2016年07月31日

初の女性都知事誕生

160731.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

新しい都知事が誕生しました。
やはり予想通り、小池氏が当選を果たしました。
初の女性都知事の誕生です。

私は都民ではないけれど、もし仮に投票権があったとすれば、やはり小池氏に入れたと思う。
小池氏でなければ桜井氏かな。
少なくとも鳥越氏には、絶対に投票しません(笑)

これまでの都知事選は、知名度があって、後出しジャンケンが有利と言われてきた。
その法則に則るようにして、本当にギリギリに手を挙げたのが、鳥越俊太郎氏だった。
これまでの法則で行けば、知名度もある鳥越氏が有利だったはず。
しかし、結果は惨敗。

さすがに鳥越氏が当選していたら、都民は日本中から笑い者にされていたと思う。
それくらい、鳥越氏の立候補はあり得ないものでした。
何せ政策も何もない。ただただ安倍政権への批判。
都政選挙なのに、言っていることが、国政のことばかり。

きっと最初は鳥越氏に期待した人も、あまりにも内容がひどくて、小池氏に流れた可能性はある。
小池氏が自民党公認で出ていたら、そんな票は入ってこなかっただろう。
どこからも支援を受けない形で出馬した、小池氏に無投票が大きく動いたと思う。

逆に鳥越氏は、野党共闘での出馬。
参議院選と同じであるため、民進党から共産党までが同じ。
民進党支持者からすれば、共産党と同じというのが違和感があったと思う。
共産党支持者からしても同じ。
そもそも方向性が違う党が、選挙の時だけ足並みを揃えようとしても、うまくいくわけがない。

そこに加えて、鳥越氏のめちゃくちゃな演説。
追い討ちをかけるように、週刊文春から出た女性問題。
「訴える」と強気の姿勢を見せたものの、自らの口で説明は一切無し。
これじゃ〜誰が見たって、逃げているとしか見れません。

奇しくも舛添氏が、一切説明をせず逃げたのを目の当たりにしたばかりです。
事実と違うのなら、自らの口で事実を述べるだけ。
それをしないと言うことは、事実だからと受け取られても致し方ありません。

さぁ、これで新しい都知事も決まりました。
東京オリンピックも4年後に差し迫っています。
小池氏の旗振りがどのようなものか、期待しながら見守りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月30日

我が家には土用の丑の日は無い(笑)

160730.jpg
【うな丼食べた〜い】

二泊三日でおじばがえりに参加していた長女が帰って来ました。
そして帰って早々、英語のサマースクールが開始。
1時間だけですが、それでも相当疲れたのでしょう。
帰ったら早々と布団に潜り込んで寝てしまいました。
よほど楽しかったのでしょうね。

長女がサマースクールに行っている間に、晩御飯を求めてスーパーに行くと、土用の丑の日のコーナーが。
そうだ、今日は土用の丑の日でした。
うなぎ食べたいと思いましたが、値段見てソッコーで諦めました(笑)
一匹で2,000円前後って高すぎやろ(T_T)
家族で食べたらいくらになんねんや。

一昨日外食して、すき家でうなぎ丼食べたので、今年も土用の丑の日は見送ることに。
もう何年土用の丑の日にうなぎ食べていないかなぁ〜。
昔は安くで食べれたのに。もううなぎは高級食材になってしまいましたね。

養殖うなぎもありますが、養殖するにしても、稚魚は中国から輸入していると聞きます。
きっとスーパーに並んでいるうなぎは、この養殖うなぎでしょうね。
天然物の日本のうなぎを食べようと思ったら、うなぎ専門店でビックリするような値段でしか、食べることはできないのでしょう。

私がすき家で食べたうなぎは、確実に輸入うなぎでしょうね。
あんな値段で食べることができるのですから、きっと中国産うなぎでしょう。

卵から育てて、繁殖させて、完全養殖うなぎが出来れば、きっと値段も下がる。
でも、うなぎの生態って謎に包まれていて、うなぎの完全養殖も本当に難しいらしい。
なんとか頑張って完全養殖してほしいです。

我が家が土用の丑の日にうなぎを食べることができる日は、いったいいつになるのか(笑)
でも、実は私以外、あまりうなぎ好きじゃないみたいなんですよね。
本当のうなぎを食べたことがないからかも知れませんが(^^;)

美味しいうな丼、ガッツリ食べてみたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記

2016年07月29日

やっぱりGODZILLAよりもゴジラが良い

160729.jpg
【映画観た〜〜〜〜〜い】

最近やたらとテレビでゴジラが出てくると思ったら、新しいゴジラの映画が上映されるのですね。
その名も「シン・ゴジラ」。
新ゴジラではなくNewゴジラでもなく、シン・ゴジラという書き方が何か良いです。

監督はエヴァゲイリオンの庵野 秀明氏。
アニメ監督が実写を手がける。しかもそれがゴジラ。
エヴァゲイリオンとは違うゴジラを、どう表現しているのか興味があります。
映画観に行きたいなぁ〜。
でも時間無い(><)

今夜はシン・ゴジラの公開を記念して、テレビではハリウッド版のゴジラをやっていました。
3年前くらいに映画でやっていた記憶があります。
私は観ていませんが、確か息子が友達と観に行ったような。

昨日から長女はお泊まりでお留守です。
嫁さんも帰りが遅いので、今夜は私と次女の二人っきり。
ゴジラを見て怖がるかと思ったが、意外にも「ゴジラ見たい!!」とテレビに釘付けになっていました。

しかし、冒頭からゴジラは出てきません。
私もストーリーに没頭しながら、ゴジラの登場を待ちました。
ようやく出てきたと思ったら、それはゴジラではなくムートーと呼ばれる別の生き物だった。
次女もこの辺りまでは見ていたが、肝心のゴジラが登場する頃には、すっかり夢の中でした(^^;)

ハリウッド版ゴジラは、映像はやはりすごかった。
ただ、ゴジラがやっぱりゴジラらしくない。
なんだろうなぁ〜怪獣というよりも動物っぽい。
まぁゴジラも動物っちゃ動物なんだろうけど(笑)

でもまぁ、そこそこ楽しんで見ることができました。
その前のハリウッド版ゴジラはもっとゴジラらしくなかったですからね。
まるで恐竜だったし(^^;)

やはりゴジラは日本のもの。
そんな意味でもシン・ゴジラは興味があります。
テレビで紹介されている映像だけでも、ものすごい迫力が伝わってくる。
やっぱり映画館で観た方が、臨場感が伝わるでしょうね。

シン・ゴジラは、初期のゴジラに極力近づけているらしい。
そう言われて見れば、顔とか妙に昭和っぽい(笑)
ストーリーとか、全く明かされていないので、映画館で見るのは楽しみでしょうね。
あぁ〜観たいなぁ〜。

ゴジラ。日本が世界に誇る怪獣です。
シン・ゴジラは古き良きゴジラを、再び世界に発信してくれるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(2) | 音楽/映画

2016年07月28日

図書館から借りた本

160728.jpg

先々週の日曜日。
皆で図書館に行って本を借りた。

私も久々に本を借りたのだが、全く目を通す時間もなく。
気がつけば返却日が迫っている。
アマゾンで購入した本、青山繁晴氏の「壊れた地球儀の直し方」も読めていないし(^^;)

壊れた地球儀の直し方は、先週東京に行った時に、新幹線の中でゆっくり読もうと思って持って行った。
しかし、お弁当食べて読み始めたら、急激に眠くなって結局寝てしまった(笑)
帰りの新幹線では最初から読む気力も無く、やっぱり寝てしまいました(^^;)

図書館で私が借りた本は、「北欧の挿絵とおとぎ話の世界」「浮世絵入門」の2冊。
次女は絵本の「ぐりとぐら」。確か家にもあったと思うのだが。
さらになぜか「少年剣道 基本げいこ」という本を借りていた(笑)
しかし、借りただけで全く見ていない次女(^^;)

私も次女のことは笑えず、全く読めていない。
「北欧の挿絵とおとぎ話の世界」は、とても世界観があって、じっくりと読みたいと思って借りた。
対比するような形で、「浮世絵入門」も借りました。
北欧と日本、全く違う世界観を見てみたいと思ったのです。

しかし、全く読むことが出来ないまま、今日まで来ています。
今週の日曜日には返却しなくてはなりません。
少しでも見ておきたいと、今夜ページを開きましたが、とたんに眠くなってしまいました(^^;)
あぁ〜やっぱり疲れが溜まっているのかなぁ〜。

少しでも・・・と思い、たまたま開いたページ。
北欧らしい絵だけれど、なんか日本っぽいなぁ〜特に波の表現が浮世絵っぽい。と思って説明を読む。
すると、やはり日本の浮世絵が影響している絵らしい。
カイ・ニールセンというデンマークのイラストレーターが描いた挿絵ですが、日本の影響を受けているみたいですね。

たまたま借りた本が、北欧の挿絵の本と、浮世絵の本。
全く対比したイメージで借りたのですが、実は繋がっていたということにビックリ。
日本の画家なども、西洋から大きな影響を受けたように、西洋の画家やイラストレーターも、日本の浮世絵などの文化に、影響を受けているのですね。

そう考えると、やっぱり世界って繋がっているのだなぁ〜と思います。
返却日まで残り少ない時間ですが、少しでも目を通してから返却したいと思います。

次女にも剣道の本を見せなきゃ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | アート

2016年07月27日

痛ましい事件が起きるたびに感じること

160727.jpg

相模原の障害者施設で起きた残虐な事件。
19名もの命を奪ったのは元職員。

事件発生後は、動機がわからなかったけど、元職員ということで、なんらかの恨みがあったのだろうと思いました。
しかし、19名もの命を奪っていること、そして犯人の異常な精神状態が明るみに出てくると、これは単なる恨みなどではないことが見えてきました。

衆議院議長に宛てたとされる手紙。
あまりにも内容がおかしすぎる。
それゆえに精神病院に送られ、入院を余儀なくさせられるわけですが、結局すぐに退院している。
なんとかここで食い止めることができていれば、今回の惨劇は起きなかった。

