2017年03月31日

ありがとう託児所

170331.jpg

3月最後の日。
それはつまり、次女が託児所を卒園する日。
卒園式は20日に終わっているけど、今日まで託児所でした。
いよいよ最後の日。
数日前から「あと何回行けるの?」と、気にしながらの託児所でした。

そしてもうひとつ。
今日は息子がひと月の航海実習を終えて、帰って来る日でもありました。
ひと月間、日本丸で実習をして、東京から帰って来ました。

息子が帰って来たのが夕方の4時半。
家に居た長女を車に乗せ、息子を迎えに行き、そのまま嫁さんを迎えに行きました。
そして家族全員で次女を迎えに行きました。

次女が卒園するので、これで最後の託児所になります。
17年間、本当にお世話になったので、お世話になった息子・長女を連れて、挨拶も兼ねて迎えに行きました。
息子は制服で帰って来ていたので、その制服姿を見て、主任先生も喜んでくれました。

次女の担任の先生も挨拶に出て来てくれて、次女との別れを惜しんで話してくれました。
その時、思わぬカミングアウトが。
実は担任の先生は、私の所属教会と同じところだったのです。
つまりは奄美大島と繋がりがあったのです。

話を聞くと、ご本人は奄美生まれではないようですが、親が奄美の人のようです。
そういえば、次女がやたらとここ数日、「◯◯先生の詰所がどこどこで・・・」と話をしていました。
しかし、詰所の名前を忘れてしまっていて、なぜ次女が先生の詰所を話しているのが謎でした。
どうやら先生は次女に「お父さんと同じところだよ」と伝えていたようでした。

まさか担任の先生が、同じ所属とは知らずに、最終日にそのことを知って超ビックリでした。
退職したあとは、しばらく詰所に滞在します。
つまりは、詰所に行けば会えるのです。
それを知った次女は、もう詰所に行く気満々でした(笑)

担任の先生と話していているとサブの先生も来てくれました。
すかさずサブの先生にも飛びつく次女。
先生も「元気でね〜」と次女をギュ〜っと抱きしめてくれました。

本当に先生大好きだった次女。
託児所を卒園するというよりも、先生に会えなくなるのが、本当に寂しいようです。
だって、親よりも長い時間、一緒に過ごして来たんですからね。
楽しい思い出も本当にいっぱいです。

楽しい思い出をいっぱい車に積んで、託児所を後にしました。
帰り際は笑顔で「バイバイ」と、手を振って帰って来た次女。
しかし、徐々に思い出して来たのでしょうね。
帰って来て、お風呂上がりに「明日詰所行ける?」と涙目で聞いて来ました。
そして、思い出したように「先生に会いたい」と泣き出すのです。
そんなすぐには会いには行けませんが、落ち着いたら次女を連れてご挨拶に行きたいと思います。

サブの先生はまだ託児所に勤務していますので、託児所に行けば会えます。
行く用事はありませんけどね。
でも、夏祭りは招待されるはずなので、その時は、また会えるでしょう。

たくさんの思い出が詰まった託児所。
親にとっても、息子から長女、そして次女と17年間お世話になった託児所。
本当に長きに渡りお世話になりました。
子供達が明るく、素直に育ってくれたのは、先生方の愛情のおかげです。
ありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:23 | Comment(0) | 日記

2017年03月30日

桜がなかなか咲きません

170330.jpg
【早く満開の桜を見たいですね】

なかなか桜が咲きませんね。
今日は気温が上昇したので、少しは蕾が膨らんだ感じですが、開花まではもう少しかかりそうです。
明日からまた気温が下がるようだし。

ようやく三寒四温が始まった感じですね。
今年は春がなかなか本格化しません。
せめて入学式の頃には、満開の桜を見たいものです。

気がつきゃ〜3月ももう終わり。
本当に忙しかった3月でした。
そして4月からはもっと忙しくなりそうです(^^;)
なんせPTAが始まりますからね。

今夜はそのPTAと関連して、青パトの会議&飲み会でした。
青パトとは、子供の下校時に、車に青いパトランプを点けて、学校前で子供達を見守る勤め。
PTAからも参加があり、その会合に呼ばれて行きました。

お店に入ると、知っている顔がチラホラ。
PTAの時期会長と、商工会の会長さん、そこに以前生涯学習で一緒だった方もいました。
さらに遅れて、以前PTA会長をしていた、同じ町内の方も。

半分は交代なので、私も含めた4人で青パトの勤めをすることになります。
あくまでもボランティアなので、できる範囲でやることになりますが、やはり忙しくなりそうです。

しかし、何か活動をするとなると、やはり同じような顔ぶれになるのでしょうね。
まさか以前生涯学習でご一緒した方と、顔を会わせるとは思いませんでした。
相手さんも「名前見てまさかと思ったけど・・・」と笑っておりました。

4月に入れば、一気に忙しさが増してきます。
本当に風邪引いている場合じゃないので、サッサと風邪を治して、頑張らねば。
桜が咲いて、春爛漫となれば、身体も元気になると思うのですけどね。
早く桜咲かないかなぁ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2017年03月29日

ステンドグラス展DMのお仕事

170329.jpg

昨日の風邪は、しっかり食べてしっかり寝たことで、少し楽になりました。
相変わらず鼻水は出ていますが、身体の怠さはすっかり抜けました。
お陰で今日も仕事頑張れました。

さて、今日はお仕事の紹介をひとつ。
毎年お仕事させて頂いているのですが、ステンドグラス展のDMです。
今日はそのDMの印刷が上がってきたので、納品して来ました。

納品と言っても、納品先はすぐ近く。
私の家から歩いても1〜2分ってとこです。
自宅兼工房ですので、工房の方に出来上がったDMと、いつもサービスで付けさせていただいているA3ポスターを納品して来ました。

毎年、この時期にお仕事をさせていただいておりますが、毎年作品の撮影から始まります。
一番最初は別のカメラマンの方に撮影していただいたデータを受け取っていましたが、翌年から撮影も私の方でやりだしました。
私が撮影した内容でも十分に喜んでいただいて、それ以降はずっと私の方で撮影をしています。

今年はちょうど、次女の卒園式が終わった晩に、工房にお邪魔して撮影しました。
毎年作品が違うので、その作品の持ち味を確認しながら撮影します。
撮影しては、PowerBookにデータを移し、PowerBookの画面で確認をして、再び撮影をする。
それを繰り返しながら、理想の状態に持って行きます。

今年も、1時間半ほどかけて撮影をしました。
今年の作品は、なかなか撮影が難しかったです。
いろいろとあの手この手で撮影をして、ようやくコレと思える撮影になりました。
欲を言えば、もう少しこだわりたい部分もありましたが、私の持っている機材と私の腕ではこれが限度ですね(^^;)
クライアントさんも喜んでいただけているので、良かったと思います。

ステンドグラスと言うと、真っ先に思い浮かぶのは教会のステンドグラスではないでしょうか。
私もそのイメージしかなかったのですが、いろんな作品が作れるんですよね。
興味のある方は、ぜひ作品展に足を運んでいただけたらと思います。

【塚田邦彦 ステンドグラス展】
◎日時 平成29年4月24日(月)〜4月29日(土)
    AM11:00〜PM7:00(最終日はPM5:00まで)
◎場所 現代クラフトギャラリー
    大阪市北区西天満4-6-24
    電話06-6361-6088

さて、まだ体調本調子じゃないけど、明日も頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:18 | Comment(0) | 仕事

2017年03月28日

気の緩み(>_<)

170328.jpg

あぁ〜風邪引いちまった〜(>.<)
今朝から喉が痛くて鼻水出まくり。
頭もぼ〜っとしていましたが、なんとか仕事はできました。

熱はないし、食欲もあるので、しっかりご飯食べて、今日は早めに寝ます。
寝込んでいる場合じゃないし、明日も仕事詰まっているし。

きっと気が緩んだんだろうな。
絵本も2点は完了し、1点も修正はあるけど、山場は越えたと思う。
そしてDVD3本も無事にできて、次女の卒園式も無事に終わった。

このところ、徐々に寒さが緩んできているので、気も緩んだんだと思う。
寒さが緩んでいるとは言え、まだまだ朝晩は寒い。
完全に季節の変わり目に、やられてしまった感じです。

実は1週間ほど前に、次女が同じように風邪をひき、その後、嫁さんも風邪引いてしまいました。
それも影響しているのでしょうね。
そして極めつけは、今朝方のことでした。

明け方に妙に寒くて目が覚めた。
気がつくと布団が腰のあたりまで下がっている。
どうやら一緒に寝ている次女が布団を蹴飛ばしたようだ。
よくあるのだが、真冬の時はすぐに気づいて、布団をすぐに被っていた。
しかし、今朝はしばらく気付かずに寝ていた。
それが、完全に喉をやられ、鼻水も出るようになった一因と思われる。

今日は1日、鼻をかみながら仕事していました。
そして、奄美から送ってきているタンカン(奄美のみかん)を、たくさん食べました。
少しでもビタミン摂って、栄養をつけようと思って(^^;)
気休めでも摂らないよりは摂った方が良いでしょう。

後は晩ごはんをしっかり食べて、暖かくして布団に入って寝ます。
明日もしっかり仕事できるように、風邪に負けている場合じゃないですからね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:10 | Comment(0) | 日記

2017年03月27日

新たな絵本の仕事と次女の絵本

170327.jpg
【次女が描いた絵本!?】

ちょっと仕事が落ち着いて来たかなぁ〜っと思った矢先。
やっぱり別の仕事が舞い込んで来た。
まだ本格的始動はまだだが、近い内に走り出す。
残り1点、絵本が残っているので、こちらも頑張って修正作業をしなくては。

そんな矢先、その絵本依頼を受けている会社から、携帯に電話が入った。
あいにく運転中だったため、折り返しこちらから電話を入れた。
担当者が何人か居て、絵本同時3冊進行中も、3人の担当者と入れ替わりメールのやり取りをしていた。
電話してきた担当者がわからないが、おそらく残り1点の担当者の方だと思って電話した。

ところが電話してきたのは、全く別の方でした。
そしてなんと、またもや新たな絵本の依頼が。
一体どうなっているのだろう?
このところ絵本挿絵の依頼が続いています。

著者の方に、私のイラストを見ていただいて、気に入っていただいたようです。
ありがたいことですね。本当に嬉しい悲鳴です。
ただ、まだ進行中の絵本もあり、別件で進行中の記念誌もあり、そこに新たな仕事も舞い込んでくる。
かなり気合入れて仕事をしないと、また夜な夜な仕事をすることになる。
明日からさらに気合入れてガンバロウ。

私が絵本の挿絵を描いていることを、知ったからなのか、急に次女が絵本を作りました(笑)
私の仕事部屋から、コピー用紙をかっさらって行き、さらに色鉛筆も奪って行き、買ってもらったばかりの自分の机で描いたようです。
なぜかタイトルが「かみのけ」(笑)

中身を開くと、可愛い女の子の絵ばかりです。
なぜにタイトルが「かみのけ」なのか謎ですが、本人なりに一生懸命描いたのでしょうね。
息子も幼い時に、私の真似をして絵本を作ったことがありました。
やはり兄妹似るのでしょうか?

