2016年09月30日

今年も残り3ヶ月

160930.jpg

9月が終わりました。明日から10月です。
稲穂も垂れ下がり、そろそろ収穫の時期にさしかかっています。

ひえぇ〜〜〜もう10月ですか。
ついこの間、夏休みだった気がするのですが。
これから年末に向かって、ますます時間の流れが早く感じる。
あっという間に年末になって、今年も終わってしまいそう(^^;)

9月も予定がたくさんあったけど、10月はさらに予定が詰まっています。
日曜日は全て予定がある。休みの日で、予定が無いのは体育の日くらい。
あとは全てスケジュール詰まっています(^^;)

仕事も年末に向けて忙しくなるのは必至。
早め早めに片付けられるものから、手をつけていかないといけません。
そして毎年のことですが、年賀状の見本つくらないといけません。
あっという間に年末はやってきます。

そしてもう一つやっておきたいこと。
カレンダーの制作。
昨年、一昨年と、オリジナルイラストを使ったカレンダーを制作して、販売しました。

一昨年は作品展に合わせて作りましたが、昨年は販売用に制作しました。
しかし、制作時期が遅かったので、今年は早めに準備したい。
今から準備始めないと、もう遅いくらいです。

一ヶ月って本当にあっという間に終わってしまいます。
きっと10月の終わりにも同じように感じるのでしょうね。
毎年同じようなことをつぶやきながら、ドタバタの年末を迎えています。

今年こそは、早め早めに準備をしたいです。
大掃除も頑張って出来るようにしたい。
毎年、仕事部屋は一番最後になって、結局大掃除できずに終わっています。

今年こそは、綺麗サッパリ大掃除したい。
その前に、無駄な書類や不必要なものを処分しないと(^^;)

今年も残り3ヶ月。
悔いのないように、時間を有効に使って、ゆとりのある年末にしたいですね。
難しいけど、少しでも近づけるように頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | 日記

2016年09月29日

男らしく、女らしく。

160929.jpg
【問題となって削除された動画の画面】

世の中、いろんなことに食いつく人がいるもので。

鹿児島県志布志市の養殖うなぎのPR動画が問題として削除されました。
養殖うなぎを少女に見立て、心を込めて大切に育てたことをアピールしたかったのでしょう。
しかし、これに対し「性的すぎる」「未成年者の監禁を連想させる」「市が作成する動画としてふさわしくない」などの批判がきたことで、市は動画を削除した。

私も動画を見てみたが、そんな指摘があるようなイメージは受けませんでした。
なぜにそこまで過敏になるのか?そんな連想をする人がそんなにいるのでしょうか?
ネット上では「これが少年だったら問題なかったのか?」などの声もあり、少女=性的とすぐに捉えることこそおかしいのでは?との声もある。

しかし、この手の問題は、今に始まった事ではない。
なんせ「女性」というだけで、「差別」「偏見」などの言葉が後から付いてくる。
以前から何度もつぶやいているけど、「女性差別」とか「女性蔑視」とか言うけど、なんでレディースデーはOKなの?
これって女性だけ優遇されて、男性は差別されていませんか?

ふと思い出したのだが、もう20年ほど前に、印刷会社でグラフィックデザイナーとして働いていた頃のこと。
よく県庁の仕事があり、イラストを描く必要性があったため、イラストが得意な女性の同僚に描いてもらったことがあった。
しかし、その時の条件が呆れた。
女性にエプロンをつけさせてはいけない。

最初は????でした。
なんで?エプロンをつけると何が問題なの?

その答えは、「家事は女性がするもの」と決めつけになるからだそうで・・・・。
はぁ〜馬鹿馬鹿しいと思いましたが、そんなことにクレームをつける人がいるらしいのです。
そういえば、トレイのマークの女性の形にも、クレームが出ているとの話を聞いたこともありました。
「女性が必ずスカートを履いている」という決めつけだそうです。

男らしく、女らしくという言葉も、ジェンダーフリーの妨げになるとも聞いたことがある。
だから男の子らしいとか、女の子らしいとか、そんなイラストにもクレームをつける人がいるのだとか。

人間は男として生まれたら、男の子らしく育つもの。例外もいますけどね。
そして女性は生まれた時から、母性本能を持って生まれる。
誰が教えなくても、男の子は車や電車が好きになり、女の子は可愛い人形を好きになる。
男の子は活発になり、少々やんちゃになり、時に喧嘩をして暴れる。
女の子はおしとやかになり、家庭的に育っていく。

こんなことだから、草食男子・肉食女子なんて言葉が出てきて、なよなよした男が増えるのです。
男は男らしく、女は女らしく、だからこそそれぞれに無いものを求めて惹かれ合う。
最近の若者は、恋愛すら面倒くさいと思っている人がいるとか。
少子化問題とか言っているけど、それ以上に、結婚しない人が増えることが大問題。

男女平等というが、もともと男女は違う。
違うものを、無理やり平等にしようとして、おかしくなっている気がします。
男は男らしく、女は女らしく。それで良いではないですか?

そしてあまりに過敏になりすぎて、何もできない世の中になっている。
最初に取り上げた養殖うなぎのPD動画も、そこまで問題視することでしょうか?
表現の一部であって、それこそ表現の自由を奪う行為だと思います。
市も簡単に削除するのではなくて、少しは言論で戦う姿勢を示してほしいものです。

なんでもそうですが、ちょっとでも批判があると、すぐに取りやめる。
これって一部の声の大きい人間が騒ぐだけで、それが市民の声みたいになっていませんか?
大多数の人はそう思っていなくても、一部の人間が騒ぐことで、問題とされてしまう。
そんなことがいろんな所で起きている気がしてなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年09月28日

アメリカ大統領選と政治の行方

160928.jpg
【写真はlivedoorNewsより http://news.livedoor.com/article/detail/12070483/

アメリカ大統領選が大詰めとなってきています。
当初「ありえない」と言われていたトランプ氏が、まさかの共和党候補となり、大統領選でもクリントン氏と接戦を繰り広げています。
しかし、当初の勢いは影を潜め、直接討論会では過激さを出していません。

11月には新しい大統領が決まるのですが、まさかのトランプ大統領が誕生するのか?
それともアメリカで初めての女性大統領が誕生するのか?
目が離せません。

どちらの候補も、それぞれに問題を抱えており、「どちらを選ぶか」ではなく、「よりどちらが嫌いか」で、消去法で選ぶ大統領選だと言われています。
消去法で大統領を選ばなくてはいけないなんて、アメリカはそこまで落ちてしまったのですね。
まぁそれでも、国民がリーダーを選べない、中国共産党や北朝鮮よりは全然マシなのですが。

しかし、政治の堕落は世界中で広がっている気がします。
日本もアメリカのことを言っていられません。
二重国籍のまま党首選に出て、それが問題視されると、「台湾籍が残っていたので外しました」と、開きなおって、そのまま党首になる。
大問題だと思うのですが、それを問題としない民進党や野党。
自民党ももっと厳しく追及すべきだと思うのですが、実は他にも二重国籍の国会議員がいるのでは?と勘ぐってしまいます。

国会議員って、まさしく国を動かす人々です。
しかし、その意識があまりにもなさすぎる気がする。
差し障りのない言葉で、綺麗事を並べ、ただただ人気取りになろうとしている。
そして何かあれば政権批判をして、自分に注目を集めようとする。

話をアメリカに戻せば、トランプ氏が「ありえない」を乗り越えて共和党候補者になったのも、似たような構図だと思う。
他の候補者は、差し障りのない内容の話ばかり。
これまでと何ら変わらない政治。

そこになりふり構わぬトランプ氏の登場。
言いたい放題、好き勝手に言う。
聞いていてスカッとするのでしょう。

しかし、トランプ大統領になったとして、はたしてどれだけのことが実行できるでしょうか?
大風呂敷を広げた分、実行できなかった場合の反感は大きいと思う。
話を日本に戻せば、かつて絶大なる期待を受けて誕生した民主党政権。
期待が大きかっただけに、何もできなかったことへの失望感は強大でした。

それを全く反省もできず、自分たちは何もできない政権であったにもかかわらず、現政権の批判ばかりする。
批判をするのが、自分たちの仕事だと思っているのでしょうか?
野党とは、与党の不足分を補い、より良い政治を行うもの。
足を引っ張るものではありません。

世界中で政治の堕落が目に余ります。
かつての政治家たちは、自分の命よりも国家を大切にしていたと思います。
だからこそ、日本もアメリカも大きく成長してきた。

しかし、今の政治家は、国家よりも自分の名誉や権力にしがみついています。
アメリカ大統領が誰になるのか?そして日本の政治はどこに向かうのか?
政治家だけの問題ではありません。
私たち国民一人一人が考える問題です。

政治家も堕落してしまったけど、そんな政治家を生み出した、我々国民が一番に考える問題だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年09月27日

週末天気にしておくれ〜♪

160927.jpg

久しぶりに青空が広がったお天気でした。
もうず〜っと雨か曇りの天気が続いていましたからね。
お日様どっかに行っちゃったのかと思うくらいでした。

久々に青空が広がると、合わせて気温も戻って来た。
もう9月も終わりだと言うのに・・・・・暑い(--;)
あまりの暑さに耐え切れず、再びクーラーのスイッチをポチッとな(笑)

陽が落ちても蒸し暑さは変わらず、結局居間のクーラーもポチッと(^^;)
おまけに今もつぶやきながら、クーラー入れています。
いつになったら涼しくなるのだろう?

これから秋晴れのお天気・・・・と思って週間天気予報みたら・・・。
なんと、ずっと雨マーク。
おいおい、またお日様かくれんぼするの?