この犯人は本当に精神が病んでいるのか?
本当に病んでいたとしたら、ここまで綿密に事件を起こせるのでしょうか?
私にはどうしても、精神が病んだフリをしているように思える。

もし精神鑑定で精神に異常を認められ、この事件の罪を問えないとしたら、一体どこに罪を問えば良いのでしょう。
犠牲になられた方々の無念はどこに向かえばよいのでしょう。
そして残された遺族の方々の気持ちは・・・。

今回の事件。
私は通り魔事件と同じではないかと感じています。
8年前に起きた秋葉原通り魔事件。
犯人の加藤智大は、人生に敗北感を持ち、破れかぶれになり自分の人生を終わらせる目的で、通り魔事件を起こした。

「誰でも良かった」通り魔事件でよく耳にする犯人の言葉です。
今回の事件も、誰か特定の人を狙ったのではなく、障害者であれば誰でも良かったのでしょう。
本来は私たちの手で、守るべき存在の人々を、容赦なく殺害をした犯人。
最も卑劣な犯行です。

世界中で銃乱射などの悲惨な事件が起きている。
テロによるものもあるが、中には破れかぶれになり、自暴自棄の犯行もある。
今回の事件も同様だと思う。

人生で転んだ時。
大きな壁にぶち当たった時。
そこでもがき苦しみ、傷つき涙を流し、敗北感を味わう。

しかし、苦しみ傷ついたことで、人の気持ちを知り、心の温かさを学ぶ。
そこから這い上がってくるから、より人として成長し、強い人間になれる。
強い人間は他人の心の痛みを知っています。
それが人生だし、そうやって頑張ってきた人同士が助け合うのが社会です。

壁にぶち当たった時、人生で転んで穴に落ちてしまった時。
そこでもがき苦しむことをせず、自分がそうなったことを、他人のせいにしたり、社会のせいにする。
それが積もり重なっていくと、犯罪者となってしまうのだろうと思います。

心の強い人間を育てる教育が必要です。
いくら勉強ができても、知識があっても、心が弱くてはダメです。
転んだら立ち上がる。
壁にぶつかったら、壁をよじ登る。
穴に落ちたら、穴から這い上がる。

決して諦めない心を育んでいくことが大事です。
今回の事件に限らず、惨殺な事件を起こす犯人像には、心の弱さが透けて見える。
心が弱いと自覚できる人は良い。それができないから、強がって見せる。
そしてどんどんギャップが開いていく。
自分でもコントロールできなくなるのではないでしょうか。

あくまでも私の感じたことです。
誰もが生まれた時から犯罪者ではありません。
犯罪者として生まれてくる人などいない。

全ては家庭教育、そして学校教育などの環境が人を育てていく。
犯罪者が育たない教育環境が必要だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月26日

仕事が続くありがたさ

160726.jpg

遅れていたサマーフェスタのプログラムを、ようやく印刷手配できました。
予定より一週間は遅れています。
まぁ元々のスタートが遅かったので仕方ないと言えばそれまで。

半分ボランティアでやっていることですが、間に合わないので仕事の時間を使って作業を進めました。
それでもさすがに60件もの広告を作成し、12ページのプログラムに仕上げるには、それなりの時間がかかる。
本日印刷手配したことで、少し肩の荷が下りた(^^;)
後は細々とした準備と最終打ち合わせを経て、いよいよ本番を迎えるのみとなる。

不思議なもので、広告制作に追われていた時期には、集中して制作できる環境があった。
他の仕事の依頼というのが、ほぼ無かったのです。
ところが、「そろそろ仕上げが見えてきた」と思った矢先に、仕事の話が飛び込んで来る。
まるで手が空くのを待っていたかのようです。

このご時世、仕事が切れ間なく続くというのは、本当にありがたい事です。
定期的な仕事というのは、限られていて、仕事の大半は不定期なもの。
それでも、ほとんど切れ間なく仕事が来るのは、本当にありがたい。

私の仕事と言うのは、本当に景気に影響されます。
広告なんてのは、不況になると、真っ先に切られるもの。
ましてやデザインなんて、極端に言えば「無くても良い」と思われがちなもの。

私はもう新聞を取らなくなってしまったので、現在の折り込み広告の量がわからない。
しかし、新聞を取っていた時期でも、確実に折り込みチラシの数が減っていったのを実感している。
折り込みチラシが減るという事は、チラシを制作する仕事も激減しているという事。
実際、私も折り込みチラシの仕事は、現在は1件だけ。

広告そのものが、印刷からWebに移行している。
そして私の仕事も、印刷物とWebと、ほぼ半々くらいの比率になってきています。
これからは、ますます印刷物の仕事って少なくなっていくのでしょうね。

ただ、仕事が途切れない状況を見るに、少しずつではあるけれど、景気は回復しているのかもしれません。
印刷物にしても、Web制作にしても、仕事があると言うのは、やはりお金が動いているからこそ。
今、看板屋さんからの仕事が入ってきていますが、看板などは特に景気の影響を受ける。
本当に徐々にではあるが、回復しているのかもしれません。

この回復の流れを急速にするためにも、これまでのアベノミクスではダメですね。
もっと改革的な事をやらないとダメです。
以前から言っているように、電気代を半分にすべき。
それだけで、一気に個人消費が伸び、中小企業が息を吹き返す。
そのためには、従来の高い燃料を買って電気を起こしていてはダメです。
メタンハイドレートを使って、純国産の安い電気が必要になってきます。

景気が潤えば、仕事も増え、仕事の単価も上がる。
そうなれば、我が家の消費も増え、さらにお金が回ります。
そんな近未来を夢見て、今はコツコツ現実の仕事を頑張ろう(笑)

仕事があるという事は、世の中に必要とされている証。
本当にありがたい事です。
日々感謝して頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 仕事

2016年07月25日

アートアクアリウム2016

160725-1.jpg

先週の東京出張の際。
初めてお会いした同郷の方に、「お時間あれば一緒に見に行きませんか?」と、お誘いを受けたアートアクアリウム2016。
様々なアクリルの器に、金魚を泳がせて、独特の世界観を演出していました。

平日の真昼間なので、すんなり入れるものと思ったら、これがとんでもない人。
整理券をもらうのに並んで、その後整理券を渡して、入場券を買うのにまた行列。
そして入場券を買って中に入ると、もう行列というレベルではない。
会場が人だらけで身動きを取るのも一苦労(^^;)

そんな中、作品の前に少しずつ近づいて、作品を見る。
暗転された会場内に、アクリルの器で泳ぐ金魚が涼しげに映る。
作品ごとにいろんな種類の金魚がいて、見たこともないような金魚もいました。

さらに奥の方に進むと、一気に開けて巨大な水槽が登場。
水槽というよりは、巨大な金魚鉢というべきか。
形も金魚鉢をイメージした感じです。

160725-2.jpg

その中に無数の金魚が泳いでいて、ライティングで色が変わるたびに、その表情も変わる。
ブルーのライティングでは涼しげなイメージですが、一転してレッドのライティングになると、妖艶さを漂わす。
同じ金魚でありながら、ライティング一つでこんなにも、表情が変わるものなんですね。

他にも蓮の花を形取った水槽や、多種多様な金魚など、独特の世界観が漂う会場内。
そしてひときわ人だかりができている場所へ。
たくさんの人々の前には、屏風の形をした水槽が。
もちろんそこには、たくさんの金魚が泳いでいます。

しばらくすると、屏風に何かが映し出されました。
川の流れを表現した水墨画。
鳥が飛ぶ様子や、魚が泳ぐ様子。
さながら動く水墨画。

160725-3.jpg

面白いと思ったのは、例えば木の水墨画が映し出されると、金魚がさながら木々の花に見える。
他の絵でも、金魚が邪魔になるのではなく、むしろ絵の中の素材としてみれる。
金魚が大きな屏風の模様として、表現されているような印象を受けました。

とっても良い刺激になりました。
私一人だったら、こんなイベントをやっていることも知らなかったし、場所もわからなかった。
お誘いいただいて、本当に嬉しかったです。

東京って、こんなイベントいっぱいあるんですよね。
やっぱり刺激を受けるには、東京が一番なんでしょうね。
奈良の片田舎の、しかも自宅で閉じこもって仕事をしていると、どうしても刺激が足りません。
たまには東京に出て、刺激を受けて、自分の仕事や作品にいかしていきたいです。

さて、次東京に行けるのはいつか?
できれば半年に一回くらいは行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | アート

2016年07月24日

疲労感が・・・

160724.jpg
【パンダのようにゴロゴロしたい(笑)】

東京から帰ってきてから、何かとスケジュールが詰まりっぱなし。

帰ってきたその日に、サマーフェスタの件で動き回り、翌朝にある校区のクリーン作戦の準備。
翌朝は7:30から校区のクリーン作戦。
自治会役員なので、準備やら後片付けやら、とにかく忙しく時間が過ぎた。

土曜日は夕方まで、サマーフェスタの広告の修正作業。
その後、剣道の稽古に行き、その日の晩は埋もれるように眠った(笑)

今朝は5時起床。
しかし予定は4:30起床だった。
5時には家を出る予定だったのだ。
完全に寝坊(><)

今朝は剣道の早朝稽古のため、奈良まで車を走らせた。
急いで長女をたたき起こし、車の少ない早朝の道を走る。
通常なら30分かかる道のりだが、早朝のため、信号機が点滅信号になっていて、結局15分ほどで着いた。
お陰で遅刻しないで済みました。

早朝稽古が終わったら、通常の稽古の前に、皆でマクドナルドで朝ごはんにしました。
朝マックでルンルンの長女。
私たち保護者も、それぞれメニューを注文して、マクドナルドで朝ごはん。
私はその後、長女を他の保護者に託して、一旦家に帰りました。