できることなら、私の絵本の仕事も手伝ってくれ(笑)
猫の手も借りたいが、次女の手を借りても、余計な仕事が増えるだけでしょう(^^;)
そんな次女も、託児所生活残り4日。
やはり寂しいようで、「託児所遊びに行けないの?」と聞いてきます。
寂しいですが、最後の最後まで、託児所を満喫してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 絵本

2017年03月26日

奇跡の逆転優勝

170326.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/sports/news/170326/spo1703260038-n1.html

いや、絶対に無理だと思っていました。

大相撲春場所。
新横綱として期待されていた稀勢の里は、順調に勝ち進んでいたものの、13日目で負傷。
この時、救急車で病院に運ばれたと出ていたので、てっきり今場所は休場かと思っていた。

しかし、休場することなく、その後も出場。
だが翌日も敗戦。
もうこの時点で優勝は無いと思っていた。

ただでさえ難しい優勝。
とくに新横綱になった次の場所は、優勝が難しいとされている。
それを怪我をして成し遂げることは不可能に近い。

ところが、最後の最後まで諦めずに、千秋楽で2連勝して優勝。
まさに奇跡としか言いようがありません。
稀勢の里の執念が導いた優勝と言えるでしょう。

残念ながら優勝の瞬間はリアルタイムで観ていませんでした。
そして優勝した取り組みも観れていません。
ネットニュースで優勝を知り、驚きと共に喜びを実感している次第です。
今夜から明日にかけて、ニュースやスポーツニュースで、取り上げてくれると思うので、取り組みを観たいと思います。

しばらく低迷していた大相撲。
日本人横綱がいないのも、やはり人気低迷の一因だった気がします。
日本人横綱が誕生し、そしてその横綱が、日本人らしい相撲を見せる。
大怪我をしても、最後まで諦めずに、感動の相撲を見せてくれる。

今回の稀勢の里の相撲を観て、力士になりたいと思う子も増えたと思う。
そして現役の日本人力士にも、感動とパワーを与えたと思います。
優勝おめでとう。
そしてしっかり怪我を治して、また来場所頑張ってください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 日記

2017年03月25日

日本丸をお見送り

170325-1.jpg
【やっぱり日本丸は美しい】

今日は朝からお出かけしていました。
8時半には家を出て、途中コンビニで朝食を買って、そのまま高速へ。
車の中で朝ごはんを食べながら、向かった先は海遊館。
でも、目的は海遊館ではない。

実は今週の火曜日から、海遊館の近くに日本丸が停泊している。
その日本丸には息子が航海実習で乗船しているのです。
息子からは「水曜日なら1日OFFで会える」と連絡が来たが、平日には私たちが動けない。
そして今日の午前10時には出港すると言うので、急いで出港前に向かいました。
途中渋滞もあり、もしかしたら出港に間に合わないかも知れないと思いながらも、安全運転でなんとか9:30には到着。

170325-2.jpg

海遊館の近くにある観覧車のちょうど横に停泊しているような感じ。
日本丸を正面から見ると、大観覧車とセットで見ることができます。
たまたま海遊館に遊びに来た人なのか、それとも日本丸を見に来た人なのか、意外に人が多く集まっていました。
きっと私たちのように、子供が実習をしているという人もいたと思います。

着いた時には、もう出港の準備が始まっていたようで、実習生達が指導を受けながら動き回っていました。
そしてその中に息子を発見(笑)
他の学校の実習生に混ざって、何やら作業をしていました。

170325-3.jpg

そしていよいよ出港の時。
先に同じ実習船の銀河丸が出港していて、それを見送った後に日本丸も岸壁を離れました。
それまで作業をしていた実習生は、一列に並んでいます。
そして合図と共に、被っていたヘルメットを外し、高々と右側に上げると、一斉に大きな声で叫びます。

「ごっきげんよう〜〜〜〜〜〜」

170325-4.jpg

さらにヘルメットを振ってお別れの合図をします。
本来は帽子なんですよね。でも実習生なので、皆ヘルメット。
岸壁で見送る私たちも、他の見送りの人たちも、大きく手を振ります。
そしてお別れの合図の汽笛が3回なりました。
いや〜やっぱり船の見送りって、なんかグッと来ますね。

170325-5.jpg

動き出した日本丸を追いかけるように、私たちは港の先の方に向かいます。
そこはちょうど海遊館の裏側。
小さくなって行く日本丸を、ず〜っと見送っていました。
飛行機と違って、少しずつ少しずつ小さくなって行く船。
船の見送りってやっぱり哀愁が漂います。

170325-6.jpg

息子と話すことはできませんでしたが、きっと私たちが来ていることは、解ったと思います。
ちょっとだけですが、実習で頑張っている息子の姿を見ることができて良かったです。
美しい日本丸。
この日本丸でひと月実習をする。
そんな体験は二度とできないでしょう。

息子にとっては本当に貴重な体験だと思います。
実習も残り1週間。
最後まで頑張って欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:57 | Comment(0) | 日記

2017年03月24日

黒猫りっちー君の枕カバー

170324.png
170324-2.png
【黒猫りっちー君の枕カバー、もし販売されてたら欲しいですか?】

少しずつ仕事が片付いているが、また新たな仕事も入って来そうで、なかなか時間の余裕は無さそうです。
3月に入ってからは、DVD3本を仕上げるという無茶振りをやったこともあり、仕事の方もかなり詰まっていました。
絵本の方が2点は完了したので、少し気は楽になりましたが、もう1点残っているのと、もう一つ記念誌の仕事を進行中です。

昨年から「仕事が落ち着いたら作ってみよう」と思っているのが、グッズ製品。
画像をアップするだけで、グッズ化できるサイトがあり、それをそのままネットショップで販売も可能です。
スマホケースや缶バッヂはすでにアップしているのですが、もっと増やしたい。
黒猫りっちー君のグッズを増やそうと思っているのですが、なかなかそこに取り掛かる時間がありません。
以前、新しいグッズが作れるようになり、ポーチとペンケースが増えました。

仕事が落ち着いたらポーチとペンケース作ってみよう・・・と思っている内に、あっという間に3月、そして3月も終わります(^^;)
そうこうしている内に、また新たなグッズが増えました。
今度は枕カバーが作れるようになりました。
早速、以前試してみた画像を使って、仕上がりイメージを作ってみる。

おぉ〜なかなか良いかも(^o^)
夢の中で黒猫りっちー君と、お散歩できそうですな。
もっと枕カバーらしくデザインしてみたいですね。
仕事が落ち着いたら・・・・・って言って、また数ヶ月経つのでしょうね(-_-;)

もうね〜仕事落ち着くなんてきっと無い(笑)
ありがたい事ですが、本当にずっと仕事が続いています。
これが普通の仕事量なんでしょうけど、なんせ一人でやっているので、精一杯です。
一昔前までは夜の時間に目一杯作業できたんですが、最近は夜に作業をしようという気力が湧かない(^^;)

どうしてもやらなければならない仕事なら、頑張って夜も作業をやります。
でも、自分のやりたいことや作品づくりは、夜の時間にやろうという気が起きない。
ダメですな〜。

4月入って、次女も学校行き出して、少し環境変わったら、また変化出てくるかな?
できれば、夜の時間に作業できるように、私も頑張りたい。
日中は仕事頑張って、夜の時間は自分のやりたいことや、作品づくり、そしてグッズ化をやりたい。

でも、今日は疲れたので、やめときます(笑)
週末だし、今週も頑張ったので、ご褒美にビールでも飲んで寝ようかな(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:34 | Comment(0) | ショップ情報

2017年03月23日

籠池祭り

170323.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/politics/news/170324/plt1703240013-n1.html

今日は一日中、森友学園理事長の籠池氏の証人喚問の話題でしたね。
いろいろと話したようですが、結局のところ真実はわからないって感じです。
特に安倍総理の妻、昭恵婦人から受け取ったとされる100万円の寄付金は、話が食い違っています。
仮に100万円の寄付をしたとしても、法的には何も問題は無い。
本当に渡したのなら、昭恵婦人も安倍総理も認めるでしょう。

この話の信憑性が薄いのは、昭恵婦人と二人っきりの時に手渡されたと証言していること。
「付き人に席を外すように昭恵婦人が伝えた」と籠池氏は話していますが、昭恵婦人側はそれを否定しています。
二人っきりの場が本当にあったのか?昭恵婦人側の秘書にも聞き取りをすればわかることです。

今回、もう一つ話題になったのが、昭恵婦人側から届いたとされるFAXです。
籠池氏はこれを証拠品として提示しました。
野党側はこの証拠品で持って、安倍総理もしくは昭恵婦人が、土地値下げに関与したと関連付けたいようです。