おまけに今週末は立て続けに運動会なのに。
土曜日が長女の小学校の運動会。続けて日曜日は次女の託児所の運動会。
しかし、週間天気予報では、どちらも曇りor雨マーク。
降水確率も50%。

これは困った。
土曜日が雨の場合は、小学校の運動会は日曜日に順延になる。
そうなると次女の託児所の運動会と重なる。
もし重なったら、長女には申し訳ないが、次女の託児所の運動会を優先させてもらう。

年長さん組の次女は、今年で託児所の運動会は最後。
つまり、我が家にとっても、託児所の運動会は最後になる。
息子から始まって、かれこれ17年。
今年が最後なので、託児所の運動会を優先します。

それに託児所の運動会は午前中で終わります。
終わり次第、長女の運動会に駆けつける。
なるべく重ならないことを祈るしかない。

でも、日曜日も雨模様だと、小学校の運動会はさらに順延。
託児所は体育館でやるので、そうなれば重ならないことになる。
仮に土曜日が雨なら、そのまま日曜日も雨の方が良い。

きっと台風17号が影響しているのでしょうね。
今年は本当に台風が立て続けに発生するので、お天気が定まりません。
困ったものです。

雨が濃厚な週末ですが、なんとか運動会できることを祈ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記

2016年09月26日

OSのバージョンアップ

160926.jpg

iPhone7が発表されてから二十日ほど経ちます。
もうGETした方も多いのでしょうね。
私もそのうち機種変しようかと考えています。

発表当時は「期待はずれ」との声もありましたが、いざ発売されると順調に売れているようですね。
日本ではやはり防水とお財布機能が加わったのが大きいのでしょうか?

まだiPhone7にするには、ちょっと様子見ですが、一足早くiOS10だけはインストールしました。
日頃はバージョンアップには慎重ですが、iOS10の不具合などあまり見かけなかったので、インストールしてみた。
今のところ特にバグらしきものは感じません。

iOS10になって一番最初に気づいたのが「ホーム」の存在。
お家のアイコンが登録されていて、試しに開いてみましたが、何も起こりません。
それもそのはずです。Homekitに対応した電化製品がなければ、このホームアプリも機能を発揮しない。
これからHomekit対応の電化製品が増えてきて、我が家もそれを使うようになったら、きっと大いに使うのでしょう。
他にも細々とした点が変更になっているようですが、徐々に確認していきたいと思います。

iPhoneだけでなく、MacのOSも新しくなってダウンロードが可能になっています。
しかし、こちらは当分様子見です。
今回からMacOSXではなく、macOSという名称に変わりました。
第一弾がmacOS Sierraです。

今回の目玉は、なんと言っても「Siri」でしょうね。
これまでiPhoneのSiriに向かって話しかけていたものが、これからはMacでもSiriが使えるようになりました。
Macに向かって「◯◯調べて」などと話すと、Macが答えてくれるのです。
便利になりましたね〜。

こんなOSが無償で入手できるのですから、本来ならすぐにでもGetしたいもの。
しかし、うかつに手を出さないようにしています。

OSが無償化になってからというもの、バグが多く報告されており、うかつにアップグレードすると、痛い目にあう可能性がある。
そのため、しばらく様子を見て、改善されてからアップグレードをしたいと思っている。
しかし、前回のOS El Capitanはずっと評判が良くなくて、結局その前のYosemiteのままです。

今回のmacOS Sierraも評判が悪ければ、入れないかもしれません。
なんせ仕事で使っているので、下手にバージョンアップして動かなくなっては困る。
iMacでお試しで入れてみても良いけど、iMacが2011の機種なので、ハード的にかなりきついかもしれません。

いずれにせよ、しばらく様子をみてから考えたいと思います。
iPhone7は欲しいけど、まだまだ在庫不足のようだし、こちらも慌てず落ち着いてから機種変しようっと。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | Macintosh

2016年09月25日

幸せの空間

160925.jpg

息子が鳥羽に帰って、再び4人家族の生活となった。
今日は日曜日。いつものように午前中は剣道の稽古。
娘二人、それぞれに稽古を頑張っていました。

午後からはお買い物に行く予定。
しかし、長女は仲良しの友達と、遊ぶ約束をしており、次女を連れて三人でお買い物へ。
ついでに伸びに伸びていた髪をカットした。
ようやくさっぱりとしました(笑)

次女は一人だけになると、とたんにわがままが増します。
お兄ちゃんがいた時は、お兄ちゃんに注意されるのを恐れて、ややおとなし目でしたが、やはりお兄ちゃんが帰るとわがまま度がUPしてきました。
今日も「マクドナルド行きたい」と言い出し、結局イオンモールのフードコートでマクドナルドをGET(-_-;)

私たちも久しぶりにマクドナルドのハンバーガー食べました。
4人テーブルに3人で座って、久々のマクドナルドを味わっていると、隣のテーブルになにやら本を見ながら、真剣に話しているカップルが目に止まった。
最初は「勉強でもしているのかな?」と思って気にしていなかったが、その本のタイトルを見て思わず微笑んでしまった。

本のタイトルは「男の子の名前のつけかた」だったかな?
女性の方を見ると、服の上からですが、お腹が大きいのがわかる。
もうすぐ生まれてくる我が子の名前を、二人で一生懸命考えているようです。

男の子とわかっているということは、もうそれだけ成長しているということ。
もうすぐ出会える我が子のために、二人で良い名前を探しているのでしょうね。
時々談笑しながら、本を開き、ノートになにやら書いています。
候補となる子供の名前を書いていたのかもしれません。

フードコートのテーブルには、私たちのような家族連れから、中高生くらいのグループ。
そしてカップルもたくさんいました。
それぞれのテーブルで、それぞれの幸せそうな顔がありますが、何よりも隣のテーブルは、幸せ色が輝いていた感じがしました。

静かに流れている時間ですが、その中で一生懸命に子供の名前を考えている、若い夫婦。
全く見ず知らずの人ですが、隣に座ったのも何かの縁でしょう。
無事に元気な男のが生まれてくることを、願わずにはいられませんでした。

わがまま娘が、満足げにマクドナルドのハンバーガーとポテトを頬張る横で、真剣に子供の名前を考える若夫婦。
我が家も子供たちが元気に育って幸せですが、お隣から、また違う幸せのお裾分けを頂いた気分です。
どうか元気な男の子が、無事生まれて来ますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2016年09月24日

長い夏休みの終わり

160924.jpg

ようやく夏休みが終わった。

私のじゃありません(笑)
すでにもう夏じゃなく秋だし(笑)

本日、息子の夏休みが終了し、寮まで送って行きました。
鳥羽まで高速を使って走ります。
片道2時間、往復4時間の長距離ドライブです。

8月の上旬から2ヶ月近い夏休みでした。
たっぷり休養したハズの息子ですが、寮に帰るとなると、ため息の連発でした(笑)
やはり家が心地よいのでしょうね(^^;)

それでも寮に帰れば、仲のよい同級生と顔を合わせます。
寮に着いた時には、すっかりいつもの息子に戻っていました。
明日からまた、寮生活をしながら、勉強に頑張る日々が始まります。
たっぷり夏休みを満喫したと思うので、また頑張ってもらいたいです。

5人家族だった我が家も、再び4人の生活が始まります。
娘たちにとっては、お兄ちゃんがいなくなる寂しさと、お兄ちゃんに怒られなくなる解放と、両方あるようです(笑)
特に次女は、お兄ちゃんに注意されると、素直に聞いていました。
私たち親よりも、お兄ちゃんの方が恐いようです(^^;)

寮に戻った息子ですが、来月は剣道大会の手伝いや、奄美の母が来るため、2回帰ってくる予定です。
さらに月末の週末には、学祭と懇談会があるので、私たちが鳥羽まで行きます。
なんだかんだと、週末の度に顔を合わせる。
そしてあっという間に、また冬休みで帰って来る。

鳥羽商船に入学して2度目の夏休み。
長期休みの度に、家に帰ってきて、また寮に戻るために送り届ける。
そんな生活にも、随分と慣れてきました。

最初はナビを見て走っていた道も、もうすっかり慣れた道です。
順調に進級しても5年半お世話になる。
しっかり学んで、級友たちと楽しい思い出もたくさん作ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2016年09月23日

共に歩んだ18年

160923.jpg

18年になりました。

もうそんなに経つのですね。
そりゃ〜1年後に産まれた息子が17歳になるのだから。

本日は結婚記念日でした。
18回目の記念日。
早いものです。

お祝いの日は手作りピザなどを作りますが、今日は平日なので、そんな準備もできない。
しかし、そこに意外な贈り物が届いた。
それは太刀魚(笑)

東京の弟からだった。
釣りが趣味の弟は、よく船をチャーターして釣りに出る。
この時期は太刀魚が釣れるようで、先日「太刀魚釣ったから送る」とメッセージが来ていた。

届くのはもうちょっと後だと思っていたので、今日届いてラッキーでした。
早速今日のお祝いのメニューは太刀魚に決定。
太刀魚の天ぷらと、太刀魚の炙り寿司にしました。

寿司は酢飯ではなく、残っていたご飯を使ったけど、やはり太刀魚が新鮮なだけに、炙って食べたら脂がさらに増してくる。
太刀魚ばかりだと飽きるので、ローストビーフと、子供たちのためにたこ焼きも用意した(笑)

いつもよりも賑やかな食卓に「なんで今日は豪華なの?」と不思議がる娘たち。
今日が結婚記念日だと知らなかったようです。
まぁその内、覚えてくれるでしょう(^^;)

美味しい太刀魚とビールとワインで、18回目の結婚記念日を祝いました。
あっという間の18年、しかしその間にいろんなことがありました。
何よりも3人の子に恵まれ、それぞれ成長していることに感謝。
私たち夫婦も、それぞれに仕事が大変ですが、なんとかやっていけていることに感謝。
そして5人家族となり、こうやってテーブルを囲んで、家族で祝えることに感謝です。

本当にありがたいことですね。
これからも夫婦揃って、そして家族揃って、楽しい日々を過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 日記