次女を迎えて、いつもの稽古場へ。
長女も他の保護者の車に乗って、稽古場に来ていました。
そしていつもの稽古。
次女もいつも通り、一生懸命稽古を頑張りました。

今日は一般の稽古も入っていたようで、隣では大人たちが稽古をしています。
1時間の稽古が終わって、いつもとは勝手が違うのと、早朝からの稽古で疲れているだろうからと、長女に「今日は居残り止めて帰ろうか?」と聞いた。
いつもなら「帰りたい」と言うのだが、変なスイッチが入ったのか「稽古する」と、自ら居残りを希望(^^;)
正直、私の方が疲れていて、帰って少しでも横になりたい気分でした(笑)

居残り稽古が終了して、家に帰ったのは12:30頃。
お昼ご飯を食べに行って、そのまま買い物に行く予定だったので、車を走らせる。
何度も何度もあくびが出て、お昼ご飯を食べたら、さらに眠くなり大あくびの連続。

買い物中も眠たくて眠たくて(笑)
かなり疲れが溜まっているようです。

そこで、ジョーシンに行って、マッサージチェアーを試すことにしました。
嫁さんも、肩がパンパンになっているということで、交代してマッサージチェアに。
思わず寝てしまいそうになりながら、マッサージを試す。
幾分か疲れが取れたようで、お陰で目も覚めました。

サマーフェスタの準備が大詰めを迎えていて、気持ち的にも疲れが溜まっているのかも知れません。
でも、決して体調が悪いわけではなく、むしろ心地よい疲れです。
もう一踏ん張り、がんばりましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2016年07月23日

ポケモンGOがやってきた

160723.jpg

世界中で流行っているポケモンGOが、ついに日本でも始まったうようですね。
ポケモンといえば、言わずと知れた日本のアニメ。
最初聞いた時は、ポケモンという言葉から、日本のゲーム会社が提供していると思ったが、アメリカの会社なんですね。

いまいちよくわからないのですが、ようは街のいたるところにポケモンが潜んでいるわけですね。
ということは、我が家にもポケモンがいるのかも。
街中をスマホを持って、ポケモンを探し回る人が増えてくるのでしょう。

しかし、海外ではすでに弊害も起きている。
スマホでポケモンを探すことに夢中になりすぎて、事故にあったり、事件に巻き込まれたりしている。
歩きスマホが問題となっているところに、ポケモンGOが入ってくると、さらに危険行為を起こす人が増えそうです。

一方で、家に引きこもりだった人が、ポケモンを求めて街に出るという良い効果もあるとか。
いずれにせよ、良い面もあれば、懸念もある。
結局はゲームを楽しむ人のモラルの問題になるんですよね。

おそらく若者を中心に広がるでしょうから、様々なトラブルが予想されます。
絶対に交通事故とか増える気がします。
だって、ただでさえ歩きスマホや、自転車乗りながらのスマホ見ている人もいます。
普通でさえ危ないと思って見ているのに、ゲームに夢中になったら、絶対に周りは見えなくなる。

私は、最近は全くゲームをしなくなりました。
一時期は、スマホのゲームをやったりしたこともある。
でも、最近は本当にゲームをするような時間もない。

これだけゲームが流行るということは、結構みな時間があるってことなんでしょうね。
私も若かりし頃は、スーパーファミコンにはまったことがあるので、気持ちは十分にわかる。
でも、やっぱり夢中になりすぎるのは良くないです。
何事も、ほどほどに楽しむようにしないといけません。

それに、ポケモン求めて、勝手に人の敷地に入ったり、立ち入り禁止の区域に入ったりしないように、十分な注意が必要です。
すでに出雲大社からは、敷地内に入らないように、注意のアナウンスが出ました。
普通に考えれば、決して入らないのでしょうが、ポケモンを追い求めるあまり、入ってしまう可能性がありますからね。

みなさん、ポケモンGOを楽しむためにも、しっかりルールは守りましょう。
あまりにモラルが無いと、その内「ポケモンGO禁止令」がでちゃうかも知れません。
楽しむというのは、周囲の人に気配りをしながらやることです。

ルールを守って、モラルを持ってポケモンGOを楽しんでください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:28 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月22日

東京出張

160722-1.jpg

160722-2.jpg

昨日は、つぶやきお休みしました。
実は東京に行っていて、ネット環境が無かったので、お休みにしました(^^;)

朝10時半の電車に乗って京都駅へ。
そしてお昼過ぎの新幹線で、品川まで出ました。
その後、弟の会社がある五反田でホテルにチェックイン。

弟の会社のホームページ制作後の、お礼を兼ねた挨拶に行ってきました。
会社の方からは「わざわざ来なくても」と言われていたようですが、やはり一度は顔合わせをしておきたい。
そして、別に会う予定の人もいたので、一泊二日で東京出張となりました。

弟の会社に挨拶に行くと、社長さんと今回ホームページ制作の窓口となっていただいた、総務部のお二人が出迎えてくれました。
名刺交換をして、席に着きますが、弟はどうも居心地が悪そう(笑)
そりゃ〜そうですよね。兄が会社に来て、自分の会社の社長と話しをするのですから。

30分ほど、いろんな話しをさせていただきました。
今後のサイト運営の話しもしましたが、それ以外は仕事以外の話し。
顔お合わせということで、和気あいあいとした雰囲気で話しをさせていただくことができました。

その後、弟が仕事を終わるのを待って、二人で居酒屋へ。
昨年もおじゃました「奄美・沖縄料理」のお店で、じっくり腰を据えて呑みました(笑)
弟も年齢からして、責任のある立場になって来たようで、いろいろと自分の中で葛藤があるようです。
いろんな話しをして盛り上がっているうちに、ついにラストオーダーの時間になってしまいました。

夜遅くまで飲んで、ホテルに戻ったら、シャワーを浴びて就寝。
今日はまた別の人と会う約束がありました。

昨年に東京に行った時も、アポイントを取らせていただいたのですが、その時はタイミングが合わずお会いすることはできませんでした。
今回は、お時間が取れるようで、10時ごろから喫茶店で話しをしました。

お話をさせていただいた相手は、同じ奄美出身なのですが、全く面識のない方です。
実は2年ほど前に、私のイラストをご購入いただいた方なのです。
ネットショップのCreemaから、額付きのイラストを3点もご購入いただきました。
その時のイラストが、2点は奄美を題材にしたイラスト。

そのため、ご購入いただいた時から、「奄美の人では?」と思っていました。
ご購入後に、メッセージを送らせていただいて、やはり奄美出身であることがわかりました。
そして、東京で建設会社を営んでいるとのことで、「東京に来る機会があれば、ぜひ連絡ください」と添えられていたのです。

今回、ようやくお会いすることができ、初対面にもかかわらず、まるで昔からの友達のように、気さくに話しをすることができました。
ご自身の家も設計して建てていて、そこに私のイラストを飾っていただいていました。
わざわざ写真を撮ってプリントしたものを頂戴しました。

いや〜やはり嬉しいですね。
おしゃれな作りの家の中に、私のイラストが飾られている。
こうやって実際にイラストが飾られていると、これからも頑張ってイラストを描きたいと思います。
実際はなかなか描けていませんが(^^;)

同じ奄美出身ということもありますが、本当に昔からの知り合いのように、いろいろとお話をすることができました。
本当に良い時間を過ごすことができました。
そして東京はやはり刺激がありますね。
年に数回は東京に出て、刺激を受けた方が良いですね。

一泊二日の短い出張でしたが、それでも二日間仕事の手を止めています。
明日からまた、全力で頑張らないといけません。
とにかく今日は疲れたので、もう寝ます(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 仕事

2016年07月20日

夏休みが始まる

160720.jpg

終わっちまった(><;)
始まっちまう(T_T)

今日で長女は1学期が終了。
明日から晴れて夏休みなのだ〜。

あぁ〜子供の頃はウキウキワクワクだった夏休み。
大人になって、自分の子供が夏休みになると、こんなにも苦悩になるのか(笑)
大人にとっては、夏休みなんて、あったとしても一週間程度。
私の場合はフリーなので、常に嫁さんの休みに合わせて夏休みにしている。

来月の上旬には、息子も夏休みに入る。
また、しばらく我が家は5人家族に戻るのです。

次女が私に聞いてきた。
次女:◯◯◯(自分の名前)の夏休みはいつ?。
父:お母さんと一緒だからまだまだ先だよ。
次女:えぇ〜早く夏休みになってほしい〜。
父:いや頼むからやめてくれ(心の叫び)

しかし、来年になれば、次女も小学生。
そうなると・・・・・あぁ〜〜〜〜〜〜想像しただけで怖い(><)
きっとうるさいだろうな〜。仕事どころじゃないだろうな〜。

長女は夏休みの間は、友達と遊びまくるだろう。
問題はお盆休みの頃だ。
当然普通の家庭は、お盆休みで帰省したり、旅行に出かける。
しかし、我が家はお盆だろうが通常運転。

嫁さんも仕事なら、私も仕事をしている。
次女も託児所に行くので、本当に通常と変わらない。
その時は、長女が暇を持て余すと思う(^^;)

今から想像するだけでゾッとするのだが、夏休みは始まったばかり。
厳密に言えば明日からです。
長い長い夏休みですが、なんとか楽しみも見つけて乗り切りたいと思います。

あぁ〜私も長期夏休みがほしいぞ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2016年07月19日

ひとまず安心

160719.jpg

7月1日にここでつぶやいた「奄美芦徳クルーズ船問題に思う」の問題。
あれからネットで反対の署名活動なども始まり、私も積極的に署名したり、拡散したりしてきました。
その成果もあって、本日、町長が計画断念の意向を発表したようです。

この問題は島内でも議論されていたようで、私の母も姉も知っていて「反対」と言っていました。
当初、ネットだけで騒がれていて、現地は何も知らないような雰囲気だったので、危惧していたのですが、ちゃんと現地でも反対の声が上がっていたのですね。
ひとまず、計画を断念の方向になって良かったです。

反対の声の中には、やはり「自然が破壊される」という声が多かったと思うのですが、「中国人観光客」というのも反対の大きな理由だったと思います。
「爆買い」という流行語ができるほど、物を買い漁った中国人観光客。
しかし、その代償というのも確実ある。

