混沌としてきました。

日本も早く有事に備えなくてはいけません。
それなのに、国会は何をやっている。
全く危機感がない。おまえら本当に日本と日本国民を守る気があるのか!?と言いたい。

世界の動きが急速になりつつある気がしてならない。
その中で日本はどう動くべきか?
本当に注視していかないといけない時期にきました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月07日

次女入学式

170407.jpg

あいにくの空模様でしたが、なんとか雨は降らずに、本日無事に次女は小学校へ入学しました。

託児所を卒園してから、約1週間。
まだ託児所ロスから抜け出せないままですが、真新しいランドセルを背負って学校へ向かいました。
託児所時代の友達はいません。
でも、近所の同じ年の女の子と、ちょっと顔見知りなので、その点は安心です。

今日も出かける前に、家の前を顔見知りの女の子が通り、「また後でね〜と手を振っていました」。
学校に着くと受付を済ませ、次女は上級生のお兄さんが手を引いて、教室へと連れて行ってくれました。
私たちは入学式の会場の体育館へ。

しばらくすると、在校生や先生方が入ってきて、いよいよ入学式が始まりました。
新一年生を皆で拍手で迎えます。
誰が担任の先生か、嫁さんと話していました。
息子が1年の時も、長女が1年の時も、受け持っていただいた先生が、別の学校へ移動になっており、低学年を受け持つとなると「もしかして◯◯先生かな?」と話していたのです。

その先生は、長女が2年生の時の担任で、ずっと低学年を受け持っています。
長女も大好きな先生です。
新一年生が入ってくると、先頭にはやはりその先生がいました。
長女も受け持っていただいているので安心です。

やや緊張気味の次女は、促されるままひな壇へ。
式中も顔は緊張している様子でしたが、名前を呼ばれると、元気に返事していました。

無事に式も終わり、その後は教室で担任の先生からのお話。
今年は人数が少なく、28名の1クラスです。
それでもほとんどの保護者は知らない方。
しかも、皆若い(^^;)
見渡した限り、おそらく私が最年長者かと(汗)

来週からこのクラスで、次女は勉強に励みます。
まだまだ託児所ロスがありますが、すぐに小学校生活に馴染んでくれることでしょう。
なかなか咲かなかった桜も、入学を祝うようにほぼ満開になりました。
これから6年間お世話になります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:39 | Comment(0) | 日記

2017年04月06日

ますます政治不信が広がる

170406.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から 大臣たるもの挑発に乗ってはいけませんね】

またまたやってますね。
絶対にメディアが叩くし、それをネタとして野党が騒ぐだろうと思っていました。
案の定です。

今村雅弘復興相が記者会見で、フリージャーナリストの質問に対して、声を荒げたことがニュースで取り上げられ、それをネタとして野党が大臣の辞任を求めています。
大臣の資質として問題があるとのことらしいが、そもそもわざと怒らせようとした記者会見だったと思う。
フリージャーナリストと言われている人物は、ネット上では活動家として知られている。

つまりジャーナリストという立場よりも、活動家として質問をした感が否めない。
最初から怒らせるのが目的だったのでは?
森友問題が下火になっているところで、野党が政権批判をする材料が欲しかったのではないでしょうか?
だからこそ、すぐに辞任を求める声が出てきた。

大臣として感情的になり、声を荒げるのは、正直良くないと思う。
しかし、大臣とて人間。
感情的になって、つい声を荒げることもあるでしょう。
これをチャンスとばかりに追求をする野党の方がおかしい。
厳重注意程度で済む話だが、なんとか安倍政権の足を引っ張ることを、日夜探しているのでしょうね。

本来野党の仕事というのは、政権の足を引っ張ることではない。
政権与党の足りない分を指摘して、そこを補うのが仕事。
互いに指摘し合って、より良い法律を作ったり、切磋琢磨して国を良くするのが仕事。

今の野党を見ていると、もう本当にうんざりします。
少しでも政権にダメージを与え、支持率を下げることが、自分たちの仕事だと、本気で思っているようですね。
言葉汚いけど・・・・・馬鹿じゃないの?って思ってしまいます。
もうほとんど言いがかりに近い状態になっています。

なんでも反対、なんでも批判。
テロ等準備罪にも反対する意味がわかりません。
あなた達はテロリストに味方したいのですか?
もういい加減、なんでも反対、なんでも批判はやめたらどうですか?

