2017年01月12日

新しい世界へと向かうために

170112.png
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/world/news/170111/wor1701110025-n1.html

トランプ劇場の開幕です。

次期アメリカ大統領のトランプ氏が、記者会見を行いました。
しかしまぁ〜、ひどい内容でしたね。
とても大統領とは思えない振る舞い・言動、ますます敵を作っています。
まさしくアメリカの終わりの始まりを見た気がします。

ここ数年、世界が崩れていっています。
EU崩壊の危機、自称イスラム国のテロ、お隣韓国では大統領の失落。
そしてトランプ大統領誕生で、いよいよ世界は大きく崩れていくのでしょう。

良くも悪くも、敗戦後の世界は、アメリカが中心となって作り上げた世界。
その世界が、最後はアメリカの手によって、崩れて行こうとしている。
トランプ次期大統領は、アメリカのことしか考えていません。
自国の利益だけを考えて大統領の座を仕留めました。

今回の記者会見を見て、とてもアメリカ大統領と言える内容ではなかった。
しかし、それはこれまでのアメリカを基準として考えた場合。
すでにもう、アメリカは世界のアメリカではなくなっている。
だからこそ、世界が大きく崩れてきている。

トランプ大統領になったら、日本も大きくその影響を受ける。
すでにトヨタがその標的にされたように、日本全体として、様々な影響を受けるであろう。
日本は自立する良きチャンスと捉えるしかない。
これまでのアメリカ大統領ではない。

敗戦後71年を経て、日本はこれまで平和を貫いてきた。
しかし、いくら日本が平和を維持しようとしても、世界が大きく変わっていく。
平和とは祈りだけで達せられるものではない。
また、一国だけで成し遂げられるものでもない。

世界が大きく変わってきている以上、日本も変わらざるを得ない。
自分の国は自分で護る。
そんな世界では常識的なことが、できないのが今の日本。
美しい言葉だけでは、世界は回らない。

崩れていくこれまでの世界観。
現実を見て、現実に身を置き、現実の中で、より良い選択をすることが大事。
現実から目をそらし、いくら平和を唱えても、本当の平和はやってきません。

トランプ大統領は現実です。
アメリカが、これまでのアメリカで無くなるのも現実です。
そして世界が大きく崩れていくのも現実です。

現実に身を置き、日本はどうすべきか。
私たち日本国民が、考えることが大事です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 私の思うこと