しかし、それにはあまりにも無理がある。
このFAXの返答までに、まずは籠池氏から、昭恵婦人に電話をかけている。
留守電だったので、要件を伝えているようですが、昭恵婦人からの返事はなかった。

そこで、昭恵夫人付きの職員である谷査恵子氏に手紙を出した。
その返事ということで、このFAXが送られている。
FAXの内容はおおまかに言えば、「ご要望にはお答えできません」ということ。
つまり丁寧にお断りしている。

それを、野党側は「昭恵婦人が関わっている」と持って行きたいらしい。
あまりにも無理があるんではないですか?
相談を受けて、それはできませんとお断りしただけで、土地取引に関わっていたと言うのですか?
野党側の言い分だと、誰からか相談を受けて、お断りした後、その人が何か犯罪を犯したら、相談を受けて断った人も罪に問われると言っていることと同じです。

どうも籠池氏には虚言癖があるように感じる。
これまでも、経歴を偽っていたり、金額の違う工事費を提出したり。
自分の都合によって、物事を進めたがる人物のようですね。
だから、会ったことも無い政治家の名前を出して、まるでつながりがあるように話す。
これまでも、いくつもそんな話が出ています。

その人の発する言葉を「信憑性がある」として、畳み掛けたい野党は、もうお祭り状態なのかもしれませんね。
しかし、多くの国民は「なんちゅう無駄な時間とお金を使っているんだ」と思っていることでしょう。
正直、森友学園問題は、国会で取り上げるようなことではない。
国会で議論すべきことは山ほどある。
それなのに、ず〜〜〜〜〜〜っと国会で、この森友学園問題ばかりをやっています。

正直、一番無駄に税金を使っています。
そして国益を大きく損ねています。
野党はただただ、安倍政権を倒したいだけ。
安倍政権の足を引っ張りたいだけです。

安倍政権が国益を損ねるような政権運営をしているのなら、大いにそこを指摘して追求すれば良い。
しかし、何も関連性のない、森友学園問題と安倍総理を無理やり関連付けて、あわよくば退陣に追い込みたい。
それが野党とマスコミの思惑でしょう。
だからこそ、問題の無いところにも、無理やりでも問題を作りたいのです。

本当にいい加減にしていただきたい。
もうウンザリです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年03月22日

侍JAPANお疲れ様

170322.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/world/news/170322/wor1703220039-n1.html

侍JAPANお疲れ様でした。

ず〜っとWBCの話題には触れていませんでしたが、ず〜っと応援はしていました。
前評判では酷評だったチームですが、いざ本番になると、チームワークを発揮して破竹の連勝でここまで来ていた。
世界一奪還が目標なので、負けは許されないプレッシャーの中、選手たちは本当に頑張ってくれました。

私がWBCの話題に敢えて触れなかったのは、私が応援すると負けてしまう気がしたから。
リアルタイムで応援したり、妙に熱を入れると、大概負けてしまうことが多い。
野球だけに限らずサッカーもそう。
だから、なるべくリアルタイムで応援はしないようにしている(笑)

今日も気になっていたが、なるべくリアルタイムで観ないようにしていた。
しかし、お昼ご飯時にたまたまTV着けたら、WBCやっていてそのままちょっとだけ観てしまった。
ちょうど日本が1-1に追いついた直後で、追加点が取れるか?というような場面でしたが、結局1-1のままチェンジ。
そこだけ観てチェンネル変えました。

その後の結果は、ネットニュースで知りましたが、やっぱり私が観たのが良くなかったのだ(^^;)
侍JAPANアメリカに2-1で敗れてしまったけど、本当によく戦ってくれました。
だって相手のアメリカは、全選手メジャー選手でしょう。
日本は、メジャーからはほとんど来ていませんからね。

ダルビッシュもイチローも、前田健太も出ていない。
そして今や日本を代表する大谷選手も不出場です。
こう言っちゃ〜悪いけど、小粒な選手が集まって挑んだWBCで、よくぞここまで戦ってくれました。

今日の試合も、メジャー選手勢揃いの相手で、2-1ですからね。
たまたま負けたって感じです。
何も恥じることはありません。
また4年後に向けて、日本のプロ野球を盛り上げて、世界一を獲りに行きましょう。

頑張ってくれた侍JAPANは、胸を張って日本に帰って来てほしいと思います。
お疲れ様でした。素晴らしい試合の数々、ありがとう。
帰国して間もなくして、プロ野球が開幕します。
WBCの疲れも取れないまま、シーズンに突入することになる。
くれぐれも身体を壊さないように頑張ってほしいと思います。

そしてWBCは是非アメリカに世界一になってほしいですね。
日本に勝利したこともあるし、何よりもアメリカにとってはベースボール発祥国としての誇りがありますからね。
これまで優勝できなかったアメリカが優勝すれば、またWBCも盛り上がりを見せるでしょう。

何はともあれ侍JAPANお疲れ様でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 日記

2017年03月21日

待ち遠しい桜の開花

170321.jpg

3月も後半だというのに、なかなか桜が咲く気配を見せませんね。
例年なら、一気に暖かい日が続いたりして、桜の蕾がふくらみはじめるのですが、今年はなかなかです。
一気に暖かくならないですもんね。
少しずつ暖かくはなっているけど、ぽかぽか陽気って日がなかなか無いです。

卒園式も終わって、気持ちは次の入学式に向かっていますが、まだ3週間ほどあります。
それまでに、必要なものを揃えていかないといけません。
このシーズンって、何も無い時はのんびりできるけど、卒業&入学のシーズンはホントばたばたします。

しかし卒業&入学の無いシーズンでも、けっこう用事があったりして、お花見行けないシーズンもある。
確か昨年もお花見していない。その前もしていないんじゃないかな?
一昨年は息子が中学校卒業&鳥羽商船入学だったから、もうお花見どころじゃなかった。

昨年もタイミングが合わず、お花見できなかったと記憶している。
今年はどうだろう?まず桜が咲かないとお花見もできません(笑)
今年は例年より遅い気がします。
うまく行っても3月下旬、下手すりゃ〜入学式の頃に開花なんてこともあるかも。

平日はお花見絶対無理なので、行くとしたら休日。
4/1・2はまだ桜が咲いていない可能性があるし、咲いていたとしても、忙しくて無理。
息子が3月31日に航海実習から帰ってきて、4/2には鳥羽に帰れないといけません。
その日に長女の剣道の試合もあるので、この週はお花見は絶対に無理。

次の週の4/8・9くらいが目安かな?
これを逃すと、その翌週まで桜はないでしょうからね。
でも日曜日は嫁さん仕事なので、前日か日曜の夜か。
これに加えてお天気もありますからね。
雨だったらアウトだし(^^;)

桜が開花してから散るまで、およそ2週間。
その間にお花見をしようと思うと、どうしても無理がある。
平日の晩に夜桜見るのが一番確実なんだが、平日の夜も英語やら剣道やら、予定があるし。
何よりも平日の夜に、子供連れて歩きたくないんですよね。

タイミングが合うかわかりませんが、ちょっとでも時間があれば、コンビニで弁当でも買って、近くの公園ででもお花見したいですね。
そして、できれば桜の写真を撮りたいです。
この数年、桜の写真撮っていない。

まずは桜の開花がいつなのか?
それが気になるところです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2017年03月20日

最後の卒園式

170320.jpg

いよいよこの日がやってきました。
次女の託児所の卒園式です。
最高のお天気に恵まれて、素晴らしい卒園式日和となりました。

朝からご機嫌で着替える次女。
今日はお洒落な洋服で登所します。
託児所に着くと、男の子も女の子も、みんな綺麗な服装で集合。

会場の準備が整うまで、保護者は待合室で待機。
そこには子供からのお手紙があり、壁にはひよこ組からきりん組までの、写真なども貼られていました。
そして子供の等身大のパネルがあり、入所時の身長・体重が書いてあり、入所時の頃の様子も書かれていました。
身長が+49.8cm、体重が+15kg成長していました。

しばらくすると会場に招かれ、子供達が入場して来ました。
9人の卒園児、皆が輝いています。
一人一人名前を呼ばれて壇上へ。
卒園証書を受け取ると、こちらを振り返り、卒園証書を高々と上げ、「◯◯小学校へ行きます」と、元気に発表します。

次女もはっきりと大きな声で、自分の行く小学校の名前を発表できました。
半分ほどの子は、託児所の近くにある学校へ行きますが、次女は一人違う学校になります。
他にも違う学校に一人通う子もいて、皆バラバラになる。
特に仲良し女子3人組は、3人ともバラバラの小学校です。

卒園証書授与の後は、挨拶などが続き、託児所の思い出を子供達が発表します。
それぞれのセリフを覚え、楽しかった思い出を発表できました。
託児室にそのセリフが掲げてあり、ずっと練習して来たんだと思います。

粛々と卒園式は行われ終了しました。
その後お楽しみ会があるのですが、会場の準備をしている間に、園庭で記念撮影。
とっても良いお天気で、暑くも寒くもなく、気持ち良い環境で記念撮影ができました。

再び会場に戻って、次はお楽しみ会です。
ぱんだ組(4歳児)くま組(5歳児)の劇を見て、次はいよいよ卒園児の劇です。
以前からだいぶ練習を重ねて来た様子が、お知らせ帳に書かれていました。
次女は最初の頃は、セリフも覚えられず、恥ずかしがってなかなかできなかったようですが、はっきりと大きな声でセリフも言え、とても堂々としていました。
今日まで沢山たくさん練習を重ねて来たんだと思います。
次女も頑張ったけど、恥ずかしがる子供達を、しっかりと練習させて、ここまで持って来てくれた先生に感謝です。

子供の劇の前に、先生達からの歌のプレゼントがありましたが、この時点で担任、副担任の先生は涙。
もう歌うどころじゃありません。
つられてこちらまで目頭が熱くなりました。

