2017年02月28日

日本丸で航海実習

170228.jpg
【実物を見てみたい 写真はwikipediaから https://ja.wikipedia.org/wiki/日本丸_(2代)】

あぁ、2月が終わってしもた(-_-;)
あっという間、本当にあっという間です。
こうやって3月も過ぎ去って行くのでしょうね。

今日は息子を駅まで送って行きました。
東京に向かわせるためです。
なぜ東京なのか?

実は3月はひと月、丸々航海実習があるのです。
船に乗って実習をするために、東京が集合場所になっている。
そのため、荷物をまとめて東京へと向かいました。

初めて一人で乗る新幹線。
数日前から切符を手配したり、時間を調べたりと準備をしていました。
途中で同級生と合流する予定らしく、自由席で東京まで行ったようです。

息子が実習で乗船するのは日本丸。
そうあの帆船の日本丸です。
そこでどんな実習をするのかわかりませんが、ひと月、日本丸に乗って生活をするのです。

息子の話では、遠洋に出るのではなくて、東京〜大阪などを周りながらの実習らしい。
詳細は乗船してみないとわからないと思うが、大阪へも立ち寄ることは確かのよう。
もしタイミングが合えば、大阪まで行きたいですね。
息子に会うためではなく、日本丸を見たい(笑)

3月いっぱいは実習をして、3月末に再び新幹線で帰って来ます。
これまでも実習はしていますが、学校の実習船で一泊する程度。
ひと月丸々実習は初めてです。しかも日本丸。

どんな実習内容なのか、さっぱりわかりませんが、精一杯頑張ってほしいと思います。
また帰って来たら、いろいろと聞かせてもらおう。

さて、私も仕事頑張らなきゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年02月27日

森友学園問題に思う

170227.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/west/photos/170227/wst1702270067-p1.html

このところ、テレビで取り上げられている森友学園問題。
野党側は、安倍総理がこの問題に関わっているように追求をしています。
しかし、どう考えても、一国の総理がこんな学園に関わるわけがない。

そもそも問題なのは、本来9億の売却予定が、ゴミが大量にあるというだけで、なぜ8億円もディスカウントされたのか?
野党側はそこに与党議員の関わりがあったのでは?と考えているようです。
確かに不自然な価格であり、なんらかの取引が行われた可能性は否定できない。

それなら、もっと調べて確実にわかってから質疑をしてはどうか?
今はまるで、無理やり安倍総理が関わっていたと、結論付けたいがために質問をしているように見える。
一番の問題は、国有地が不当な値段で売却された可能性があること。
なぜそのような価格になったのか?誰が最終判断をしたのか?
そこを明確にすべきです。

さらに解せないのが、この問題と教育内容の問題をごっちゃにしようとしていること。
森友学園の教育に、教育勅語が取り入れられているとして、それを問題視する声もある。
そもそも教育勅語の何が問題なのか?
ちょっと教育勅語の内容を抜粋してみます。

---<参照 明治神宮サイトより http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html>------------------------------------------------
【教育勅語の口語文訳】
 私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
-------------------------------------------

この教育勅語が敗戦後は問題として、教育の場では使われなくなった。
おそらく「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません」の部分が問題視されたのでしょう。
でも、ごくごく普通のことですよね。

話が教育勅語に行ってしまいましたが、これを問題とするのはどうだろうか?
確かに「安倍総理頑張れ」と、園児たちに言わせるのは行き過ぎだと思う。
でも、教育勅語を敵対視するのはおかしいと思う。

教育の現場に政治を持ち込むなとの声もあるが、では日教組はどうなのだ?
どうどうと政治活動をして、教壇に立っている教師がいる。
日本は戦争をした悪い国だと、何十年と生徒たちに嘘を教えてきた。
私もそうして育った世代です。

森友学園の教育が問題と言うのなら、これまでの教育も問題視されるべき。
愛国心を求める教育は悪で、日本を戒める教育は善と言うのは、あまりにもおかしすぎる。
中国や韓国の批判をしたらヘイトと呼ばれ、日本死ねと発信したら流行語大賞に選ばれるのと同じ。

森友学園の土地価格の問題も、森友学園だけを問題視している。
朝鮮学校も格安の金額で土地借用したり、購入したりしている事実がある。
また朝日新聞社や読売新聞社も、国から格安で土地を購入しています。
そこには全く触れず、森友学園だけを標的にする。

つまりは森友学園の教育方針が、安倍総理の理念と同じだから、徹底的に叩く。
そして、その延長線上で、安倍政権を批判する。
こんなの単なる嫌がらせではないのか。

こんなことばかりやっているから、野党は支持されない。
そしてマスコミも信用されないのです。
一方だけを批判し、もう片方は目を瞑る。
そんなことばかりやっていたら、いずれ誰からも信用されなくなります。

いや、もう十分に信用されていないか。
健全な野党がないと、健全な与党はできません。
野党の劣化はそのまま日本の政治の劣化です。
民進党に変わる、まともな野党が必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年02月26日

春はもうすぐ

170226.jpg
【春までもう少し】

少しずつ寒さが緩みつつあります。
春が少しずつ近づいて来ている。そんな感じがします。
まだまだ寒いけど、なんというか心地よい寒さです。

もう2月も終わり。
ホントあっという間です。
ひと月ってこんなに早かったっけ?
まぁ2月は特に短いのでなおさらですが。

これをあと10回繰り返したら、また1年が終わるのです。
こうやって、どんどん歳を取っていくのだな(笑)

2月もあと2日。
3月に入ったら、またさらに忙しくなりそう。
なんと言っても、次女の卒園がある。
ドタバタするのが目に見えています。

3月に入ったら、一気に春がやってきます。
桃の花、そして桜。
楽しみですね。

あ、そうそう。
3月に入ったら、真っ先にひな祭りがあります。
我が家のお雛様も、2月中旬からスタンバイしています。
娘たちの健やかな成長を願って、ささやかながらお祝いをしたいと思います。

卒業式もやってきますね。
我が家は次女の卒園だけですが、2年後には長女が卒業になる。
さらにその1年後には息子。
順調に進級すればの話ですが(^^;)

その息子は、3月は丸々いません。
実習のため、ひと月間船に乗ります。
今日はその準備の買い物などに追われました。

それぞれの3月、それぞれの春が、もう目の前です。
私も抱えている仕事を、しっかりこなしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 日記

2017年02月25日

回転寿しの酔っ払い(笑)

170225.jpg
【ウィ、酒だ酒、酒持ってこ〜〜〜い。そんな状態の次女(笑)】

今夜は久しぶりにお寿司を食べに行きました。
もちろん回転寿しです。
回らないお寿司屋さんなんて、もう何十年と行っていません(^^;)

一般庶民の我が家にとっては、回転寿しも月に一度いく程度です。
回らないお寿司屋さんのお寿司も食べてみたいけど、今の現状では回転寿しが精一杯です。
いつの日か、回らないお寿司屋さんで、好きなだけ寿しを食べてみたいですね。

今夜、回転寿しに行くことを、夕方に嫁さんとメッセージで連絡取り合っていました。
嫁さんは仕事、私は娘たちを連れて剣道だったので、それが終わってから。
もちろん子供達は回転寿しに行く事を知らない。

ところが、剣道の稽古が終わって帰る途中に、突然長女が「お寿司食べたい」と言い出した。
もちろん話してもいないし、メッセージを見せた訳でもない。
あまりのタイムリーにちょっとビックリした。

嫁さんが帰って来たら、車を走らせ回転寿しへ。
思っていたよりは空いていて、待ち時間も10分程度でした。

久しぶりの回転寿しに、子供達もハイテンション。
好きなお寿司をどんどん食べていきます。
子供たちが好きなのは、やはりマグロです。

途中で次女が「茶碗蒸し食べたい」と言い、長女と二人で茶碗蒸しを食べました。
よほどお腹が空いていたのか、茶碗蒸しを一気に食べ、満足そうにしている(笑)
しかし、お腹いっぱいになった途端に、眠くなってき模様。

それでも「ポテト食べたい」と、フライドポテトを注文。
ところが、ポテトが来るまでに、寝てしまった。
叩いてもゆすっても起きない次女の口に、息子がフライドポテトを突っ込んだ。
すると、無意識にポテトを食べ始める次女。

私たちが笑をこらえて見ていると、なんと目をかすかに開けて復活(笑)
そして虚ろな目でポテトを見据えると、これまたおぼろげな手つきでポテトを掴む。
そのまま半開きの口の中へポテトをGO。
その姿は、まさしく酔っ払ったオヤジそのものでした(^^;)

