2016年08月18日

アメリカ製日本国憲法

160818.jpg
【日本製日本国憲法であるべき】

あれ〜そんなこと、みんな知っていると思うんだけど。

アメリカのバイデン米副大統領が、トランプ大統領候補の「日本も核保有国になり得る」と発言したことを批判するために、発した言葉がマスコミで驚きの発言として捉えられている。
「日本が核保有国になり得ないとする日本国憲法を私たちが書いた」という発言。

アメリカが日本の憲法を書いたということが、驚きとして捉えられているのですが、そんなこと、ちょっと調べたらわかることだし、多くの人が知っていることだと思います。
憲法の問題は、改憲か護憲かで色々と騒がれていますが、なぜか日本国憲法がアメリカによる占領下で、GHQによって書かれたことだということを、マスコミは全く報道しません。

そもそも占領下で、戦勝国が敗戦国の憲法を、勝手に書き換えること自体が国際法違反です。
そんな憲法を敗戦後71年間、全く改憲せず、憲法を触ること自体がタブー視されていた時代が続きました。
特に憲法9条に関しては、「平和憲法」と祭り上げられて、まるで宗教のような扱いです。
「憲法9条があるから平和が守られている」と訴える人がいますが、それじゃどうして他国に憲法9条を奨めないのですか?

今一度、憲法9条を見てみましょう。
======================================
第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
======================================
この9条を、全世界が適用すれば、一気に紛争は無くなります。
なぜ憲法9条を守ろうとする人々は、日本にだけ憲法9条を適用させるのでしょう?
素晴らしい憲法だというのなら、全世界に説いて回らないのでしょうか?

日本だけが憲法9条を守っても、他国が変わらなければ全く意味がありません。
だからこそ、今の日本国憲法で良いのかを考える必要があるのです。

自衛隊を有する我が国ですが、今の憲法下では日本を守ることはできません。
それをわかっているから、北朝鮮は拉致を実行し、韓国は竹島を奪い、ロシアは北方領土を返却しないし、中国は尖閣を狙っているのです。

憲法改正を口にしただけで、「憲法改悪」とレッテル貼りする政治家も多い。
現状を見ずに、自分の思想だけで政治をされても、日本の国益には全く繋がらない。
まるで日本の未来よりも、憲法9条が大事と言わんばかりです。
なんのための憲法でしょう?なんのための政治家でしょう?

民進党の岡田代表も、バイデン米副大統領の発言を、問題発言だと非難しています。
問題発言も何も、現実としてアメリカの手によって書かれた憲法であることに違いはありません。
それを「GHQが草案を書いたかどうかというよりは70年間、日本国憲法を国民が育んできた事実のほうがずっと重要なことだ」と述べたそうです。

はぁ〜こんな人が政治家なんですよね。
ようは今の日本国憲法を絶対に変えたくないと言っているのですね。
完全な思考停止です。こんな人に日本の政治なんか任せられません。

どんなに優れたものでも、時代とともに劣化します。
時代とともにそぐわなくなる。今の憲法は明らかに、現代社会とあいません。
それならば、現代に沿った憲法を、日本国民の手で書くのが普通です。
それを考えることすらしたくないというのは、政治家である前に、日本人とは言えないと思います。

憲法9条を改憲しようと考えることが、まるで平和を犯すように考える人は、明らかに思考回路がストップしています。
より良い憲法にして、より良い日本にするためには、改憲派・護憲派と分かれているのではなく、何を変えるべきか、何を変えざるべきか、互いに議論してより良い選択肢を導き出すことが大事です。
しかし、その議論すら避けられていては、全く前に進むことはできません。

このままの日本国憲法で良いのですか?
私たちの国です。私たちの考えで作られた日本国憲法であるべきです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと