2017年01月18日

南京大虐殺とアパホテル

170118.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/life/news/170118/lif1701180043-n1.html

慰安婦の次は南京か。

格安ホテルとして、そして社長のキャラでも有名になったアパホテル。
そのアパホテルを巡って騒動が起きています。
騒動を起こしているのは中国。
そしてそれに日本のマスコミが乗っかっている。

よくあるパターンですね。
中国が日本に対してイチャモンつけて、それに日本のマスコミが乗っかって騒ぐ。
一昔前なら、効果的な方法だったのでしょう。
しかし、ネット社会となった現代では逆効果。

中国が何を騒いでいるのかと言うと、アパホテルの客室に置かれている書籍。
それが「南京大虐殺」を否定する内容の書籍。
昨今、中国人観光客が日本を訪れて、安いホテルに宿泊する。
アパホテルも当然、中国人観光客が宿泊する。

その時にその書籍を見られるのが、よほど中国共産党は嫌なのでしょうね。
南京大虐殺が本当なら、そんな書籍一つに神経尖らせる必要はない。
真実でないから、それを指摘した書籍が困るのでしょう。

日本のホテルの客室に置かれている一冊の本に、ここまで神経を尖らせること自体が、「南京大虐殺は捏造だと中国国民にバレては困る」と言っているようなものです。
本当にあったことならば、堂々としていれば良い。

そもそも、20万人しかいないところで、どうやって30万人もの人を虐殺できるの?
最初は2万人と言っていたのが、なぜに増えてきて30万人にもなったの?
旧日本軍が南京を攻めた時、戦ったのは中国共産党ではない。蒋介石率いる中華民国です。
つまり南京大虐殺と中国共産党が騒ぐこと自体がおかしい。

南京大虐殺は敗戦後、日本に対しての外交カードとして、中国が有利に立つために作られたもの。
そうでなければ、30万人もの人が虐殺されたら、その時点で大問題になり、必ず歴史に残る。
ところが、南京大虐殺の話が出てくるのは、敗戦後。
それも最初は2万人だったのが、どんどん増えて行く。

小さな嘘をつくと、それを隠すために、新たな嘘をつく。
新たな嘘を正当化するために、どんどん大きな嘘に膨れ上がる。
従軍慰安婦問題とよく似ています。
自分たちを正当化するために、どんどん新たな捏造を繰り返す。

しかし、そうやって嘘を繰り返し、捏造を続けると、結局は自分のところに大きなしっぺ返しがくるのです。
今の韓国がまさしくその状態。
中国も同様の道をたどる可能性もありますね。

今回の件で、「南京大虐殺」という言葉を、初めて知った人もいるでしょう。
知っていたけど、詳しくは知らないという人も多いと思う。
ぜひ、ネットで調べてみてください。
調べれば調べるほど、「おかしいなぁ〜」と思うことが出てきます。

中国はこれまで、この「南京大虐殺」を歴史上の事実として、国を挙げて盛り上げてきました。
記念館まで作り、自国民に「日本は悪い」と反日感情を植え付けてきました。
日本はと言えば、反論もせず、ただただ中国の言いなりでした。
従軍慰安婦と同様に、タブー視されてきた感があります。

今回のアパホテルの件で、逆に南京大虐殺にスポットが当たってしまった。
だから逆効果だと言ったのです。
これまで、なんとなくでしか知らなかった南京大虐殺を、日本人が知るきっかけになる。
中国共産党が、アパホテルに圧力をかければかけるほど、騒げば騒ぐほど、嘘の南京大虐殺にスポットが当たる。

アパホテルは書籍の撤去には応じないとしています。
そりゃ〜そうでしょう。
自分たちで経営しているホテルに、自分たちが書いた本を置いて何が悪い。
これこそ言論の自由への脅迫です。

「ホテルに政治を持ち込むな」という声もあるようですが、それじゃ〜なんですか?
経営者は政治的思想を持ってはダメなんですか?
もしこれが逆で、「南京大虐殺はまぎれもない事実」という内容の本が置かれていても、同様に「ホテルに政治を持ち込むな」と騒ぐのですか?

良き機会です。
これまで、タブー視されてきた感のある「南京大虐殺」。
これを徹底的に検証してもらいましょうよ。
どれだけ適当で、いい加減な内容なのか、調べれば調べるほどわかると思います。

マスコミも上辺だけ報道しないで、「南京大虐殺」の真相を探ってほしいものです。
できるわけないか、中国共産党が怖いですからね。
だから上辺だけ報道して、深層に踏み込まない。

従軍慰安婦の嘘はバレました。
だから韓国が騒ぐことに、日本人はもう呆れています。
次は南京大虐殺の嘘です。
騒げば騒ぐほど、日本人が嘘を知ることになります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 私の思うこと