最近、託児所でのお昼寝の時間が、完全に無くなりました。
小学校入学を前に、お昼寝無しの状態に慣らすためです。
そのためか、最近は夜になると、眠くなる次女。
今日はさらに剣道の稽古もあったので、余計に眠かったのでしょう。

最後は酔いつぶれたように寝てしまった次女を抱えて、回転寿しを後にしました。
回らないお寿司の方が、お寿司は美味しいことはわかっています。
でも、こうやって家族で食べることが、一番美味しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2017年02月24日

ミュージックステーションを観て

170224.jpg
【懐かしの小沢健二】

家族でミュージックステーションを観ていた。
観ていたと言うよりは、娘たちがドラえもん・しんちゃんを観ていた流れで、晩ご飯中にそのまま流れていたという感じ。
HTK48が出てきて「指原以外誰もわからん」とか、平井堅が出てきて「やっぱ上手いな」とか話していた。

そこへX-JAPANが登場。
熱烈なファンが多いX-JAPANだが、私はあまり好きではない。
Rockは好きだが、日本のヘビメタ系はあまり好きではないのです。
昔の映像が流れていましたが、いや〜しかし、凄い髪型ですね(笑)
Hideの自殺があってから、バンドとしては活動をしていない状態。
Toshiの洗脳問題とか、本当にいろいろあったX-JAPANだけに、ファンにとっては嬉しい復活だったでしょうね。

そしてもう一人復活してきた人がいた。
20年ぶりの復活として、小沢健二が登場。
思わず「おぉ〜懐かしい」と叫んでしまった。
でも、申し訳ないが小沢健二もそんなに好きではなかった(^^;)

と言うか、ミュージックステーションに出てくるミュージシャンって、だいたい決まっていますからね。
私が好むようなミュージシャンは、あまり出てきません。

話を小沢健二に戻す。
20年ぶりの登場で「おっさんになったなぁ〜」と私が言うと、子供たちが皆「この人誰?」(笑)
そりゃ〜そうですよね。
比較的、昔の音楽を好んで聴く息子さえも「全く知らない」と話していた。

一時期大流行しましたが、私はそんなに好きではなかった。
嫌いではないけど、好んでまで聴くタイプではありませんでした。
そして本日、復活で新曲も披露。

正直な気持ち。
20年前はあの若さで、あのルックスで、あの声で、あの時代だったから良かった。
歌唱力が魅力のタイプではない。
全く響いてこなかった(^^;)
でも、ファンにとっては嬉しい復活だろうな。

音楽って時代と共に変わっていくし、また時代が巡って似たようなものが流行る。
もしかしたら、昭和のフォークブームが再び来るかもしれない(笑)
ガロとかかぐや姫とか、アリスとか松山千春とか、そんな時代の歌が、再び注目されるかも知れない。
バリバリ昭和生まれのおっさんはそう思ったのでありました(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 音楽/映画

2017年02月23日

夏の計画

170223.jpg
【もう8年この景色を見ていない】

今夜は「第2回サマーフェスタ」の第1回目の打ち合わせでした。
昨年の夏、ドタバタで開催した初めての夏祭り。
なんとか無事成功に終わりましたが、今年は昨年の反省も込めて、早めのスタートとなりました。

今夜は顔合わせ程度で、詳細は次回の打ち合わせから始まる。
顔合わせと言っても、昨年と同じメンツだし、詳細と言っても昨年とやることは同じ。
昨年は本当にドタバタで、私も仕事の時間を返上して、プログラム制作していました。
今年は昨年のデータをベースに作れるので、かなり楽になると思います。

昨年は成功したとは言え、やはり反省点も多々ありました。
今年はその反省点を活かして、さらに良い夏祭りにしたいと思います。

まだまだ真冬の寒さが続いている時に、夏の計画ってピンと来ません。
でも、半年後には夏祭りを開催することになる。
半年ってあっという間ですからね。

そう考えると、今から夏の計画をしておいた方が良い。
毎年同じことを言っていますが、今年こそ北海道に帰省したい。
家族揃っての帰省は、もうかれこれ8年前になる。
息子が10歳、長女が3歳、次女はまだ生まれてもいなかった。

そこから家族揃っての帰省はない。
4年前に息子と長女だけで、夏休みに北海道に行き、その後、嫁さんと次女だけで2回ほど北海道に帰省している。
私だけが8年間、北海道に行っていないのだ。
あぁ〜〜〜〜〜悔しい(>_<)
北海道に行きた〜〜〜〜〜〜〜い。

そんなわけで、今年こそ北海道に帰省するべく、今から計画を立てよう。
一番の問題は、何と言っても飛行機代なのだ(^^;)
家族揃ってとなると、やはり結構な金額になる。
格安航空も飛んでいるから、うまく使えば安くできるかもしれないが、夏の期間は格安じゃなくなるからな(^^;)
夏までにしっかり仕事頑張って、飛行機代を稼がなきゃ(笑)

まだ春も来ないうちから夏の計画。
その前に、今年は次女の卒園&入学がある。
春には春でイベントがあります。
そして日々の生活&仕事でドタバタするうちに、あっという間に夏が来る。

計画は早めに、そして確実に実行を。
今年の夏に向けて、今から計画していこう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年02月22日

猫の日にりっちー君のご注文

170222.jpg
【私の頭上にはいつも黒猫りっちー君がいる】

ふぁ〜〜〜〜(-o-)/
さすがに連日の深夜までの仕事はきつい。
今日はちょっと早めに寝るか。
明日また頑張ろう。

今日は2月22日ということで、猫の日だったらしいですね。
ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)ということらしい(^^;)
猫好きにとっては、いつも以上に猫ちゃんを可愛がることが出来た日でしょうね。
私も猫大好きですが、残念ながら飼っていないので(--;)

犬も猫もうさぎも、動物全般に大好きなので、飼うことができるのなら、いろんな動物を飼いたい。
しかし、まずは家族第一。子供第一。子育て優先。
子育てが終わらないことには、動物を飼う余裕などありませぬ(笑)

今日は「猫の日」が招いたのだろうか?
ネットショップのCreemaにお問い合わせがあり、回答をしたら「黒猫りっちー君ポストカードセット」の注文が入った。
猫好きの方らしく、りっちー君を気に入ってくださったようです。

りっちー君は、やはり好きな方にはたまらないらしく、コアなファンが存在します。
作者としても、本当に嬉しいことで、りっちー君がいろんな方のところに届くのが、まるで夢のようです。

りっちー君に関しては、こちらで何度も紹介しているので、ご存知の方も多いと思います。
私が高校時代に、奄美の実家で飼っていた黒猫リッチーがモデルになっています。
実在した黒猫をモチーフに誕生したのが、黒猫りっちー君なのです。

その黒猫りっちー君を、初めて作品として描いたのが、「菜の花畑のりっちー君」。
もうかれこれ9年前の作品になりますね。
来年でりっちー君誕生10周年になるのか。
何かイベントでもできないかな〜って、また無謀なことを言い出す(笑)

りっちー君グッズも増やそうと考えているのだが、全くそんな時間も取れず。
りっちー君ファンの皆さま方、申し訳ありませんm(__)m
仕事落ち着いたら、必ずグッズ増やします。

さて、明日はポストカードの発送もあるし、さらに気合入れて頑張るか。
ではオヤスミナサイm(__)mZzzzz
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記

2017年02月21日

役持ちすぎ(-_-;)

170221.jpg

毎年恒例の学童DVD依頼。
もうかれこれ何年続けているのだろう?
最初は私が会長をしていた時に、勝手に作ったのが始まりだった。

それから数えること・・・。
今年で7年になるか。
もう7回もDVDを作ることになる。

先日、必要な写真を取りに、久々に学童を訪ねた。
しかし、もう知っている子はいない。
厳密に言えば、長女の同級生とかいるので、顔を知っている子はいる。
だが、私が会長をしていた時代の子供達は当然いない。

思えばこの学童立ち上げが始まりだったな(笑)
学童立ち上げで、いろんなところで人と会い、いろんなところに顔を出し、仕事半分そっちのけで必死で学童を立ち上げた。
今はあんなパワーはもう無い(笑)