2016年09月22日

真っ白な大台ケ原

160922.jpg

秋分の日。
朝からまったりモードの中、息子だけは朝から出て行きました。
中学校の剣道部の稽古に誘われたらしく、午前中は剣道稽古に汗を流していました。

その間、私はネット検索で色々と調べていました。
午後から出かける先を探していたのです。
せっかくの休日、何も予定は無いので、どこかにドライブでも・・・と考えていました。

しかし、奈良県内って遊ぶ場所無い(-_-)
晴れていれば、まだ遊べる場所あるけど、天気が悪いと、全く遊べる場所はありません。
思い切って京都か大阪まで出るか?とも考えたが、時間もお金もかかりすぎる。

すると嫁さんが「大台ケ原行ってみたい」と言いだした。
実は以前から言っていたのですが、なかなか時間が無くて、行けていませんでした。
天気が良くありませんが、他に候補も無いので、結局大台ケ原までドライブすることにしました。

天気が悪いのは百も承知。
もしかしたら大雨かも知れない。
そう思いながら車を走らせました。

川上村を抜けていく道。
先月も熊野の海水浴に行くために、走った道。
川上村には何度も来ているので、走り慣れた道です。

しかし、途中から大台ケ原に向けて別の道に入る。
ここからはまさしく未知の道。
これまでの道とは違い、鬱蒼とした森の道をくねくねと走ります。

時々対向車がありますが、場所によっては対抗すら難しい狭い道もある。
そんな道を30分以上走っただろうか?
ようやく道が開け走りやすい道になった。

そこからさらに30分くらい走って、ようやく大台ケ原駐車場に到着。
予想はしていたが、やはり真っ白(笑)
完全に雲の中に入ってしまっています。

四方見渡しても、白、しろ、シロ、真っ白、何も見えません(^^;)
天気が良ければ、三重県の尾鷲付近が見えるが、今日は全く何も見えません。
まだ雨が降っていないのが救い。

できればその辺を散策したかったが、この天気では無理。
仕方ないので、隣接されている資料館に入って、大台ケ原のお勉強をしました。
私のイメージの中の大台ケ原は、枯れた木が一面に広がっている風景。
そんな写真をよく目にしていました。

しかし、本来は苔が生えて、緑に覆われている風景だったようです。
自然環境の変化や環境破壊で、現在のように枯れ木が広がってしまったようです。
以前の苔が生い茂っている大台ケ原に戻すための、様々な試みがされているようですね。

初めて来た大台ケ原でしたが、何も見えず残念でした。
次来るときは、お天気をみて、そして散策できるようなスタイルで来ようと思います。

大台ケ原を17時頃に出て、帰りはスーパー銭湯で温まって帰って来ました。
秋分の日の一日、ドライブと温泉で楽しめた一日となりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | 日記

2016年09月21日

本当の復活を望む

160921.jpg

私は動物が好きです。
アニマルシリーズとしてイラストも描いています。
動物と言っても、犬や猫といったペットよりも、動物全般が好きです。

もちろん犬や猫、うさぎなども大好きですが、野生動物が野生で生きる姿が好きなのです。
そんな動物好きな私が、昔楽しみに見ていた番組がありました。
その名も「どうぶつ奇想天外」。
様々な動物を紹介した番組でした。

しかし、7年半前に番組は終了してしまった。
それからというもの、動物をテーマにした番組は無くなりました。
現在は「天才!志村どうぶつ園」があるけど、ちょっと志向が違うんですよね。
どちらかと言うと、みじかな動物を扱っていて、野生の動物ではない。

どうぶつ奇想天外の面白かったのは、やはり野生動物の様々な姿です。
「へぇ〜こんな動物がいるんだ」と、自分の知らない動物やその生態を見るのが楽しみでした。

そして今回、その「どうぶつ奇想天外」が復活しました。
テレビのCMで予告をしていて、思わず「やったー」と大喜びしました。
ところが、その放送時間帯が水曜夜7時。
思いっきり剣道の稽古の時間内じゃん(T_T)

そして「復活」と聞いて喜んだが、3時間の特番なんですね。
てっきりレギュラー番組として復活したのかと思った。

「どうぶつ奇想天外」と言えば、おなじみだったのが爬虫類をこよなく愛する千石先生でした。
あの独特のキャラクターで、蛇を撫でる姿は、見ていて楽しかったです。
お若くして他界されてしまいましたが、きっと千石先生も喜んでいることでしょう。

最近のテレビって、芸人が出てきて馬鹿騒ぎするようなものが多くて、正直面白くない。
「どうぶつ奇想天外」みたいな、家族で見て楽しめて、教養にもなる番組が欲しいです。
本当の意味での、復活を望みたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 日記

2016年09月20日

台風の一日

160920.jpg

何事もなく、無事に?台風は過ぎ去って行きました。

各地で様々な被害をもたらした台風16号。
温帯低気圧に変わったようですね。
ただ、温帯低気圧になったと言っても、まだまだ大雨を降らす可能性があるので、注意が必要です。
特に関東から北は秋雨前線に伴って、大雨の可能性があるので、十分にご注意ください。

今朝は早々と警報が発令されたため、長女は学校お休みとなりました。
朝の内は、まだ雨も小雨で、風もさほどなく、嫁さんと次女をそれぞれ送って行きました。
その後、少しずつ雨が降り始め、風が出てきました。

今日は車の定期点検の日だったので、11時に車屋さんへ。
点検を待っている間に、銀行と郵便局に用事があったので、雨の中銀行と郵便局へ。
車屋さんのすぐ近くだったので、雨は降っていたけど、さほど濡れずに済みました。

家に帰ってくる頃には、風も強くなり始め、雨も強くなってきました。
そしてお昼を過ぎた頃から、いよいよ雨風共に強くなりました。
久しぶりに台風らしい台風です。

奈良っていつも台風が来ても、本当に「台風きているのか?」って思うくらいに、台風の影響少ないんですよね。
今日の台風は、久しぶりに「台風きているな」と思わせる台風でした。
それでも、奄美で強烈な台風を経験している私からすれば、「あっけなく過ぎ去った」という感は否めない。
本当に奈良は災害の少ない地です。ありがたいことですね。

ニュースを見ると、各地で大雨が降り、甚大な被害が出ているところもあります。
今年の台風は、本当に各地に傷跡を残しています。
被害に遭われた地域の、1日も早い復興を願わずにはいられません。

季節的には、まだまだ台風が発生する時期です。
これからが本番とも言えます。
でも、できればもう来てほしくありません。

この一週間、ずっとお天気も良くありません。
しばらく青空を見ていない気がする。
明日は台風一過で、晴れ渡った秋空を見たいです。

台風が過ぎ去った直後に、急に涼しくなりました。
ちょっと肌寒いくらいです。
いよいよ本格的な秋が始まろうとしているのでしょうね。

田んぼの脇には彼岸花が咲き、秋の始まりを告げています。
そろそろ衣替えの準備が必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 日記

2016年09月19日

それぞれの上達を感じた試合

160919.jpg

今日は剣道の試合の日でした。

石上神宮で行われる奉納試合。
毎年、石上神宮の境内にて、試合を開催させていただいております。
つまり野試合を行っています。

しかし、今年は台風が近づいて来ている影響で雨模様。
朝方は曇り空でしたが、早々と場所をいつもの武道場に移して、試合が行われました。
試合と言っても、小学生は我が道場だけの参加です。
市内には我が道場しかないので、いわゆる身内試合になります。
中学生は各学校から参加するので、3校での個人戦の試合となる。

小学生の部は、小学4年生までの低学年の部と、5〜6年生の高学年の部で試合が行われます。
人数も少ないため、総当たり戦でそれぞれ行い、最後に決勝戦を行いました。
我が家の長女は4年生ですので、低学年の部で出場。
決勝戦で同じ年の仲良しの女の子と対戦し、優勝を飾りました。

優勝をしたものの、やはりまだまだスピードが足りません。
来年は5年生。そうなると試合に出る頻度も高くなります。
もっともっと上達して、力をつけて欲しいですね。

今回の試合で、高学年の部の成長を感じることができました。
高学年では5年生と6年生では、やはり差がある。
力の差でもあるし、スピードの差でもある。
やはり1年違うだけで、差は大きいのです。

ところが今回、その差が大きく縮まった。
決して6年生が落ちたわけではない。
6年生はそのレベルを維持している。

男子三人の6年生。
三人の実力はほぼ互角。
良い意味でライバル関係にある。

5年生は男子二人と女子二人。
男子の一人は早くから剣道を始めていた。
そしてお兄ちゃんと一緒に始めたので、お兄ちゃんへのライバル心からか、ぐんぐん上達した。
5年生の中では頭一つ出ている。

もう一人の男の子は2年ほど前から始めました。
これまでは、全く相手にされなかったのですが、今日は違いました。
互角に戦っている。そして6年生とも対等に戦っている。

5年生女子のうち、一人は2年生から始めています。
長女とも仲良く、いつも仲良し女子3人組で遊んでいます。
これまでは、ほぼ互角の内容だった3人。
しかし、学年が一つ上ということもあり、ここに来て一気に力をつけています。

6年生との差もありましたが、今日はなんと、6年生を倒して決勝に進出。
そして決勝の相手も5年生の頭一つ出ている男の子。
これまでの対戦なら、確実に男の子が有利。
しかし、互角の試合をして、なんと女の子が優勝を果たしました。

そしてもう一人の5年生の女の子。
まだ剣道を始めて一年ちょっとです。
試合に参加するようになったのは、今年の夏から。
試合も今回で2回目です。

試合中に竹刀が肘に当たったのでしょう。
試合が終わって続けて試合だったのですが、痛みと恐怖でしょうね。
涙を流し肘の痛みを訴えて来ました。
しかし、先生から激励の言葉と喝を入れてもらい、再び試合場へ。
そのまま泣きながら試合に挑みました。