最後は担任からの挨拶ですが、その前に、保護者からのプレゼントを用意していました。
それは卒園記念のDVD。
そうです。今月3回目のDVD制作は、託児所の卒園式で上映するDVDでした。
学童・剣道に続き、託児所のDVDも制作していました。

この話が持ち上がったのは、昨年末。
しかし、実際に動き出したのは2月に入ってから。
他の保護者の了解を得て、それぞれの子供の写真を提供してもらいました。

DVDの最初は、それぞれの子供達の成長記録。
そして託児所でのひよこ組からきりん組までを、写真で振り返る内容。
最後に、子供達(実際は保護者から)から、託児所に向けたお礼のメッセージを、一人一人流す。

写真はほぼほぼ揃って来たが、なかなか作業にかかれない。
というのも、1週間前に学童と剣道のDVDを仕上げたところ。
そこから託児所のDVD制作を、本格的に始めました。
実質1週間で仕上げたことになります。
我ながらなんと無謀なことをしたと、今になって思います(笑)

しかし、上映したDVDを観て、あちらこちらからすすり泣く声が聞こえて来て、頑張って作った甲斐があったと思いました。
担任の先生も最初から泣きっぱなしだったようです。

そしていよいよ最後の担任の先生の挨拶。
もう挨拶する前から、目は真っ赤です。
泣いてうまく話せないと思っていたとのことで、お手紙にして来たようです。
それでも、読み上げるのに必死。
つられて保護者も涙。
思わず園児も涙。

とっても素晴らしい卒園式になりました。
1年間子供達を受け持ってくれた担任、副担任の先生に感謝です。
そして6年間、子供達を育ててくれた託児所、受け持っていただいた先生方、見守ってくださった先生方に、感謝の気持ちでいっぱいです。

我が家としては、これで最後の託児所。
息子の時から17年間通った託児所。
そんな想いで迎えた卒園式。
心に残る素晴らしい卒園式になりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | 日記

2017年03月19日

卒園式の準備

170319.jpg
【写真はイメージです。実際のスーツではありません(^^;)】

今日は暖かい1日でした。
ようやく春らしい陽気になってきました。
明日は卒園式なので、この陽気と天気が明日まで続いてほしいものです。

明日は卒園式ですが、私も嫁さんも、着ていく服が無いということで、今日は服を買いに行きました。
私は4月からPTA活動が始まるので、スーツが必要になる。
明日の卒園式もスーツで行くことにして、スーツを買うことにしました。

これまでスーツを着る機会ってあまり無かったんですよね。
仕事の打ち合わせも、カジュアルな服装で行っているし。
確か長女の卒園式の時も、息子の入学式の時も、スーツっぽい服装でしたが、スーツではありませんでした。

明日の卒園式に合わせて、スーツとシャツとネクタイと新調しました。
そして嫁さんも服を新調。
二人ともすんなり決まって良かったです。

肝心の卒園する本人は、お姉ちゃんが卒園式で着た服があるので、それを着ます。
1週間ほど前に、試着して大丈夫なことを確認しました。
ただ靴が無い。そこで靴だけは新しいものを買うことにしました。
でも、きっと卒園式で履くだけだろうな(^^;)

私と嫁さんの服は、卒園式の後も入学式で着る。
しかし、次女の靴はきっとこれっきり。
足もすぐに大きくなるだろうし。
まぁでも仕方ないですね。
靴無しってわけにも行かないですしね。

さて、卒園式に着る服の準備は終わった。
そしてそれ以外の準備も終わりました。
間に合うかちょっと不安もありましたが、無事なんとか準備完了です。
素晴らしい卒園式なることを願って、明日に備えてもう寝よう。

あっと、最後にカメラのバッテリー充電しておこう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年03月18日

卒園が近づいている

170318.jpg

卒業シーズンですね。
長女の小学校も、昨日卒業式でした。
長女も2年後には卒業するのですね。
早いものです。先日入学したような気がするのに。

そして次女が今度は小学校に入ります。
その前に、託児所の卒園が待っている。
来週月曜の祝日の日に、卒園式があります。
子供達は一生懸命、卒園式で言うお礼の言葉を覚えたり、保護者に披露する劇の練習をしています。

次女なんて、本当についこの前、おぎゃ〜って生まれたような気がする。
あっという間に大きくなって、いよいよ卒園の日が迫ってきました。
子供の成長は早いです。

卒園式は月曜日ですが、卒園式が終わっても、今月いっぱいは託児所に行きます。
今月末がいよいよ最後の託児所となる。
託児所には本当に長い間お世話になりました。
息子がお世話になってから、約18年間お世話になりました。

息子が入所した頃から、ずっと託児所にいる先生がいます。
私と同じ歳ということもあって、よく話をします。
託児所は保育士学校を卒業した若い先生が入ってきます。
そして2〜3年勤務したら、大方退職されます。

そんな中、残っている先生は少なく、息子がいた頃から残っている先生は、託児所の中心的存在となっています。
息子が年長の時も、長女が年長の時も、その先生が担任をしてくれました。
次女は担任を受け持ったことはありませんが、いつも気にかけてくれる先生です。
今日も託児所で会った時に、「いよいよ終わりですね〜」と話しました。

しかし、実感が湧きません。
さすがに17年間も通っていると、もう日常の一部になっています。
子供達は卒園しても、下の子がいたら、親は託児所に向かう。
息子が6年、長女が6年、そして次女が6年と、ずっと送り迎えをしてきた。
息子の卒園と、長女の入所の間に、数ヶ月のブランクがあるが、それもわずかなもの。
感覚としては、ず〜っと通ってきた感じです。

次女の卒園と同時に、私も卒園する感覚です。
とはいえ、最後の託児所の日まで、まだ2週間ほどあります。
次女には最後まで託児所を楽しんでほしいですね。
今担任をされている先生も、この春で退職です。

今後会う機会も滅多に無いでしょう。
次女も大好きな先生です。
最後まで、先生との思い出を作ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記

2017年03月17日

一番の税金の無駄遣い

170317.jpg

なんかも〜ず〜〜〜〜〜〜っと森友学園問題ばかりやっていますね。
この問題って、そもそも国有地が異常に安く売られたのが、問題の始まり。
そこからどんどん話が膨らんで、問題がそれて、今度は安部総理が寄付をしたのが問題になっている。
安部総理は否定しているし、仮に寄付をしていても、なんの問題性も無い。

問題の始まりをしっかりと解決もしないまま、話題がどんどんずれていく。
結局、野党もマスコミも、森友学園=悪、悪の森友学園とつながっている安部総理は悪。という工程式を作りたいだけでしょうね。
森友学園の問題は問題で、然るべきところで進めれば良い。
いつまでも国会で、この問題ばかりを続けるのは、いい加減やめてほしい。

もっともっと、重要案件や大切な法案がある。
野党はまるで、政権の足を引っ張るのが仕事だと思っているらしい。
もう本当にうんざりです。
こんな国会に莫大な税金が使われているなんて、一番の税金の無駄は国会議員だ(怒)

世界を見渡せば、緊張感が続いているのに、国内ではどうでも良い問題を、野党とマスコミが一緒になって盛り上げている。
まるで第一次安部政権時の農水大臣が顔に絆創膏を貼っただけで、大騒ぎしていた頃と似ています。
そして民主党が政権交代を果たした、あの頃のマスコミと似ている。
とにかく自民党を叩いて叩いて、少しでも埃が出たら、それをとことん祭り上げる。

そう、これはもう祭りです。
嘘でも捏造でも、とにかく政権批判して、支持率を下げる。
思い出しますね。麻生総理が漢字を読み間違えた。カップ麺の値段を知らない。
そんなことで、連日批判されていました。

大した問題では無いことを、さも大問題のように祭り上げる。
もっともっと大問題がたくさんある。
最近、とんとトランプ大統領が話題にならないが、どうなっている?
アメリカは北朝鮮に対して、オバマ政権時の対応の段階は終わったと述べている。
軍事的対応も選択肢の一つと、韓国で話している。

朝鮮半島が大きく揺れている時に、国内の私学の問題で大騒ぎしている場合じゃ無い。
北朝鮮に対して、アメリカが軍事的行動を起こしたら、日本はどう対応する?
日本は拉致問題を抱えています。
もしアメリカが北朝鮮に軍事行動を起こせば、自衛隊は拉致被害者救出を行わなければなりません。
その体制はできているのか?

まるで朝鮮半島から目をそらすために、あえて森友問題を祭り上げているのか?と疑ってしまいたくなります。
日本国民の関心は森友問題だけではありません。
どちらかと言えば、森友問題なんてそんなに気にしていないと思う。
もううんざりだ。という気持ちの方が多いのではないだろうか。

野党はこの問題を騒げば騒ぐほど、支持率が上がると思っているらしい。
日本国民はそんな馬鹿じゃない。馬鹿にするな。
逆に支持率下げますよ。
日本国民はもっとまともな国会運営を望んでいます。

本当に一番の税金の無駄遣いは国会議員だと思う。
もういっその事、国会議員全員クビにして、本当に志のある人にボランティアでやってもらったら。
そっちの方が、よっぽど日本のことを思って政治ができると思う。
今の国会は国益を大きく損ねています。
いい加減にしてほしい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年03月16日

つぶやき続けて14年

170316.jpg

ありゃ〜3月も半分終わってしまいました。
本当に早いなぁ〜。
あっという間に3月も終わりますね。

本当に時の流れって早いです。
特に結婚して、子供が生まれてからの年月って早い。
その間にいろんなことがあったと思うのですが、振り返ってみるとあっという間です。

なんせ息子が今年で18歳になるし、長女は11歳、次女が7歳になる。
いろんなことがあったけど、振り返るとあっという間ですね。
記念日や特別な日は、印象に残っているけど、日常的なことはすっかり記憶に無い。
そりゃ〜そうです。いちいち覚えていられません。