そんな野党の姿に、多くの日本国民は失望し、政治不信が広がっています。
野党はすべての責任を、政権与党のせいにして、自分たちはそれをやっつける英雄だと思っているのでしょう。
ホント怒りを通り過ぎて情けなくなってきます。
もっとまともな議論できないのだろうか?

賢い野党があって、政権与党もより良い政治を心が得ることができます。
今の状態は、本当に日本にとってマイナスです。
解散総選挙は遠のいたと言われています。
でも、いずれ解散はやってきます。
その時、野党には自分たちが撒いた種が、負の実りとなって帰ってきます。

私たち日本国民も、まともな政治家を選びましょう。
本当にもううんざりです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月05日

Rainbow復活

170405.jpg
【YouTubeで観ることができるコンサート https://www.youtube.com/watch?v=znXr947_gF4&list=RDznXr947_gF4#t=4

Facebookを見ていると、時々広告や、自分の興味に反映した内容が入り込んでくる。
スルーする内容も多いが、時に思わぬ情報が舞い込む時もある。

今回は嬉しい情報が舞い込んできた。
ハードロックグループのRainbowの情報だった。
Rainbowは1970〜80年代に活躍したハードロックグループ。
ギタリストのリッチー・ブラックモアがリーダーで、メロディアスな旋律と重厚なサウンドが人気でした。

何度か再結成したりしたが、最近はリッチーが奥さんとブラックモアズ・ナイトというグループを結成し、アルバムなどを出していた。
ハードロックではなく、また違ったイメージのグループでした。

もうハードロックのリッチーは見れないと思っていました。
ところが、再びRainbowを結成し、昨年コンサートもやっていたようです。
そのコンサートがYouTubeで見れるようで、思わず釘付けになってしまった。

これまでもRainbowを再結成した時があったが、リッチー以外のメンバーはいない。
Rainbow全盛期の時も、コロコロメンバーチェンジしていたので、リッチー以外のメンバーは誰でもOKなのだ(笑)
そして再結成しようにも、主要なメンバーはもういない。
最高のドラマーだったコージーパウエルも、ヴォーカルのロニージェームスディオもこの世を去った。

今回もやはり、リッチー以外は知らないメンバー。
一瞬、ベースのロジャーグローヴァーがいるか?と思ったがどうも違う。
ドラマーやヴォーカルも若いミュージシャン。
もはやリッチーからすれば、孫と同じくらいの年代差ではなかろうか(笑)

これまでの再結成は、あまり好きではなかったが、今回はヴォーカルは良い。
ヴォーカルの声質がロニージェームスディオと似ているのだ。
目を閉じて聞くと、まるでディオが歌っているようだ。
スターゲイザーなんて、ディオが復活したような歌いっぷりだった。
そしてハイウェイスターやスポットライトキッドなど、ディオ以外のヴォーカルの曲も、しっかり歌いこなしていた。

それにしても、リッチーは歳取りましたなぁ(^^;)
いったい幾つになったんだろう?
少なくとも70は確実に超えているよな。

バリバリ現役の頃と比べると、やはりスピード感は無くなりました。
ハイウェイスターのギターソロも、スポッドライトキッドのギターソロも、どうしてももたつき感が否めない。
しかし、リッチー節は健在です。

まさか再びハードロックのリッチーブラックモアは観れるとは思わなかった。
幾つになっても、ハードロックを続けて欲しいですね。
私もまたエレキ弾きたくなった。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 音楽/映画

2017年04月04日

時間を有効に使おう

170404.jpg

次女の託児所ロスが止まりません(笑)
朝起きてきて「託児所行きたい」から始まり、「先生に会いたい」が続きます。
息子や長女の時は、そんなこと無かったのですが、よほど託児所が楽しかったのでしょうね。
気持ちもわからないでもないです。

でも小学校が始まれば、きっと学校が楽しくなることでしょう。
6月末か7月頭には、託児所の夏祭りに1年生は招待されます。
その時に、離れ離れになったお友達とも会えるし、先生とも会えるでしょう。