学童に関わってから、自治会の方にも引っ張られ、さらには学童を辞めた後に、今度は学童運営側の理事を頼まれる(^^;)
息子が始めた剣道をきっかけに、剣道の方もいろいろと関わるようになる。
もうあっちもこっちもの状態です。

そして、新年度からついにPTA役員が回ってくる。
PTAは2年任期なので、来年度・再来年度とPTA活動が待っている。
どっひゃ〜これ以上どうせっちゅうのだ(><)
おまけに周囲からは「再来年度は是非PTA会長を・・・」と、言われる始末。
小学校の教頭先生にまで頼まれるし(-_-;)

いや〜もう完全に限界を超えますな。
これ以上の役持ちは不可能です。
私ゃ〜体一つしかないし、しかももう50になって、体力がた落ちだし(笑)

自治会の役員が任期あと1年。
PTAの役員と確実にかぶる。
再来年はPTA会長に担ぎ出される可能性がある。
しかもその年は、剣道の父母会も役員に当たる。

やはり変われる役は、次の人に変わってもらうしかない。
本当にこれ以上やっていたら、もう仕事どころじゃない(^^;)
仕事しながら、他のことを考えるのって、本当にしんどいです。
私の仕事は考えることがメインなので、その時にいくつも考えることがあるのは、正直辛い。

少しずつ変われるものは、変わっていこう。
どうしても私の性格は、頼まれると嫌と言えない。
だからついつい、いろんなことを引き受けてしまう。

引き受けた以上は、精一杯頑張るけど、精一杯頑張ったら、次の人にバトンタッチしないとダメですね。
いつまでもやっていると、いつまでもやってもらえるものと、周囲は見るでしょう。
私もできることはやりたいけど、もう確実に限界です(^^;)
何よりも仕事に差し支えが出たらダメなんで。

でも、いろいろとやることは良い経験になると思います。
PTAも自分のできる範囲のことを頑張りたいと思っています。
その前に、今詰んでいる仕事を頑張らなきゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 日記

2017年02月20日

頑張れ自分(笑)

170220.jpg

今日はめっちゃ風強かったですね。
どうやら春一番が吹いたようで、これで春がぐんと近づいて来る(^o^)
いや〜今年の冬は、本当に寒さが続きました。
ようやく春が近づいて来るのは、本当に嬉しいです。

しかし、喜んでばかりはいられません。
春が近づいて来るということは、もうすぐ3月だということ。
ひゃ〜本当に月日が経つのが早いです。

今、仕事がめっちゃ詰んでいる状態で、春を待ちわびている場合ではない。
絵本の仕事が3つ同時進行で進んでいて、1点はほぼ完了に近い状態だが、1点はまだ制作途中。
もう1点はこれからかからなくてはならない。

加えて毎年恒例のDVD制作もある。
今年は別件での依頼もあり、もう寝てられない(^^;)
昨年末の超ハードスケジュールに匹敵するような忙しさです。

そこにさらに急ぎの案件が入ってきた。
いや〜マジでどうすんべ。
こりゃ〜毎晩深夜まで頑張るしかないな。

仕事が続くことはありがたいのですが、もう少し余裕が欲しいですね。
日頃からもっと前倒しで作業できていれば良かったのですが、なかなか難しいんですよね。
どうしても、お風呂入って晩御飯食べたら、そこから仕事する気になれない。
でも、もうそんなこと言ってられなくなりました。
今週はずっと夜中まで頑張らないと、とてもじゃないがこなせいない仕事量です。

いや、今週だけじゃないか。
しばらくは夜も仕事をしないと、とてもじゃないがこなせない。
3月に入れば、こちらも恒例の学校新聞がやってくる。
他の仕事も予定が入っているし(^^;)

マジで栄養ドリンクでも飲みながら頑張るか(-_-)
正直、この歳で毎晩深夜までの作業は身体に堪える。
なんとかパワーをつけながら乗り切るしかない。
後は気合だ〜〜〜〜(笑)

桜が咲く頃には、落ち着いていることを願う。
昨年はお花見できなかったからなぁ〜。
今年は是非ともお花見したいです。

春はもうすぐ。
ガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 仕事

2017年02月19日

iPad Air2届く

170219.jpg

日曜日だが、今日は剣道の稽古には付き添わず。
私だけが家に残りました。

今日は自治会の新旧役員の親睦会があるため、剣道の付き添いには嫁さんにお願いしました。
そして、午後からは剣道の行事があるため、私以外は皆そこへ。
私は親睦会で昼食を済ませて、家に帰ってきたのは13時半ごろ。

そこへ大阪の姉がやってきました。
二人でいろいろ話しているところ「ピンポ〜ん」とチャイムが鳴った。
家族が帰ってきたのかと思ったら宅配便でした。

そしてその中身は、昨日ネットで注文したiPad。
先日つぶやいた古くなったiPad。
やはりもう使えないということで、新しいiPadを購入する決断をしました。

思いたったら吉日ということで、昨日アップルストアでiPadAir2を注文しました。
注文サイトで見ると、お届け期間は7〜10日間でした。
早めの方が良いと思って昨日注文したのだが、なんと翌日に届いたのです。

早速届いたので、古いiPadのデータを新しいiPadにバックアップしました。
長女の進研ゼミのアプリもようやく復活した。
そうこうしている内に家族が帰ってくる。

姉と嫁さんと私と話している間に、長女は早速進研ゼミを開始。
これで遅れていた分を取り戻してほしいものですね。
私もこれまで使えなかったiPadが、これで十分使えます。
仕事でも使えたらどんどん使っていきたいと思います。

古いiPadのカバーをそのまま使えるかな?と思っていたのですが、残念ながら寸法が違った。
また、新しいカバーも買わなきゃいけないな。
そして新しいiPad購入費分の仕事を頑張らなきゃ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:55 | Comment(0) | Macintosh

2017年02月18日

次女からのメッセージ

170218.jpg

日中は暖かい日も増えてきましたが、夜はやはり寒い。
毎日の寒さを癒すのは、やはり暖かいお風呂です。

今日は剣道の稽古で、思いっきり冷えたので、暖かいお風呂がいつも以上に嬉しい。
子供達が先に入って、最後に私たち夫婦が入った。
もうご飯の準備もできていて、私たちが上がってくるのを、子供達は待っていた。

特に次女は何度もお風呂場に来ては「お腹空いた」と訴えてくる。
食いしん坊の次女にとっては、「今日の晩御飯」が何よりも楽しみなのです(笑)
特に今夜は北海道から届いたラーメンなので、早く食べたくて仕方がない様子(^^;)

子供達に急かされるようにお風呂を上がって、足元を見て笑ってしまった。
私と嫁さんの着替えが置いてあり、そこにメッセージまで添えられていた。
まだまだ解読が難しい次女の文字で、メッセージが書かれている。

嫁さんの着替えを長女が、私の着替えを次女が選んで、バスタオルとともにセットしてくれたらしい。
少しでも早く晩御飯を食べたいが故の行いか(笑)

4月から小学生になる次女は、最近やたらとお手紙を書きたがる。
今回も着替えを準備するのが目的ではなく、そこにメッセージをつけるのが目的だったと思う。
最初は全く解読できなかった文字も、ようやく解読可能になりつつある(笑)

長女が同じ年の頃には、もっとしっかりとした文字を書いていたのだが、次女は長女に比べるとまだまだです。
しかしマイペースな次女なので、自分がやる気になったら一気に火が点きます。
小学校に入れば、それなりにやってくれるでしょう。

長女がお母さん大好きなので、次女はお父さんよりです。
託児所の送り迎えも、剣道の付き添いも、私がやっているので、次女はお父さん第一のようです。
それでも、やはりお母さんにも甘えたい。
それが最近は如実に現れています。

晩御飯を食べ終わると、お母さんの元に歩み寄り、まだご飯を食べているお母さんに抱きつきます。
そして「一緒に寝よう」と甘い声で囁くのです(笑)
それに応えて一緒に布団に入って、そのまま朝まで寝てしまう嫁さん(^^;)

マイペースな次女も、あとひと月半で託児所を終えます。
そしていよいよ小学生。
お姉ちゃんが一緒なので、大丈夫だとは思いますが、それでも親としてみれば、やはり心配です。
学校でもマイペースぶりを発揮するのだろうな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2017年02月17日

ご老体のiPad

170217.jpg
【当時は最新式だったのだけれど・・・】

もう限界か?