そして準優勝の男の子から、なんと1本取りました。
最終的に敗れたものの、肘の痛みをおしながら、見事な試合をしてくれました。
今日の試合は大きく自信を持てる試合になったと思います。

6年生の実力、そしてそれを脅かし始めた5年生の成長。
きっと負けじと6年生も頑張ることでしょう。
来月には、我が道場が主催する奈良県内の試合があります。
この試合に向けて、ますます頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:01 | Comment(0) | 日記

2016年09月18日

リニューアルオープンしたイオンモール

160918.jpg
【子供達が夢中になったお店】

今日は校区の運動会が行われる予定でした。

毎年、剣道の試合と重なり、参加することができなかった運動会。
今年は運良く、剣道の試合と重ならなかったので、参加する予定にしていました。
長女も、飛び入りで参加できる競技に、友達と出る約束をしていたようです。

ところが、雨で運動会は中止。
せっかく参加予定にしていたのに残念でした。
また来年ですね。

本日の予定が変わってしまったので、午後からお買い物へ行くことにしました。
いつも行くイオンモールが、リニューアルオープンしたと聞いたので、混んでいるのを覚悟で行きました。
そういえば、最近、やたらと店じまいしている店舗が多いと思っていたのですが、リニューアルオープンの予定があったのですね。

いつもならすんなりと入れる駐車場。
さすがに今日はメチャクチャ混んでいて、駐車場にたどり着くまでに40分ほどかかりました。
中に入っても人だらけ(^^;)
いろんな新しいお店がオープンしています。

スポーツショップに行きたかったので、まずスポーツショップに行きました。
目的の物を購入し、新しいお店で気なるところに、ちょこちょこと入ります。
おしゃれな店舗が増えて、なんだかワクワクしますね。

そしてふと目に止まった店舗。
MONTOYSというお店。
初めて見たお店ですが、どうやらおもちゃ屋さんのようです。

他の店舗と比べても、かなり広い店舗内。
早速入ってみましたが、かわいいキャラクター系から、幼児の知育玩具まで、様々なおもちゃがある。
トイザらスになんとなく似ているが、トイザらスよりもおしゃれな感じがした。

びっくりしたのが、店舗の奥に、子供が遊べるスペースがあり、その横にはcaféがありました。
大人はゆっくりカフェを楽しみながら、子供は遊べるというコンセプトなのでしょうね。
思わず「カフェしたい」衝動にかられましたが、今回はグッと我慢して帰りました(笑)

店舗内には、様々な遊べるおもちゃも置いてあり、これは子供達が退屈しません。
今日も様々なおもちゃを手に遊んでいました。
さらにはすぐ横には本屋さんがあり、店舗内で繋がっています。
きっとこれからイオンモールにくると、ここに来たがるでしょうね。

大混雑のイオンモールでしたが、リニューアルオープンを楽しんで来ました。
まだ全部の店舗は見れていません。
また次行くときに、チェックしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 日記

2016年09月17日

ネットショップにも力を入れたい

160917.jpg
【ネットショップCreemaで販売しております】
https://www.creema.jp/item/1375874/detail

まだまだ暑い日が続いておりますが、暦の上ではすっかり秋。
朝晩も涼しくなって来ました。
田んぼのあぜ道には、彼岸花が咲き始めています。

夏が終わると、お店の売り場などが一斉にハロウィーンに様変わりしている。
ハロウィーンまでは、まだひと月以上あるが、売る側としてはもうこの時期からハロウィーンなんですね。
まぁ購入者が盛り上がってくるのは、おそらく2週間前くらいだと思いますが、早々とディスプレイすることで、購入者の意欲も湧いてくるのでしょう。

そしてハロウィーンが終わると、次はクリスマス商戦が始まる。
そのまま年の瀬、年末商戦と重なって、この時期は商品が売れるのでしょうね。

私がネット販売しているイラストも、季節物があるので、季節に合わせて販売をしたい。
毎回そう思いながら、結局何も出来ずじまいです(^^;)
でも、今回ネットショップのCreemaさんの方で、「ハロウィーンに合わせた作品」ということで、案内が来ました。
ハロウィーンをテーマとした、作品の紹介コメントの中に、キーワードを入れるだけで、商品へのアプローチがしやすくなるというもの。

もともとそんなに売れるものでないので、試しにキーワードを入れてみました。
ハロウィーンに特価したイラストは無いのですが、昨年のハロウィーンの時に、「黒猫りっちー君のハロウィーンポストカード5枚セット」を作っていました。
それを今年も販売してみようかと思います。

もっともっと、ネットショップを活用して、額入りイラストなども売りたいのですが、なかなか額入りは売れません。
額なしのイラストが時々売れる程度。
まぁ仕事の合間にやっている状態なので、仕方ないといえばそれまでですが。

せっかく季節ごとのイラストがあるので、季節ごとに目玉商品なんて作っても面白いでしょうね。
仕事の方が忙しくて、なかなかショップの方には力が入れられない状態ですが、ちょっとショップの方にも力を入れてみたいと思います。

まずはハロウィーンから開始して、次はクリスマス。
ちょっとでも売れてくれると嬉しいな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | ショップ情報

2016年09月16日

思い出を取り戻す

160916.jpg

9月も半分を終わってしまいました。

いや〜本当に一ヶ月があっという間に過ぎていく。
気がつけば年末になっているのでしょうね(^^;)

時の記憶として一番残せるのが、なんといっても写真です。
最近はスマホでデジカメ並みの写真が撮れるので、「家族の思い出写真はスマホ」って人も多いでしょうね。
我が家はデジカメとスマホが入り混じっています。

何かイベントがある時は、私がデジカメを抱えて写真を撮るので、運動会や旅行などは、たくさんのデジカメ写真が残っています。
一方でビデオは全く撮れていません。
ビデオカメラ自体が、もう随分と古くて、バッテリーも弱っているので、長時間の録画ができません。
なんせ息子が誕生した時に買ったビデオですので、もう17年間使っていることになる。

最近は簡単な動画なら、iPhoneで撮れるし、デジカメにも録画機能が付いている。
そのせいもあって、ますますビデオカメラは使わなくなっています。
その分写真がたくさんあるので、良いかなぁ〜と思っています。
でも、少しはビデオも欲しいので、これからはデジカメの動画機能使って、ビデオも残したいと思う。

写真は10,000枚を超えるものが、データとしてMacに保存されている。
しかし、その写真が危うく消える危機があった。
今年の7月頭に、外付けのHDDがいきなり故障した。

現在使っているMacProは、フラッシュストレージなので、容量が極端に少ない。
これまではHDDだったので1TBくらいが普通でしたが、フラッシュストレージになったので、250GBしかない。
これでは写真だけでストレージ容量が終わってしまう。

そこで、写真や音楽、そして仕事などのデータは、外付けHDDに保管していた。
そして念のため、TimeMachineでバックアップを取っていた・・・・ハズだった。
しかし、なぜか外付けHDDはバックアップ対象から外れてしまっていたようで、HDDのデータが全て飛ぶという最悪の状態に見舞われた。

結局データ復旧サービスに出して、データの8割くらいは復旧できた。
残りの2割はデータが壊れたまま。
それは仕事のデータだったり、写真データだったり。

仕事のデータは最悪の場合は作り直し。
まぁそんなに無いので、今の所、そんな大きな問題は無い。
問題は写真のデータ。
家族の思い出写真などは、撮り直すというわけにもいかない。

しかし、不幸中の幸いで、MacProに移行する前までのデータは、iMacに残っている。
つまり昨年の6月までのデータは、iMacにそのまま残っているのです。
そこで、写真のライブラリデータをiMacのiPhotoからのものに切り替え。
これで、昨年の6月までの写真データは全て復活できた。

後はこの1年間の写真を、復旧したデータの中から読み込む。
しかし、壊れてしまった写真もたくさんある。
残念ながらこの写真は復旧できない。
それでも、家族旅行や運動会の写真など、たくさんの思い出写真があるので、読み込める分だけを読み込んでいます。

あっという間に過ぎていく年月ですが、写真を読み込みながら見ていると、やはりその頃を思い出す。
自分の記憶だけでなく、写真として思い出が残っているのは、本当に大きい。
100%ではないが、なんとか復旧できそうで、ホッとしています。

これから運動会のシーズンです。
また子供達の成長を記録するために、写真を撮りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 日記

2016年09月15日

なんとか見れた中秋の名月

160915.jpg

今宵は中秋の名月でした。

夕方までは曇っていたので、お月さんは見れないと思っていました。
それでも、お昼の内に月見団子だけは買っておいた。
毎年、夕方から晩にかけて、買いに行くと売り切れているので、今年は早めに買っておきました。

ここ最近、ずっと天気が良くないので、お月さんは見れないと諦めていました。
ところが、晩になって雲が薄くなったようで、お空にはなんとかお月様が。
月は見れないと諦めていた、子供達も喜んで月を眺めていました。

気がつけば、すっかり朝晩は涼しくなって、夜になると虫の音が聞こえてきます。
もうすっかり秋なんですね。
今宵はクーラーも入れず、夜風に当たりながら、中秋の名月を楽しみました。

お月様って何か不思議なパワーがありますよね。
満月の時は、夜空に輝くお日様のように、闇夜を照らしてくれます。
明るい街中では感じませんが、満月の時のお月様の光って、相当明るいです。

逆に新月の時は、夜空にすっぽり隠れて、今度は満点の星空を見せてくれます。
半月の時、三日月の時、それぞれのお月様の表情がある。
だからこそ、昔の人は、お月様を眺めて楽しんだのでしょうね。

昔から続く、月夜を楽しむ日本人の風習。
大事にしたいものですね。
少々形は変わっても、お月見という文化は引き継いでいきたいものです。

でも確か、お月さんって、少しずつ地球から離れているんですよね。
徐々に地球から遠ざかっていると聞いたことがあります。
そうなると、やはりどんどんお月さんって小さくなっていくのでしょうか?