しかし、このつぶやきを読み返すと、いろんなことを思い出せるので、記憶を掘り起こすには丁度良いつぶやきとなっています(笑)
私がこのつぶやきを、本格的に始めたのが2003年ごろ。
最初は毎日ではなかったけど、そのうち毎日つぶやくようになり、いつしか日課となった。

自分でも続けているのが不思議です。
なんせ三日坊主で終わってしまうことが多い中、このつぶやきだけは、ず〜っと続けています。
もう完全に生活の一部となっていますね(^^;)

以前は時々、過去のつぶやきを読み返していたのですが、最近はそんな時間も無く。
時には過去のつぶやきを読み返してみたいですね。
たまに、つぶやく前に「去年の今日は何してたかな?」と、過去のつぶやきを覗くことがある。
すると、全く同じように過去のつぶやきのことを書いていたりする。
つまり去年の今日も、同じようなことを考えていた。ってことになる(笑)

意外と人間の思考とか行動って、同じパターンを繰り返しているのかもしれませんね。
そんな意味でも、過去のつぶやきを読んでみるのも面白いです。
しかし、注意しないと読みふけってしまう。
なんせ13〜4年分くらいありますからね(^^;)

よく片付けをしようとして、アルバムを見つけて、そのままアルバムを見入ってしまうってことがある。
それと同じように、ちょっと覗いたつもりが、ついつい読みふけってしまうことがある。
だからこそ、時間にゆとりがある時にしか読み返さないようにしています。
そんな時間あるのか?って思うけど(笑)

日々、たわいの無いことばかりつぶやいていますが、10年、20年と経った時に、今のつぶやきが忘れた記憶を掘り起こしてくれます。
このつぶやきは、私が生きている証であり、生きてきた証です。
だからこそ、これからも毎日つぶやいて行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年03月15日

変わりゆく町並み

170315.jpg

真冬に逆戻りの1日でした。
おまけに風も強くて、近づいていた春はどっかに行ってしまった。
今年は本当になかなか暖かくなりません。
お水取りも終わったと言うのに・・・。

数年前までは、家の近くの田んぼのあぜ道に、オオイヌフグリの小さな青い花が、近づく春を感じさせてくれました。
しかし、もう田んぼはすっかりなくなり、全て住宅街へと変わった。
田んぼのあぜ道がなくなったので、小さな春の足音も感じにくくなりました。

我が家が引っ越してきてから、かれこれ15年。
引っ越してきた当初は、田んぼだらけだったのですが、15年ですっかり風景は変わりました。
幼い息子が、田んぼでおたまじゃくし捕まえたり、用水路で生き物を探していた姿を思い出します。
時代と共に風景は変わっていくものですね。

私の故郷もすっかり風景が変わってしまいました。
私の住んでいた町は、都市計画で全く違う町へと変わりました。
昔の面影はどこにもありません。
変わっていないのは、山と川くらいです。

今思うと、生まれ育った町並みを、カメラで残しておいたら良かったなぁ〜と思います。
都市計画があって、町がすっかり変わったのは、私が町を出て20数年後。
つまりその間は、ほぼ昔の町並みのままでした。
帰省した時などに、写真におさめておけば良かったと後悔しています。
今となっては、私の記憶にしか無い町並みです。

数年前の町並みなら、Googleのストリートビューで見れるかもしれません。
ストリートビューは、随時更新されていますが、まだ2〜3年前の状態のものも多いです。
以前、東日本大震災前のストリートビューを、Googleが保存していると聞いたことがあります。
震災と津波で一気にかき消された町並み。
デジタルデータで残っているのは、とても貴重なことですね。

Googleは、どこまでデータを残しているのだろう?
世界中の町並みを走って撮影していると思うと、とんでもないデータ量です。
でも、できるだけ全部残しておいてほしいですね。
変わりゆく町並みって、ひとつの財産だと思う。

どれだけ綺麗な町並みになっても、自分が生まれ育った頃の町並みが一番。
今となっては記憶でしか残らない町並みですが、風景と共に空気感まで思い出す。
懐かしき昭和の時代。あの頃に戻れたなら・・・と、時々思ってしまう。
故郷は遠きにありて思うもの。
あぁ〜無性に帰りたくなりました(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記

2017年03月14日

バブルの頃を振り返る

170314.jpg

あっホワイトデーだったんですね(笑)
いや〜バレンタインデーも関係ないので、さらにホワイトデーは無縁です(^^;)
まだ会社勤めしていた頃は、義理チョコでやりとりしていましたが、フリーになってからは、ほぼ無縁の行事になってしまいました(笑)

嫁さんは大量のお菓子を抱えて帰って来ました。
バレンタインデーのお返しらしいです。
そしてそのお菓子を狙う次女(笑)

バブルの頃は「3倍返し」って言葉があって、バレンタインにもらった物の3倍の価値の物をホワイトデーに返す。なんて時代がありました。
もちろん私は「そんなアホな」って感じでやっていませんが、当時は女性を口説くために、世の男性はお金を使っていたものです。

バブルの頃。私はまだ某電機メーカーの社員でした。
でも、私自身全くバブルの恩恵を受けていません。
世間的には贅沢し放題の雰囲気がありましたが、ペーペーの社員には、そんな給料なんて支払われないし、至って普通の生活をしていました。

世の中が浮かれていた感じはありましたが、その中から取り残されている感じがしましたね。
きっとバブルの頃の恩恵って、都市中心で、潤っていたのは大企業を中心とした上層部だと思う。
そして私の年代は、バブルの終焉期。
20代前半でバブルがはじけましたから、その後の不況の影響の方が大きい。

ちょうど不況に入ったと同時くらいに、転職しましたから、まさしく厳しい道のりを歩いて来ました。
某電機メーカーにいたら、きっとそんな苦労もなかったかも知れない。
でも、某電機メーカーも大変なことになったし、何よりも自分のやりたいことをやれるのが一番。
だから、不況に苦しみながら、これまでやってきたけど、これで良かったと思っています。

私の仕事は、本当に景気に影響される仕事です。
極論で言えば、なくても良い仕事。
でも、誰でもできる仕事ではない。

ここ数年は、以前からすると仕事量が増えています。
個人的は少し景気も回復しているように感じます。
バブルのような景気はもうありません。
あってはいけないので、しっかりと地に足のついた景気回復が望まれます。

でも、懐かしいですね。
昭和の終わりから平成の始まりの頃。
無茶もしたけど、活気もあったと思う。
今の時代、なんかあまりにも周りを気にし過ぎな感もある。
なんかあったらすぐに叩かれて、ネットで炎上して。

少々バカやったって良いと思うのだが、そんな気力もないのかな?
昭和の時代のエネルギッシュさが平成には無い気がします。
でもこれって、昭和生まれ昭和育ちの妄想かな(笑)

もっともっと日本が元気に明るくなってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 日記

2017年03月13日

久々の腰痛(><)

170313.jpg

久々に来た(><)
疲れが溜まっているのだろうか?

先週末あたりから、腰が重くて、昨日から痛みがきつくなって来ました。
若い頃に腰を痛めてからと言うもの、時々腰痛が出ることがあった。
ひどい時には寝返りも出来ないくらいに、激痛が走ったことも何度かあった。

結婚して子供が出来てからは、腰の痛みも時々はあったが、激痛が走るような痛みは無い。
以前はよく、子供に腰を踏んでもらったりしていたが、最近は腰の痛みも全く無かった。
しかし、この数日間、腰が重い。

座っている時は良いのだが、立とうとした時に腰に響く。
やはり昔痛めた腰の後遺症か?
でも、昔は右の腰が痛かったのだが、今回は左なんだよな〜?
なんだろう?

きっとこのところの忙しさで、夜もずっと作業しているから、腰に負担かかっているんだと思う。
ゆっくり温泉でも入って、のんびりしたいところだけど、残念ながら、今週も忙しい(><)
ゆっくり温泉浸かるのは来月ならないと無理だろうな。

痛いところにサロンパス貼って、なんとか痛みごまかしながら仕事しています。
困るのがトイレなんだよな〜(笑)
大きい方をしようと踏ん張ると、腰に痛みがきて踏ん張れない(^^;)
腰をひねったりして、少しでも痛みが和らぐ態勢を取って用を足しています。
変な格好でトイレしている(笑)

でも、ほんの少しですが、痛み和らいでいる気がするので、きっと2〜3日で治まってくれるでしょう。
今週は仕事も忙しいし、何よりも次女の卒園式が待っている。
「腰痛い」なんて言っている場合ではない。

もう少し暖かくなってくれたら、身体もほぐれるのでしょうけどね。
今年は本当に、なかなか暖かくなってくれません。
この調子では卒園式に桜は絶対に無理。
下手したら入学式にも、桜が咲かないこともあり得る。

来週くらいから、一気に暖かくなって、桜が開花に向かうことを期待しよう。
卒園そして入学と、イベントが盛りだくさんです。
しっかり体調整えないと。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 日記

2017年03月12日

小学生への準備

170312.jpg
【次女のために購入した机(左側)】

そろそろ準備しないと・・・・。

次女が小学校に入学するまで、ひと月を切りました。
ランドセルは準備しているけど、それ以外は全く準備できていない(^^;)
今日は以前から購入を決めていた、無印良品の机を注文に行きました。

これまでも何度も来ていて、その都度、机の前に座っている次女。
ようやく購入が決まり喜んでいるかと思いきや、さっさと文具コーナーへ行き、机のことなど眼中に無い。
それでも、本人の意向を確認するために、「この机にするよ」と聞いてから購入を決定。

机だけでなく、ライトも購入するために、長女も入れてライト選び。
しかし、当の本人は、またも眼中に無い。
本人に聞いてもムダなので、私たちで選びました(-_-;)

そしてついでに筆箱も買っていくことにしました。
イオンの文具売り場に行き、次女に筆箱を選ばせようとすると、次女の姿が無い。
近くのゲームコーナーにいるかと思い探したが姿が無い。
「もしかして・・・」と思い、近くの携帯コーナーを覗くと、やはり展示用のスマホでゲームをして遊んでいました(-_-;)

筆箱を選ぶように言うと、ようやく筆箱コーナーへ。
いろいろあるので、悩むのかと思いきや、2〜3分もかからずに「これ!」と水色の筆箱に決定。
そして再び携帯コーナーへとすっ飛んで行った。

逆に長女はノートを買うのに、なぜか悩んでいてこっちの方が時間かかりました(-_-;)
姉妹でもこんなに違うのはなぜでしょう?