中国人観光客が大量に押し寄せると、その場はもはや日本の観光地ではなくなる。
静かな場所でも一気にうるさい場所へと変貌する。
そうなると、そこに日本人は来なくなる。

中国人を偏見しているのではなく、実際に起きている現象です。
誰も好きこのんで、中国人が押し寄せる場所に、観光に行こうとは思わない。

今回の計画には、中国人の富裕層を乗せたクルーズ船を寄港させる計画でした。
さらに、中国人観光客のために、周辺をテーマパーク化する。
さらには、ビーチをプライベートビーチにする計画でもあったようです。
言い換えれば、その一帯は中国人の物となる。

これが大反発を招いた要因でもあったと思う。
自然を破壊されたくないのもひとつ。
そして中国人に奄美を奪われるというイメージができたのも要因のひとつ。

ただでさえ、南シナ海や尖閣問題で、中国の無茶な姿勢が見て取れる。
中国人富裕層といえば、まるで一般市民のように聞こえるが、富裕層である限りは、極めて中国共産党に近い存在。
つまり、国の意思を持って奄美を見ていると言っても過言ではない。

中国が金に物を言わせ、今回の計画を立てた可能性は無いとは言い切れない。
クルーズ船の会社はアメリカの会社のようだが、莫大な金を見せられて、この計画を聞かされたら、一企業は飛びつくだろう。
そしてそれに町長も目が眩んだのかもしれない。

しかし、なんとか反対運動で阻止できた。
でも、まだ安心とは言えません。
中国はしたたかな国です。
様々な方法で、日本を狙っている。

今回の問題は、単に奄美だけの問題ではない。
中国という国の触手が、奄美・沖縄に確実に伸びている証だと思う。
私たちの日本を守るためにも、今後も様々な問題に目を配ることが大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月18日

楽しみたっぷりの次女

160718.jpg
【次女からのメッセージ】

海の日に梅雨明けでした。
ようやく梅雨が明けたのですが、今年はもっと早くに明けていた気がする。
7月に入ったとたん、セミが鳴きはじめたので、その頃が梅雨明けだったと、個人的に勝手に思っています(^^;)

海の日の今日は、とても天気が良くて、お出かけ日和でしたが、我が家は家でまったり過ごしました。
長女はお友達のところへ遊びに。
次女は私の部屋でほぼ1日、Amazonプライムのビデオを見ていました。
お泊まり保育を頑張ったご褒美として、ビデオを見せる約束だったのです。

お泊まり保育の最中に、子供たちはお父さんお母さんにメッセージを書きます。
そして書いたメッセージを郵便として出します。
しかし、実際は先生が預かり、事務室で保管する。
保護者が迎えに来た時に、子供に内緒で保護者に手渡します。

家に帰ってから「郵便届いてたよ」という段取りになるのです。
我が家も事務室でメッセージを受け取ったら、すぐにカバンに隠して、家についてから次女に見つからないように、ポストに入れました。
しかし、すっかりメッセージのことを忘れていた次女(笑)
私に「お手紙書いたんじゃないの?」と聞かれて、思い出してポストに走りました(^^;)

メッセージには、覚えたてのひらがなで、「おとうさんだいすき ままだいすき」と書かれています。
しかし、その後、付け加えたように「びでおみせてね」と書いてある。
しかも最初は縦書きで、その後、場所が飛んで横書き。
きっと思い立って書いたのでしょう。各場所が無くて、縦書きで書いて、それでも入りきれないので、飛ばして横書きで書いたのだと思います(^^;)

次女としては、これが本音のメッセージなんだと思います。
そんなわけで、今日は1日たっぷり映画鑑賞した次女。
最初はお姉ちゃんと二人で妖怪ウォッチの映画。
続いて、一人でクレヨンしんちゃん。
終わったと思ったら、勝手に次のしんちゃんを見ていました。
iMacの使い方も、なんと無く真似てやったのでしょう。

我が家の子供たちは、私のMacを触るので、自然とMacを使うようになります。
ただ、仕事で使うMacProは触らせないので、iMacのみになりますが。

たっぷり映画鑑賞をして満足げな次女でしたが、さらに晩御飯も大満足。
今夜はたこ焼きで晩御飯でした。
先日買ったたこ焼きプレートで、たっぷりたこ焼きを焼きました。
次々と焼けていくたこ焼きを、次々と食べまくる次女。
おそらく人で30個くらいは食べたと思います(^^;)

楽しみにしていたお泊まり保育から、昨日のお買い物、そしてお祭り。
今日はビデオ三昧とたこ焼き三昧。
たっぷり楽しんだ次女の三連休だったと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記

2016年07月17日

スケジュールいっぱいの1日

160717.jpg

今日はいつもの剣道の稽古がお休み。
朝からまったりモードの我が家でした。
次女もお泊まり保育でいないので、比較的静かな朝でした(笑)

しかし、10時半には次女を迎えに託児所へ。
そこには一晩元気に過ごした子供達の姿が、ビデオで流されていました。
しばらくすると、舞台の幕が上がり、子供達の姿が。
日頃から練習していた、鼓笛の発表が行われました。

次女を迎えて、そのまま図書館へ。
各自借りたい本を借りて、一旦家に戻ったら、そこからお買い物へ。
長女がずっと「ヒール付きのサンダルが欲しい」と言っていて、ついに買うことになりました。
友達と遊ぶ時に、自分だけクロックス履いて行くのが嫌なんでしょうね。

するともちろん次女も「欲しい〜」となる(^^;)
そりゃ〜そうですよね。
次女もヒール付きのサンダルを買って、ふたりでそのまま靴から履き替えて帰ることに。

家に着くともう夕方。
これからまた次の予定がある。
今日は隣町の夏祭りがあるのです。

ほぼ、毎年行っている夏祭り。
子供達も楽しみにしているので、今年も行くことにしました。
自転車で行こうと思ったが、長女の自転車がパンク中。
散歩がてら皆で歩いて行くことにしました。

次女は履きなれないヒール付きサンダルで、なんとか歩いて行きました。
普通なら途中でリタイヤしそうなもの。
しかし、今日はお祭りです。
好きなものがたくさん食べれることを知っている。
最後まで頑張って歩きました(笑)

お祭りに着くと早速「かき氷食べたい」と、かき氷をゲット。
食べるために座れそうな場所を探して、座ろうと、ふと前を見ると見慣れた顔。
そこには剣道で仲良くしているメンバーの面々。
すかさずそこに合流して、皆で飲み食いしました。

予想通り、次女はその後も、唐揚げを食べ、たこ焼きを食べ、ひたすら食べ続ける(笑)
そしてお腹が満たされたら、次はスーパーボールすくい。
長女も的あてを楽しんでいました。

最後は花火です。
剣道のメンバーと、少しでも見やすい場所に移動して、皆で花火を楽しみました。
間近で見る打ち上げ花火。とても綺麗でした。
次は我が校区の夏祭りがある。
剣道もメンバーにも「来てや」と宣伝しておきました。

予定いぎっしりの1日でしたが、楽しい1日となりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 日記

2016年07月16日

スーパー銭湯へ

160716.jpg

いつもの土曜日。
夕方からは剣道の稽古。
しかし、いつもとは少し違う。
今日は次女がいない。

実は託児所のお泊まり保育で、今夜は次女はいないのです。
そのため、今夜は私たち夫婦と長女の三人だけ。
そこで、剣道が終わったらスーパー銭湯に行くことにしました。

しかし、その前に私はひとつ会議が入っていたため、剣道後会議へ。
一時間弱で会議を終えて、軽く晩御飯食べてスーパー銭湯へ。
土曜日の晩なので、混んでいるかなと思ったのですが、思っていたよりは空いていました。

我が家でスーパー銭湯に行くのは、息子が帰省している時が多い。
そのため、いつも息子と二人でお風呂に入るが、今回は一人。
嫁さんも長女と二人なので、ゆっくりと入ることができたようです。

スーパー銭湯の作りは変わっていませんが、以前は変わり湯だったところが、炭酸温泉になっていました。
これまでは、「◯◯の湯」という風に、その時々によってお湯が変わっていました。
しかし、炭酸温泉に固定化されたようです。
確か以前来た時も炭酸温泉だったと思う。
その時は人が多すぎて入れなかった。

炭酸温泉は和歌山・白浜の「とれとれの湯」で、すっかりハマってしまい、他の施設でも炭酸温泉があると、入りに行ったりしています。
前回は混雑していて入れなかった炭酸温泉。
今日は混雑していなかったので、ゆっくりたっぷり炭酸温泉に浸かって来ました。

このところ、サマーフェスタの広告作りに追われて、かなり肩が凝っている。
炭酸温泉で疲労感が随分取れた気がします。
お風呂を上がっても、まだ嫁さんも次女も出てきていない。
風呂上がりにポカリスエットを飲んでいると、次女が先に出てきた。

次女にお金を渡し、次女が飲み物を飲んでいる間に、私はマッサージへ。
本当はマッサージを受けたいくらいだけど、今夜はマッサージチェアで我慢。
200円入れてマッサージ機に座る。
最新式のマッサージ機のようで、めっちゃ気持ちよい。

200円入れて10分だけのマッサージ。
あっという間に終わってしまった(TT)
あぁ〜マッサージ機欲しい(^^;)

しばらく溜まっていた疲労感がだいぶ抜けたので、明日からまた頑張ろう。
あっ明日・明後日はお休みだった(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2016年07月15日

何か面白いことできるかも

160715.jpg
【弥生時代の土器と描かれていた絵】

本日はお昼からお出かけ。
仕事の打ち合わせで、橿原考古学研究所資料館に行って来ました。

打ち合わせと言うよりは、顔合わせと言った方が正しい。
そして私が打ち合わせをしたわけではなく、私はどちらかと言えば立会人。
付き添いみたいな役割です(笑)

以前から何度もお世話になっている、エアフローティングメディア展。
この空中映像を何かに応用できないか?と考えていて、6月の頭にいつも仕事でお世話になっている、印刷会社のO氏とエアフローティングメディア委員会の代表J氏を引き合わせた。