それ以上に問題なのが、潮の満ち引きって月の引力によるもの。
月が遠ざかっていけば、潮の満ち引きも弱くなる。
そうなると、海の生態系に異常をきたしてしまう。

そんなすぐのことではないと思うけど、遠い遠い未来は月がもっと小さくなって、海の満ち引きも弱くなるのでしょうか?
そうなると地球はどうなっていくのでしょう?
中秋の名月を見ながら、ふとそんなことを思ったりしました。

日頃、夜空を眺めたり、月夜を楽しんだり、そんな時間がなかなかありません。
日々、忙しく流れていく時間。
時には夜空を眺める時間も大切ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 日記

2016年09月14日

二重国籍で国会議員

160914.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

どう考えたっておかしいと思うのですが・・・。

民進党の代表選が行われています。
全く盛り上がっていませんけど(-_-)
まぁ〜それだけ、期待されていないってことですよね。

最初から結果は見えている。
蓮舫議員の一人勝ち。

しかし、ここにきて、その蓮舫議員に二重国籍の疑惑が浮上した。
二重国籍の疑惑を追及されて、最初は「質問の意味がわかりません」とシラを切っていた。
「私は日本国籍であり日本人です」と言っていたのですが、問題が広がり始めると、「台湾国籍が残っていた」と、二重国籍を認めた。

蓮舫議員と言えば、思い返すのが民主党政権時代の事業仕分け。
スーパーコンピューターの予算説明、「世界一を目指すために」との説明を受けて、「2位じゃいけないのでしょうか?」と言い放った言葉。
他にも自民党への質問などで、相手を攻め立てる言葉は多い。
それが人気となっているのでしょうね。
毎回、選挙ではトップ当選を果たしています。

ところが、いざ、自分の問題を指摘されると、回答がチグハグ。
最初は「二重国籍はありません」と言い切っていながら、「実は台湾国籍が残っていた」と、まるでうっかりミスのように演出している。
しかし、過去に様々なメディアで、「私は台湾籍」と自ら言い放っている。

つまり台湾国籍があることを、自らわかっていた。
その上で、国会議員になっているのです。
これって大問題だと思うのですが、全くメディアは騒がないですよね。

台湾国籍と言っていますが、台湾でもかなり中華よりの思想です。
早い話が中国共産党に近い人物と言える。
そんな人間が、「日本人」としてなりすまして、国会議員をやっている。
さらには、野党の党首になろうとしているのです。

もし、これが自民党の党首選挙で、候補者が二重国籍だったら。
もう大問題になっているでしょう。
党首どころか、確実に議員辞職になっていると思います。

経歴詐称などで、国会議員を辞職したり、テレビのコメンテーターを降板したりした人もいます。
その時は大問題として騒がれているのですが、今回の二重国籍問題は、経歴詐称よりももっともっと深刻です。
それなのにメディアが全く騒がないのが、本当に不気味です。

共産党などからは、「多様性があって良い、騒ぐのは差別だ」などと、信じがたい言葉まで聞こえてきます。
ようは、外国籍を持っているからと騒ぐのは、差別だと言っているのでしょう。
それじゃ〜外国人でも国会議員になって、日本の政治を動かすことがOKと言っているのですね。
本当にこんな人たちが、日本国の国会議員だと思うと、情けなくなってきます。

おそらく、民進党の党首には、蓮舫議員がなるのでしょう。
そして、この問題をまるで無かったかのように、厳しく政権批判をするのでしょう。
批判は誰にでもできます。
しかし、自分の問題を曖昧にして、責任も取らないような人。
嘘に嘘を重ねて、説明ができなくなったら、ごまかして逃げる人。
そんな人を、国民は信用しません。

他人に厳しく、自分に甘い。
今回の問題で、蓮舫議員の素性がハッキリと分かりました。
民進党の支持率は、ますます下がることになると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年09月13日

君の名は。

160913.jpg

今日は朝から雨模様。
この雨が、私の午前中の予定を変えてしまいました。

今日の予定はもちろん1日仕事。
それ以外に予定はしていなかった。

しかし、まだ夏休み中の息子には、予定していたものが。
今日は映画を観に行く予定をしていたらしい。
もう中学校の時の同級生は、新学期が始まっているので、一人で行く予定だった。

私の自転車を借りて、イオンモールの中の映画館に行くつもりだった息子。
ところが今日は朝から雨。
それでも、この雨の中、自転車で行こうと思っていたようだ。

雨の中傘さして自転車乗って、事故られたり、風邪でもひかれてはたまりません。
そこで、息子が観たいという映画を私も一緒に観ることにしました。
幸い、本日中に仕上げなくてはいけない仕事は無い。
気分転換も兼ねて、息子が観たいという映画を観ました。

その映画は「君の名は。」。
そう、今話題となっている大ヒット中のアニメ映画です。
次女と一緒にドラえもんやクレヨンしんちゃん観たくらいですから、息子が観るようなアニメなら全然OKです(笑)

朝一番で観るために、次女を託児所に送ったら、すぐに家を出た。
9:20開始の映画です。
ところが、思わぬところで渋滞。
映画館に着いたのは、9:15分。

急いでチケット売り場に並ぶ。
一人で映画を観に来たご婦人の後ろに並ぶ。
ところが、このご婦人が席を決めるのに、なかなか決めきれない。
「どの辺りの席が見易いですか?」などと係りの人に聞いている。

心の中で「そんなどこでも大差無い、早よせ〜〜〜〜」と叫びながら待っていた。
その心の声が聞こえたのか、別の係員が「こちらへどうぞ」と、別のレジに誘導してくれた。
「君の名は、まだいけますか?」と聞くと「現在CM放送中ですので、大丈夫です」との回答。
急いでチケットを買って、ポップコーンとコーラ買って、映画館へ。

まだCM上映中で、私たちが入ってしばらくしてから始まりました。
なんとか滑り込みセーフでした(^^;)

映画の内容は、ネタバレになるので、書きません。
でも、アニメ映画としては、とてもよくできたストーリーだったし、面白かったです。
最初は「ありがちなストーリーかな?」と思って観ていましたが、思わぬ展開にどんどん引き込まれていきました。
これは観る価値がありました。

予定外のスケジュールとなりましたが、良い映画を観れてよかったです。
興味があって、まだ観ていないという方。
ぜひご覧ください。

やっぱり映画館で観る映画は良いですね。
今度は自分の観たい映画を、一人で観に行こうかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年09月12日

自分にできることを

160912.jpg

常々思うことがある。
組織づくりの難しさ。
会社でもそうですが、これが任意団体となると、さらに難しくなる。

会社であれば、それは仕事です。
組織の中で、自分が動いたことを批判されても、それは仕事の内として、まだ納得できる。
それでも仕事の中で、業務以外のことで動いて、それを批判されるとモチベーションは下がるもの。

これがさらに任意団体となると、もっとモチベーションは下がる。
特に好き好んでやっているわけでもない場合だと、一気にやる気をそがれる。
「誰も好きでやってんじゃね〜よ!」って言いたくもなるだろう。

学童保育立ち上げの時にも、散々批判をされた。
何も自分のためにやっているわけではない。
自分の子供は学童に入れなくても、私が家で仕事をしている我が家は、学童に入れなくてもなんとかいける。
それでも、学童保育立ち上げに頑張ったのは、これからの子供たちやその保護者に、自分と同じ思いをしてほしくなかったから。

立ち上げの後の運営でも、批判されたこともある。
学童だけではない。今関わっている剣道の父母会会長をした時も批判はあった。
そして自治会運営でも批判はある。

批判されることは別に構わない。
私自身、すべてのことに完璧にできているわけではない。
実際、仕事をしながら、子育てをしながら、空いた時間を使って活動をしている。
そんな状態で、完璧になどできるわけがない。

そもそも、任意団体なのだから、皆、空いた時間でできる範囲で頑張るしかない。
そこに完璧を求めても、それは理想を描いた絵でしかない。
理想を求めるは良いことです。
しかし、理想と現実には大きな開きがある。

だからこそ、その開きを埋めるために、皆が努力する必要があると、私は思う。
理想通りにならないからと、誰かを批判したり、運営を批判しても、そこからは何も建設的なことは生まれない。
単なる批判合戦にしかならない。

何か問題が起きれば、それを次に生かす努力をすることが大事。
問題が起きたことを批判しても、そこからは何も生まれない。
特に任意団体の場合は、ただでさえ誰も役をやりたがらない。
そこに加えて、批判ばかりがあれば、誰も役なんてやりません。

私自身は、常に「自分が何かの役に立つのなら、できる範囲でやらせていただく」という思いで、学童も剣道も、そして自治会もやらせていただいています。
批判されれば、そこは自分の至らぬ点だと反省して、次に生かすように努力するだけです。

学童保育の会長をした時に、私は保護者に向けてメッセージを出しました。
恥ずかしいですが、一部を載せたいと思います。

====<当時書いたメッセージ>===============================
私は井戸堂学童保育所開設に向けて、自分が「何が出来るのか」「何の役に立つ事ができるのか」を考えて行動していきたいと思っています。大きな事は出来ません。それは皆様方も同じだと思います。しかし、小さな一人ひとりの力が集まれば、そのエネルギーは数百倍にも膨れ上がります。仕事をする中で、子育てをする中で、心の片隅にコスモスクラブの事を置いて頂ければ幸いです。
私達の小さな力が、数年後立派な施設の「コスモスクラブ」という花を咲かせるかも知れません。私は井戸堂校区の共働きの親を持つ子供たちが、輝きながらコスモスクラブでの楽しいひとときを過ごす日を夢見ています。
何の力も無い代表ですが、皆様方のお力添えの元、一歩一歩前進出来たらと願っています。
どうぞよろしくお願い致します。
====<ここまで>===============================