人間にも限界があるけれど、機械にも限界はあるもので。
どうやら私のiPadが限界を迎えたようです。
どんなに充電しても、バッテリーが20%に達しません。

私のiPadは2011年11月に購入したiPad2です。
当時は最新式でしたが、もう5年半も経つと化石に近い状態(^^;)
かろうじて動いていたのですが、ここしばらくは充電ができない状態が続いています。

私自身は、もう全くと言っていいほど、iPadを使う機会は無くなっていました。
仕事で使うには、あまりにも遅いし、仕事で使うようなアプリは全て外していました。
最近はSkypeと長女が勉強のために使っている状態でした。

バッテリーさえ復活できれば、まだ使えるか?と思い、調べてみたがバッテリー交換だと24,000円ほどかかる。
結構な値段だ。アップルストアで見ると、一番安いiPadmini2なら29,800円からある。それなら買った方が得である。

長女が進研ゼミをやっていて、iPadのアプリで学習できるタイプなので、iPadは必需品となっていた。
まだまだ使えると思っていた矢先のことだっただけに、どうするか悩みどころです。
購入するにしても、iPadmini2だと、やはり画面は小さいしスペックも弱い。
本当はipadPro&Apple pencilが欲しいところだが、それだと10〜12万円は見ておかなければならない。

中間をとってiPadAirにするか。
それなら50,000円前後。
それでも痛い出費だ(><)
長女の勉強がストップした状態なので、早めに決断しないといけません。

まぁMacのデスクトップでも、5年すれば買い替えの時期になる。
iMacもiPadと同じ日に買っているので、こちらも限界に近い。
ましてやiPadは5年も使えば、もう十分なのかも知れませんね。

iPhoneなんて2年ごとに買い換えているし、iPadも同じようにauで契約した方が得なのかも知れない。
ちょっと検討してみるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | Macintosh

2017年02月16日

懐かしの曲そしてドラマ

170216.jpg

ようやく寒さが一休みです。
本日は気温がグングン上昇し、日中は暖かい1日となりました。
お昼過ぎから打ち合わせで、葛城市まで車を走らせた。
行きはそれほどでもなかったが、帰りはさすがに暑くて、車の暖房はオフにして走りました。

暖かい1日で運転も気持ち良かった。
片道30分弱のドライブ。
気持ち良いので、iPhoneで音楽かけながら走りました。

そして久々に聴いた曲。
iPhoneの中にあったけど、久しく聴いていなかった曲。
それは小田和正のキラキラ。
何気なく入れたあったプレイリストをかけていると、出てきた曲。

懐かしいですね〜もう20年近く前の曲になるかな。
確かドラマの主題歌になっていたんですよね。
ドラマの名前を忘れてしまいましたが、堤真一がグラフィックデザイナー役のドラマ。
ググったら出てくるかな?

堤真一 グラフィックデザイナー・・・enterポチッと
あっと出てきた、そうそう「恋ノチカラ」だ。
同じくグラフィックデザイナーとして駆け出しの役を、深津絵理が演じて、同僚というか先輩と後輩みたいな役で、最初はお互いそんな気は無いのだが、次第に惹かれていくんですよね。

私はあまり真剣に見ていなかったけど、嫁さんが結構見ていたドラマ。
そして見るたびに「同じグラフィックデザイナーでも違うもんだね〜」と嫌味っぽく言われていたのを覚えている(笑)
その度に「うるへ〜こんなドラマみたいな職場があるか〜」と抵抗していたものです。

そんなことを思い出しながらキラキラを聴いていました。
その当時、まだPowerMacG4が主力の時代です。
確かドラマでもPowerMacG4や、出だしたばかりのiPodなどが使われていました。
私はドラマの内容そっちのけで、PowerMacG4やiPodに目を輝かせていたものでした(笑)

今、また同じようなドラマやったら、MacProやMacBookProを使うのでしょうね。
そして確実にiPhoneやiPadがでてくる。
ちょっと見てみたい気もします。

しかし、グラフィックデザイナー=かっこいいというイメージはやめてほしいな。
どちらかというと、グラフィックデザイナー=変わり者の方が多い気がします(笑)
まぁどんな職業でも、ドラマ化されれば、俳優さんが演じるのでかっこ良く演じます。
そして、その職業の方々は、口を揃えていうのでしょうね。
「そんな奴おらん!!」(笑)

久々に昔のドラマなんか見たくなりました。
プライムビデオに出ていないかな。
今度探してみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 音楽/映画

2017年02月15日

北朝鮮はどこへ向かうのか

170215.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/world/news/170216/wor1702160006-n1.html

まるで映画のような事件が起きる。
北朝鮮の金正恩の実の兄、金正男氏が暗殺された。
しかも白昼堂々、それも人が多い空港で。

なんでわざわざ目立つように暗殺をしたのか?
そして暗殺を企てたのは、北朝鮮の実力者である金正恩であろう。
他に暗殺を仕掛ける必要性のある組織はないに等しい。

白昼堂々、目立つように暗殺をしたのは、おそらく見せしめだと思う。
北朝鮮を捨て、他の国に亡命した元幹部などに対する見せしめ。
そして、亡命計画を企てているかも知れない、現行の幹部への見せしめ。
「逆らうとお前らもこうだぞ」そう言いたいのでしょう。

金正男氏は、北朝鮮の次期後継者が誰になるのか、騒がれていた時点で「自分は興味が無い」と話していた。
そしてその言葉通り、三男の正恩氏が後継者となった。
普通なら後継者が決まれば、それで終わるはずである。
何も身内に手をかける必要性は無い。

しかし、それでも金正恩が手を下したとなれば、やはりかなりの危機感を感じていたのだろう。
これまでも多くの側近たちが粛清され処刑されている。
少しでも怪しいと思えば、なりふり構わず排除しているのだろう。

以前処刑された張成沢氏は、金正男氏と密接な仲だったと言われている。
張成沢氏が処刑された時から、金正男氏の暗殺計画もあったと囁かれている。
つまりは金正恩氏からすれば、金正男氏を少しでも頼りにされることが、あってはならないのでしょう。
ほんの些細なことでも、権力崩壊につながる可能性があるものは、すべて排除する。

本人に全くその気が無くても、0.1%でも可能性があると思えば、その芽を摘む。
まさしく独裁権力者の恐怖政治そのものです。

果たしてこのやり方で国が持つのでしょうか?
恐怖におののき、権力者の顔色を伺いながら、日々を過ごす。
こんな国が発展などするわけがありません。

強いリーダーシップは必要ですが、独裁者とリーダーシップは違います。
逆に言えば、強いリーダーシップを発揮できなから、粛清という恐怖で、自分の権威を守ろうとする。
粛清の恐怖から解き放たれた時、多くの幹部は裏切ることでしょう。

アメリカがトランプ大統領になったことで、北朝鮮問題も動きがあるかも知れません。
これまで弱腰で、全く動かなかったアメリカが、北朝鮮に対して動きを見せる可能性がある。
上辺では平和的な動きを見せるかも知れないが、水面下では違う動きも有り得る。

今回の金正男氏暗殺事件が、これからの北朝鮮を大きく変える可能性もある。
自身を守ろうとする行為が、逆に自らを追い詰めている金正恩氏。
トランプ大統領の登場。
大きく世界が動きだす可能性がありますね。

日本は拉致問題を抱えています。
世界が動きだす時、日本も動かなくてはなりません。
そこには覚悟を必要とする場合もある。
拉致被害者救出のために、私たち国民も考えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年02月14日

Happy Valentine

170214.jpg

3年ぶりの平日のバレンタインデーだったようですね。
今日は学校や職場で、多くのチョコが飛び交ったのでしょう。
我が家は?
息子は春休みに入っていて、家でまったり。
私は相変わらず、家で仕事(笑)

我が家はなぜか男性陣よりも、女性陣がチョコをもらってくる(^^;)
長女は帰宅後、お友達が押しかけてきて、チョコをもらっていました。
いわゆる「友チョコ」ってやつですな。

そして嫁さんも、職場でチョコを配ったはずなのに、スタッフからチョコをもらってきた。
息子は北海道のおばあちゃんから届いたチョコ。
私は嫁さんからもらったチョコ。
我が家のバレンタインはこんな状態(笑)
というか最近のバレンタインって、女性から男性へという感覚なくなってきていますよね。
「仲の良い友達へ」「お世話になっている人へ」といった、お歳暮感覚になっています。