その後、O氏から橿原考古学研究所資料館に話をして、「一度見てみたい」という話になりました。
資料館側としては、展示などで活用できないか!?との思いがある。
エアフローティングメディア委員会の方も、展示などの実績を重ねていきたい。

今日は実際の空中映像を見ていただきました。
やはり、一応に不思議がり、興味津々でした。
問題は何を見せるか?コンテンツが大事です。

実際の展示を見てもらった方がわかりやすいということで、資料館の中を見せていただきました。
実は私も初めて入りました(^^;)
長いこと奈良県で暮らしていますが、初めての資料館です。

旧石器時代から縄文、弥生〜奈良時代、平安〜室町時代までの、出土品がたくさん展示されています。
もの凄い数の展示品が並んでいます。
考古学が好きな人には、たまらない資料館だと思います。

しかし、若い人や子供にとっては、やはり退屈なのかもしれません。
資料館側も子供を呼びたいが、なかなか切り口が掴めないでいるようです。
切り口の一つに、このエアフローティングメディアの技術が使えればとの思いがあり、今日の顔合わせとなったのです。

実際に資料館を回ると、いろいろとアイデアが出てくるもので、面白いアイデアが幾つか出ました。
やはり机の上だけで話していてもダメですね。現場が大事です。
企画が進みそうな予感です。

冒頭の写真は、弥生時代の土器に描かれていた鹿の絵です。
とってもアートな感じがして、思わず写真に撮りました。
これを動かして、空中映像にしても面白いと思います。

太古の時代の古きものと、現代の技術がコラボして、面白い発信ができるかもしれません。
今後の展開に期待したいと思います。

橿原考古学研究所付属資料館に興味のある方は、ぜひ一度来場してみてくださいね。
http://www.kashikoken.jp/museum/top.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 仕事

2016年07月14日

奄美の海が恋しい

160714.jpg
【奄美 ばしゃ山村(用安海岸)の海】

毎日蒸し暑いです。
セミが鳴いて、空には入道雲が浮かび、「夏本番」と言いたいところですが、まだ梅雨明けしていないんですよね。
勝手に気分的に梅雨明けした感じですが、やはり天気は今ひとつ。
カラッとした暑さではなく、蒸し暑さがやはり体に堪えます。

もう奈良に住んで長いのですが、未だに奈良の暑さに体が慣れません(^^;)
毎年夏になると、故郷の奄美大島の海が恋しくなります。
あぁ〜サンゴ礁の海にダイブしたい。

もうすぐ夏休みが始まります。
あぁ〜長女がずっと家にいる。
8月上旬には、息子も帰ってきます。
あぁ〜息子もずっと家にいる。
子供の頃にあんなに楽しみだった夏休みが、大人になると、こんなに苦痛になるとは(笑)
できることなら、子供の頃に戻って、毎日でも海に飛び込みたい。

夏休みは、毎日海で泳いでいたとお思いでしょうが、実はそうでもなかった。
子供だけで海に行くことはできなかったので、夏休みに海水浴したのは、1〜2回程度です。
それ以外は、ずっと釣りをしていました。

中学生になると、ずっと部活でした。
だから、子供の頃に泳いだ記憶というのは、数える程しかない。
それでも少ない記憶の海が忘れられない。

サンゴ礁の中を泳いだ記憶。
波の音、水面に揺れる太陽の光。
光とダンスするように泳ぐ熱帯魚。
今すぐにでも、奄美大島に帰って、海に飛び込みたい。

もっと気軽に帰れる距離だったらなぁ〜。
せめてもう少し、飛行機代が安かったらなぁ〜。
毎年、夏になると思うことです。

今年の夏も、奄美大島の海を思い出しながら、奈良盆地の暑さを耐えるしかありません(笑)
でも、朗報が。
来年から、関西〜奄美間で、格安航空機が飛ぶとの情報があります。
成田〜奄美間は、エアバニラが就航している。
おそらくエアバニラが飛ぶのだろう。

そうなれば、少しは帰省しやすくなるかもしれない。
それでも家族全員で帰省となると、かなりの飛行機代が必要だけど。

奄美の海は無理だけど、せめて昨年のように、熊野の海にでも行きますか。
その前に、早く梅雨明けしてほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 日記

2016年07月13日

Webのお仕事の紹介

160713.jpg
【三栄ビルシステム株式会社 様 Webサイト】
http://www.sbs-web.net/index.html

お仕事の紹介。

先月はサイト制作に追われていました。
とある会社のサイト制作。
「三栄ビルシステム株式会社」というエレベーター・エスカレーターの据付けを行っている会社です。
実は私の弟が働いている会社でもあるのです(笑)

話はもうかれこれ9ヶ月ほど前にさかのぼる。
昨年の10月に奄美から母と姉が来た時のこと。
それに合わせて、東京から弟も母に会いに来ていた。

その時にいろいろと話をしていて、私がWebサイト制作もしていることを話した。
すると弟の会社のホームページがないことを聞いたのです。
弟も「ホームページくらいないと、今時就活の相手にもしてもらえない」と話していました。
私がWebサイト制作をやっていることを聞いて、できたら見本作ってほしいと言われていました。

しかし、その頃は超ハードスケジュールで、全く手がけることもできずに、あっという間に年を超え、なんだかんだでドタバタしているうちに年度末。
ようやく手が空いてきたので、サイトの見本を作り出したのが、4月ごろ。

一通り見せれる形にして、弟に見せてみたが、あまりにも時間が経過している。
弟も「きっと他の業者に依頼しているかも」と言いながらも、ダメ元で会社に見せてくれました。
ところが、予想外の展開で、まだWebサイト制作は手がけていなかった様子。
私が提案した内容を、とても気に入っていただいたようで、そのまま採用となりました。

その後、写真データなどを送っていただき、作業を進め、7月頭にサイトをオープンしました。
社内でも「とても良いホームページができた」と喜んでいただけているようで、私としてもとても嬉しいです。
本当は一度打ち合わせをしてから、制作にかかるつもりでしたが、時間も無く一度も上京することなく、そのまま仕事が完了となってしまいました(^^;)

最近は印刷物の仕事と、Web関係の仕事と、ほぼ半分くらいの割合になってきました。
印刷物は確実に減っていますが、Web関係の仕事は、まだ探せばありそうです。
「ホームページが無い」という企業や団体も、まだまだありそうなので、今回のように案を作って提案していきたいと思います。

仕事の内容も、時代とともに変わっていきますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 仕事

2016年07月12日

どうなる東京都知事選

160712.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

石田純一氏が東京都知事選を断念したと思ったら、次は鳥越俊太郎氏が出馬を表明しました。

もうねぇ〜。都民をバカにしているのでしょうか?
出馬のきっかけが「参院選の結果を見てこれではいけないと思った」ですって。
なんで参院選と都知事選が関係あるの?

石田氏と同じで安保法案や憲法改正に言及しているけど、東京都知事に国政は関係ないですから。
何か大きな勘違いをしているとしか思えません。
しかし、知名度があることから、野党は統一候補として、鳥越俊太郎氏を推薦するそうです。
まだ政策も何も決まっていないらしい(-_-;)
もし、これで知名度だけで鳥越俊太郎氏が当選するようじゃ、東京はもう致命的だな。

政治不信があるのは確かだし、舛添氏があまりに酷いことをしていたので、政治家が信頼されないのも確か。
でも、だからと言って、全くのど素人で、ただただ「反政権」の人間を担ぐ野党もどうかしている。
これで都民の指示を得ることができると思っているのだろうか?
もしそうだとしたら、本当に都民をなめている。
そして、もしこれで都民が選ぶようなら、東京はそうとうヤバイ。

とはいえ与党の自民・公明も小池氏と増田氏の分裂選挙。
こちらも知名度で言えば小池氏。
しかし、実務経験で言えば増田氏。

舛添問題で批判は舛添氏に集中したが、最終的に究明しなかった都議会も批判を受けている。
つまりは同じ穴のムジナ。多かれ少なかれ、後ろめたいことがあるのだろう。
都議会そのものも、批判を受けているのだから、都知事だけでなく都議会も選び直したいところ。

それを利用しているのが、小池氏。
都議会とは対立姿勢を示している。
逆に増田氏は、都議会とは良好的。

都議会そのものも改革したい小池氏と、安定した都議会を目指す増田氏。
票は真っ二つに割れそうだ。それを狙って野党は統一候補を鳥越氏に決めたのだろう。
しかし、前回、前々回と共産党の推薦でいずれも2位につけた、宇都宮氏も出馬を表明している。
こちらも票を分けそうなところ。

それ以外にも多数の人が出馬を表明しており、東京都知事選は混沌とした状態です。
東京都民ではないので、傍観するしかないけど、都民にはしっかりと判断をして選んでほしい。
知名度だけや、一時的な感情だけで選ぶと、舛添問題の再燃になりかねない。

しかしまぁ、政治が腐敗していますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月11日

これからの政治に期待

160711.jpg

参議院選挙が終わりました。
結果は与党側の圧勝に近い状態。
しかし、内容は決して圧勝では無かったと思う。

今回の参議院選挙は、消去法の選挙だったのではないでしょうか。
与党である、自民・公明の両党が、指示された結果ではない。
指示できない部分も大いにあるが、代わりの受け皿がないのです。

野党は民進党・社民党・共産党・生活の党と、野党が選挙のために共闘を選択した。
そのため、民進党の支持者は共産党を嫌って、支持をしなかった可能性がある。
結果的に「与党にお灸を据えたいけど、野党に入れるよりは」と、しぶしぶ自民党に入れた人も多いと思う。

これまでの政権に比べれば、安倍政権はやるべきことをやっていると思う。
しかし、まだまだ打ち破るべきところができていない。
アベノミクスが道半ばというが、もうすでに打つ矢は全て放った感がある。
そしてこれまでに放った矢は、小手先だけの矢。
本当の矢は、まだ大切に残してある。

