2016年09月19日

それぞれの上達を感じた試合

160919.jpg

今日は剣道の試合の日でした。

石上神宮で行われる奉納試合。
毎年、石上神宮の境内にて、試合を開催させていただいております。
つまり野試合を行っています。

しかし、今年は台風が近づいて来ている影響で雨模様。
朝方は曇り空でしたが、早々と場所をいつもの武道場に移して、試合が行われました。
試合と言っても、小学生は我が道場だけの参加です。
市内には我が道場しかないので、いわゆる身内試合になります。
中学生は各学校から参加するので、3校での個人戦の試合となる。

小学生の部は、小学4年生までの低学年の部と、5〜6年生の高学年の部で試合が行われます。
人数も少ないため、総当たり戦でそれぞれ行い、最後に決勝戦を行いました。
我が家の長女は4年生ですので、低学年の部で出場。
決勝戦で同じ年の仲良しの女の子と対戦し、優勝を飾りました。

優勝をしたものの、やはりまだまだスピードが足りません。
来年は5年生。そうなると試合に出る頻度も高くなります。
もっともっと上達して、力をつけて欲しいですね。

今回の試合で、高学年の部の成長を感じることができました。
高学年では5年生と6年生では、やはり差がある。
力の差でもあるし、スピードの差でもある。
やはり1年違うだけで、差は大きいのです。

ところが今回、その差が大きく縮まった。
決して6年生が落ちたわけではない。
6年生はそのレベルを維持している。

男子三人の6年生。
三人の実力はほぼ互角。
良い意味でライバル関係にある。

5年生は男子二人と女子二人。
男子の一人は早くから剣道を始めていた。
そしてお兄ちゃんと一緒に始めたので、お兄ちゃんへのライバル心からか、ぐんぐん上達した。
5年生の中では頭一つ出ている。

もう一人の男の子は2年ほど前から始めました。
これまでは、全く相手にされなかったのですが、今日は違いました。
互角に戦っている。そして6年生とも対等に戦っている。

5年生女子のうち、一人は2年生から始めています。
長女とも仲良く、いつも仲良し女子3人組で遊んでいます。
これまでは、ほぼ互角の内容だった3人。
しかし、学年が一つ上ということもあり、ここに来て一気に力をつけています。

6年生との差もありましたが、今日はなんと、6年生を倒して決勝に進出。
そして決勝の相手も5年生の頭一つ出ている男の子。
これまでの対戦なら、確実に男の子が有利。
しかし、互角の試合をして、なんと女の子が優勝を果たしました。

そしてもう一人の5年生の女の子。
まだ剣道を始めて一年ちょっとです。
試合に参加するようになったのは、今年の夏から。
試合も今回で2回目です。

試合中に竹刀が肘に当たったのでしょう。
試合が終わって続けて試合だったのですが、痛みと恐怖でしょうね。
涙を流し肘の痛みを訴えて来ました。
しかし、先生から激励の言葉と喝を入れてもらい、再び試合場へ。
そのまま泣きながら試合に挑みました。

そして準優勝の男の子から、なんと1本取りました。
最終的に敗れたものの、肘の痛みをおしながら、見事な試合をしてくれました。
今日の試合は大きく自信を持てる試合になったと思います。

6年生の実力、そしてそれを脅かし始めた5年生の成長。
きっと負けじと6年生も頑張ることでしょう。
来月には、我が道場が主催する奈良県内の試合があります。
この試合に向けて、ますます頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:01 | Comment(0) | 日記