そんなバレンタインの日に、次女はお姉ちゃんの学校へ行ってきました。
学校体験の日で、10時から約2時間、お母さんと一緒に小学校を体験してきました。
学校内を案内してもらったり、ダンスを一緒に踊ったり、色々と楽しんできたようです。
託児所ヘはお昼からの登所。

そんな次女はバレンタインには全く興味がなく(笑)
長女が託児所の時には「チョコ作って配る」と言って、なぜか私がチョコ作りを手伝わされたりしていました。
次女にはそんな気はさらさらないようで、バレンタインすら理解していない。
しかし、チョコは大好きなので、託児所から帰ってきて、お姉ちゃんがもらったチョコを見て「自分の分が無い」と大泣きしていました。

北海道のおばあちゃんから、子供たちへのチョコがあるので、それを見せるとようやく落ち着きました。
晩ご飯後に早速チョコを渡しましたが、お兄ちゃんの分は一回り大きい。
今日はバレンタインなので、本来はお兄ちゃんが主役。
それなのに、次女は「お兄ちゃんだけ大きくてズルい」と、欲張っていました。

子供達はたっぷりチョコを食べ、満足して眠りにつきました。
私と嫁さんは、寒いのでチョコを肴にホットウイスキー。
ほろ酔い気分で寝たいと思います。

バレンタインだというのに、甘い話はどこにも無く、ただひたすらにチョコを食べるだけの我が家のバレンタインでした(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 日記

2017年02月13日

突然の出家報道に思う

170213.jpg

突然の引退宣言に芸能界が揺れていますね。

女優の清水富美加さんが、突然引退を発表し、幸福の科学に出家した。
あまりにも突然すぎて、誰も対応ができていないようです。
幸福の科学から伝わる、本人の声と、事務所側とのあまりにも食い違う言い分。
このままだと法廷に持ち込まれる可能性は大です。

日本には宗教の自由があるので、誰がどの宗教を信仰しようとも、それは自由です。
しかし、これまでお世話になった方々や、まだ契約途中の仕事を、突然断ち切って出家というのは、プロとして、いや社会人としてあるまじき行動です。
レギュラー番組もあり、公開前の映画もあり、他にも多くの仕事が決まっていた。
もう大混乱です。

幸福の科学側も、その辺は考慮しなかったのでしょうか?
「人の幸せ」を祈るのが宗教のはず。
それが大勢の人に迷惑をかけ、不快な思いをさせている。
これで「幸福の科学の教えは素晴らしい」と称えられても、誰も良いとは思わないでしょう。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、辞めるなら綺麗さっぱり片付けてから引退すべきです。
本人は辛いことも多々あったのでしょう。
しかし、それでもプロである以上は、ちゃんと幕引きをすべきでした。

今後、出家して幸福の科学で何をしていくのか?
広告塔になるような気もしますが、今回の件で、むしろ逆効果のような気がします。
私の考える宗教観とは真逆の結果ですね。

先日も宗教についてつぶやきました。
私は信仰というのは、日常生活の中にあるべきだと思っています。
全てを投げ出し、非日常の中で修行するのも信仰かもしれませんが、それは特殊だと思う。
それだけが信仰だというのなら、宗教は成り立ちません。

それぞれに家庭を持ち、仕事を持ち、その中で様々に悩むことがある。
悩み苦しみ、大きな壁を乗り越えるために、信仰があり、心の拠り所となる。
大勢の悩み、苦しみを緩和し、己の心で乗り切る手助けとして信仰が必要なのです。

今回の件は、「自分が苦しいからそこから逃れる」という風に見えます。
苦しい時こそ、自分の信じる信仰とともに、自分の役割を果たすことが大事。
本人がどれだけ辛かったのかは、本人でないとわかりません。
本当に辛かったのでしょう。

しかし、そうやって、「辛ければその場から逃げる」のでは、何をやっても続かないと思う。
果たして幸福の科学の中で、自分の思い描いていた幸せが築けるだろうか?
また同じような悩みが出てきて、自分の力ではどうしようもなくなると、また逃げ出したくなる。
そんな気がしてならないのです。

今後は宗教家として、人を幸せにして行きたい。と語っている清水富美加さん。
誰かを幸せにしたいと思うのなら、まずは自身が強くならなければ、人を幸せに導くことなんてできません。
苦しみを味わい、血も涙も流し、自分の気持ちと戦って、大きな壁を乗り越えてこそ、人は誰かに対して優しくなれる。
優しさの裏側には、表にでて来ない強靭な心があります。
心が弱いと、人は自分よりも弱い者を攻撃する。
だからいつまでもいじめがなくならない。

幸せとは、誰かから授かるものではないと思う。
自らが感じ、自らの中で育てていくのが幸だと思う。
辛いことに一つ足すだけで、幸になる。
辛くてもそこに考えを一つ足すだけで、幸せな気持ちになれる。

幸せは自ら生み出し、育てていくもの。
しかし人は本来弱いもの。
転んだり壁があったりすると、とたんに幸を忘れる。
そんな時に一つ足すことを思い出させるのが、宗教の役目であり、信仰であると思う。

宗教って特別なことじゃない。
信仰は日常生活の一部。
今回の件の報道を見るたびに、そのことを強く思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年02月12日

百人一首大会

170212.jpg

今日は家族別々の行動の日。
いつもなら揃って剣道の稽古。
しかし、今日は長女が別の用事があり、剣道へは次女だけ。

本来なら息子も稽古するのですが、今回は防具を持って帰れず、稽古には参加できず(--;)
仕方ないので、今日は次女の稽古に付き添ってもらいました。
というのも、長女が学校から、TOSS五色百人一首大会に出場するので、その送り迎えに車を走らせなければならない。

まずは次女と息子を道場へ送っていき、すぐに家に戻る。
しばらくして、今度は長女と嫁さんを、百人一首大会の会場まで送り届ける。
片道20〜30分なので、送り届けたらすぐまた道場へと向かう。
ちょうど稽古が終わった時間なので、息子と次女を家まで連れて帰った。

百人一首大会が始まるのはお昼から。
応援しに行きたいところだけど、大勢の参加者があり、人がいっぱいなのと、次女が絶対に飽きるので嫁さんだけ行ってもらった。

なぜ長女が百人一首大会に出ることになったのか。
それは学校でずっと百人一首をやってきたから。
3年生の時に、今の担任の先生になり、担任の先生が百人一首を子供達に教え込んだ。

そして4年生も担任繰り上がりで、ずっと百人一首を続けてきた。
その時に、映画「ちはやふる」がヒットしたこともあり、さらに百人一首にはまる。
昨年末に大会があることを先生から知らされて、「出たい」と希望した長女。
他にもクラスから数名参加して、本日の大会に臨んだ。

長女は「青札」で参加。
札で分かれているらしく、難易度が違うらしい。
私もよく知らないのだが、五色になっているようです。

予選を勝ち抜いて決勝トーナメントに進まなくてはならないらしい。
お昼過ぎに嫁さんからメッセージが届いた。
長女は不戦勝で1勝したようです。

その後も予選で勝ち抜き、決勝トーナメントに出場。
しかし、トーナメントで敗れてしまったようです。
それでも、初めての出場ですから、まぁ良しとしましょう。
本人も納得しているようです。

担任の先生が、熱心に取り組んでくれるので、長女も大会にでるまで頑張りました。
来年もあれば、「出たい」というのだと思うのですが、担任の先生が変わったらどうなるか?
ちょっとわかりませんね。

まぁ良き思い出ができたことと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:40 | Comment(0) | 日記

2017年02月11日

子供と話せる機会を持とう

170211.jpg

今日は「建国記念の日」でした。
昨日の雪道ドライブで疲れていたので、朝はゆっくりめの起床でした。

土曜日と重なったので、祝日という気がしませんでしたが、今日は建国記念の日。
日本という国ができた日なんですね。
厳密に「この日この時に日本が誕生」ってわけではないのでしょうが、神武天皇が即位した日とされています。

日本神話に登場する人物なので、実在した人物かどうかわかりませんが、神武天皇を初代天皇とし、そこから今上天皇まで、125代続いているのですから、日本という国の素晴らしさがわかります。
世界広しといえど、これほど続いている国はありません。

いつも思うのですが、この素晴らしさを、学校教育で取り入れてほしいものです。
歴史で天皇のことは習うのですが、単に◯◯天皇がいたという程度ですからね。
もっと深く、日本神話から教えてほしいものです。

古事記に関しても、古事記というものがあるという程度しか教えない。
もっと古事記の中身について教えてほしいものです。
それと同時に、やはり家庭でも教えないといけないですね。
子供にとっては家庭が一番の教材です。

