2017年01月25日

まだ来ぬ春を夢見て

170125.jpg

連日寒いです(><)
今年の冬は、本当に寒い。って毎年つぶやいている気がする(笑)
しかし、本当に寒い。おかげで灯油の消費が早いです。

お正月の頃が比較的穏やかで、気温が高めだったためか、例年より早く梅が咲いています。
一度咲き始めると、止まらないのでしょうか?
いつもなら、この時期から咲き始めるのですが、今年は早めです。

今週末には一旦寒さが緩むそうですが、春に向けてのカウントダウン開始となるのでしょうか?
三寒四温と言われるように、寒さの後に温かさが来て、また寒さが来る。
これを繰り返しながら、春がやってきます。

寒いのは苦手だし、早く春になってほしいけど、この寒い時期に、少しでも春の足音を感じられるのが好きです。
この感覚。やはり四季のある日本でないとわからないですよね。
同じ日本でも、奄美にいるとこれがわかりにくい(^^;)

奄美の気候は、夏と冬がメイン(笑)
冬はどんだけ寒くても10度前後。
氷点下になることは、まずありません。

だから春の訪れって、あまり感じられないんですよね。
満開の桜もなければ、菜の花畑もない。
冬は気温はさほど下がらないけど、海風がきついので、体感温度は低いのです。
だから奄美の冬は意外と寒い。

その海風がおさまると、一気に暖かくなる。
奄美は冬が終わると、突然初夏になるのです。
だから春が近づいて来る感覚がわからなかった。

奈良で暮らすようになって、厳しい寒さの冬から、少しずつ春がやってくる感覚を知りました。
特にこの地に引っ越して来て、子育てをするようになってから、子供と田んぼのあぜ道でつくしを見つけたり、オオイヌフグリの花を見たりして、春の足音を感じるようになりました。
オオイヌフグリの花が咲き始め、つくしが顔を出し、菜の花が色づき始め、桜の蕾が膨らみ出す。
日本の春の風景です。

その光景も、田んぼがほとんどなくなり、あまり感じられなくなってしまいました。
やはり身近に自然があるのは大事ですね。

厳しい寒さが続きますが、あとひと月もすれば、春目前です。
まだまだ寒いけど、春の足音を楽しみに頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記