イオンモールの次は、近くにあるニトリへ。
机は無印良品で買いましたが、机とセットで売っている椅子が、回転椅子だったので、椅子だけ別で買うことにしました。
回転椅子はどうしても子供が集中できないので、回転しない椅子を買うことにしたのです。

ニトリで椅子を探すのでですが、これまた次女はベッドに寝転んだり、次々と違う椅子に座っては別の場所に行ったりと、全く椅子を選ぶ気配はありません。
最終的に私たちが店員さんの話を聞いて、次女の了解も得ずに椅子を決めました。
まぁきっと次女は「自分の椅子」という意識だけで、どんな椅子でも受け入れるのでしょうね。

いつでもそうですが、次女は買い物で悩みません。
ほぼ即決です(笑)
逆に長女は悩み倒します(笑)
次女が悩むのはお菓子を買う時くらい(笑)

机も椅子も取り寄せになるので、揃うのは1週間後。
ぼちぼち小学校への準備が進み、本人もその気になってくることでしょう。
マイペースで気分屋なので、親としてはちょっと不安もあるのですが、お姉ちゃんもいることだし、なんとかやっていけるかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 日記

2017年03月11日

6年生を送る会

170311.jpg

今日は東日本大震災から6年になります。
本当にあの日のことは、昨日のように鮮明に記憶に残っている。
さして被害のなかった私でさえもそうなのですから、被災地の方々にとっては、何年経っても消えないでしょうね。
改めて心よりお見舞い申し上げます。

さて、昨夜つぶやいたDVD45枚は、午前中に学童に納品。
これで無事終わりました。
45枚のDVDが焼きあがるか微妙でしたが、なんとか全て終えました。

しかし、実は本日、同じようにDVD納品がありました。
こちらは仕事ではなく、剣道の6年生を送る会での上映。
毎年、卒業生とその親に、プレゼントを贈るのですが、今年はDVDを贈りたいとの話が出た。
プレゼントの内容は、次の6年生になる親が企画する。

相談を受けたのがひと月ほど前。
ちょうど学童のDVDと同じ日なので、同時進行で作業を進めた。
しかし、学童と違い、このプレゼントはサプライズ。
さらに写真が少ない。

学童は指導員が撮った写真が山ほどある中からこちらでピックアップする。
しかし、剣道の写真は、私が撮った試合の写真がメイン。
親なら写真を持っているだろうが、それではサプライズにならない。

さらに試合の写真は、みんな面を被っているので、顔が映らない。
そこで、稽古の風景をこっそり写真に撮りためました。
こっそりと言っても、私が写真を撮っているところを、皆見ているので不審には思っていたはず(笑)

写真だけでは物足りないので、動画も撮り、それをスローモーションにするなどして、編集をした。
そして無事上映できました。
学童の方は、もう何年もやっているので、きっと皆見慣れている。
しかし、剣道の方は初めての試み。

少々不安もありましたが、皆喜んでくれて、制作した甲斐がありました。
6年生の親はやはり涙ぐんでいましたが、関係ない親も号泣している人もいて、自ら「私関係ないのに号泣しました」と話していました。

6年生を送る会も、楽しくでき、最後は餅つきもして、子供たちも大喜びでした。
4月からは新6年生の元で、新しいチームで挑みます。
また来年、素晴らしい送る会を迎えられるように、新6年生も頑張って欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:45 | Comment(0) | 日記

2017年03月10日

DVD制作のお仕事

170310.jpg

昨日に引き続き、お仕事のお話。
今日もひとつ仕事がフィニッシュした。
今回は学童保育の修了式で流す、DVDの制作。

昨日紹介したPTA広報誌もそうですが、このDVD制作も半分ボランティア的な金額です。
そもそも、私が学童の会長をしていた時に、勝手に作って上映したのが始まり。
私が学童を辞めてからも、作って欲しいとの要望で、毎年制作しています。
もう8年くらい作っています。

1年間、学童保育での行事や、日頃の写真などを、スライド形式で制作します。
8年もやっていると、もう形が出来上がっていて、年々制作は早くなる。
それでも、やはり制作時間は必要で、そこそこ時間を取られるものです。

さらに今年は学童の児童数が多いので、DVDの枚数も増えました。
今回は45枚用意しました。
DVDの中身の制作ももちろんですが、このDVDパッケージを用意するのも結構大変です。
明日が修了式本番なので、今回もなんとか間に合いました(^^;)

今年はこの学童のDVDに加え、二つDVDの制作依頼がある。
しかし、こちらは仕事としてではなく、完全なボランティア。
極力夜の時間を使って作業をしているが、やはりなかなか進まない。
ひとつはほぼ完成したが、もうひとつはまだまだ。

元々は結婚式披露宴で上映するスライドを作っていたのが、このDVD制作の始まり。
これまで15組くらいのスライドを作って来ました。
一番最初に作ったのが、これまた自分の結婚式(笑)
自分の結婚披露宴で、自分で作ったスライドを上映しました。

その当時は、まだDVDなんてなかったので、ビデオプロジェクターで上映しました。
今のように色も鮮明ではなかったのですが、自分で作っただけに、とても嬉しかったのを覚えています。
その後、友人知人などから「作ってほしい」と頼まれ、仕事として制作をしてきました。
最初は友人知人でしたが、その内、全く知らない人から電話がかかってきて依頼されるようになりました。

知人の知人、みたいな感じで依頼されていたのですが、そこに出席した人が「誰に作ってもらったの?」という話から、私のところへ依頼が来たことが、何度もあります。
しかし、最近はすっかり依頼も無くなりました。
これまで口伝えで繋がっていたようなものですからね。

結婚式のスライドも、学童のDVDも、そして今依頼されている他のDVDも、言えることがある。
それは、思い出を形にしているということ。
これってとても幸せな気持ちになります。
制作段階はとにかく無我夢中なんですが、一通り仕上がってきて、通して流してみると、本当に幸せな気持ちになれます。
だからこの作業ってとても好きです。

さて、残りのDVD制作を頑張ろう。
もちろん仕事もあるので、夜な夜な作業だけど(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 仕事

2017年03月09日

広報誌のお仕事

170309.jpg

うぅぅぅぅぅぅ・・・仕事が・・・

かなり詰まってきています。
疲労度もかなり上がっています。
あぁ〜〜〜〜ゆっくり温泉入って、マッサージ受けたい(><)
3月いっぱいは無理だろうな〜。

年度末って毎年仕事が詰まる。
まぁ仕方ないと言えばそれまでなのだが、もう少し余裕できないかなぁ。
今年は次女の卒園もあるので、気持ち的にも焦りがある。

そんな中、ひとつの仕事がフィニッシュした。
長女が通っている学校の広報。
本日校了となり、夜の7時前に、最終の修正原稿が入ってきた。
本日中に印刷に入稿しないといけないので、速攻で修正作業をして、印刷データをサーバにアップ。
17日が卒業式なので、前日の16日には納品する。

この広報誌、もうかれこれ6年ほど続けています。
ちょうど息子が6年生の時に、広報誌の話が来て依頼を受けました。
それまでは、昔ながらの手法で、台紙に切り貼りをしていたらしい。
しかし、さすがに印刷屋の方から「データでください」と言われて、急遽データを作れる人を探した結果、私にたどり着いたというわけです。

6年も続けていますので、息子の卒業の時の広報誌も、長女が入学した時の広報誌も、私が手がけています。
次女の入学の広報誌も手がけることになる。
そして2年後には長女の卒業式の広報誌もやることになるのでしょう。

しかし、ここで困ったことが。
長女が6年生の時には、私がPTA会長を務めることになる。
広報誌には必ずPTA会長の写真と挨拶文が載ります。
自分の記事を自分でレイアウトしないといけなくなるのです(><)
はぁ〜今から憂鬱(笑)
まぁ仕方ないか、一年間の我慢です。

広報誌も6年も続けていると、ややマンネリ化しています。
少しずつレイアウトを変えたりしてはいるのですが、やはりマンネリ化は否めない。
新年度からPTA役員なので、中のことも少しわかるようになる。
広報担当の方や先生方とも相談して、また新たな試みができればと思っています。

ただ、毎回タイトスケジュールなので、あまり無理はできません。
まずは続けていくことが第一です(^^;)

さて、ひとつ仕事が片付いた。
残っている仕事や依頼、まだまだあるぞ〜。
頑張らなきゃ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 仕事

2017年03月08日

相変わらずのマスコミ報道

170308.jpg

北朝鮮の暴走が止まりません。
弾道ミサイルを4発も日本側の排他的水域に打ち込んできました。
一歩間違えれば人的被害も出る可能性がある。
それなのに緊張感ないですね日本。

テレビを点ければ、森友学園のことと、豊洲問題のことばかり。
もううんざりですね。
森友学園はどんどん新たな疑惑が出ていますが、それと安部総理をなんとか繋げようと、野党もマスコミも必死です。
そう印象づけたいから必死なんでしょうね。
正直国民は、森友学園の小学校がどうなるか?なんて興味ないですよ。
なんでここまで引っ張るのか?やっぱり政治問題にしたいからでしょうね。

豊洲の問題もそうです。
国民の関心は、誰が豊洲移転を決めたのか?よりも、豊洲移転は問題ないのか?そしていつなのか?です。
誰が移転を決めて、誰の責任かなんて、今更掘り起こしてどうするのでしょう?
誰か悪者を決めて、皆で批判合戦したいだけのような気がします。