子供に教えるとなると、親が知っていなくてはなりません。
私も日本神話などは、詳しくはない。
けれども自分の知っている範囲ででも、子供と話す機会を持ちたいと思います。
子供が興味を示してくれれば、自分で調べることもできますからね。

自分の国がどのようにして、現在の国になったのか。
そういうことを、親子で話すことが大事だと思います。
そうすれば、天皇の存在や、皇室のあり方なども理解しやすくなる。

私も学校教育で教わった記憶がないので、子供達もきっと教わることはないと思う。
だからこそ、親子の会話で、教えていくことが大事だと思います。
もちろん学校教育でも教えて行けるように、教育の改正も必要です。

日本という国が、どのようにしてでき、どのようにして現代につながっているのか。
それが日本人としての根っこになります。
根っこがなければ、日本人として芽を出し、枝を伸ばし、花を咲かせることはできません。

建国記念の日に感じたことでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年02月10日

スタッドレスタイヤで良かった

170210.jpg
【雪道を走るのは緊張する 右はパーキングでの雪】

なんとか無事に帰ってきました(><)
あぁ〜緊張した。

明日から息子が春休みに入るため、今日は鳥羽まで迎えに行きました。
大寒波が襲撃している最中、雪を心配しながら車を走らせました。

託児所に次女を迎えに行き、そのまま嫁さんを迎えに行き、出発したのが18時過ぎ。
しばらくは雪も降っておらず、要らぬ心配だったかな?と思いながら運転していた。
しかし、三重県に入ると、徐々に雪がチラつき始めた。

そしてどんどん雪が多くなっていく。
自然と周りの車もスピードが遅くなり、私もつられてスピードダウン。
いやダウンしないと怖くて運転できない。

もっともピークだったのが、名阪国道から伊勢自動車道へ向かう最中。
伊勢自動車道は交通量が少ないためか、車道にも雪が積もり始めていた。
さらに大粒の雪が吹雪いて来て、前がまともに見えない。
遠くまで見ようと、ライトをアッパーにしたら、雪が反射してさらに見えない。

スピードをさらに落として、恐る恐る車を走らせた。
ようやく料金所の明かりが見えてきて、本線に入ったら少ないけど車が走っていて、その車の後ろを走りました。
近くのパーキングでトイレ休憩しましたが、駐車場からトイレに行くまでに、吹雪いて身体中雪だらけになりました。

その後は南に下るに従って、雪も収まり、鳥羽に着く頃にはすっかり雪は無くなりました。
さすがに鳥羽では降っていなかったみたいです。

息子と荷物を載せて、晩御飯を食べたら、再び高速に乗る。
もう雪は降っていませんが、問題は名阪国道。
山の中を走るので、いつも天気が変わりやすい道路です。

その心配は的中で、名阪国道はずっと雪の中でした。
視界が悪くなるほどの雪ではなかったので、なんとか普通に走れて良かったです。
行きも帰りも雪のため、いつもの時間よりも大幅に遅れて帰ってきました。

今回、スタッドレスタイヤにしておいて、本当に良かったです。
たまたま年末に、知り合いのタイヤショップのホームオページの仕事させていただいて、その時に「スタッドレスタイヤにしようかな」と思いました。
この時季はいつ雪が積もってもおかしくない。

今回の雪は、ノーマルタイヤでは絶対に走れなかった。
本当にグッドタイミングでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記

2017年02月09日

ちょっと積もりました

170209.jpg

けっこう降りました。
朝起きた時は雨だったのが、次第に雪へと変わりました。
長女が家を出る頃には雪。
いつもは自転車で出勤する嫁さんも、今日は車で送っていくことにしました。

次女は託児所に着いた時点で、けっこうな雪になっていたので、もうルンルンでした。
私は打ち合わせで、出かける予定だったので、一旦家に戻って、軽くコーヒー飲んで一息ついたら車を走らせました。
スタッドレスタイヤを履いているので、雪道になろうとも大丈夫ですが、安全運転を心がけて走り出す。

ところが、走り出して1〜2分すると、打ち合わせ予定先から電話。
原稿がまだ揃っていないとのことで、急遽家に戻ることにした。
連絡待ちということで、仕事をしていたが、結局連絡は入らず。
明日以降に持ち越しですな。

午前中いっぱい降り続いた雪は、屋根の上などに、けっこう積もりました。
しかし、午後から止むと徐々に溶け始め、夕方にはほぼ溶けました。
この冬は寒いわりに雪が降らなかったけど、初めての積雪となりました。

子供達も大喜びで、長女は学校で友達と雪遊びをしたようです。
次女も遊んだのかと思いきや、今日は歩いてお出かけの用事があったらしく、雪遊びはしていない様子。
「遊んでいる時間なかってん」と、やや不満そうに話していました(笑)

しかし、明日も雪の予報です。
今夜、夜中にみぞれか雪の予報なので、もしかすると朝から積もっているかもしれません。
さらに、日中も降る可能性があり、さらにさらに、夕方から夜にかけても雪の予報。

子供達は嬉しいだろうな。
でも、明日の夜の雪は、ちょっと心配だ。
明日は息子を迎えに、鳥羽まで行かなくちゃならない。
山道を走るので、雪の影響があるだろう。
通行止めとかならなきゃ良いが。

とにかく鳥羽までたどり着けば、あとは通行止めになっていない道を探して、何時間かかってでも帰るだけだ。
そうならないことを祈ろう。
今週末は大雪の予報です。
日本海側はもちろんのこと、平野部でも積もる可能性があります。
みなさん、十分注意しましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:57 | Comment(0) | 日記

2017年02月08日

最強寒波がくる!?

170208.jpg

今日も寒い1日でした。
こんな寒い夜でも、子供達は裸足で剣道稽古を頑張りました。
そろそろ寒さが一旦緩んでも良い時季なのですが、全く緩む気配はありません。
それどころか、西日本は明日から最強の寒波がやってくるとか。

天気予報見たら、気温が最高でも4〜5℃とかです。
そして雪も降りそうな気配。
金曜日には息子を迎えに行かなくちゃいけないのに、そんな時に最強寒波の到来です。
マジでスタッドレスタイヤにしておいて良かった。
雪が積もらなきゃ、それはそれでこしたことはない。
でも、雪の心配をしながらノーマルタイヤで走るのは嫌だ。

しかし、本当にこの冬は寒さが緩みません。
三寒四温ってどこ行ったの?
暦の上では春が始まっていますが、しばらくこの寒さは続きそうで、春はまだまだ先のようです。
それとも、暖かくなったら、一気に春に向かうのでしょうか?

寒すぎて、毎晩のお風呂と布団の湯たんぽが楽しみです(^^)
最近は、それだけでは物足らず、黒糖焼酎を熱々のお湯で割って飲んでいます。
これを飲むと、程よく体が温まり、程よく酔いも回って一気に眠りにつけます。

今宵も冷えています。
いつも以上に冷えている感じもします。
明日は朝から雪かもしれません。
そんな日に、打ち合わせで車を走らせなきゃならん。
雪積もってたら、スタッドレスタイヤの試運転だな。

あぁ〜早く春来ないかなぁ〜。
本当にこの冬は寒いよ〜(((((><)))))
足元から冷えてきました。
今夜も暖かい湯たんぽ布団に入って寝ます。

おやすみなさいm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 日記

2017年02月07日

授業参観&授業参観

170207.jpg

冷たい風の吹く1日でした。
今年は本当に寒い日が続きます。
例年であれば、寒さが緩む時期があるのですが、今年は寒さが続いています。
暦の上では春になっているのですが、まだまだ春の足音が聞こえませんね。

今日は冷たい風の吹く中、長女の授業参観へ行ってきました。
4年生最後の授業参観です。
今日の参観の内容は1/2(二分の一)成人式でした。

私が子供の頃にはこんな行事なかったな〜。
10歳でちょうど成人の半分になることから、1/2成人式として、学校で取り入れているようです。
息子の時は、確か生まれた頃の写真とともに、親への感謝の気持ちを込めた作文と、将来なりたい夢を発表した。
そこで息子は「漁師になりたい」と発表して、結局その夢の続きとして、今航海士を目指している。

今日の長女の1/2成人式は、またちょっと違った内容でした。
作文は同じですが、今日は自分の気持ちを作文を見ずに、暗記して親に伝えました。
多くの子供達が、「お母さんいつもありがとう」「ママ大好きだよ」などと、お母さんに想いを伝える中、長女だけが「お父さん」と、私に想いを伝える。