このメッセージを受け取ってくれた保護者の団結力で、実際に新しい施設が完成し、立派な学童保育となりました。
私一人がいくら頑張ったって何一つできません。
どんな些細なことでも「自分にできることなら」と、力を寄せてくれる人々のエネルギーで、すべてのことが動きます。

大切なのは、誰かが一部の人間が頑張るのではなく、一人一人が「自分にできることがあれば」と、集まってくれることです。
批判をするのは簡単です。でも、批判の前に「この問題、自分に何かできることはないか」と考えていただきたい。
そうすれば、単なる批判ではなく、「このようにしてはどうか」という提案に変わります。

批判されるのが嫌なわけではありません。
もう批判されるのは、慣れているし、何か役を持って動けば、批判されるものだと覚悟しています。
しかし、単なる批判では何も生まれません。より良い方向に向けるには、批判ではなく提案が大事です。
そして何よりも、「自分も組織の一員である」と認識を持つことです。

そう思ってもらうことが、組織づくりの一番の難しいところなのでしょう。
「自分には関係ない」「誰かがやるだろう」
そのような思いの人ばかりでは、組織としては動きません。

学童保育は今は理事という立場で関わっているので、保護者会会長の時とは、また違う意味で組織を見る立場です。
私自身、まだまだ勉強しながら、組織づくりに関わっていきたいと思います。

剣道は父母会がほぼほぼ形になっている。
問題もまだまだあるが、お母さん方の団結力のお陰だと思います。

自治会はまだまだこれからです。
もっとも難しい組織づくりだと思います。
それでも昨日のような親睦会、そして秋に予定している秋祭りなど、少しずつ皆が集まる行事を開催しています。
その中で、顔なじみになり、団結力が高まっていくと思う。

批判もあるでしょう。
不満もあるでしょう。

でも、いきなりそんな理想通りにはならないのです。
地域づくりは、そのまま人と人の信頼関係づくりです。
一年一年、少しずつ顔を合わせながら、本当の町内会になっていくのだと思います。

そんな中で、私は自分にできることを、少しずつ頑張るしかありません。
批判はいくらでも受けます。
でも、みんな同じ組織の一員です。みんなで協力して頑張りましょう。

ものすごく長いつぶやきになってしまいました。
ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたね(笑)
また明日から頑張ります(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年09月11日

町内会親睦会で神戸へ

160911.jpg
【久々の南京町通り、たくさんの人で賑わっていました】

今日は朝から家族でお出かけ。
でも、家族だけではなく、町内会の人たちとバスでお出かけ。
町内会自治会の親睦日帰り旅行でした。

行き先は神戸。
バスでお出かけで、朝からルンルンの娘たち。
コンビニで飴やお菓子など買って、バスが来る集合場所まで向かいました。

私は役員のため、点呼を取ったり、今日の予定を説明したりするため、バスの先頭に座りました。
他の家族は別の席へ。
大型バス2台、総勢70名のツアーです。

神戸について最初に向かったのは、「人と未来防災センター」というところ。
ここは阪神・淡路大震災をきっかけに、防災の知識を学んでもうらおうと作られたと聞きました。
近年、地震だけでなく、様々な自然災害が起きています。
そしてそれは、私たちの住む町にも、当然ながら起こりうることです。

防災の意識を高め、自分たちの町内での取り組みの参考にもなるので、親睦と兼ねて人と未来防災センターを訪れました。
最初に阪神・淡路大震災で実際に被災された方の、ボランティアの講話を聞きました。
印象に残ったのが、地震発生直後に、自分たちで救助活動を行った話。

通常、救助活動はプロに任せるべきもの。
下手に素人が救助に入ると、二次災害が起きる可能性が高い。
しかし、当時はそんな状況ではなかった。
まず、救助が来ない。

町がメチャメチャに破壊された状態ですから、どこから手をつけて良いかわからない状態。
さらに建物崩壊などで、道路もまともに走れない。
そんな時、ご近所同士で「救助活動しよう」という声が上がったそうです。
心に残った言葉「いざという時、助けてくれるのは、遠くの親戚よりも近くの他人」。
まさしくご近所さんとのつながりが大事ということです。

他にも地震発生時の再現映像や、資料の展示、また災害を学べるコーナーなど、様々な内容がありました。
残念ながらあまり時間がなかったので、じっくりと見ることはできませんでした。

その後、昼食のために、バスに乗り南京町通りへ。
そこからは自由行動です。
早速、お店に入ってお昼ご飯を食べました。
なかなか美味しかったです。

集合時間まで、まだ時間があったので、メリケンパークまで足を延ばし、港を散歩してきました。
お天気もよく、たくさんの人たちが、思い思いの休日を過ごしています。
お世辞にも綺麗な海ではありませんが、それでもやはり海の風景と言うのは、心が落ち着きます。

再び南京町に戻り、集合場所でバスに乗り、夕方には戻ってきました。
久しぶりの神戸、そして南京町でした。
家族で神戸に来ることは、めったになく、おそらく娘二人は初めての神戸かも。

今度は異人館などにも行きたいですね。
もうかれこれ20年くらい行っていない。
家族と行きたい場所、たくさんあるのですが、なかなか時間が取れません。
でも、なるべく時間を見つけて行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 日記

2016年09月10日

家族でスポーツ

160910.jpg

久しぶりのテニスでした。

今日は午前中、家族でテニスやバドミントン・卓球を楽しみました。
嫁さんの病院の施設を予約して、まずはテニス、続いて体育館でバドミントン・卓球を楽しみました。

テニスをするのは、何十年ぶり?
いや、大袈裟ではなくて、本当にそれくらいテニスをしていませんでした。
少なくとも、結婚してからは一度もしていない。
最後にテニスをしたのは、20代後半くらいかも。

久しぶりにコートに立ち、ラケットを握りいざ開始。
しかし、相手は嫁さんや息子。
どちらもテニスはほぼ未体験。

全くラリーが続かない(^^;)
そして私も思ったようにボールが飛ばない。
頭の中のイメージと、身体が全く噛み合わない。

頭のイメージは20代後半のまま。
実際の身体は50歳。
そりゃ〜噛み合わないハズです(笑)

おまけに長女や次女もやりたがって、相手をする。
さすがに次女は無理ですが、長女はなんとか相手をする。
ラリーは全く続きません(笑)

小一時間ほどテニスを楽しんだら、次は体育館へ移動して、バドミントンと卓球を楽しみました。
こちらはテニスよりはラリーが続きます。
それぞれ、バドミントンと卓球を楽しみました。

ただ、次女はまだまだ遊べない。
自分もやろうと中に入ってきますが、結局相手にされない。
次第に面白くなくなり、スネてしまいました(^^;)

久々にテニスをして、すでに身体はボロボロです。
きっと明日・・・いや、明後日に筋肉痛がやってくることでしょう(笑)
でも、楽しかったので、また予約を取ってもらって、家族で遊びたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記

2016年09月09日

高松塚古墳へ

160909.jpg
「今日の飛鳥は初秋の風が吹く良いお天気でした」

今日はお昼からちょいと外出。
仕事の打ち合わせで高松塚古墳へ。
仕事と言っても、今すぐ仕事になるものでもない。
今後仕事になるかもわからないけど、高松塚古墳へ行ってきました(笑)

というのも、以前もありましたが、エアフローティングメディアのデモストレーションだったのです。
以前は別のところでデモストレーションしましたが、今日は高松塚古墳資料館にて、簡単なデモストレーションを行いました。
もちろん私がやったのではなく、エアフローティングメディア委員会の方にお越しいただいて、見ていただきました。

前回もそうでしたが、やはり皆さん最初に見たときは、驚きを隠せません。
そしてどうやって映像が浮き出るのか、本当に不思議がります。
一通り不思議がって面白がって、「何かに使えないかな?」と考え込みます(笑)

今回は少し具体的な例を見てもらおうと、事前に私の方でデータを用意しました。
8月末のエアフローティングメディア展で行った、パラパラアニメを応用しました。
別件でいただいていた、古墳に描かれている四獣のデータ。
その中から、玄武のデータを使って、玄武が歩くアニメを作りました。

アニメと言っても、足の位置を変えて二コマだけのパラパラアニメです。
実際に古墳に描かれている、玄武を使うことで、具体的なイメージがしやすくなると思いました。
そして、それは的中だったようで、玄武が動いて歩く姿に、とても興味を示し面白がっていました。
時間なかったけど、簡単でもデータにして作っていただいて良かったです。

かなり好感触なデモストレーションとなりました。
今後、具体的なイベントなど、進展があることを祈ります。
そして私もその中に、仕事として加わることができれば嬉しいですね。

今は作品を展示させていただく形での参加です。
しかし、今後エアフローティングメディア自体が、一つのイベントとして動きだす可能性を秘めています。
そうなったら、その中で仕事として参加できる日がくれば嬉しいですね。
そのためにも、私ももっと頑張りたいと思います。

日々の仕事をこなしつつ、新しいことにもどんどんチャレンジしたいと思う。
その分、勉強も必要ですね。
歳とともに、どんどん脳みそ退化しているので、なんとか回らない頭を回転させて頑張りたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 仕事

2016年09月08日

iPhone7登場!!

160908.jpg

新しいiPhoneが発表されました。
iPhone7の登場です。

iPhoneを使っている私としては、気になるところ。
しかもiPhone6Plusに機種変して2年になるし。
でも予想していたよりも、小規模な変革に終わった感は否めない。

噂では「全面液晶のiPhoneになる」などと言われていましたが、どうもデザイン刷新はiPhone8になりそうな予感。
これまでのサイクルで行くと、7の翌年に7Sが出て、その次に8が登場か?
それとも、7Sで思い切りデザイン刷新してくるか?

