2016年08月23日

リオから東京へ

160823.jpg

リオオリンピックが終わりました。
開催前までは、なんとなく盛り上がりに欠ける感じでした。
しかし、いざ始まると、選手の活躍でメダルラッシュとなり、終わってみれば過去最多のメダル獲得。
たくさんのドラマがあり、たくさんの涙と笑顔があったオリンピックでした。

そして閉会式では、次の東京へとバトンが渡るセレモニーが。
オリンピックの旗が、リオから東京へと受け継がれました。
雨が降る中で、着物姿でオリンピックの旗を降る小池知事。
正直、これが舛添氏でなくて、そして鳥越氏でもなくて良かったです(笑)

東京オリンピックへ向けたメッセージが、これまた凄く良かった。
最初の君が代から始まった演出。
セグウェイに乗った白い衣装を身につけた選出者が、中央に集まってくると、次第に赤い丸になり、日の丸を作り出した。

モニターには東京の街並みが映し出され、そこから様々なスポーツのプロモーション映像が始まる。
日本を代表するキャラクターが登場して、日本らしさをアピール。
最後に北島康介選手が飛び込んで、赤い玉を投げる。
それを受け取った元オリンピック選手のQちゃんこと高橋選手が、次に渡す。
キャプテン翼も登場して、最後は安倍晋三総理の元へ。

赤い玉を受け取って国会議事堂から出発するが、時計を気にして時間が無い様子。
そして突然、安部総理がマリオに変身。
安部総理がマリオに変わるシーンは、少し無理矢理感がありました(笑)

マリオが交差点を走っていると、ドラえもんが登場する。
なぜにドラえもん?と思うが、そこはすぐに謎が解ける。
ドラえもんがポケットから秘密道具を出す。
それが土管。

土管から地球の裏側までドリルで進む発想は、ドラえもんが登場することで成り立つ。
そして土管のアイテムは、マリオのゲームには欠かせない。
二つのキャラクターの持ち味を生かして、日本から地球の裏側のブラジルまで、一気に突き抜けた。
そして会場に用意された土管から、マリオのコスプレをした安部総理が登場。

一国の総理がこんな登場をするなんて、これまでの日本ではなかなか考えられない。
この演出には、世界中が驚いたようですね。
その後も、日本らしさを演出したダンサーの踊りや映像が続く。

クライマックスは、ダンサーとキューブが横一列に並ぶ。
そこに東京の街並みと、富士山がシルエットで演出される。
最後には土管の中からスカイツリーも登場。
SEE YOU IN TOKYOの文字が映し出され、最後は安部総理自ら「See You In TOKYO!!」と叫び締めくくった。

とても感動的なフィナーレでした。
いまから4年後の東京オリンピックが楽しみですね。
様々な感動を与えてくれたオリンピック。
何よりも日本代表の選手たちの活躍が、一番の感動でした。

感動をありがとう。そしてお疲れ様でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記