本当はお母さんに伝えたいんだろうけど、火曜日の午後はどうしてもお母さんは抜けれない。
毎回授業参観はお父さんが来るので、長女もそれをわかっています。
言葉を思い出しながら、一生懸命想いを伝えてくれました。
剣道や英語に、いつも付き添っていること、忙しい仕事の中、USJに連れて行ったこと。
長女なりに感謝の気持ちを言葉にしたようです。

その後は、子供から親に送る「親守唄」の披露です。
親守唄とは、子守唄の逆バージョンで、子供が親のことを思って唄にしたもの。
五・七・五で親への想いを唄にします。

先生は子供達に「こんどの授業参観で親の方に見てもらうから、親を泣かせるつもりで書きなさい」と言っていたようです。
しかし、子供達には内緒で、先月の末に先生から親に渡された封筒がありました。
それは、子供達が書いた親守唄の内容。そしてそこに親から七・七で返歌を書いて欲しいとの依頼でした。

子供から親へのサプライズと見せかけ、実は子供達へのサプライズになっていたのです。
子供達の親守唄が画面に出て、その唄を子供が読み上げます。
すると、続いて親からの返歌。
親を想った親守唄も素敵だし、それに対する親の返歌も素敵です。

長女が書いた親守唄は「疲れても 家族想いの お父さん」でした。
これに対する私からの返歌は「疲れ吹っ飛ぶ 家族の笑顔」。
日頃口に出して言うことのない家族への想い。
こうして歌にするのも、なかなか良いものです。

学校の授業参観が終わり、家に戻って仕事をしていたら、すぐに長女が帰ってきました。
そしてそこから1時間ほどで、今度はいつもの英語教室に向かいます。
いつもなら長女を送って行って、次女を迎えに行く。
しかし、今日は先に次女を迎えに行きます。

実は英語も授業参観でした。
そのため、先に次女を迎えに行き、次女と一緒に授業参観。
今日は外国人の先生の授業の日で、授業はもちろん全て英語。
それでもジェスチャーを交えながら話すので、子供達は理解して授業を受けていました。
ゲームを交えながらの授業なので、半分遊び感覚です。
それが良いのでしょうね。

次女も春から小学生なので、今度体験授業へのお誘いを受けました。
きっと「教室へ通う?」と聞かれることでしょう。
本人次第ですが、その気持ちがあれば、通わせたいと思います。

W授業参観の1日でしたが、長女の成長が感じられた1日でした。
4月から次女が小学生になったら、授業参観は掛け持ちになるのでしょうね。
ひゃ〜ますます忙しくなりそう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 日記

2017年02月06日

新作【桜恋歌】

149桜恋歌.jpg

【2年ぶりの新作/桜恋歌】

昨日は午後から自由な時間ができたので、本当に久しぶりに作品を描きました。
以前から頭の中にイメージはあったのですが、なかなか本腰入れて制作する時間が取れなかった。
やはり創作というのは、気持ちが入らないとできませんね。

早速ですが新作の紹介です。
========================
作品No.149【桜恋歌】
桜咲く春を待ちわびていたうぐいす達は、桜の木でデートを楽しみます。
じゃれあいながらお互いの気持ちが高ままると、春の陽気に誘われて歌のプロポーズ。
求愛の歌は春風に乗って、遠く富士山まで届くのでしょう。
========================

春を待ち焦がれて、一足早く桜のイラストです。
桜のイラストは、これまでなんども描いています。
しかし、今回はどうしても描きたかったのが、富士山と桜。

昨年も一昨年も、家族で静岡に旅行に行きました。
その何年か前にも、一度行っています。
なんど行っても、富士山を見ると感動するのです。

しかし、いつも行くのは夏。
従って雪の無い富士山なのです。
夏の富士山も、とても雄大で美しいのですが、やはり雪を被った富士山が見たい。
とはいえ、なかなか見に行くこともできない。
そこで、せめてイラストで描きたいと思ったわけです。

そして、今回のイラストはこれまでのイラストよりも、淡い色合いを心がけました。
気持ちとしては、日本画っぽい色合い。
春の穏やかな空気ではあるけれど、まだ少し肌寒さが残る。そんな空気感をイメージしました。
ちょっとこれまでとは違った色合いの作品になったと思います。

いや〜久々に作品描くと、やっぱり楽しい。
今ちょうど、仕事で絵本のイラストを描いているのも影響しているのでしょうね。
やっぱりイラストを描く仕事って楽しいです。
頑張って月に1枚は描いて行きたいですね。

久々に新作できたので、またショップでもイラストとPOSTCARD販売を行いたいと思います。
でも、実物の桜と富士山のコラボ、見てみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:24 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2017年02月05日

夢はパティシエ

170205.jpg
【長女が作ったうさぎのケーキ】

いつもの日曜日。
今朝は自治会のクリーンキャンペーン&廃品回収の日のため、ゆっくり寝ていられない。
しかも、嫁さんは仕事。

あいにくの雨で、クリーンキャンペーンは中止となったが、廃品回収は行うので、私も出動しなくてはならない。
嫁さんを送って行って、その足で廃品回収に向かう。
娘達はまだ布団の中。

30分ほどで廃品回収を終えて、戻ってくると、二人とも起きてプリキュアを見ていた。
そこから剣道の準備をして、いつもの稽古。
居残り稽古も参加して、家に帰ってきたのは、13時過ぎ。

お昼からは、何の予定もないので、それぞれに好きなことをしていた。
次女はプライムビデオを観たいと行って、ソファーに体を預けて、ずっとビデオを観ていた。
我が家のソファーを一番堪能しているのは、次女だと思う(^^;)

私も久々にフリーな時間なので、新作を描くことを決意。
決意っていうほど大そうな物ではないが、やはりその気にならないと描けない。
以前から頭の中でイメージしていたイラストを描きました。
ほぼ、完成に近い状態まで描けました。
こちらは後日、発表したいと思います。

長女は何をしていたのか?というと、一人でケーキを作っていました。
幼い頃からの夢が「パティシエになる」の長女。
しかし、口だけで、全くお菓子作りなどしてこなかった。

ところが、最近になって急にクッキーを焼いたり、お菓子作りに目覚めた長女。
なんども失敗しながらも、最近はそこそこ食べられるクッキーを焼いていました。
そして今日はケーキを作り始めたのです。

夕方には完成して、本人曰く「うさぎのケーキ」が誕生しました。
一応うさぎの顔を描いてあるようです。
仕事から帰ってきたお母さんにも見せていました。

晩御飯の後に食べようと話していましたが、晩は自治会役員会があり、帰りが遅くなった。
晩御飯も遅くなってしまったため、明日の朝食にすることにしました。
お味の方はともかく、一人でケーキを作るようになってきた長女。
ようやく夢のパティシエに目覚めたのでしょうか?

もっと上達してきたら、お誕生日ケーキも作ってもらいたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 日記

2017年02月04日

希望が詰まったランドセル

170204.jpg

午前中荷物が届いた。
荷物の中身はわかっていました。
それはランドセル。

昨年の11月に注文していたランドセルが、本日届いたのです。
予定では3月と聞いていたのですが、数日前に電話があり、本日届いた。
新色のランドセルで、購入時期が遅かったこともあり、店頭では買えなかった。
ようやく本日届きました。

子供部屋にいた次女に、ランドセルが届いたことを伝えると、なぜか長女が真っ先に飛び出してきました。
二人で箱を開け、ランドセルを取り出します。
そして早速ランドセルを背負っていました。

バーガンディという新色で、赤よりも渋みがあり、落ち着いた色合いです。
次女が選んだというよりは、お母さんに促されて決めたと言った方が正しい(笑)
でも、本人も気に入って、とても喜んでいました。

ランドセルも届き、いよいよ小学生に向けて、準備が進んでいきます。
再来週には、学校の体験会があり、次女も学校へ行きます。
本格的に準備が必要になってきますね。

後は大きいものでは、学習机が必要です。
以前から無印やニトリに行くたびに、学習机に座って「これ欲しい」アピールをする次女。
入学までに買ってあげないといけません。
細かい物では、筆箱や文房具一式揃えなきゃ。

まだ先のことと思っていたのが、少しずつ現実に近づいて行きます。
ひと月半で卒園式があり、その半月後には入学式。
あっという間ですね。

桜咲く季節に、別れと出会いの時がきます。
残された託児所生活を、たっぷり楽しんで欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記