でも、その大切な矢を放つには、その矢の周りに群がっている既得権益を取り払わなければならない。
一つは自前エネルギーの開拓。
日本海側に眠るメタンハイドレートを、自前資源として有効活用すれば、電気代・ガス代の値段が半分以下に下がります。
これだけで、経済は確実に上向く。

しかし、なかなか実用化されないのは、これまで海外から高い油やガスを買ってきたことによる、既得権益ができているから。
そこを打ち破らない限り、自前の資源活用はできない。
安倍政権といえども、なかなかその既得権益の壁は打ち破れない。

そんな時にこの人が立候補をした。
独立総合研究所所長の青山繁晴氏です。
時々、テレビのコメンテーターとしても、出ており、名前は知らなくても顔を見たことがあるという人もいるはず。

関西テレビのアンカーという番組で、水曜日のコメンテーターを長年務め、そのコーナーを見るのが私も楽しみのひとつでした。
楽しみながら、世界の動き、日本の動きを見て、自分で考えることの大切さを学ばせていただきました。
アンカーが終わった後は、ネット番組の虎ノ門ニュースなどで拝見していました。

青山さんの発信は、常に「一緒に考えましょう」ということ。
決して自分の考えを押し付けるのではなく、常に問題提起して、それぞれの頭で考えることを発信していました。
だからこそ、私も自分で考えるようになりました。

以前から「政治家に・・・」との声が多かったようですが、全て断ってきた。
私も絶対に政治家にはならないと思っていました。
だから、立候補を表明した時は、とても複雑な想いでした。

しかし、立候補の理由を聞いて納得しました。
安倍総理から出馬の電話依頼があり、それでも断ろうとしたところ、安倍総理からの言葉。
「青山さんが国会で質問をすれば、外務省が変わる、経済産業省も変わる、そして国会議員も変わる」
この言葉で、深く深く悩み、苦悩に苦悩した結果、出馬の意志を固めた。

それは、選挙期間中の演説を聞いてみればわかります。
政治家になりたいのではない、政治家になってやらなくてはいけないことがあるから、政治家になる。
これまで民間の力でやってきたことを、国の中心から変えていく。
そんな想いがひしひしと伝わって来る。
決して自分のためではない、自分の人生を壊してまでも、国家のためこれからの日本のために動く。
その熱意は熱く、YouTubeの動画からも伝わって来る。
きっと生で聞いていた人たちは、ものすごいエネルギーをもらったと思う。

ぜひ国会議員となって、国のあり方を変えていってほしい。
そう思って私も一票を投じました。
しかし、当選する可能性は全くわかりません。

なんせ初めての出馬でありながら、支持母体もなければ、支持団体もいない。
自民党からの応援もなし(安倍総理の応援を断ったらしい 笑)
ただただブログとFacebook、そして演説の様子をYouTubeでアップ。
これも、全て青山さんを支持する、ボランティアの皆さんでやっています。

ほとんどお金のかからない選挙。
こんな選挙で当選できるのか?
不安な気持ちもあったが、演説の様子を見ると、日に日に観衆が増えて行く。
最終日の様子を見たら、ものすごい人の数。
動員をかけてもなかなか集まらない数の人です。

ほぼSNSだけの選挙運動。
吉と出るか凶と出るか。後は天にお任せで投票日となった。
午後8時半ごろに帰ってきた私は、早速テレビをつけた。
与党が圧倒的に優勢の情報を伝える中、画面の左端に当選確実の候補者が、次々と現れる。

そこに突然「青山繁晴」と表示が出た。
当選確実が出たのです。
思わず「おぉ〜当選した」と声を張り上げました。

選挙権を得てから、これまで「この人に絶対当選してほしい」と願うような人はいませんでした。
今回、初めて「この人を国政に」という強い気持ちで、一票を投じました。
しかも比例区で。

ついに青山さんが国政に乗り込みます。
拉致問題の解決、メタンハイドレートの活用、憲法改正。
やるべきことは盛りだくさんです。

青山さんに出馬を要請した安倍総理。
ただ自民党員にするだけでは、宝のもちぐされです。
青山さんに改革を期待するのであれば、それなりの要職に就ける必要があるでしょう。
内閣改造での青山さんの入閣に期待したいところです。

青山さん、期待しております。
そして、私たち国民も、しっかり自分の頭で考えて、政治に参加していきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月10日

流しそうめんで親睦会

160710.jpg
「本格的な流しそうめんに大満足の子供達」

今日も予定がびっしりの日曜日でした。

いつもなら午前中は、剣道の稽古がありますが、今日はお休み。
でも、剣道のメンバーと一緒でした。
今日は剣道の親睦会が行われたのです。

ふた月ほど前から、役員の間で話し合われてきた親睦会。
何をするのか?から始まり、飲みに行く?BBQ?それともどこか遊びに行く?
と色々と意見が出ていました。

最終的に決まったのが、「流しそうめんをしよう」ということでした。
しかも竹を切ってきて、本格的に流しそうめんをやる。
場所はダムの上にある公園。

ここで問題が浮上。
流しそうめんには水が大量に必要。
しかし公園には水道は無い。

そこで、各家庭ペットボトルに水を入れ持ち寄ることにしました。
そして雨に備えて、学校からテントも借りて準備は万全。
集合時間は11:30ですが、役員を含めた準備班は9:30に集合です。

我が家も9:30に行き、私はテント設営。
久しぶりにテントを組みましたが、それだけでもう汗びっしょり。
そして流しそうめんの竹も組み立てられ準備は万端。
そうこうしているうちに、他のメンバーも集まり、先生方も集合しました。

いよいよ流しそうめんのスタート。
おそらく子供達は本格的な流しそうめんは初めて。
私もここまで本格的な流しそうめんは初めてです。
流れてくるそうめんを、みんな一生懸命すくって食べていました。

子供達が一通り食べたら、次は大人と先生方。
皆、童心に返って美味しそうにそうめんを食べていました。
外で大勢で食べるから、なおさら美味しいです。

さらに外で飲むビールも最高。
私も帰りは嫁さんに運転してもらうことにして、ビールを頂戴しました。

子供達はさらに、スイカ割りとスーパーボールすくいのお楽しみ。
そして先生方から、シュークリームやアイスクリームをいただき、美味しそうに食べていました。
楽しい時間はあっという間に過ぎて、気がつけばもう夕方です。
テントを撤収し、後片付けをして帰りました。

晩は自治会の定例役員会があり、疲れた体を引きずって、定例会に行きました。
いつもなら2時間近くかかりますが、今夜はなんと最短の30分ほどで終了。
疲れていただけに助かりました(^^;)

今日は投票日でしたが、我が家は本日が忙しくなることがわかっていたので、昨日期日前投票を済ませました。
選挙番組を見ながら、ビールで乾杯しました。
私が応援していた候補者、嫁さんが応援していた候補者。
どちらも当選確実が出ました。

選挙のことに関しては、また明日つぶやきます。
一日疲れたけど、心地よい疲れです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 日記

2016年07月09日

本格的になって来た夏祭り

160709.jpg

本格的になってきました。

「サマーフェスタ」と題して、夏祭りを行うことを決定したのが、5月26日でした。
その時は、「本当にできるのか?」と半信半疑の中スタートした。
しかし、チラシ・ポスターが仕上がってきて、全戸配布されると、やはり現実味が出てくる。

主催は商工会。
商工会と言っても、僅か18名の小さな商工会です。
その小さな商工会が、主催となって動いている。

本日も、商工会のメンバーが集まって、会議をするとのことだったので、私も参加しました。
模擬店出店やステージ発表など、集まるのか?という不安をよそに、蓋を開けてみるとほぼ埋まっていた。
そして広告も続々と集まっていて、私は広告作りに嬉しい悲鳴をあげています。

初めてのお祭りなので、無理せず、できる範囲で楽しみたい。
そんな雰囲気が商工会の中にも漂っていました。
進行表や準備などの書面も作ってくれていました。
月曜日には、実行委員会の全体会議があります。
いよいよ本格的になり、全体の形が見えてきました。

毎年夏祭りは、お隣の校区の夏祭りに行く我が家。
今年もお隣のお祭りにも行きたいと思っています。
そのお祭りが終わると、いよいよ私たちのお祭りです。

小学校のグラウンドで夏祭りが行われ、最後に花火が上がるシーンを、ずっとイメージしています。
校区内はもちろん、校区外からもたくさんの人に来てほしい。
特に私の自治体は、新しい人が多いので、このお祭りをきっかけに、どんどん校区に馴染んでほしいと思います。

私も15年前に引っ越して来た時は、なかなか馴染めずにいました。
学童立ち上げに走り回ったことで、校区の中にどっぷりと浸かるようになった。
昔からの村と、新しくできた町と、どうしても二分されてしまう校区。

今回のお祭りは、昔からの村のメンバーの商工会が主となり、新しい町の人たちを巻き込もうとしています。
とても良い傾向だと思う。
だからこそ、私も実行委員会として参加させてもらっています。

まだまだ準備など大変なことがたくさんある。
私は明日から広告作りに追われる(^^;)
でも、お祭りってワクワクして楽しいです。
小さなお祭りでも良いので、ぜひ成功させて、来年以降につなげたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 日記

2016年07月08日

選挙に行こう

160708.jpg

政治も舐められたものですね。

東京都知事選への出馬に、俳優の石田純一氏が意欲を見せています。
意欲を見せるのは本人の自由だけど、全く政治を知ら無い素人が、知名度だけで出ようとしている。
そんな選挙に有権者はもう飽き飽きしているのです。

東国原氏のように、政治家になるために勉強をして、それで立候補するのなら、まだ理解できる。
しかし、石田氏の場合は、ただただ「私たちの声が届いていない」と言っているだけ。
安保法案に反対する国会前の集会に参加し、SEALDs(シールズ)のメンバーと叫んでいたのがきっかけ。
要はSEALDsに担がれただけのことです。