私も朝晩の送り迎えが無くなった分、時間にほんの少しだけ余裕ができました。
ただ区切りが難しくなってきています。
これまでは、託児所のお迎えで一旦仕事に区切りが付きました。
時間にして、17:00〜17:30の間。
しかし、どこで時間を切るか、微妙な感じになっています。

できれば、ずっと仕事していたい。
しかし、そんなわけには行きません。
お風呂の準備して、晩御飯作ってと、やることは山積みです。
自分の中で、時間配分がうまくできていません。
次女と一緒で、私も託児所ロスなのかも(笑)

思うことは、きっと季節の変わり目を感じにくくなるだろうな〜ということ。
これまでは、託児所に送り迎えする間に、町の景色を眺めながら、街路樹の葉の色や、風景で季節の移り変わりを感じられた。
しかし、外に出る機会がぐんと減ると思うので、季節の変わり目を感じにくくなるでしょう。

朝散歩でもするか(笑)
朝の時間も、これまでの送りの時間がなくなるので、若干余裕がでる。
娘達の学校が始まったら、20〜30分歩いてみるのも良いですね。
これから過ごしやすい季節だし、何よりも運動不足ですから。

これまでと朝夕の時間が異なるので、うまく時間配分を考えて行きたいと思います。
新年度、気持ちを切り替えて、頑張って行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:07 | Comment(0) | 日記

2017年04月03日

桜の開花と厳しい朝鮮半島状況

170403.jpg

なかなか体調が本調子に戻りません。
今回の風邪はしつこいです(><)
もしかすると、風邪だけでなく、花粉も影響しているのかも。

ようやく暖かくなって、桜が咲き始めました。
今週末くらいが見頃かな?
お花見できると良いなぁ〜。

ようやく春めいてきて、暖かな気持ちになりたいところですが、お隣を見ると、とてもそんな気持ちになれません。
朝鮮半島がマジでやばい状態になりつつあります。
いつ戦争が勃発してもおかしくないほどの緊張感に包まれつつある。

暴走を続ける北朝鮮。
それを抑えきれない中国。
金正恩の斬首作戦を計画していると言われているアメリカ。
大統領が逮捕され、政治空白が続く韓国。

韓国は近々大統領選が行われる。
しかし、その有力候補と言われる人物は、北朝鮮と近いと言われる文在寅氏。
もし文在寅氏が大統領になれば、アメリカの言うことを聞かず、北朝鮮と手を組む可能性すらある。
そうなれば、もう朝鮮半島はグチャグチャです。

アメリカが業を切らして斬首作戦を実行したら、北朝鮮は破れかぶれで何をするかわからない。
道連れに日本に向けてミサイルを撃ち込んで来る可能性は十分にある。
もし、そうなった時、日本はどう対応するのか?
そんなことが全く報じられない、平和ボケ国家の日本。

国会では来る日も来る日も、森友問題ばかり。
明けても暮れても、国会でも報道でも、森友森友。
目の前の危機から、あえて目をそらそうとしているのではないか?とすら思ってしまう。

大統領就任時に、あれだけトランプトランプと騒いでいたのに、森友問題が出てきたら森友ばかり。
日本のマスコミって、単なる流行りを追っかけるだけなのか?
本当に情けなくなります。
もっともっと、日本国民に伝えなくてはならない報道が、山ほどあるハズ。

単に「視聴率が取れる」ってだけで番組を編成するから、流行り物を追っかけるような報道ばかりになるのでしょう。
いい加減に報道の姿勢を考えて欲しいものです。

ようやく春めいて、心も踊るこの季節。
しかし、常に朝鮮情勢から目が離せない状態です。
お花見はお花見で楽しみながら、常に世界の動きに注目する必要がありますね。

しっかりと、厳しい現状を睨みながら、時折美しい桜に心を癒されましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年04月02日

ハードスケジュールな日曜日

170402.jpg
【より剣士らしくなった次女】

はひぃ〜〜〜〜ハードスケジュールな1日でした。

朝は8時から、町内会のクリーンキャンペーン&廃品回収。
私は役員の中で、廃品回収の担当なので、各班の方々が集めてくる廃品を、仕分けします。
もちろん私一人ではなく、回収して来た担当者の方々も仕分けをします。
30分ほどで終わるので、その足でクリーンキャンペーンの方に向かいました。

