2017年03月08日

相変わらずのマスコミ報道

170308.jpg

北朝鮮の暴走が止まりません。
弾道ミサイルを4発も日本側の排他的水域に打ち込んできました。
一歩間違えれば人的被害も出る可能性がある。
それなのに緊張感ないですね日本。

テレビを点ければ、森友学園のことと、豊洲問題のことばかり。
もううんざりですね。
森友学園はどんどん新たな疑惑が出ていますが、それと安部総理をなんとか繋げようと、野党もマスコミも必死です。
そう印象づけたいから必死なんでしょうね。
正直国民は、森友学園の小学校がどうなるか?なんて興味ないですよ。
なんでここまで引っ張るのか?やっぱり政治問題にしたいからでしょうね。

豊洲の問題もそうです。
国民の関心は、誰が豊洲移転を決めたのか?よりも、豊洲移転は問題ないのか?そしていつなのか?です。
誰が移転を決めて、誰の責任かなんて、今更掘り起こしてどうするのでしょう?
誰か悪者を決めて、皆で批判合戦したいだけのような気がします。

それよりも目の前の脅威を、もっと真剣に考えてほしいものです。
北朝鮮の暴走は本当に危険なレベルに達しています。
アメリカも本気で金正恩排除に動く可能性があります。
オバマ大統領ではあり得ませんでしたが、トランプ大統領は可能性あります。

もしアメリカが本気で北朝鮮に手を出すとなった時、日本はどう動くのでしょうか?
日本は拉致問題を抱えています。
アメリカが北朝鮮に踏み込む場合、日本の自衛隊は拉致被害者救出に動かなくてはいけません。
そのための準備を今からしておく必要があります。

「そんな馬鹿げた話」と思う人もいるでしょう。
しかし、そもそもあり得ない人がアメリカ大統領になったのです。
そしてあり得ないことを、有言実行しています。
可能性としてあり得るのであれば、日本もその可能性に備えるべきです。

マスコミはなんとか森友学園に国民の目を引こうと必死です。
しかし逆効果になっていると、私は思います。
もううんざりなんですよ。
マスコミのやり方はいつもそうです。

ちょっと弱ってきたと思ったら、徹底的に叩く。
まるで集団リンチを見ているような、そんな気分になります。
そしてその問題を、必ず政治問題に持って行こうとする。
もういい加減にしてほしいです。

もっと国民に伝えるべきことがあります。
そして政治家も、もっと危機感を持つべきです。
政権批判の材料探しばかりしていては、国民の信頼は得られません。

北朝鮮の状況は、本当に危機的な状況にあります。
いつ暴発してもおかしくないし、いつアメリカが行動を起こすかわかりません。
不安定化した東アジア情勢から、目を背けていてはいけないのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 私の思うこと