2016年11月16日

配達の未来

161116.jpg

私もよく利用しているAmazon。
何でも都内23区で、1時間以内の配達を導入するらしいです。
注文してから1時間で商品が届くわけです。
凄いですね〜。

でも、そんな注文って必要?って思う。
そりゃ〜確かに注文したものが、すぐに届くのは嬉しいですよ。
時には1分1秒でも早く必要な場合もあるでしょう。

しかし、大体は注文して2〜3日中に届けば良い。
私の場合はプライム会員になっているので、注文すれば大方の商品は翌日には届く。
それで十分だと思います。

1時間以内のお届けって、あまりにもサービス過剰のような気がしますね。
宅配ピザじゃあるまいし(笑)

それにこのサービスを導入することによって、負担が増えるのは宅配業者の方ではないだろうか?
Amazonは商品を用意するだけですが、それを集荷にきて届けるのは宅配業者です。
こんな無茶なサービスしてたら、宅配業者の方が悲鳴を上げている気がします。

私もネットショップの注文が入ると、ヤマト運輸さんに集荷にきてもらっています。
DM便たった一つでも、嫌な顔せずに集荷に来てくれるドライバーさん。
本当に頭が下がります。

私のような本当にわずかな売り上げしか出さない顧客よりも、Amazonのように莫大な売り上げを出す会社との提携は、どんな無茶を言われても、受け入れざるを得ないのでしょうね。
でも、本当にこのサービスが必要なのか?から考える必要があると思います。
いっそのこと超宅急便として、送料を倍ぐらい取ったら良いと思うのですが。

きっとAmazonの意識の中には、いずれ宅配業者をなくす考えだと思います。
将来的にはドローンを使って、無人宅配を考えているのではないでしょうか?
AIの技術が進めば、近い将来ドローンが荷物を運んだり、自動運転の車が荷物を運ぶことも容易にできるでしょう。

便利ではあるけれど、なんか寂しいですよね。
荷物を運ぶのって、ただ単に運ぶのではなく、大切な物を贈り届ける。
私もいつも、荷物を出す時は「お願いします」と声をかけ、荷物を受け取る時は「ご苦労様です」と声をかけます。
それは、出す時は「待っている人がいるので、しっかり届けてください」という意味。
受け取る時は「しっかり届けてくれてありがとうございます」という意味。

荷物が届くのはもはや当たり前の世界。
でも、それは治安の良い日本だから。
途中で荷物を盗まれたり、無くなったり。
そんなことは皆無に近い。

将来AIが仕事をするようになり、自動運転で集荷に来て、自動運転で荷物が届けられた時、そこに感謝の念は生じるでしょうか?
想像すると物凄く寂しい感じがします。
でもきっとそうなって行くのでしょうね。

これからクリスマスシーズン、お歳暮シーズンで、ますます贈り物が飛び交います。
宅配業者の皆さん、お仕事いつもご苦労様です。
そしてありがとうございます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 私の思うこと