こちらほぼほぼ終わっていたので、私は先に帰らせていただいた。
娘たちの剣道の稽古があるので、帰ってすぐに朝ごはんを食べて、娘たちを乗せて稽古へ。
今日から次女が道着を着て稽古しました。
これまでの普段着から、稽古着を着るだけで、全く違って見えるから不思議です。

稽古が終わると、今日は全員居残りをせず帰ります。
午後から試合があるため、そちらの試合会場へと向かう。
私は長女だけ、別の保護者の方にお願いをして、次女を連れて一旦家に戻りました。

実は今日は息子を鳥羽まで送っていく日です。
明日から学校が始まるので、今夜中に寮まで送っていかなくてはならない。
試合がある場所は、息子を送っていく時に通る道中。
試合が終わって、家に戻って来るには、あまりにもロスが大きい。
そこで、息子の荷物を積んで、そのまま試合場へと向かった。

今日の試合は、個人戦のみ。
試合に参加する道場が少なく、この大会では、2年ほど、わが道場が優勝を飾っている。
今年も連覇を狙うべく、皆頑張ってくれました。

結果は、今年も見事優勝してくれました。
しかし、最後の決勝戦は、他の道場の子と対戦。
それまでの間に、同じ道場同士で対戦があったのが残念でした。
参加人数が多いので、仕方ないですね。

長女はどうだったかと言うと、あっさり1回戦負け。
あまりに不甲斐ない試合に、帰り際に少し説教をしたら、泣いていました。
泣くのはいつもの事です。問題はそれを次の試合に生かせるか?ですね。

試合が終わったのは15:30頃。
そこから帰る準備などして、試合場を出たのが16:00頃。
そのまま寮に向かわずに、伊勢で高速を降りて、イオンモールで息子の買い物を済ます。
その後、近くのファミレスで晩御飯を食べて、寮に着いたのが20:30頃。

荷物を運び終えて、寮を出たのが21:00頃。
そこから再び高速を走って、途中トイレ休憩を挟んで、23:30頃に帰宅しました。
眠いのと、体調がまだ万全でないことで、特に帰りの運転は辛かった(><)

ハードスケジュールの1日も、なんとか無事終わりました。
明日から、また仕事を頑張ります。
あっそういや、明日から長女にプラスして、次女も居るんだった(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2017年04月01日

奄美の幸

170401.jpg
【テラジャとシビ(キハダマグロ)の刺身】

エイプリルフールということで、ネットでは様々な嘘が飛び交っていました。
すぐに嘘とわかる内容や、思わず騙されてしまう内容。
中には嘘だと思って読んでいたら、本当だった・・・なんてものも。

企業もエイプリルフールを楽しんでいる感じですが、今年は例年よりもささやかな嘘が多かった感じです。
大々的な嘘はあまり見かけなかったように感じる。
企業側も自粛しているのでしょうか?
まぁエイプリルフールに限らず、世の中は嘘で溢れかえっていますけどね。

昨日、託児所を終わったばかりの次女は、早くも「託児所行きたい」と託児所ロス(笑)
学校が始まるまでは、託児所のことを思い出す日々でしょうね。

そんな我が家の晩御飯は、奄美から届いたテラジャ(巻貝)とシビ(キハダマグロ)の刺身でした。
実家の母が、次女の入学お祝いにと、送ってくれたものです。
昨日届いていましたが、昨夜は嫁さんが送別会でいなかったので、今夜の晩御飯にしました。

家族全員刺身は大好きですが、テラジャは長女が特に好きです。
食卓に出てきた瞬間から、一人黙々と食べ、おそらく半分は長女が食べたと思います。
その勢いに巻き込まれたのか、次女も食べ始め、二人で大方食べ尽くしてしまいました(^^;)

刺身はシビだけでなく、ソデイカも届いていたので、こちらも切って出しました。
ソデイカも美味しくて、今夜は奄美の幸三昧となりました。
ちょうどこの時期は、奄美では貝獲りのシーズン。
あまりの長女の食いっぷりに「奄美に行って貝獲りしてくるか?」と投げかけました(笑)

ちょうどバニラエアが就航しているので、格安で奄美まで行けるハズ。
時間さえあれば、ちょっと奄美まで・・・・って感じで行きたいですね。
そんな想いで、奄美の味を堪能しました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 日記