2017年02月03日

我が家の節分

170203.jpg

鬼は〜外。福は〜内♪

日本中で掛け声が響き渡った節分の日。
我が家も夜に豆まきをしました。
そして北北西に向かって、恵方巻きを黙って食べました。

次女は託児所でも豆まきをしています。
鬼が怖い次女は、毎年この豆まきが苦手です(笑)
毎年「泣いちゃいました」と先生から報告を受けるのです(^^;)

2年前は、泣かながら「鬼来るなぁ〜」と、鬼に向かって威嚇していたらしく、先生が笑いながら話してくれました。
鬼も先生がやっているのを、次女もわかっているのですが、それでも怖いのでしょう。
昨年は先生に、勝手に「豆まきの日は休む」宣言をしてみたり。
もちろん休まずに豆まきに参加して、例年のごとく泣いていました。

今年はさすがに年長さん。
「もうすぐ1年生だから泣かないよね」と、私に言われながら託児所へ。
お知らせ帳には、「頑張って鬼退治していましたが、最後は怖くて保育士にしがみつき、ちょっと泣いてしまいました。」と様子が書かれていました。
やっぱり泣いちゃったんですね(笑)

そんな次女ですが、託児所では鬼の面も作っています。
自分で作った鬼は怖くないらしく、作った面を自慢げに被っていました。
そしてお家の豆まきは、自分が鬼になると言って、実際に鬼の面を被る次女。
しかし、一人では不安なのか、急遽お母さんも道ずれにリビングの外へ。

しばらくして出てきた、ちっちゃな鬼に、私と長女が豆を投げる。
そして、後ろにいる何も付けていないお母さんにも豆を投げる。
長女はここぞとばかりに、袋入りの豆を力一杯投げて、中には袋が破けてしまうものも(-_-;)

なんとか我が家の豆まきも終わりました。
厄を祓い、福がたくさん訪れますように。

明日は立春。
暦の上では春です。
まだまだ寒さが続きますが、少しずつ春の足音が聞こえて来る季節ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記

2017年02月02日

音楽を楽しめなくするJASRAC

170202.jpg

以前からこの団体には好感が持てなかった。
日本音楽著作権協会、通称JASRAC。
音楽の著作権を守っているように見えて、実は権利を振りかざしてお金を集めているように見える。
様々なところで、使用料を徴収しているようで、著作権というよりはそれを盾に取り金儲け。

そのJASRACが、またもや暴挙に出た。
なんと、音楽教室で使う楽曲に著作権料を求めることを検討しているらしい。
これまでも、コンサートや演奏会、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきたが、さらに厳しく取り立てようということか。

いつも思うのだが、こうやって集められたお金って、最終的に著作者のところに届いているのだろうか?
結局はJASRACの運営資金のような気がしてならない。
そもそも、音楽の著作権って、そこまで厳しく取り扱う必要があるのだろうか?

カラオケはわかる。楽曲を使って利益を上げるのだから、当然その著作権料は支払う必要がある。
しかし、コンサートや演奏会は、どうかと思う。
そもそも、そのコンサートに行くのは、演奏者や歌い手が好きだから行くのです。
その曲が好きだから行くのではない。

音楽を聴く側は、楽曲を聴きに行くのではなく、奏者が演じる音を楽しみに行く。
その奏者がどんな楽曲を演じようが、観衆にとっては問題ではない。
そこから著作権料を取るのは、ちょっと強引過ぎると思うのだが。

しかし、今回はさらに踏み込んで、音楽教室からまでも取ろうと企んでいる。
ここまで来ると、もはや職権乱用としか言えない気がします。
音楽教室は対策として、著作権料の発生しないクラシックしか使わなくなるでしょう。
そして著作権料を支払うとすれば、当然その代金は教室生の負担となる。

これって著者者の権利を守っていることになるのでしょうか?
むしろ逆で、著作者の権利を使って、音楽の楽しみを奪っているように見えます。
音楽って字のごとく「音」を「楽しむ」ものです。
そのために、教室に通っているのに、その楽しみを奪う行為。

そのうちもっと厳しく取り立てようとして、個人で楽しむ音楽にまで著作権料をかけて来るのではないだろうか。
JASRACならやりかねません。
CDが売れなくなっている現代。
著作者の権利は守られるべきですが、その権利を振りかざしてはいけません。
しかも代理人であるJASRACがそれをやっている。

こんな団体必要なのでしょうか?
単なる金儲けしか考えていない気がします。
一旦解体して、もっとシンプルに著作権を管理する方法を考えたほうが良いと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 音楽/映画

2017年02月01日

宗教について考える

170201.jpg

今日はちょっと真面目なつぶやきを。
いえ、決して毎日ふざけてつぶやいているわけではございませんが(笑)

突然ですが、あなたは何か信仰をされていますか?
日本は宗教の自由があり、様々な宗教が入り混じっています。
仏教もあれば、キリスト教もある。そして神社を代表する神道。

中には昔のオウム真理教みたいな、怪しげな宗教も存在する。
あれだけの事件を起こしながら、未だにそこに惹かれる者がいることが、私には不思議でなりません。
宗教って、何も特別なことではなく、日常生活の中で心の支えになるものだと、私は思っています。
私も天理教の信者であるのですが、日頃生活の中で、それを特別に意識したことはありません。

ただ、自分の身の回りで起こることに、常に感謝したいと思って生活している。
自分の身に起こることは、自分自身の行いや、心の持ち方で起きること。
辛いことも嬉しいことも、ちゃんと受け止めて、それを自分なりに消化して次に進みたい。
その消化を助けてくれるのが、本来の宗教の教えだと思う。

ただただ「助けてください」「幸せにしてください」と、祈るのが宗教ではない。
逆に自分の人生を犠牲にして、人類のために我が身を捧げるのも宗教ではない。
古代宗教の創世記なら別だが、現代において、そんな宗教はあり得ない。
あくまでも私の主観なので、違うと感じる方もいるでしょう。

私は宗教は人の成長を助けるものだと思っている。
人生の中で、人は何度もつまずく。
辛い思いをして、涙を流す日もある。

そんな時に「助けてください」と、神様・仏様にお願いして、突然何かが解決するわけはない。
ミラクルな奇跡が起きるのが宗教ではない。
極端に言えば、何も起こらない。
変化が起きるのは、むしろ自分自身。

自分を取り巻く環境が変わらなくても、自分が変われば世界が変わる。
今まで悩んでいたことが、心の持ち方を変えるだけで、希望の光が見えて来る。
その考え方の教えこそが宗教だと思います。
神様が変えてくれるのではなく、自身が神様を信じ、変わることで成長できる。

日本はもともと、八百万の神が存在するほど、神様の存在を身近に感じていた民族だと思います。
山の神、海の神、そして生活空間の至る所に神様が存在する。
終いにはトイレにも神様がいらっしゃるのです。

日常生活の中で、常に神様に感謝してきたのが日本人だと思う。
常日頃から感謝し、何か起きれば神様と向かい合い、自分自身を変えていく。
そうやって成長してきたのが日本人だと思うのです。

世界を見れば、他宗教を認めずに、争いが繰り広げられています。
同じ宗教の中でも、宗派の違いで殺しあったりしています。
なぜ違いを認め合い、互いを尊重できないのでしょう?
日本はこれほど、様々な宗教が入り乱れているけど、何も起きません。

やはりベースに八百万の神々の存在があるからでしょうね。
違いを認め合い、尊重しあい、協調して生きてきた。
そこに仏教が入り、キリスト教が入ってきても、協調して生きてきた。
神道がベースにあり、そこに仏教を始めとした、様々な宗教が混じってきた。

日本人は日頃は神社に行かなくても、初詣や七五三などの行事には神社を参拝する。
お彼岸やお盆になれば、お墓参りに行き、お寺にも手を合わす。
そこには◯◯教という意識はない。

本来、宗教は人の成長を助けるもの。
自分たちが信仰する宗教だけが正しいと主張するのは、人間の驕りだと思う。
他の存在を認めないことは、自分たちの存在も認めないことになる。
宗教ってそんなに特別なことではない。

日々の暮らしに感謝し、生かされていることに感謝し、互いに助け合って生きる。
それが宗教の根本だと思います。

長々とぶつやいてしまいました。
あくまでも、私の宗教に対する考えです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 私の思うこと