それよりも目の前の脅威を、もっと真剣に考えてほしいものです。
北朝鮮の暴走は本当に危険なレベルに達しています。
アメリカも本気で金正恩排除に動く可能性があります。
オバマ大統領ではあり得ませんでしたが、トランプ大統領は可能性あります。

もしアメリカが本気で北朝鮮に手を出すとなった時、日本はどう動くのでしょうか?
日本は拉致問題を抱えています。
アメリカが北朝鮮に踏み込む場合、日本の自衛隊は拉致被害者救出に動かなくてはいけません。
そのための準備を今からしておく必要があります。

「そんな馬鹿げた話」と思う人もいるでしょう。
しかし、そもそもあり得ない人がアメリカ大統領になったのです。
そしてあり得ないことを、有言実行しています。
可能性としてあり得るのであれば、日本もその可能性に備えるべきです。

マスコミはなんとか森友学園に国民の目を引こうと必死です。
しかし逆効果になっていると、私は思います。
もううんざりなんですよ。
マスコミのやり方はいつもそうです。

ちょっと弱ってきたと思ったら、徹底的に叩く。
まるで集団リンチを見ているような、そんな気分になります。
そしてその問題を、必ず政治問題に持って行こうとする。
もういい加減にしてほしいです。

もっと国民に伝えるべきことがあります。
そして政治家も、もっと危機感を持つべきです。
政権批判の材料探しばかりしていては、国民の信頼は得られません。

北朝鮮の状況は、本当に危機的な状況にあります。
いつ暴発してもおかしくないし、いつアメリカが行動を起こすかわかりません。
不安定化した東アジア情勢から、目を背けていてはいけないのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年03月07日

謎の数え歌

170307.jpg

まだまだ寒さが続きますね。
早く暖かくならないかなぁ〜。
桜もまだまだ蕾が固く閉じた状態です。

寒い日はやはり暖かいお風呂が体をほぐしてくれる。
最近は娘二人でお風呂に入ることが多くなり、私は一人でゆっくりとお風呂に入れる。
これまでせかせかしながらお風呂に入っていたが、やはりゆっくりと入れるのは嬉しい。

しかし、今日は長女が英会話に行っているので、次女と二人でお風呂に入りました。
お姉ちゃんと二人で入っているときは、二人で騒いでいるのが聞こえてきますが、やはり私と入るとおとなしい(笑)
自分で髪を洗い、身体を洗っていました。

そしてお風呂を上がる前に、もう一度湯船に浸かって身体を温める。
そのとき、おもむろに次女が歌い出した。
数え歌なのですが、ふと気になった。
実はこの歌、息子が幼い時から聞いている。

長女も同じように歌い、それを真似て次女も歌っている。
しかし、これはどこから来た歌なのだろう?
少なくとも私が子供の頃は歌った記憶はない。
こんな歌なのです。
======================
いちに〜さんまのっぽ
りらのすこ
っぱっぱ
さったとう
とうふはしろい
しろいはうさぎ
うさぎははねる
はねるはかえる
かえるはみどり
みどりはやなぎ
やなぎはゆれる
ゆれるはゆうれい
ゆうれいはきえる
きえるはでんき
でんきはひかる
ひかるはおやじのはげあたま
ぴか〜
======================
いちからとうふまでは、一から十までを歌っている。
しかし、それ以降は数え歌ではない(^^;)

息子が幼い頃から聞いていて、いつ誰から聞いたのかもわからない。
今までなんとも思っていなかったけど、ふと気になった。
幼い子供達の間では定番なのか?
それとも我が家だけの数え歌なのか?

本来は1から100まで数える。
息子も長女も次女も、私と一緒に入っている時には、100まで数える練習をしていた。
しかし、その時もお風呂から上がる前には、この歌を歌っていたと思う。
一体この歌はなんなのだ(笑)
知ってるって人いますか?

最後が「光るは親父のハゲ頭」って、これ本当に禿げてる人の前では歌えないぞ(^^;)
子供ってこういうの覚えるのは早いんですよね。
あとCMの台詞とか、好きなアニメの台詞とか。

掛け算九九とかも、歌にすると覚えやすいのかもね。
もうすぐ小学生になる次女。
数え歌のように、勉強も覚えていってほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | 日記

2017年03月06日

これは迷惑行為だと思う

170306.jpg

本来は日曜日に買い物に行くのだが、昨日はお出かけしていて、時間が取れなかった。
そこで今夜近くのスーパーに買い物に。
スーパーに買い物に行くたびに思うことがある。

「なんで使ったカートを戻さないの」

駐車場には使った後のカートが置きっ放しってことが多い。
時には駐車スペースにカートを置いてあり、車を入れる前にカートを避けないといけない。
なぜに使った物を所定の場所に戻さないの?

きっとカートを戻すのは係りのおじさんの仕事と思っているのでしょうね。
確かに放ったらかしにしても、係りのおじさんがちゃんと戻してくれます。
しかし、最低限自分が使った物は、自分で戻すのが当たり前ではないだろうか。
駐車場に散らばったカートを戻すのは、係りのおじさんの仕事ではない。
これは雑用。だから仕事の邪魔をしていることになる。

さらに買い物をしている最中にも気になることが。
なぜか全然違う所に別の商品が置いてある。
例えば洗剤売り場の所に、なぜか食パンが置かれている。
またはパンコーナーに鶏肉が置いていたり。

よく目にするのが、レジ手前にあるコーナーに、全く違う商品がポツンと置かれている。
買い物をしながら、「やっぱりこれは要らない」ってことがよくある。
普通なら元あった場所へ戻すのだが、ここでも先のカートと同じことが起きる。
元の場所に戻さずに、そこらへんにポイっと置く。

聞いた話だと、このように別の場所に置かれた商品(特に飲食品)は、安全性の意味から破棄されるらしい。
つまりお客が面倒くさがって元に戻さなければ、それはゴミとなってしまうのです。
毎回思うのです。なんで元に戻さない(怒)

確かに広いスーパーであれば、元の場所まで戻るのも大変。
だからこそ、レジの手前のコーナーに置いて行く人が多いのでしょう。
しかし、それは人としてどうなの?

昨日もビックリすることがありました。
京都駅から電車に乗る前に、駅内のコンビニで飲み物だと買っていました。
スイーツのコーナーで、長女や嫁さんが「美味しそう」と選んでいた時のこと。

私の嫁さんの間に割って入ってきた一人の女性。
おもむろにスイーツを手に取りました。
そして私の後ろを通り、左に折れてすぐの隣のコーナーへ。

私が立っていた場所が、ちょうどコーナーの角になっていたので、その女性が最初にスイーツを手にした所と、隣のコーナーは目と鼻の先。
私が立っていたので、その女性はぐるっと私を回って隣のコーナーに来た。
私から見たら、左手を伸ばせば、先ほどのコーナー。
右手を伸ばせば、今女性が見ているコーナーです。

その女性は、先ほど私の左側で手に取ったスイーツを、一旦右側のコーナーに置きました。
そしてまた別のスイーツを手にして悩んでいる様子。
スイーツは女性にとっては、幸せの食べ物。
きっとどれにするか悩んでいるのだろうと思っていました。

ところがその女性は、手に取ったスイーツを持って、先ほど一旦置いたスイーツはそのままにしてレジに向かいました。
私の目の前には、ポツンと取り残された最初に手に取ったスイーツ。
ちょっと手を伸ばせば、元に戻せるのに、そこに置いたままにして行く。
その行動が私には理解できない。

私は呆れてしまって、目の前のスイーツを元の場所に戻しました。
いやはや、本当にひどいものです。
きっとスーパーやコンビニで働いている人は、こんな非常識な客のために、無駄な時間を取られているのでしょうね。
はっきり言ってこれは業務妨害だと思います。

モラルの問題だと思いますが、これを恥ずかしいことだと思わない人が増えているんでしょうね。
「自分は客だ」と変な勘違いをしているのかも知れません。
私たち客がお金を払うのは、商品の代金です。
店員に無駄な作業や労力をさせるのは、余計な雑用をさせることになるので、業務妨害です。

そのうち、万引きと同じように犯罪とされてしまうかも知れませんよ。
使ったら戻す。片付ける。
そんなことは、子供の頃から教わって来たこと。
自分の行為が迷惑になっている実感もないのでしょうね。
これも教育の影響なのかな。

海外から高く評価される日本人。
でも、明らかに民度は下がっていると思います。
「自分さえ良ければそれで良い」
そんな人が増えているのも事実。

「人のためになる人間になれ」とは言いません。
私もそんな立派な人間ではない。
だからこそ、私は「人の迷惑にはならない」ことを心がけています。
親からも「人様の迷惑にはなるな」と、常々言われていました。

一人一人が周囲に迷惑をかけないように、心がけて来たのが日本の社会です。
だからこそ、世界から高く評価されているのでしょう。
使ったら戻す。元の場所に戻す。
当たり前のことを、当たり前にできない人が増えている。
なんとかしないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年03月05日

京都鉄道博物館に行ってきました

170305-1.jpg

今日は日曜日でしたが、剣道の稽古はお休み。
いつも使う道場が、今日は別の予定があり使えないために、お休みとなりました。
日曜日の午前中に何も予定が無いってことは、そうそうあることではない。

ということで、お出かけすることにしました(^o^)
お天気も良いし、比較的暖かい。
電車に乗って京都に向かいました。

行き先は「京都鉄道博物館」。
確か以前は「梅小路鉄道博物館」だったのが、昨年リニューアルして「京都鉄道博物館」になった。
以前から行ってみたいと思っていたので、本日実行に移しました。

お天気も良いし、絶好のお出かけ日和でもあるので、京都駅も人で混雑していました。
京都駅から徒歩で約15分。
途中、梅小路公園を通りましたが、ここも家族連れで賑わっていました。

