2016年08月15日

71回目の終戦記念日

160815.jpg
【71年前の今日の日を忘れないようにするためにも】

今日は8月15日、送り盆そして終戦記念日です。
お墓参りして、ご先祖様にご挨拶したいところですが、奄美大島と北海道、あまりにも遠くてお墓参りもできません。
せめて真ん中の奈良から、気持ちだけでもお参りさせていただきます。

そして今日は終戦記念日です。
71年前の今日、戦争が終わったのです。
しかし、この終戦記念日って言い方に、年々違和感を感じています。

終戦ではなく敗戦です。
戦争が終わったのではなくて、日本は負けたのです。
その敗戦の日が、なぜに記念日なのか?
通常ならば屈辱の日です。

終戦記念日と言うと、なんだかとても目出度い日のように感じてしまう。
実際私も幼い頃は、戦争が終わって嬉しい日だと勘違いしていました。
敗戦した日なのに、終戦の日に置き換えられ、おまけに記念日になってしまっている。
これは正すべきだと思います。

せめて終戦の日にするべきです。
なんで日本が負けた日を記念日と呼ばなくてはならないのか。
そしてそのことに何の抵抗もなく、続けてきた日本。

敗戦後、私たちはただただ戦争の悲惨さと、戦争への反省ばかりを教えられてきた。
日本は戦争をした悪い国だと教え込まれて来ました。
なぜ戦争は起きたのが、日本はなぜ戦争に突き進んだのか?
そこを教えずに、ただただ日本は戦争をした悪い国とだけ教える。
だから終戦記念日と言う言葉に違和感を感じないのでしょう。

確かに日本は戦争をしました。
しかし、日本だけが戦争をしたのではないのです。
戦争は国と国の喧嘩みたいなもの。
どちらにも言い分があり、どちらにも正義がある。

喧嘩はいけませんと子供達に教えても、子供達は喧嘩をする。
喧嘩に負けた子に「あなたは喧嘩をした悪い子です」と教え続ける。
その子は「自分は悪い子なんだ」と思い込み、自信をなくし、まともな大人に成長できないはずです。
それが今の日本国なのです。

なぜ戦争になったのか?戦争を回避する方法はなかったのか?
そこを考え教えるのが教育です。
そして二度と戦争にならないように、過去の歴史に学ぶことが大事だと思います。
終戦記念日から記念を外すことができるように、教育も変えていくことが大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 日記