今回の7の登場には、「やや期待はずれ」の声も多い。
私自身もちょっと期待していたよりも魅力に欠ける。
一番の注目はイヤホンがワイヤレスになったことくらいか。

そして日本向けのサービスとして、おサイフケータイにも対応するようです。
これからはiPhoneでコンビニの買い物したり、電車乗ったりできるということですね。
まぁ私は使わないと思いますけど(^^;)

ワイヤレスイヤホンは、ちょっと気になるなぁ〜。
イヤホンのコードって、以外と邪魔なんですよね。
首にまとわり付くのが、ホント嫌なので、ワイヤレスはちょっと嬉しい。

ただ、確実に無くしてしまいそう(^^;)
あれだけ小さいと、カバンの隅っこに隠れてしまったり、ポケットに入れて間違えて洗濯しそうです。
嬉しいのはイヤホンでそのまま通話ができること。
これって片方の耳だけ使えば、そのまま運転中の通話に使える。

今も車の中に、ハンドフリーのイヤホン置いているけど、イマイチ使いづらくて使う度にイライラしている。
このワイヤレスイヤホンなら、面倒な設定も要らないし、快適に使えそうですね。

機種変するかどうかは、auの発表をみて、様子をみてからにしよう。
あまりに機種変のコスパが悪かったら、もう1年、もしかしたら2年待つかも(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | Macintosh

2016年09月07日

なかなか作品描けません

148雪の宿とりっちー君.jpg
【これから新作描いていない(^^;)】

ふと思った。
「最近まったく作品を描いていない」

いつからだろう?
「一昨年の今頃だった」(^^;)

いや〜もうホント、まったく作品描くゆとりがありません(T_T)
なんだろうな〜このゆとりの無さ。
一昔前なら、どんなに時間が無くても、作品を描いていた。

それこそ、夜中に描いたり、仕事の合間に描いたりできた。
今は仕事の合間がまず無い。
加えて夜中に描くようなパワーが無い(^^;)

日中仕事をして、夕方にお迎えに行くために、一旦Macの前を離れ、お風呂・晩ご飯と済ませると、もう戻れない。
一昔前なら、そこから夜中まで、自分の時間として、作品描いたりいろいろと試したり、やっていたのですが。
最近はもう、晩ご飯食べ終わると、動けない(笑)

もう9月に入った。
スケジュールを見ても、週末のスケジュールは目白押し。
おそらく仕事もまた押し寄せてくる。
年末に向けて年賀状も準備が必要。

もう明らかに一年のうちで、一番忙しい時期になるのは、目に見えている。
例年を振り返ってみても、一番この時期が忙しい。
一昨年に作品を描いたのは、作品展をやるために、必死で新作のりっちー君を描いた。
その時も一年ぶりくらいの新作だった気がする(^^;)

描きたいものは、本当にいっぱいある。
気力がついて来ない。
いや〜本当に歳とるとダメですね(^^;)

昔のように描くことはできない。
でも、少しずつでも良いから、描いていきたいです。
アニマルシリーズにこだわらなくても良い。
まったく違う作品でも良いので、落書き程度でも良いと思う。

「作品」と肩を張ると、なかなか描けないけど、「落書き」だと思えば、なんでも描ける。
実際落書き程度のものは、いくつか描いた。
そんなものを、少しずつでも描いて、いずれ作品に仕上げたいと思う。

仕事と家庭の両立さえも難しいのに、そこに作品まで加えようとするのだから、尚のこと難しいですね(^^;)
「やらなきゃ」と思ってもできないので、楽しみながらできることをやりたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | アート

2016年09月06日

日本の平和を脅かす国

160906.jpg

中国がホストを務めるG20が終了しました。
中国のメンツをかけたG20ですが、果たして成功と言えるのか?

G20開催中は、綺麗な青空を見せるために、好例の「工場運転停止命令」が出ていたようです。
さらに会場となる杭州市では、学校や会社が休みとなり、杭州以外の場所へ旅行などに出かけるように指示が出されたらしい。
そのおかげで、街はガラガラ閑古鳥が鳴いているような状態。

毎回のことですが、なんでこんなにもわかりやすいことをするのでしょう?
これで世界が「中国って空気が澄んでいて素晴らしい」と評価すると思っているのでしょうか。
逆に自らの恥をさらしているということが、なぜわからないのか?

おそらく中国国内向けには、「世界のリーダーとして中国がG20を成功させた」と発表するのでしょう。
やっていることが、痛々しく見えるのですが、それでも平気なのがチャイナクオリティなのでしょうね。
日本人からすれば、とても恥ずかしくて、世界に顔向けできないのですが(笑)

しかし、笑ってばかりもいられません。
どんな嘘でも、どんな恥でも、自分たちの利益になれば、なんでもやるのがチャイナクオリティです。
世界から何を言われようが、どう見られようが、軍事力とチャイナマネーで乗り切ろうとしています。

南シナ海も東シナ海も、すべて自分たちの海にしようと企んでいる。
それに文句を言わせないようにするために、チャイナマネーで各国に口封じを仕掛ける。
しかし、そのチャイナマネーも、もう頼りにならないところまで来ているのではないでしょうか?
中国の経済は下降する一方です。
上昇材料がありません。

これまで安い賃金で、世界の工場として経済を発展させてきた。
しかし、今や世界の工場は、タイやカンボジア、ミャンマーなどに移っています。
独自の技術を持たない中国は、経済を上向かせる材料が無い。

それでも、決してそんなことは認めません。
常に「中国経済は順調」と世界に強がって見せる。
中国共産党の独裁国家ですから、どんなに経済が悪くても、良く見せようとするでしょう。

国内で不満がたまってきたら、お得意の「反日カード」を切ってくるでしょうね。
「日本が悪い」「日本のせいだ」と、国民に焚き付けて、日系企業などが襲撃されて、ガス抜きをさせられるのでしょう。
これまでも、何度もそんな場面を見てきました。
だからこそ、日本企業もチャイナリスクを考えて、中国から撤退が相次いでいる。

もう中国はギリギリの状態にきているのではないでしょうか。
だからこそ、尖閣諸島にもかなりの圧力をかけてきている。
これ以上、中国の好き勝手にさせてはいけません。
先手を打って、尖閣諸島に港などを建設してほしいです。

明確な日本の領土であり、以前はカツオ漁などで、日本人が活用していた島です。
領土を守るためにも、ちゃんと人が生活できる施設を作る必要があります。
そうでないと、本当に近い将来、尖閣諸島に中国が上陸してくるでしょう。

本当に困った隣国です。
困った隣国は他にもいますね。
どんどんミサイル撃ち込んでくる隣国。

これだけ日本の平和が脅かされている。
それなのに、メディアは全くと言っていいほど呑気です。
自分の国を自分たちで守る。
そろそろ本気で行動しないと、いけない時期にきている気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年09月05日

プチ体調不良

160905.jpg

疲れが溜まっているのだろうか?

今朝は頭痛で目が覚めた。
ひどい頭痛ではないが、朝から何もやる気が出ない。
それでも重い体を引きずるように、次女を託児所に送って行った。

何もしたくない気分だが、こんな日に限って何かと忙しい。
10時から仕事の打ち合わせ。
その打ち合わせに出ようとした瞬間、別の仕事の打ち合わせの電話が入った。

午前中は二つの打ち合わせで、ほぼほぼ終了。
その間にも、別件の電話が二件あり、午後一に看板屋さんが校正のために来られた。
人と話している間は、緊張感があるためか、あまり頭痛は感じない。
しかし、いざ一人になって仕事をしようとMacと向き合うと、頭のど真ん中から、ジンジンと痛みが伝わって来る。

それでもなんとか仕事をこなしていたが、夕方になるとさすがに辛くなってきた。
おまけにものすごく眠い。
ちょっとだけと思って、椅子に座ったまま仮眠。
気がついたらもう次女を迎えに行く時間でした(^^;)

今日は仕事がほとんど進まない一日でした。
まぁたまにはこんな日もありますね。
完全に寝込むような状態ではないので、良しとしましょう。

まだ頭痛の方は完全ではないけど、頭痛薬飲んで少しはマシになりました。
私の仕事は、第一に考えることからスタートします。
しかし、体調が良くないと、全く考えることができません。
イメージを膨らませることに集中したいけど、頭痛があると、全く集中できない。

考えようによっては、今日は人と会うことが仕事の日だったのでしょう。
軽い頭痛だったので、人と話しているときは、頭痛はあまり感じなくなります。
でも、一人で仕事しようとすると、頭痛が気になってイメージができない。

今日頭痛が起きたのは、人と会う機会が多かったということで、逆に良かったのかもしれません。
イメージする仕事は、また明日から頑張りましょう。
やっぱり仕事をするにしても、何にしても、健康が一番ですね。
日々当たり前のように動けることに感謝しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 日記

2016年09月04日

予定つまりっぱなし(^^;)

160904.jpg
【故郷奄美の実家の前の写真 たまにはこんな景色見ながらぼぉ〜っとしたい】

9月に入り最初の日曜日。
まだ家族旅行の疲れが取れないのか、日中は眠くて少し昼寝しました。
午前中はいつもの剣道の稽古。
晩は自治会役員会があったので、あっという間に日曜日は終わりました。

ふとカレンダーを見てスケジュールを確認すると、9月も週末はほぼ予定でびっしり埋まっている。
空いているのは秋分の日と最終日曜日くらいです。
日曜日は剣道の稽古があるので、実質まるまる一日空いているのは秋分の日くらいですね。

10月に入れば早々に長女の小学校の運動会。
そして続けて次女の託児所運動会がある。
翌週には剣道大会と、自治会の秋祭り。
翌週は今の所空いていますが、その次の週には、奄美から姉と母がやってくる。
さらに翌週には息子の学校の懇談会。

