2017年02月02日

音楽を楽しめなくするJASRAC

170202.jpg

以前からこの団体には好感が持てなかった。
日本音楽著作権協会、通称JASRAC。
音楽の著作権を守っているように見えて、実は権利を振りかざしてお金を集めているように見える。
様々なところで、使用料を徴収しているようで、著作権というよりはそれを盾に取り金儲け。

そのJASRACが、またもや暴挙に出た。
なんと、音楽教室で使う楽曲に著作権料を求めることを検討しているらしい。
これまでも、コンサートや演奏会、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきたが、さらに厳しく取り立てようということか。

いつも思うのだが、こうやって集められたお金って、最終的に著作者のところに届いているのだろうか?
結局はJASRACの運営資金のような気がしてならない。
そもそも、音楽の著作権って、そこまで厳しく取り扱う必要があるのだろうか?

カラオケはわかる。楽曲を使って利益を上げるのだから、当然その著作権料は支払う必要がある。
しかし、コンサートや演奏会は、どうかと思う。
そもそも、そのコンサートに行くのは、演奏者や歌い手が好きだから行くのです。
その曲が好きだから行くのではない。

音楽を聴く側は、楽曲を聴きに行くのではなく、奏者が演じる音を楽しみに行く。
その奏者がどんな楽曲を演じようが、観衆にとっては問題ではない。
そこから著作権料を取るのは、ちょっと強引過ぎると思うのだが。

しかし、今回はさらに踏み込んで、音楽教室からまでも取ろうと企んでいる。
ここまで来ると、もはや職権乱用としか言えない気がします。
音楽教室は対策として、著作権料の発生しないクラシックしか使わなくなるでしょう。
そして著作権料を支払うとすれば、当然その代金は教室生の負担となる。

これって著者者の権利を守っていることになるのでしょうか?
むしろ逆で、著作者の権利を使って、音楽の楽しみを奪っているように見えます。
音楽って字のごとく「音」を「楽しむ」ものです。
そのために、教室に通っているのに、その楽しみを奪う行為。

そのうちもっと厳しく取り立てようとして、個人で楽しむ音楽にまで著作権料をかけて来るのではないだろうか。
JASRACならやりかねません。
CDが売れなくなっている現代。
著作者の権利は守られるべきですが、その権利を振りかざしてはいけません。
しかも代理人であるJASRACがそれをやっている。

こんな団体必要なのでしょうか?
単なる金儲けしか考えていない気がします。
一旦解体して、もっとシンプルに著作権を管理する方法を考えたほうが良いと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 音楽/映画