2016年07月12日

どうなる東京都知事選

160712.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

石田純一氏が東京都知事選を断念したと思ったら、次は鳥越俊太郎氏が出馬を表明しました。

もうねぇ〜。都民をバカにしているのでしょうか?
出馬のきっかけが「参院選の結果を見てこれではいけないと思った」ですって。
なんで参院選と都知事選が関係あるの?

石田氏と同じで安保法案や憲法改正に言及しているけど、東京都知事に国政は関係ないですから。
何か大きな勘違いをしているとしか思えません。
しかし、知名度があることから、野党は統一候補として、鳥越俊太郎氏を推薦するそうです。
まだ政策も何も決まっていないらしい(-_-;)
もし、これで知名度だけで鳥越俊太郎氏が当選するようじゃ、東京はもう致命的だな。

政治不信があるのは確かだし、舛添氏があまりに酷いことをしていたので、政治家が信頼されないのも確か。
でも、だからと言って、全くのど素人で、ただただ「反政権」の人間を担ぐ野党もどうかしている。
これで都民の指示を得ることができると思っているのだろうか?
もしそうだとしたら、本当に都民をなめている。
そして、もしこれで都民が選ぶようなら、東京はそうとうヤバイ。

とはいえ与党の自民・公明も小池氏と増田氏の分裂選挙。
こちらも知名度で言えば小池氏。
しかし、実務経験で言えば増田氏。

舛添問題で批判は舛添氏に集中したが、最終的に究明しなかった都議会も批判を受けている。
つまりは同じ穴のムジナ。多かれ少なかれ、後ろめたいことがあるのだろう。
都議会そのものも、批判を受けているのだから、都知事だけでなく都議会も選び直したいところ。

それを利用しているのが、小池氏。
都議会とは対立姿勢を示している。
逆に増田氏は、都議会とは良好的。

都議会そのものも改革したい小池氏と、安定した都議会を目指す増田氏。
票は真っ二つに割れそうだ。それを狙って野党は統一候補を鳥越氏に決めたのだろう。
しかし、前回、前々回と共産党の推薦でいずれも2位につけた、宇都宮氏も出馬を表明している。
こちらも票を分けそうなところ。

それ以外にも多数の人が出馬を表明しており、東京都知事選は混沌とした状態です。
東京都民ではないので、傍観するしかないけど、都民にはしっかりと判断をして選んでほしい。
知名度だけや、一時的な感情だけで選ぶと、舛添問題の再燃になりかねない。

しかしまぁ、政治が腐敗していますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 私の思うこと