明らかに政治を舐めきっている。
まぁ先の舛添氏の、あの悪態を見せられたら、舐められても仕方ないけど。
もういい加減、知名度だけで人を選ぶのはやめましょう。

これは現在進行形の、参議院選挙でも同じことが言えます。
衆議院と違って、参議院選挙って政権を選ぶ選挙ではないため、どうしても盛り上がりに欠けます。
そうなると、どうしても知名度で選ぶ傾向が強くなる。

自分の町の選挙ポスターを見て、立候補者がどのような人物か、判断材料がありません。
その人がどのような人物なのか。どのような志なのか。
政治家として何を目指すのか。
たった一枚のポスターでは、何も見えてこない。

やはり日本の選挙制度はおかしいと思います。
選挙期間になったとたんに、情報が全く途絶えてしまう。
選挙期間中にこそ、有権者はいろんな情報が欲しいのです。

選挙期間中に、立候補者全員を集めた討論会をやって欲しい。
そこで有権者からの質問も受け付ける。
それをテレビ中継(地方のローカル番組)する。
テレビ中継を見れなかった人のために、ネットでも見れるようにしておく。
そうすれば、その候補者の人間性や、政治家としての志が少しはわかる。

ただ、比例代表での出馬の場合は、そうもいきません。
比例の場合は、さらに選択肢が狭まりますよね。
だからどうしても指示政党名を書く。
私も比例代表の場合は、ずっとそうでした。

比例代表の候補者も、できれば討論会をやってもらいたいですね。
こちらは全国区なので、NHKで放送してほしい。
有権者に少しでも情報が届くシステムにしてほしいです。

選挙の時にだけ、立候補者の情報が見れる「選挙サイト」を作ってほしいですね。
あくまでも公正に、立候補者の情報が見れるサイト。

盛り上がりに欠ける参議院選挙ですが、ネットでは盛り上がっているところもある。
Facebookでは、各地の演説の様子などが飛び交っています。
そんな中、異色の選挙活動をしている人がいる。
立候補の時にも、ここでつぶやきましたが、青山繁晴氏です。

YouTubeで選挙演説が観れますが、とても選挙活動とは思えません。
どちらかと言えば講演会。
これまでテレビやラジオを通して、私たちに熱く語ってきた内容を、そのまま選挙演説で話しています。
そのためか、初めて聞いた方々からも、たくさんのコメントが寄せられている。

本当に日本の未来を考えている。
そう感じることができる演説です。
誰かを批判するわけでもなく、「みんなで一緒に考えよう」と語りかける言葉に、多くの人が共感をしています。
私も生で聞いてみたいけど、無理なので、YouTubeで見ています。

「この人に一票を入れたい」
それが本来の政治でなくてはならない。
しかし、今は「知っている人に入れる」になっています。
だから知名度で選んでしまうし、政党もそれを利用して、有名人を担ごうとする。

私は明日、期日前投票に行きたいと思います。
今回は「この人に入れたい」という思いで投票にいけます。
皆さんも、ぜひ「知っている人」で入れるのではなく、「この人に入れたい」と思う人を探して入れてください。

私たち有権者が、直接政治に関わることができるのが選挙です。
選挙に行かない人は、今後の政治に関して何も文句を言ってはいけません。
自ら放棄したのと同じですからね。

皆さん、特に18歳・19歳の皆さん。
選挙に行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 私の思うこと

2016年07月07日

天の川を見たい

160707.jpg

笹の葉サラサラ〜♪
七夕の日。みなさん短冊に何の願いを書きましたか?
次女は託児所で七夕をして、今日自分の七夕飾りを持ち帰りました。

毎年、七夕の日は、梅雨真っ只中。
今年もまだ梅雨明けはしていないので、梅雨真っ只中です。
しかし、どう考えたって梅雨明けしているだろ。という天気が続いています。
もうセミも鳴き始めているし。

日中はお天気も良く「今夜は天の川見れるかな?」と思い立ち、夕方に嫁さんにメッセージを送った。
今日は珍しく、嫁さんも仕事を早く終えたようで、早く帰ってきた。
陽が暮れるまでにお風呂を済ませ、今夜は星を見に行くことにした。

しかし、日暮れまでの間に、いつの間にか雲が張り出していた。
出かける時に空を見上げると、南側半分は厚い雲に覆われている。
北側半分も薄い雲が広がり、星が見える確率は低そう。

それでも、車を走らせ山に向かう。
一応カメラも用意し、三脚も持った。
山道を登り、ダム公園の一番上の駐車場まで車を走らせる。

昼間には遊びに来ることもあるダム公園。
しかし、夜に来ることはない。
やはり夜のダムは不気味である(^^;)

目的の駐車場に着き、空を見上げた。
満点の星空・・・・・・は、どこにも無い(-_-;)
やはり雲が厚く空を覆っている。

せっかくの七夕ですが、こればかりはお天気次第。
残念ですが、諦めて下山することにしました。

ちょうど学校の授業で、星座を習っている長女。
星が見れなくて残念がっていましたが、またお天気の良い日に、リベンジしたいと思います。
満点の星空、そして天の川を自分の目で見たことが無い、我が家の娘たち。

今年の夏は、天の川を見ることもイベントのひとつになりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | 日記

2016年07月06日

夏の始まり!?

160706.jpg

あぢぃ〜〜〜〜もうクーラー無しでは仕事できません。

まだ梅雨明けしていないけど、今後の天気予報見る限り、もう梅雨明けしたのでは?と思ってしまう。
空にも真夏のような入道雲が立ち込めているし。
極め付けはセミが鳴き始めています。
もう夏の始まりといっても良いでしょう。

毎年感じるのですが、梅雨明けとセミが鳴き出す時期は同じ。
私たちにはわからなくても、きっとセミ達には、気温や湿度などで「夏が来た」とわかるのでしょうね。
まだ気象庁から梅雨明けの発表はありませんが、私の中では勝手に梅雨明けしています(笑)

夏が来ると、毎年ワクワクする。
南の島、奄美大島で生まれ育った私にとって、夏はやはり大好きな季節。
子供達が夏休みの間に、いろいろとイベントを楽しめたら良いのですが、ワクワクする反面、なかなか実行できない。

今年は夏祭りにも行きたいと思うし、自分自身も校区の初めての夏祭りに関わっている。
楽しみ半分、責任感半分の中で、校区の夏祭りも楽しみたいと思っています。

昨年の夏は、熊野の海に海水浴に行きました。
車で2時間ほどで、山を越えて太平洋に出ることができます。
家族皆、楽しめたようなので、今年もぜひ行きたいと思っています。

そして、家族旅行も楽しみたい。
昨年は静岡に一泊旅行しました。
今年もまた行きたいですね。

本当は奄美や北海道に帰省したい。
しかし、家族で移動するには、飛行機代が莫大すぎる。
今年は、いや今年も断念せざる得ません(-_-;)
おまけに嫁さんの夏休みも、かなりずれ込んだので、日程的にも無理です。
来年こそは(毎年言ってるけど)帰省したい。

ワクワクの夏ですが、楽しむには時間とお金と必要です。
昨年はなんとか海水浴と家族旅行できました。
今年もなんとか調整して実行したいです。

ワクワクの夏。
それは楽しむための企画をするのがワクワクなんですよね。
まだ梅雨明け発表はないけど、気持ちはとっくに夏の始まり。
仕事がひと段落したら、今年の夏計画を立てよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記

2016年07月05日

たまにはMacの掃除も

160705.jpg
【導入から1年、初めてカバーを外してみた】

緊急事態から一夜明けて、とりあえず冷静に考えることにした。
死にかけているHDD(ハードディスク)から、データを救出するには、やはりデータ復旧サービスの方が賢明かと思われる。
数千円のソフトで復旧をやろうかと思ったが、物理的な障害の場合は復旧の確率性が下がる。

今回の場合、明らかに物理的な障害なので、下手にやるよりはプロに任せることにした。
とは言っても、いくらかかるのかは診断してみないとわからない。
診断の結果の金額によって、復旧するか否かを決めたいと思います。
本日、復旧サービスにHDDを送ったので、明日には連絡が来ると思います。

とりあえず、今進行中の仕事は、もう一度データを作り直すしかありません。
はぁ〜もう一回同じ作業をすることになるとは・・・(T_T)
まぁ仕方ありませんね。まだMacが使えなくなるよりはマシです。

そのMacもちょっと調子が悪いので、この緊急事態ついでに掃除をすることにした。
よくよく考えたら、MacProを導入して1年になるが、まだ一度も中身を開けて掃除したこと無かった(^^;)
外見だけ見たら、そんなに汚れてもいないし、埃を被っているわけでも無い。
「そんなに汚れていないだろう」
そう思いながら、カバーを取り外してみた。

予想通り、そんなに埃を被っているわけでも無い。
ところがエアーダストで、空気を送り込んでみると、中から大量の埃が。
もう埃というレベルでは無い。真っ黒い綿帽子とでも言うべきか(^^;)
こんな埃どこに入っていたんだ・・・。って感じでした。

これでは調子が悪くなってもおかしくない。
これからはこまめにカバーを外して掃除をしよう(^^;)

本日は急ぎのチラシの仕事を済ませ、もう一つはデータが飛んでしまった学校の広報誌。
晩に校正戻りがあったので、夜な夜なデータ作り直しをしています。
なんとか写真のデータなどは、残しておいたPDFデータが使えたので、思いの外スムーズに作業できています。

もう一件、データが飛んでしまった仕事があるので、こちらも明日、データを作り直します。
仕事以外にも、データが飛んでしまったものがあるので、こちらも時間をみて作り直しが必要です。
デジタルって便利ですけど、データが飛んでしまったら、終わりですね。
便利になればなるほど、何かあった時に困ります。

緊急事態であることに変わりはありませんが、とりあえず落ち着きを取り戻しました。
ひとまず、今進行中の仕事に専念します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | Macintosh

2016年07月04日

非常事態

160704.jpg
【泣きたい、いや泣いてます】

やばい。非常にやばい(><)

仕事で使用している外付けHDDが死にかけている。
日中どうもMacの動きが変だと思っていたら、外付けHDDが原因だったようだ。
どうにもこうにも動かないので、Macのシステム不良だとばかり思っていた。

