2016年09月15日

なんとか見れた中秋の名月

160915.jpg

今宵は中秋の名月でした。

夕方までは曇っていたので、お月さんは見れないと思っていました。
それでも、お昼の内に月見団子だけは買っておいた。
毎年、夕方から晩にかけて、買いに行くと売り切れているので、今年は早めに買っておきました。

ここ最近、ずっと天気が良くないので、お月さんは見れないと諦めていました。
ところが、晩になって雲が薄くなったようで、お空にはなんとかお月様が。
月は見れないと諦めていた、子供達も喜んで月を眺めていました。

気がつけば、すっかり朝晩は涼しくなって、夜になると虫の音が聞こえてきます。
もうすっかり秋なんですね。
今宵はクーラーも入れず、夜風に当たりながら、中秋の名月を楽しみました。

お月様って何か不思議なパワーがありますよね。
満月の時は、夜空に輝くお日様のように、闇夜を照らしてくれます。
明るい街中では感じませんが、満月の時のお月様の光って、相当明るいです。

逆に新月の時は、夜空にすっぽり隠れて、今度は満点の星空を見せてくれます。
半月の時、三日月の時、それぞれのお月様の表情がある。
だからこそ、昔の人は、お月様を眺めて楽しんだのでしょうね。

昔から続く、月夜を楽しむ日本人の風習。
大事にしたいものですね。
少々形は変わっても、お月見という文化は引き継いでいきたいものです。

でも確か、お月さんって、少しずつ地球から離れているんですよね。
徐々に地球から遠ざかっていると聞いたことがあります。
そうなると、やはりどんどんお月さんって小さくなっていくのでしょうか?

それ以上に問題なのが、潮の満ち引きって月の引力によるもの。
月が遠ざかっていけば、潮の満ち引きも弱くなる。
そうなると、海の生態系に異常をきたしてしまう。

そんなすぐのことではないと思うけど、遠い遠い未来は月がもっと小さくなって、海の満ち引きも弱くなるのでしょうか?
そうなると地球はどうなっていくのでしょう?
中秋の名月を見ながら、ふとそんなことを思ったりしました。

日頃、夜空を眺めたり、月夜を楽しんだり、そんな時間がなかなかありません。
日々、忙しく流れていく時間。
時には夜空を眺める時間も大切ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 日記