2016年08月24日

Apple偽メールにご注意

160824.jpg

仕事に追われていると携帯が鳴った。

忙しい時に限って電話って鳴りますよね(笑)
「誰や!」って画面見たら、デザインの師匠T氏からだった。
何事もなかったかのように、一度深呼吸してから電話に出た(^^;)

「Appleからメールが来たんだけど、ちょっと気になって」と切り出すT氏。
MacのことやDTPのことなど、何かわからないことがあると、私に相談してくる。
これは一緒に仕事をしていた当時、DTPに移行したての頃からの、変わらぬ付き合いです(^^;)

Appleから来たというメールが、「Apple IDがロックされている」というもの。
私もT氏もMacを使っているので、Apple IDは当然ある。
しかし、私のようにクラウドを使ったり、iTunesやAppstoreで音楽やアプリをダウンロードするのなら、頻繁にIDを使うが、T氏は古いMacを使っており、IDを使うようなことはほぼない。

だからIDが使われていないという意味で、ロックがかかっているのか?とも一瞬思った。
しかし、電話だけだと内容がよくわからない。
そこで届いたメールを転送してもらった。
だが、届いたメールは文字化けで全く読めない。

う〜ん、どうも怪しさを感じる。
そこで、すかさず「Apple ID ロック」でググってみた。
するとやはり出てきた。

今回、Appleから来たというメールの内容が次のようなもの。
========================
こんにちは クライアント、
私たちはあなたのApple ID情報の一部が欠落しているか、誤っていることをお知らせしたいと思います。
私たちはあなたのアカウントを引き続き使用するためにあなたのApple IDの情報を確認する必要があります。下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。
私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合、アカウントがロックされます。

Apple チーム
========================

これが頻繁に出回っている偽メールらしい。
T氏の元に届いたメールも、全く同じ内容でした。
リンク先が貼ってあり、これをクリックすると、いかにもAppleらしいサイトに飛び、そこで銀行口座や暗証番号などを書き込む内容になっているとか。

T氏にも偽物メールであることを指摘した。
そもそも「何かおかしい」と感じたから、T氏も私に相談してきた。
何もなくて良かったです。

しかしまぁ、あの手この手で人を騙そうとする人がいるんですね。
Macユーザーの方、くれぐれもご注意ください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | Macintosh