大問題なのは、MacProの内臓フラッシュストレージが、容量が少ないために、ほとんどのデータを外付けHDDに入れていたこと。
仕事のデータはもちろん、写真のデータも全て外付けHDD内。

さらに大問題なのは、TimeMachineがどうも外付けHDDのデータまでバックアップしていなかった模様。
やばい、大変やばい。仕事のデータが・・・・。

データ復旧サービスを探してみたけど、やはりHDD復旧となると、かなりの金額になる。
バイト数と復旧の難しさとで金額が決まるみたいだけど、下手したら20万越え(@@)
いや、そんな大金無理やし(TT)

ネットで調べていたら、データ復旧できるソフトもあるらしい。
ただし、HDDに物理的なトラブルがあると、無理な場合もあるとか。
データ復旧サービスに出したいところだけど、データ容量確実に2TB超えている。
絶対にべらぼうな金額を要求されそう。

とりあえず明日、同じ容量の外付けHDD買ってきて、作業ができる環境を整えよう。
そしてデータ復旧できるところを探しましょう。
もし値段がべらぼうに高くなるようなら、一か八かソフトで復旧試してみよう。
それもお金かかるけど、数千円で購入できるし。

もし、失敗してデータが飛んだら・・・データは諦めて、また作り直すしかありません。
しかし、痛いのが写真のデータです。
去年のデータまでは、iMacの方に残っているけど、それ以降の写真が消えたらおしまい。
最悪、iPhoneに同期されて入っているデータがあるけど、それもゴールデンウィークの辺りから。

今夜は徹夜覚悟で、何か良い対策がないか調べてみよう。
とほほ、なんでこんな忙しい時に限って・・・(泣)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | Macintosh

2016年07月03日

涼しい部屋でエンジン全開

160702.jpg

ついに我慢できなくて、土曜日にクーラーのスイッチを入れてしまった(^^;)
これまでは、窓を全開にして、サーキュレーター回してしのいでいたけど、さすがに窓を開けても蒸し暑い風が入ってくるだけになった。
すっかり梅雨明けのような気候ですが、まだ梅雨空けていませんよね?

先日「台風が発生しない」とつぶやきましたが、ようやく台風1号が発生した模様。
観測史上で2番目に遅い台風1号らしいです。
だってもう7月ですもんね。
台風が頻繁に発生している年なら、10号くらい来ていてもおかしくないです。
クーラーを入れて、涼しい部屋で仕事ができるようになったので、少しは効率アップするかな(笑)

さて、仕事の方は、急ぎのサイトがひとつ。
先月から作業に取り掛かり、もうほぼほぼ完成状態なので、2〜3日中には納品となる。
納品ったってサーバーにデータをアップするだけだし、アップ後も修正はいくらでもできる。
これが、印刷とWebの大きな違いです。

この急ぎのサイトの間に、選挙のポスター・ハガキの仕事もあり、こちらも超特急でした。
依頼から納品まで、約2週間。
依頼の相談があったその日に、写真撮影をして、2日後にはラフ提出。
先日、ハガキとポスターの印刷が上がってきたので、納品しました。

さらにこの間に、もう一つ急ぎの仕事。
こちらは印刷会社さんからの依頼。
工事現場で使うマニュアルのようなものですが、現在A4サイズになっているものを、ポケットに入るサイズの冊子にしたいとのこと。
A4を1/4くらにカットして、130ページほどの小さな冊子にする。

元のデータはあるが、全てエクセルファイル。
仕方ないので、InDesignでマスターを作り、エクセルファイルから文字を入れていく作業。
コツコツと地道な作業だけに、どうしても眠くなる(笑)
時々息抜きしながら、こちらもなんとか大まかな形になりました。

この3つの仕事を同時にこなすのは、正直厳しい。
同時に3つをこなせたら良いのですが、どうしても集中してやりたいので、「今日はこの仕事」となる。
それでも、なんとか全ての仕事が完了に近づきつつある。

その間にも、学校の広報紙もあり、地元のサマーフェスタの仕事(仕事と言えるか?)もある。
広報紙は校正段階に入っているので、さほど作業時間はかからない。
次はサマーフェスタの広告冊子(プログラム)にかからないと時間がない。
あっ、もうひとつ学童のチラシもあった(笑)

フリーで仕事をしていると、どうしても案件が重なる。
そしてどれも急ぎが多い。
仕事の効率を上げるためにも、やはり仕事環境は良くなくてはなりません。
そのためにもクーラーのスイッチをポチッと・・・・。
えらく長い言い訳になってしまった(^^;)

さぁクーラーも入ってより良い環境になった。
まだまだ仕事残っているので、ますます頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 仕事

2016年07月02日

最後の託児所夏まつり

160702.jpg

次女が楽しみにしていた夏まつりの日。
夏まつりと言っても、託児所の夏まつりです。
今日のために、カラーガードも頑張って練習してきました。

夕方から始まる夏まつり。
早めに託児所に迎えに行き、浴衣に着替えて会場へと向かいます。
会場は託児所とは、また別の場所になります。

まず初めに、先生方のダンス披露。
毎年いろんな曲に合わせて、ダンスを踊ります。
今年は魔法使いプリキュアでした。

その後、いよいよ次女達のカラーガードの披露。
今日の日のために、ずっと練習してきた。
やや緊張気味の次女でしたが、みんなと上手にできていました。

そしていよいよ模擬店のスタートです。
次女にとっては、これが一番のお楽しみ。
早速お店を回って、ヨーヨーをゲットしたり、たこ焼きをゲットしたり。
楽しそうに、そして美味しそうに、夏まつりを楽しんでいました。

長女は、毎年お手伝いを頼まれています。
今年もヨーヨー釣りのお手伝いをしていました。
さらに今年は、お母さんもたこ焼きのお手伝い。
お手伝いは前半と後半に分かれているので、長女は前半にお母さんは後半にお手伝いしました。

最後は恒例のアンパンマン音頭を踊ります。
息子が通っていた時代から、ずっと続いている夏まつり、そしてアンパンマン音頭。
我が家にとっては、今年で最後になるのです。
次女は来年には小学生です。

息子から始まり、10ヶ月ほどの空白はあったものの、17年間お世話になってきた託児所。
一つ一つの行事が最後の行事となります。
夏まつりは小学1年生の時だけ、招待状が来るので、来年まで参加できますが。

17年間続いてきた託児所通い。
一つ一つの行事が、最後の行事だと思うと、やはり感慨深いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2016年07月01日

奄美芦徳クルーズ船問題に思う

160701.jpg
【この美しい自然を壊すな】

Facebookの投稿で知ったのだが、今、私の故郷、奄美大島でこんな話が出ている。

【豪華客船が立ち寄る港の建設】
これだけ見ると「おぉ〜すごい」と思ってしまうが、その内容を見ると、とても手放しに喜べる話では無さそう。
ロイヤル・カリビアン・クルーズ社という会社が計画をしているらしく、世界第2位のクルーズ船会社のようです。

奄美大島には名瀬港というメインの港があります。
最初は名瀬港に船が立ち寄るのだと思っていました。
ところがどうもそれは違うらしい。

奄美大島の北部に芦徳という集落があり、美しい浜辺があることから、観光地にもなっている。
小洒落たペンションなどもあり、奄美の自然を満喫でき、それでいて素朴な島の雰囲気も味わえる。
奄美大島自体が、沖縄のように開拓されていないので、手つかずの自然が多く残っています。
それが奄美の魅力です。

実はその芦徳に、新たにクルーズ船が立ち寄る港を作る計画らしいのです。
なんで?
それが一番に感じた素朴な疑問です。
名瀬港があるのに、なんでわざわざ芦徳に港を作らなきゃならないの?

芦徳の集落ホームページに、この問題が取り上げられていて、少し内容を見ました。
どうやら、このクルーズ船は、北京〜上海〜奄美〜九州を3泊4日で結ぶ予定のようです。
そして芦徳集落にテーマパークを設けて、そこでクルーズ船の客を楽しませるつもりらしい。
そしてターゲットにしているのが、中国の富裕層。

これで話が進んでいるようなのだが、掲示板には大反対の声が。
私ももちろん大反対。
しかし、反対の声は、私のように島を離れている人々。
芦徳集落の人々は反対していないのでしょうか?

住民説明会なども開いているようですが、納得しているのか?とても疑問に感じます。
集落の大多数はお年寄りだと思う。
うまい話に乗せられてしまっている気がしてならない。

そもそも、中国人観光客を呼ぶためだけの港にテーマパーク?
そんなもの必要ありません。
港は名瀬港があるのだから、そこに就航すれば良い。
テーマパークなんて必要ありません。
奄美は自然そのものがテーマパークです。

だいたい、中国の富裕層をターゲットにしていること自体が先を見ていない。
中国の経済は崩壊していて、富裕層もそんなに長くは続かない。
自然を破壊して港を作って、テーマパークも作って、10年もしない内に使わなくなるのが目に見えている。
残るのは、自然を壊して作った港だけ。

現地にいないのでなんとも状況がわからないけど、ぜひ芦徳住民の皆さんには、反対でまとまってほしいです。
自分の故郷に、中国人のためだけの港が作られるなんて、想像しただけで腹が立ちます。
どうしても船を就航させたいのなら、名瀬港に就航させなさい。
そして、これは芦徳だけの問題ではない。奄美全体の問題です。

私も反対の意見を伝えたいと思います。
芦徳のホームページに掲示板があるので、そこに書き込もうかと思ったけど、直接の声にはなりそうにない。
できれば芦特町の町長宛と、奄美観光協会あたりにメールでも送ってみるか。

しかしまぁ、こんな馬鹿げた計画が進行しているなんて。
沖縄の基地問題で騒ぐマスコミよ。こっちの方が自然破壊だし、大問題だ。
少しは問題として取り上げろ。

クルーズ船寄港問題
http://ashitoku.com/cruise/

クルーズ船計画についての集落説明会
http://ashitoku.com/cruise/process/2016.03.21.RCLplan/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(2) | 私の思うこと