いやはや、本当にびっしりと予定が決まっています。
暇なよりは良いけど、本当に自分がゆっくりできる日なんてありません(^^;)
行楽シーズンですが、行楽している時間もなさそうです。

来年になると、長女が5年生になって、剣道の試合も増えてくる。
そうなると、来年・再来年はもっとスケジュールが埋まることになります。
あぁ〜たまには、一日何もせず、ぼぉ〜っと海でも眺めていたい。

朝から釣り糸を垂らしながら、ぼ〜っと海を眺めていたいですね。
少年時代、奄美ではそんな生活をしていました。
夏休みになると、朝から晩まで、ず〜っと釣りをしていたものです。

そんな時間は、今の私にはありません。
まぁ子育てしている間は、無理な話でしょうね。
子育てがひと段落したら、少しは自分の時間もできるでしょう。

確実に忙しさが見える9月・10月。
あっという間に時間が過ぎ去りそうです。
そして年末へ。
今年もあっという間に終わってしまうのでしょうね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 日記

2016年09月03日

ようやくメディアにメタンハイドレートが出てきた

160903.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】
記事はこちら
http://www.sankei.com/life/news/160901/lif1609010008-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/160902/lif1609020005-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160903/prm1609030031-n1.html

時々、ここでつぶやく内容でメタンハイドレートがある。
メタンハイドレートのことを知ったのは、数年前。
当時関西テレビでやっていた、ニュースアンカーという番組。

もう今は終わってしまったが、当時水曜日のコメンテーターとして、青山繁晴氏が出ていた。
番組の中で約30分ほど、青山繁晴氏のコーナーがあり、そこで度々紹介されていたのが、メタンハイドレートだった。

ご自身が経営されている、独立総合研究所でも、このメタンハイドレートを研究していて、その内容をテレビで紹介しておりました。
その当時から、「なんで日本はこの資源を活かさないのか?」と不思議に思っていました。
こんな有能な資源が目の前の海にありながら、どうして全く手をつけようとしないのか?

当時はまだ、民主党政権下で、「中韓に遠慮して何もできないのだろう」とも考えていました。
しかし、民主党政権が終わり、安倍内閣が始まっても、なかなか進展はありません。
ようやくメタンハイドレートという言葉が、政権公約の中に織り込まれたりしましたが、目に見えるような成果は出て来ない。

そして何よりも、全くメディアが伝えようとしない。
太平洋側の砂と混ざったメタンハイドレートを、莫大な予算を投じてようやくテスト採取した時は、大々的に報じたが、その際にも日本海側の手つかずのメタンハイドレートには、全く触れていなかった。
テレビはおろか新聞ですら。

しかし、ようやく新聞で日本海側のメタンハイドレートについて触れ始めた。
産経新聞が、メタンハイドレートをめぐる中韓の動きなども含めて、記事にしている。
単に資源として紹介しているだけでなく、この資源を中国・韓国も狙っていることも、しっかりと記事にしています。
中国が尖閣諸島を狙うのも、韓国が竹島に執着するのも、そしてロシアが北方領土を手放さないのも、領土問題以上に資源問題が絡んでいる。

ようやく新聞という媒体で、世間に向けてメタンハイドレートの実態が明らかになってきた。
青山繁晴氏のテレビやラジオでの発言を知っている方にすれば、「今頃何を言っている」と思ってしまう。
もう何年も前から知っていて、知らんぷりを続けてきたとしか思えない。
このタイミングで出てきたのは、やはり青山繁晴氏が国会議員になったからなのか?

まぁ何れにせよ、これまでは青山繁晴氏が数少ないテレビやラジオ、そして講演会で訴えてきたメタンハイドレート。
それをネットで知るようになったのが、私のような人たちだと思います。
ネットや口コミで、実は以外と多くの人が、日本海側のメタンハイドレートの存在を知っていると思う。

大手新聞が取り上げたこと。そして青山繁晴氏が国会議員となり、このメタンハイドレートの実用化に向けて動いていること。
これからの進展に期待したいと思います。

日本は資源のない国ではありません。
今や海洋資源国となりつつある。
そしてそれを虎視眈々と狙っている中国、韓国、ロシア。
決して奪われないように、日本は強い姿勢で臨まなければならない。

しかし、今の日本では強く言っても聞いてもらえません。
なぜなら日本国憲法9条があるからです。
「国の交戦権はこれを認めない」
つまり相手が国だったら、戦ってはいけないと書いてある。

だからこそ、中国は尖閣諸島を奪いにやってくる。
韓国は竹島を絶対に手放さない。
ロシアは延々と北方領土を奪ったまま。

すべて繋がっている。
私たちの日本を守るためには、今のままの憲法では無理です。
領土を守り、私たちの財産である資源を守る。
そのための憲法改正が必要。

メタンハイドレートを実用化すれば、行き詰まっているアベノミクスも息を吹き返す。
自前資源の開発こそが、最大の経済効果をもたらします。
近い将来、メタンハイドレートを中心とした海洋資源で、日本が大きく変わる時代を見てみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年09月02日

台風・台風また台風

160902.jpg

またまた台風がきていますね。

家族旅行中も台風の影響で、天気が心配でしたが、台風10号は甚大な被害をもたらしてしまいました。
今年の台風はなぜか、直接北の方向に進む傾向があり、北海道に台風が上陸するという、珍しい台風が多い。
豊かな北の大地は、台風でめちゃくちゃにされてしまいました。

今年は7月の段階まで「台風が発生しない」と、つぶやいていましたが、でき始めると一気に発生しています。
そして日本に近づく台風が多い。それも北海道に向けて。
本格的な台風のシーズンは、むしろこれからです。
まだまだ台風が来ることを覚悟しておかないといけません。

私は奄美大島出身なので、台風の怖さはよくわかっているつもりです。
しかし、私の場合は、台風の怖さは風の強さ。
奄美に来るような台風は、勢力がピーク時のものが多い。
風の強さも、風速40mのものがざらです。

実際、子供の頃に暴風で家の屋根が飛ばされる被害を受けています。
だから台風の怖さは風の強さというのが、私の認識なのです。

しかし、本土での台風の怖さは、むしろ雨の怖さです。
今回の被害も大雨による河川の氾濫がほとんど。
風の強さは台風情報でわかります。
しかし、河川の水量まではわからない。

例えさほど大雨が降っていなかったとしても、河川の上流の方で大雨が降っていたら、下流の方には大量の水が流れてくる。
台風情報だけでは、河川の状態までは把握できませんよね。
岩手の老人介護施設で起きた事故も、町長が事前に河川を見ていたが、大丈夫と判断したようです。
その直後に水流が上がって事故に繋がってしまいました。

この町長さんを批判することは簡単です。
しかし、よほどの知識がなければ、河川の状況を知り得ることはなかったでしょう。
町長といっても所詮は素人です。そこは専門家がいて、判断材料を必要とするところだと思います。

台風一つとっても、これまでとは違う気候変動。
これまでの常識が通じない気候になってきているのかもしれません。
「何が起きるかわからない」そんな気持ちで、常に自然と向き合うことが必要となりますね。
やはり自然は優しくもあり、時に恐ろしい。
私たち人間は、自然に対して謙虚にならなければいけないと思います。

そして台風12号。
もうこれ以上北海道には向かわないでほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 日記

2016年09月01日

エア・フローティング・メディア展Vol.11作品紹介

work02seat.jpgwork01seat.jpg

9月になりました。
今日から長女は学校です。
最終日までギリギリ家族旅行だったので、それまでに宿題は当然、学校の準備も終わらせていました。
楽しかった思い出とともに新学期のスタートです。

私も3日間のたまったメールのチェックから始め、仕事を開始しました。
仕事のメールからメルマガまで、様々なメールが溜まっていました。
仕事とプライベートのメールは、携帯に転送がかかるので、チェック済みですが、その他のメールはMacを開いてみないとわからない。
たった3日間でも、50件近いメールが溜まっていた。
もし1週間とか休みだったら、どんだけ溜まっているのでしょうね(^^;)

さて、家族旅行に出かけたのが、日曜の夜遅くでした。
その日曜日までは、エア・フローティング・メディア展Vol.11に参加していたので、本当に過密スケジュールで動いていました。
土曜日もエア・フローティング・メディア展から帰ってきて、夜はサマーフェスタの反省会で飲んでいました。

土日、びっしりスケジュールが詰まっていて、そのまま家族旅行に出かけた。
疲れも溜まっていたのだろう。とにかく深夜の運転は本当に眠かったです。

エア・フローティング・メディア展で出展したパラパラアニメですが、2点ともなかなかの好評だったと思います。
せっかくですので、こちらでも紹介させていただきます。
ただ、立体に見るには、実機で見るしかありません。
このパラパラアニメが、実機だと立体に浮いて見えて、自分でツマミを回すことにより、パラパラアニメが動き出します。

では、作品の紹介です。
ひとつ目は「しろくまパンダ」です。
このアニメは、ずっと頭の中に構想があったものです。

しろくまの耳と目と、腕と足を黒くしたら、パンダになる。
そんなイメージをパラパラアニメで作ってみました。



もうひとつは、私の作品の中ではおなじみの「バナナムーン」です。
こちらは絵本にもなっているので、ストーリーはできています。
ただ、今回はパラパラアニメで、コマ数も60コマほどに限られている。
絵本のようなストーリーはできません。
そこで、簡単な設定にしました。



実際の実機アニメでは、ループ設定になっていますので、最初と最後のコマが繋がって、延々と同じアニメが繰り返されます。
中にはずっとぐるぐるツマミを回しながら、アニメを見続けている子供もいました。
よほど楽しかったのでしょうね。

今回、コンテンツとしては良かったと思いますが、時間がなかったため、シートのデザインまで力が入りませんでした。
次回はシートのデザインにも力を入れて、シートにも立体のパーツを設けたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | アート