京都鉄道博物館に入ると、SLと新幹線がお出迎え。
新幹線の方は、ものすごい人が並んでいたので、SLの前で記念写真を撮りました。
私が写真を撮ってその場を離れようとした時、後ろから「撮りましょうか?」と声をかけられた。
振り向くとご婦人が「良かったら家族全員で撮りましょうか?」と話してくれました。

お言葉に甘えて、カメラを託し記念撮影してもらいました。
日頃、写真を撮るのは私。
息子がいる時は、私と息子と交互に撮ります。
でも、結局家族全員で写ることはない。

今回はご婦人のお心遣いで、全員で記念撮影できました。
厳密に言えば、息子が入っていませんが(^^;)
息子は航海実習中なので、致し方ありません(笑)

京都鉄道博物館には、本当にたくさんの車両が展示されていて、じっくりと見て回るには1日必要なくらいです。
170305-2.jpg

170305-3.jpg

170305-4.jpg
「本当にたくさんの車両があり鉄道ファンにはたまらない」

一通り見て回り、最後にトリックアートがあったので、写真を撮ってきました。
8種類くらいトリックアートがあり、ほぼ全部を次女をモデルに撮影。
最後のトリックアートは長女と次女二人揃って撮りました。
170305-5.jpg

十分鉄道の世界を楽しんだ後、再び梅小路公園に戻り、持ってきたお弁当を食べました。
梅もちょうど咲き乱れていて、春の訪れを感じることができた1日でした。
170305-6.jpg

日本の鉄道技術ってやっぱり凄いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | 日記

2017年03月04日

adobe illustrator誕生30周年

170304.png

私は仕事でず〜っとMacを使っています。
初めてMacに触れたのが、確か27歳ごろだったと思います。
ちょうどアナログからDTPへと移行の時期で、必死に勉強して覚えたのを思い出します。

そしてそのMacと同じように使い続けているのがadobe illustrator(アドビ イラストレーター)です。
つまり私のMac歴=illustrator歴でもあります。
私の仕事はMac&illustratorで成り立っていると言っても過言ではありません。

そのillustratorが30周年を迎えたそうです。
私が使い続けて、およそ23〜4年なので、私が使い出す6〜7年前に誕生したことになります。
私が最初に使ったillustratorのバージョンは、illustrator5だったと思う。

まだ、プレビュー画面で作業ができなくて、ある程度作業をしてプレビューで確認する状態でした。
線画で作って行って、プレビューでカラーを確認する。
そんな作業でillustratorを使っていました。
その後、すぐにプレビュー画面での作業ができるようになった。

最初はもちろん印刷会社の仕事場で使っていたillustrator。
フリーになったのをきっかけに、自分用のillustratorを購入した。
その頃にはCSシリーズになっていました。

illustratorといえば、パッケージはずっとヴィーナスの誕生でした。
アイコンもヴィーナスで、それがillustratorの証みたいなものでした。
しかし、CSシリーズからヴィーナスは姿を消し、CCシリーズになってからは、シンプルなアイコンに変わった。

パッケージやアイコン、そして起動画面だけを見ても、30年間のillustratorの歩みがわかる。
その30年間のうち、20年以上を私も歩んできたことになります。
そしてこれからも、illustratorのお世話になることでしょう。

一体これまで、illustratorで幾つの物を生み出してきただろうか?
仕事のデータは計り知れない数のデータを作ってきた。
そして、自分の作品だけでもアニマルシリーズの145作品はillustratorで作っている。
もちろんこれからも、illustratorで作品を描いていきたい。

私の作品の中のキャラクターである、「黒猫りっちー君」もillustratorがなければ誕生していない。
そしてオリジナル絵本の「バナナムーン」や「くじらのゆめ」も誕生していない。
さらに、仕事で受けている絵本の数々も、illustratorがなければできていません。

そう考えると、本当にillustratorのおかげで、たくさんの仕事をして、たくさんの作品を生み出してきました。
これからもillustratorは進化を続けることでしょう。
そう考えるだけで、ワクワクしてきます。
Mac&illustratorで、これからもいろんな仕事をして、いろんな作品を描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | Macintosh

2017年03月03日

娘たちの成長に感謝

170303.jpg
【我が家の雛人形と次女が託児所で作ってきた雛人形】

明かりをつけましょうぼんぼりに〜♪
今日はひな祭りということで、我が家でもお祝いをしました。
おかげさまで我が家の姫たちは、元気すぎるくらいに育っております(笑)

雛飾りは先月中旬ごろから飾っておりましたが、今日は次女が託児所で作った雛飾りも追加。
卵の殻を使って、上手にお内裏様とお雛様を作ってきました。
自分でテレビの下に飾っていました。

そして今夜はひな祭りということで、晩ご飯はちらし寿司。
材料は前もって買っていて、ご飯も炊き上がるようにセットしていました。
作り方をお母さんから聞いて、今夜は娘たち二人で、ちらし寿司を作っていました。

最近はよく、お菓子作りもするようになった長女。
少しずつ料理なども覚えていってほしいですね。
「お父さんご飯できたよ〜」なんて言ってもらえる日が来てほしいものです(笑)

ひな祭りと金曜の晩ということもあって、今夜はアルコールも。
嫁さんがちょっと変わったお酒も買って来てくれました。
170303-2.jpg
スパークリング清酒の「淡雪」というお酒。
スパークリングなので、飲みやすく、あっという間に二人で飲み切りました。

そしてビールもちょっと贅沢してプレミアムモルツ。
う〜ん、やっぱり旨い。

最近は仕事が詰まっているので、平日の晩も仕事をしています。
しかし、今夜だけはお酒飲んでリラックス。
また明日から頑張ります。

息子は航海実習でいないけど、家族揃ってささやかながら、ひな祭りのお祝いでした。
スクスクと育つ娘たちの成長に感謝です。
そしてひな祭りが終わったら、早く雛飾りをしまいましょう。
大人になっても、いつまでも家にいてもらっても困りますからね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | 日記

2017年03月02日

PTA活動始まる

170302.jpg

今日はPTAの新旧役員の会議でした。
来年度からPTA役員としての活動が待っています。
そして、やはり次期PTA会長の役回ってきました。

PTA会長になる前に、1年間副会長をして次に会長になります。
もう半分腹決めて出席したのですが、やはりなかなか決まらず。
結局は最終的に私の方から手を挙げました。

教頭先生にも、現PTA会長にも、「ぜひお願いします」と根回しされていましたから(笑)
誰にも決まらずくじ引きで嫌々やるよりは、誰か率先してやる方が絶対に良い。
他の方でそんな気持ちの方がいたら、ぜひお願いしたいと思っていましたが、まぁそうそういないでしょう(^^;)

他にもいろんな役が決まり、新年度になれば、新しい体制でのPTA活動が始まります。
私も自分のできる範囲での活動に励みます。
さぁ、これでますます仕事の時間が削られる(T_T)
ますます効率良く仕事していかなくちゃ。

PTA会議の時に、たまたま私の横に座った女性。
突然私に「福原さんですよね。ドコモにいましたよね。」と声をかけられた。
えっ!!と思って顔を見ると、見覚えのある顔。

私がフリーとなる前に、友人と仕事をしていた次期があります。
ドコモショップを運営しながら、他のことにも手がけていたので、その分野でタッグを組んでいました。
そのため、ドコモショップにも顔を出していた。
そこのスタッフだった方でした。

約15年ぶりに再会しました。
私の方は全く気が付きませんでしたが、向こうはすぐにわかったらしい。
話を聞くと、隣の町で、時々私の姿も見かけていたんだとか。

いや〜思わぬ再会でビックリでした。
そしてまた、同じ時期にPTA役員に当たるのもすごい偶然です。
当然のことながら、長女の同級生の親も多い。
これから2年間、皆さんと協力して、より良い活動を楽しくやっていけたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

伝統行事を見てみたい

170301.jpg
【画像はwikipediaから 一度は見てみたいお松明】

3月に入りました。
でも相変わらず寒いです((((><))))
奈良はお水取りが終わらないと、暖かくならないと言われていて、確かに3月の中頃までは寒さが続きます。
お水取りは3月12日の深夜(正確には13日午前1時過ぎ)に行われます。
それまでは寒さに耐え抜くしかないです(笑)

お水取りとは・・・・。
説明できないので、東大寺のサイトをご覧ください(笑)
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie3.html

お水取りもそうですが、お松明も3月12日に行われる。
お松明は3/1〜14まであるようです。
私は一度も見たことが無いんですよね。

ずっと奈良で暮らしているけど、奈良の伝統的な行事を、まともに見たことが無い。
お松明も一度くらいは見たいですね。
ニュースや写真などでは、よく目にしますが、実際に見るのはまた違うでしょうね。
松明ですから、火の勢いや体感など、実際に体験してみないとわからないと思います。

しかし、平日はとても無理です。
土曜日は剣道の稽古があるし、行くとしたら日曜日の晩だけ。
おっ、カレンダーを確認したら、今年の3月12日は日曜日ですね。
これはラッキーかも・・・・・と思いましたが、その日は自治会の班長・役員会議でした(-_-;)

まぁあと数年はこんな感じで、身動き取れませんな。
次女が小学校卒業するくらいまでは、なかなか自由には動けないでしょう。
お松明はもう遥か古代から続いている行事ですし、これからも続く行事。
私がもう少し自由に動けるようになれば、見る機会も出てくると思います。

それにしても、本当に奈良に住んでいながら、奈良の伝統行事知らないし、見たことないです。
というか、日常の生活に必死で、そんなゆとりがないんですよね。
きっと私だけではないはず(^^;)

地域のお祭りや行事。
そんなところにも参加したり、興味を持ったりすることは大事です。
でも、特に子育て世代は、日常生活だけで手一杯と言う人が大半なのではないでしょうか。

お松明見たいけど、今年もニュースで見るだけかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | 日記